マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理…

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解できない。僕は息子に向いてないのかもしれない。あの母親の根っこには、他人への愛を素直に表現できない矛盾した人間性が脈々と流れているに違いない。うるさく僕をコントロールしたがる母、次の瞬間には罪悪感を覚える母。そんな不安定な感情を持て余し、行きどころを失くして僕にぶつけてくるのだ。そんなものに付き合っていられるか。 ユベールは、毎日この欠陥だらけの母親の愛情過多と愛情不足の矛盾に振り回され、かつては大好きだった母への憎悪が膨らみ、制御しきれずにいる。ヒリヒリするティーンエイジャーならではの「理由(わけ)のない苛立ち」に耐える日々に嫌気がさしているユベールは、ある日偶然に、幼いころから親しんだセント・ローレンス川沿いの真っ赤な夕陽の下、母親が土手に腰掛けているのを見かける。野カモの群れの神秘的な声があたりに響いている。不意にひとときの安らぎを覚えるユベール。それはイノセントでただひたすら楽しかった昔の情景だった……。幼少時代へのノスタルジーに、不器用に折り合いを付けようともがく少年ユベールの決別のとき。17歳、僕は、母を、殺した——。

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

ReinaKondo

ReinaKondoの感想・評価

3.5
mommyの次に鑑賞。
ドランに限らず男性にとって母親は特別な女性の象徴なんだなと再確認させられる。
ミ

ミの感想・評価

4.0
母親とのやりとりに共感した
なんでママって言ったこと忘れちゃうんだろう?(笑)
M

Mの感想・評価

3.8
私は母親とは仲が良いけれど、でもそれでもやっぱり腹が立ったことが何度もある。そんな誰しもが少なからず経験している母親への想いの描写が恐ろしく鋭い。ドランの才能。
どこを切り取っても画が綺麗で目を離せなかった。
人間の心の形や色を映像化するのが天才的に上手いんだよな。
尖った部分やへこんだ部分、ざらざらしたところやぬめぬめしたところ、くすんだ色とか滲んだ色とか。

人間と人間の関わりというのはパズルのピースとピースがぴたっとハマるようなものではない。親と子でも、恋人同士でも、先生と生徒でも。
sarika

sarikaの感想・評価

3.8
他の方も言っているように、口喧嘩のシーンがリアルすぎてイライラする。
こんな事自分も思ったなーと
ドラン監督は心理描写が本当に上手、、
誰にでも感じたことのある母親への憎悪を絶妙な演出で表現していた
以前観たときは性に合わず途中で
やめてしまいましたが。
今回はしっかりと鑑賞。
まず、今作を若干19歳で撮ったというのが
恐ろしい。
とても完成度が高い作品。
音楽、シンメトリーな絵作り。
アートな世界観。ひょっこり顔を出す
LGB描写。
内容は母親との不器用な関係生。
思春期で多感な時期にうまく関われない
母親と息子。
どうにかしてお互いは少しずつ
近づいて行く過程やエピソードが好き。
そんな映画。
SORA

SORAの感想・評価

3.1
別に親離れしてれば誰でも気づくような内容。でもアーティスティックな編集やカラフルな色彩でビジュアルはいい。マミーの劣化版な感じ。
will

willの感想・評価

4.6
久しぶりだったこの衝撃
ドラン監督が演じてた主人公と重なる部分が多くて…
yamada

yamadaの感想・評価

3.0
しっかりしたラストが欲しい私にとっては少し物足りなかったけど、母親を嫌いながらも関係を修復しようとする描写はよかった
>|