ジ、エクストリーム、スキヤキの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジ、エクストリーム、スキヤキ」に投稿された感想・評価

いつか見た!

ショウゴとたなっちと
ショウゴんちに居候してるときに
だらーーーーって見てた気がする

そんな映画

内容に起伏はないし
日常を切り取られたって感じなんだけど
見る歳によって捉え方が変わりそう
もっかいみたいっ
窪塚洋介とARATAこの二人が並ぶだけで心が踊る。そんな世代
それだけでも十分だし、やっぱりかっこいい。

ミニシアター系で特に大きな動きがある映画ではない。ちょっと不思議な日常を切り取ったような、ロードムービーのもうな一本。

監督とか脚本とか見たり調べたりするのは好きだけど、気づけば純粋に二人を眺めていた

役者だけで成立したような一本
忘れたいこともあるけど、そう都合よくできてないね

友達の勧めで視聴。
いいねー、独特のテンポ感で。
深読みできそうで、実際そう意図してないんだろうなぁと思う。笑
でも、映画ってそんなもんでいいんだとも思います。
sasa

sasaの感想・評価

4.7
雑に思い出を引っ張り出してきては、一通り喋ったら伏線回収するでもなく放り投げる。ジャングル、如来、道の駅……適当で何の意味もないような会話をダラダラ垂れ流し、噛んだセリフもそのまんま。それでいて大川と洞口、京子と楓の間の気まずさや親近感をさりげなく丁寧に描写する。
"おれのデボン紀は、長かったよ"は心にじんわり刺さる名台詞。どことなく伊坂幸太郎の小説のような味わいもあり、独特の空気感がとても心地よかった。
テンポの気持ちよさが宇宙一。
窪塚洋介の話し方、語尾の引きずり方、独特のあのテンポが浮いてないのは、他の3人がすごく上手く繋げるからだきっと。
しかもスマイルが食い気味に喋るのが、めっちゃ嬉しい最高。2人で歩いてるだけで好きなシーン。どの会話もマジイイ。
その場の雰囲気とかめちゃくちゃ表現されてるし、画面の隅にまで気を配ってるのが分かるし、セリフが抽象的なのが逆にリアルで分かりやすいし、確かにエクストリームな映画。
昔話に混じれないでつまんない感じとか、それを察してあげる些細な気遣いとか、小っちゃいとこからの雰囲気の積み上げがめちゃ丁寧。あとはとにかく、並の役者さんならわざとらしく聞こちゃうくらい会話が完成されてるとゆうか、“セリフ”っぽくないのが良い。
私もまだデボン紀が終わってないので、ああああってなりながらもすっごい理解できるから、なんかすんごい楽しい。
いや、紀が変わってないと理解できないことあるのかな。
これも日常の中に“死”がある映画。
ブーメランは絶対に戻ってくる流れだと思った。
あかり

あかりの感想・評価

3.7
これからも生きていかなきゃいけないにしても、明日死のうと決めたとしても、とぼけて旅して外ですき焼き食べたい。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.3
沖田監督流れで見たけど、これは出演なのね。
4人の旅。とぼけた会話と時々まじめな会話の独特の間といいますか、ゆるさといいますか。それがとても良い。出演者皆いいのだが、絶妙なテンポで繰り広げられる窪塚洋介と井浦新のコンビがつぼ。特に窪塚洋介のつっこみ方とかナイス演技。
ストーリーを考えるよりも会話劇が楽しい映画。監督は見る側の理解力や想像力を信頼し色々削ぎ落としてるんだろうとけど、ラストどう捉えればいいのかな。でもなんかそれもどっちでもいいかなと思わせる不思議と印象に残る映画。
shinya

shinyaの感想・評価

3.5
でているキャストが好きで鑑賞。
ブーメランの件がメッチャ笑えた。窪塚と井浦新が良い!倉科カナ、可愛い!
M

Mの感想・評価

4.0
何年か前に薦められて気になってた1本
よりたんぽかった(笑)

やっぱり学生時代の友は一生の宝!
15年後もああやってドライブして旅館にお泊りしてスキヤキ食べる仲でいたいなあ
あだ

あだの感想・評価

3.5
あの曲線の話が1番頭に残った。時間が経てば、線のうちの点だったと気づくのかな。ピンポンコンビ、やっぱ上手い。
>|

あなたにおすすめの記事