マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解…

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解できない。僕は息子に向いてないのかもしれない。あの母親の根っこには、他人への愛を素直に表現できない矛盾した人間性が脈々と流れているに違いない。うるさく僕をコントロールしたがる母、次の瞬間には罪悪感を覚える母。そんな不安定な感情を持て余し、行きどころを失くして僕にぶつけてくるのだ。そんなものに付き合っていられるか。 ユベールは、毎日この欠陥だらけの母親の愛情過多と愛情不足の矛盾に振り回され、かつては大好きだった母への憎悪が膨らみ、制御しきれずにいる。ヒリヒリするティーンエイジャーならではの「理由(わけ)のない苛立ち」に耐える日々に嫌気がさしているユベールは、ある日偶然に、幼いころから親しんだセント・ローレンス川沿いの真っ赤な夕陽の下、母親が土手に腰掛けているのを見かける。野カモの群れの神秘的な声があたりに響いている。不意にひとときの安らぎを覚えるユベール。それはイノセントでただひたすら楽しかった昔の情景だった……。幼少時代へのノスタルジーに、不器用に折り合いを付けようともがく少年ユベールの決別のとき。17歳、僕は、母を、殺した——。

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

キイロ

キイロの感想・評価

3.9
19歳で作った作品…

うまく言葉に出来ないけど、主張がはっきりしてて、グッとくる。凄く難しいとこを描いてて、演出から何からドンってくる。既にグザヴィエドランのセンスと才能がしっかり出てて、もう凄いしかない。
RINAppe

RINAppeの感想・評価

4.0
グザヴィエ・ドラン初監督作品である本作『マイ・マザー』。

本作で描かれるのは、徹底して17歳の息子ユベールとその母の愛憎劇。
時にはお互い優しさを交わせるのに、時には激しく罵り合う。

“母と子”って“父と子”よりも複雑で強い関係性があると思うのだけど、本作では父は別居しているのでそんな関係が如実に表れてる。

二人の関係は異常に見えるようで、ユベールの母に対する感情は納得できるところはかなりある。
親世代になってから見たら、もしくは親世代の人が見たらユベールの母目線もわかるのかもしれない。

母と子の関係性の他に、ドランが描きたかったのは彼がゲイであることの他者の受け止め方だと思う。
ユベールの彼氏の母が、あっさり息子がゲイであるのを受け入れているのに対し、ユベールの母は正反対。

ことごとくユベールの都合のいいようにならない母の行動や感情は、誰しもが思春期・反抗期に思う親への感情なのではないのかなと思ったり。
mami

mamiの感想・評価

3.9
何もかも、あの頃のあるあるですね...。

独特な映像も音楽も色使いも、今作でもすごく好き。
お馴染みの役者さん達、ドランもやはり最高でした。

先生の役柄がまた良かったなぁ。
すず

すずの感想・評価

3.5
ものすごくリアル。全然思う通りにしてもらえなくて、苛立って、絶対言ったらいけないようなこと言ったり
リアルな思春期。映像も表現もよかったとです。
oooo

ooooの感想・評価

3.5
終始うるさい映画だけど
思春期、反抗期の苛立つ感じ
親子間の亀裂入りまくり感が
苦しいくらいに伝わる作品。

19歳でこの映画を作ったドランは
やっぱりすごい、、、、、。
ものすごい熱量あふれている。

ドランファミリーも出ている。。




「僕が今夜死んだらどうする?」
HASUMI

HASUMIの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この才能は一体どこから?

なんておしゃれな撮り方をするんでしょう

カットの合間合間に映る映像。

音楽。

アートそのもの。

なのに、テーマはしっかり、激しく描写されていて、絶対飽きない。心地いい。

ドランイケメン。美しすぎる


マイマザーというタイトル通り、悉く、母親とのことを描いていました。
恋人とのことでもなく、学校のことでもなく、母親とのことをひたすら描いていました。

薬でラリって寝てる母を起こしたのに、母親が冷静に対応するところと、
ガラスが割れるところと、
寄宿学校の校長に母親が激ギレするところ好きでした。

オシャレなのに激しいドラン作品、好きです。
ふく

ふくの感想・評価

3.7
いや、ドランイケメンか!!

ずっと気になってたドラン作品
やっと観れると思って嬉々としてたんだけど最近はこれ面白いのか??と
最後まで分からないもんだね
面白かったよ

自分は母親と仲良い方だけど何でもない事で良く喧嘩してたなと
今ではそれも良い思い出

字幕で鑑賞
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
もはやお馴染みの!
弱冠19才で…

ラストシーンが好きです。
みゆき

みゆきの感想・評価

3.9
難しいね。
お母さんの気持ちも子供の気持ちも理解できて切なかった
みずき

みずきの感想・評価

5.0
母親との関係性、痛いほどよく分かったな〜、、難しいけど良い映画だった
終わり方がめちゃくちゃ切ない!!
>|