マイ・マザーの作品情報・感想・評価・動画配信

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

1ヶ月くらい渡ってようやく見終えた
きつくて全然前に進めなかった
ほり

ほりの感想・評価

3.5
親との距離感って本当に難しくて
好きなんだけど自分の都合が悪くなると
すごい憎い存在にもなる
nana

nanaの感想・評価

3.5
愛してる クソ野郎 愛してる クソババアの繰り返し。
親の無神経なとこってこうも溜まるとイライラするな〜
がく

がくの感想・評価

4.5
グザヴィエドラン19歳で監督・脚本・主演の処女作・・・
才能の塊じゃないですか。
いや、むしろ19歳だからこそ撮れた作品だったんですかね・・・

思春期の自己と母、自己と世界、性
そんなものにスポットライトを当てていて、どうしようもない生きづらさや、わかり合いたくても分かり合えないもどかしさ、そんなものをリアルに表現していて、本当に驚愕出来した。

そしてこのカメラワークや色彩、音楽、効果的なジャンプカットのセンス

末恐ろしいですね。
み

みの感想・評価

4.0
字幕版鑑賞。あらすじが気になって観てみました。個人的に、一度もスカッとするシーンはなくて、不快に感じる(特に最初の母親の咀嚼シーンとか)場面が多かったのだけれど、その不快感の出し方に魅了されました。音楽も、絶妙に嫌な感じ(良い意味で)で記憶に残りました。母親の起伏の激しさは、わたしからすると現実的ではなかったですが、ちょっとした嫌な言い方だとか生じるズレとかは大小あれど身に覚えのある感覚でとてもリアルに感じました。決して明るい話ではないし、とても大きな何かが起きるわけでもないですが、一度も集中力きれることなく見切ってしまいました。終わり方も、わたしとしてはハッピーエンドというより、"切れないこの関係性"という感覚で、ある意味果てのない地獄のようにも感じて、それも好きでした。
sawak

sawakの感想・評価

2.5
19歳“だから”/“なのに”撮れたのか。

内省的な雰囲気を最大限に活かす、衒学的ですらある演出にいまいちついていけなかった。
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.5
何でもかんでも干渉してくる母親とそれに辟易する息子のお話。本作の母親を見て「毒親だなぁ」と思ってしまったのは自分自身が親という立場ではないのと、両親との距離感に恵まれていたからなのだろうか。

本作の親子のように声を荒げて口論することはないにしても多少こじれたことはあると思う。だから作中で喧嘩してることに多少の理解はできるのだけど、流石に大揉めし過ぎて共感は全くなかった。

理解の得られない相手に対しては、感情をぶつける前に諦めてしまうか、感情を理性でねじ伏せることしかしてこない人生だったと気付いた。ただ、その相手が自分の親、あるいは子の場合は程度の差はあれど、きっと感情的になってしまうんだろう。

ドラン映画は三本目になるけど、今のところ個人的に好みではない。ただ、気付かされることが多いので色々と考えさせられる。人生を全力で生きて、愛について真剣に向き合った人たちにハマるのかな。自分はそうでもないので何処か冷めた目で観てしまいがち。

しかし、19歳でこれを撮り、尚且つ処女作って……。経験値が人間の一生を超えちゃってる気がして恐ろしい。

あ、ペンキのシーンや、購入する果物たちがフラッシュ暗算の如く画面いっぱいに写るシーンの色使いやら演出は滅茶苦茶好きでした。
kana

kanaの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ドラン、とても生き生きと演じているなと思った。もはや演技の枠を超えているのかもしれない。

これはどこまでもユベールと母親の物語で、彼らの互いに対する愛憎は他者を媒介に伝えられることがない。

映画の重要な場面はリアルな音を聴かせない。ドラン作品のこういうところが好き。彼のセンスについて行きたくなる一要素でもある。
ぱ

ぱの感想・評価

-
この母と子の距離感、ここまで露骨に荒れたことはないけどちょっとわかるなあ、、、

私も実際一人暮らししてた時の方がいい距離感で母親と過ごせてた

近いからこそ細かい一つ一つに目がいってしまうし気になってしまう

逃げ出したくなるけどなくてはならない愛

簡単なようで難しいね
PIYOMI

PIYOMIの感想・評価

4.0
わかる、わかるよドラン君!
と主人公に激しく共感しつつ、
母親ってこんなもんよね…ガチ反抗期の息子が夜中にハイになってママほんとは愛してる語り合おう!ってベタベタしてきたら受け入れられるのだろうか…気持ち悪いな…などなど考えながら見ました。

母親ってウェットで重苦しい存在だよね。何も喋らなくても重たい。表情が非常に押し付けがましいんだよね笑 劇中の母親の顔、直視できなかった。

主人公のようにそんな母から逃げ続けた自分が、今は母親になっている。エグいなぁ。
>|