テイク・ディス・ワルツの作品情報・感想・評価

「テイク・ディス・ワルツ」に投稿された感想・評価

堊

堊の感想・評価

5.0
正午に起こったマグニチュード5.0の地震を伝えるニュースを見る二人、ニュースキャスターは喋る「今日、もっとも交わされた言葉は揺れたね、だったかと思われます」。ニュースなど見ていないかのように暗闇で夕食を黙って口に運び続けるふたり。冒頭、なんてこともないかのように挿入されたこの異様なシークエンスは一見してセス・ローゲン出演から想起されるジャド・アパトー作品やビル・マーレイ出演ラブコメディのイメージから本作を遥か彼方へ遠ざける。
この作品は揺れている。たとえば本来ならもっとも安定するはずのふたりが机で向かい合うfixショットはすべて微妙に揺れている。揺らされている。むしろわずか一瞬の「すごい速さで回るトロント島のローラーコースター」に備え付けられたカメラのほう方がよほど安定している。そして彼らは揺れていることを自覚している。もちろんわざわざ指摘するまでもなく本作の主人公は男との関係性で揺れ続ける。しかしそれが夫ルー(セス・ローゲン)と、旅先で偶然出逢ったダニエル(ルーク・カービー)との間のことだけでないことは本作を決定的に居心地の悪いものにし続ける「揺れ」を120分感じたならば誰しもが実感するだろう。飛行機の僅かな待ち時間すら待つこと出来ず障害者のふりをしてチェックインし、パーティーでは常に居心地が悪そうにし、二人っきりの会話では常にどこかへ意識が散漫になる、そうした彼女をダニエルは「君はいつも上の空だ。ここじゃないどこかにいるみたいだ」と真正面から指摘するが、その言葉すら彼女にとっては自分の言葉を吐き出すためのトリガーとして利用されるだけである。そして彼女も彼女で「何一つ書ききったこともなく、何一つ成し遂げてな」く、「雨粒を観て泣きたくなってもでも大人だから我慢するしかない」と語る。もちろん彼女の言葉は誰にも届かない。監督のサラ・ポーリーは主人公をこうした昨今のマンブルコア作品でありがちなような大人になりきれないアダルトチルドレンというよりも、もはやADHD患者そのものとして主人公を造形する。そして観客に同情させるような安易な演出はしない。監督は主人公が浴びせられ続けた冷水のように徹底して冷徹である。向かい合った彼らは空々しい会話しか許されず、僅かな会話すら制限があるかのように黙って見つめ合おうとするが、視線を交わすことすらも禁じられているかのように互いに明後日の方向を向き続ける。ただ泣き、笑うことはそれに反することではない。だから突然涙が止まらなくなったり、笑いが止まらなくなる。まちがっても本作はコメディではない。笑える箇所があるとすればそれはセス・ローゲンのシェフ姿が異様に似合っていることぐらいであろう。また、たとえば夜のプールで主人公がダニエルとふたりっきりで泳ぐことになったとしても、ドリュー・バリモアが『ローラーガールズ・ダイアリー』でさせたような夢幻的な水中での性行為に及ぶこともない。彼女は黙々と作品内に全体を彩るカラフルな色彩と反するような陰鬱な細部(アルコール依存症、年老いて垂れた乳房、あっけらかんとした全裸と排尿etc…)を配置し続ける。主人公のマーゴにはこうした諸々が決して見えていないわけではない。それどころか誰かが眠ると彼女は寝顔を見つめ続ける。しかしそれ以外の諸々は見ない。彼女は最終的に男の顔さえも見なくなることが冒頭と対になった終盤のキッチンでのカメラの被写界深度によって暗示される。
「見ない」ことで安定を手にした主人公はひとり、ローラーコースターに乗り、目を閉じ「揺れ」の快楽に身を委ねる。しかし彼女は最後の最後に目を開け、陰鬱な表情を一瞬だけ浮かべる。超絶インテリのサラ・ポーリーが監督したのは決してオリーブ少女へ捧げられたガーリームービーではなく、恋のきらめきと別れの陰鬱さ、大胆さと繊細さをショットごとに入り交ぜた只ならぬ作品である。「君の眼の中に入りつつ、あなたの眼の中にもはいっているもの。わたしにも見え、あなたにも見え、しかしそれが何かを指し示すことのできないもの」と言いながらベッドで互いの口の中を凝視してじゃれあう二人、You were the first oneでYou were the last oneと歌う歌詞、本作を彩る細部に入れ子のかたちで全体を凝縮させたサラ・ポーリーの手腕は恐ろしいとしか言いようがない。そして彼女は本作の後、手慣れた手つきで個人史を提造し、虚実入り交じる『物語る私たち』を撮る。
のんchan

のんchanの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

女優でもある大好きなサラ・ポーリーの長編映画、監督2作目‼️
キャッチコピーは『しあわせに鈍感なんじゃない。さみしさに敏感なだけ』だそうですが...
う〜ん、これちょっと自己中女の我儘かよ?
って言ってしまいそうにもなる。
これはまさに女性だからの脚本であって、女目線での映し方だよねってお話でした。


結婚して5年が経つフリーライターのマーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)と、チキン専門の料理レシピ本を執筆している料理人のルー(セス・ローゲン)は、まだ子どもはいないが仲睦まじく穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、マーゴは仕事で訪れた島で出会った情熱的な青年ダニエル(ルーク・カービー)に惹かれるものを感じてしまう。さらに、ダニエルが偶然にも自分たちの家の斜め向かいに住んでいることを知り、マーゴの心は揺れ動いていく...


ちょっと細かい描写を言うと、また紙面?が埋まってしまいそうですが...💦
女心って面倒くさいのです(全くその通りと言い切れる自分がいます)が、優しい男の心をズタズタに傷付けてしまうんです。

マーゴとルーは朝から晩まで「愛してるよ」と言い合っている、表面的に見ると仲の良いカップル。でも実は、お互いの内面に踏み込んでは理解していない。ルーはそのことに気付いていないけど、マーゴは知らず知らずフラストレーションを溜めていたんです。←マーゴだけでなく、どこの夫婦にもありがちな話‼️

マーゴはつねに、ルーが自分に無関心であるという不満を持っている。「子供が欲しい」と言うと「まだ先!」と言われるとか。「仕事を続けるわ」と言っても「どんな仕事?」とか聞かないとか。女性にとっては【私がやることに関心がない=愛情がない】となるので、マーゴはルーに愛されている実感を感じられないで過ごしていたのです。←全く強く同感します‼️

このお話は物語なので、偶然とか普通はあり得ない設定が続くのですが、まず、ダニエルのような男はいないでしょう?
目の前に超絶魅力的な女がいて、「貴方の愛撫の仕方を知りたいの。どうやるのか具体的に話して!」とカフェで言われて話します?
男の部屋のベッドに女が積極的に入るのに、指1本触れないって出来ます?

まぁ、とにかくミシェルは可愛いのです😍キュートな笑顔とセクシーな表情。ファッションもカジュアルですが、みなセンスよく、特にオレンジが似合ってました。28歳の設定でしたが、実際30歳頃ですね。もう出産もしていた身体ですが、なんと全裸を大披露しています。←これは凄いと思ったのですが、プールのシャワールームで全身そのまま映し出されます。他の女優や失礼ながらお婆さんの裸体も丸出しなんです🤭(この作品の中では家のシャワーやトイレシーンが多い。それも下着を脱いで🚽に座るんです。それを前から写してます)

何が言いたいか焦点がズレて来ましたが、結局、マーゴが離婚を切り出し、ルーを悲しませます。その時ルーが「君は綺麗だ。僕には勿体ない」と言うんですね。もの凄くマーゴを愛していて、常にジョークで見守っていたのです。実際、毎日のマーゴのシャワーの時、水をバケツ1杯マーゴに気付かないように頭から掛けてるんです、毎日ですよ!それを80歳になった時に暴露しようと思ってる子供みたいな可愛いヤツなんです。そーやって日々の楽しみを作っていたのに...

結局、離婚します。そして引っ越したはずのダニエルと暮らします。それも楽しそうに、今まで不満だった愛撫を全身に受けて❣️
そんな日々が長く続く訳がないのです。結局、ダニエルとの関係もかつてのルーとの関係のように新鮮味は無くなってしまいます。

そんなある日、ルーの姉でありマーゴの親友ジェリー(サラ・シルヴァーマン)がアルコール障害を再発し、その騒動をきっかけにルーと再会します。元夫にも「終わったこと」と言われ後悔の念がある時に、ルーの元を去ったマーゴに向かってジェリーがハッキリ言い捨てます。
【人生なんかどこか物足りなくて当たり前なのよ。それに抵抗するなんてあんたバカよ】


割とそこら辺にある話かも知れません。
女って生き物はワガママなところがありますね。
元夫の姉の言葉に人生が詰まっているのかな?

夫婦関係が微妙な方、家庭を壊す前にご覧ください‼️
チャノ

チャノの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

いろんな意味で奥が深い映画でした。
『しあわせに鈍感なんじゃない。さみしさに敏感なだけ』のキャッチコピー通りでした。
ある意味、結婚と恋愛の理想と現実。
男の立場から言うと
相手から奪う、奪った以上は
最低でも不幸にしては
いけないと思うし、その覚悟がなければ
行動に移してはダメだと思う。
何より生活水準が下がろうと
相手が幸せを感じていられるように
しないとね。
マーゴット(ミシェル・ウィリアムズ)が
単純にわがままなだけ。
でもそれを分かって受け入れたような
ラストシーンには切なさが残る…。
人は移り気を隠すために結婚生活を演じてるのかもしれない。知らんけど。

人生っていうのは、どこか物足りたくて当然なの。

カラフル
きもち

きもちの感想・評価

3.7
夫婦だけで通用するおふざけが愛おしかった…彼女が選んだものは正解でも不正解でもなく、それを皆理解している様子がよかった、お姉さんの存在も喉元の小骨のように歯痒く必要だった
酷暑のなかプールでのシーンがとても目に涼しくてありがたい🙏
malieee

malieeeの感想・評価

4.9
ふわっとした色使いと光の使い方が素敵で、作品全体がとても詩的に仕上がっている。


テーマがテーマだけに万人受けしないことは百も承知だけど、あたしは好き。

誰も間違っていないし、誰が悪いわけでもない。
簡単にコントロールできる機械じゃなくて、感情を持つ人間だから。


マーゴも背徳感と葛藤に苦しみながらもルーと向き合う努力はしていたし、

ルーもマーゴを愛していて彼なりに愛情表現をしていたつもりではあったし、

ダニエルはマーゴの体じゃなくて心ごと欲しいんだと一線を越えず、身を引いて去るほどマーゴに真剣だったし。

だれを攻めるとか誰が悪いとか、短絡的な判断はできなかった。


『人生は常に物足りないもの。』
『非日常が日常になると、また非日常を求めだす。』
『新しいものもいつか古くなる。』

後半にその現実を突き付けられるシーンが続く。

じゃあ何が正解だったのか。
どんな選択をするべきだったのか。

ダニエルかルーかという簡単な話じゃなくて、人生についての本質的な問題提起だったような気がした。
豆腐

豆腐の感想・評価

3.8
この映画のメリーゴーランドのシーンに合わせてベッドで飛び跳ねたらスノコが抜けた
hiiko

hiikoの感想・評価

4.3
パートナーとの関係に悩んでる時に鑑賞しました。
自分が変わらない限り、環境や相手がかわっても何もかわらないんだよなーと改めて客観的にみて感じた。
何が言いたいかというと、シャワシャワの歌がいいのとマーゴが絶妙にセクシー。
2020年181本目
mcz458

mcz458の感想・評価

-
キツイ映画ですよ。ルーが切ない。結末もイヤハヤ。ブルーバレンタインといいミシェルウィリアムズはこういう役ばかりですね。
>|