マイ・マザーの作品情報・感想・評価・動画配信

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

まゆ

まゆの感想・評価

-
起承転結がないというか、日常を切りとっただけのような映画で、内容も共感はしないけれど目が離せなかった
監督デビュー作だから余計にドランのセンスが詰まってて綺麗だなあと純粋に感動しました
子犬みたいと思ったら軽蔑したような冷たい目になったり、ふっと笑ったり、ドランの表情ぜんぶすき

寄宿学校の生徒とキスするシーン観てて既視感あると思ったら胸騒ぎの恋人ね
c

cの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子どもがいるから
最後があれでよかった。
やっぱり本当にキツイ時には寄り添ってあげる、そんな存在でありたい。
Niylah

Niylahの感想・評価

3.6
グザヴィエ・ドラン。当時19歳、初監督作品。愛しのママンへの濃すぎるラブレター映画。彼の原点。ママン僕をもっと見てもっと愛して、というドランの全身全霊の叫び。普通なら隠しておきたいそんな部分をきちんと自覚していて惜しみなく見せつけるドラン。さすが。年齢やセクシャリティそして愛情の拗らせ具合といい、勝手にシンパシーを感じてしまっている。

誰かと喧嘩して腹が立って勢いでお皿を割る。映画の定番シーン/演出だけれど、現実は自分で片付けないといけないんだよね。その虚しさといったら。喧嘩してお皿割るときは相手が渋々でも片付けてくれる人かどうか確認してから。

「僕と母が他人ならきっとうまくやれた」

表面上は仲良く見えても私も母親に対して複雑な感情を持っているからこの台詞がとてもよくわかる。仕事人間でいつも多忙で疲れてイライラしていて家庭のあたたかさとか安らぎみたいなものをあまり感じとることが出来なかったな。父親がそれなりに子供に愛情をかける人だったのが救いだったかも。

親と子の人間関係が一番難しい。恋人より友達より。"自分"と"自分以外の他者"という境界線が一番曖昧だから。一般的に子は親に無償の愛情を求めるし、親は親で少なからず子と自分を一体化してみる傾向があると思う。親も子も完全に独立した一人の人間なんだって頭では理解していても距離感が難しい。幸せになってほしいと思うからこそ干渉する。

ユベールの彼氏の部屋に飾ってある絵画、一目でわかるクリムトの作品『母と子』。細部まで、届かないママンへの愛の告白。あぁ、ヒリヒリする!
biboo

bibooの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

グザヴィエドラン自身の再現Vというか、彼はゲイというセクシャリティと母との関係をずっと物語にし続けている人なのでその原点のような、スタート地点のような映画だった。ドランの映画はとにかくいつも男性が母親と怒鳴り合いをしている。イメージシーンを紙芝居的に編集していて、グザヴィエドランの特徴であるミュージックビデオ感もより強い。

「母を愛せないが、愛さないこともできない。」
母親って父よりもある意味近い存在で、母とぶつかった経験のある人は今作に共感することもあるんじゃないかと思う。母親だからって大人なわけじゃない。
ドランの作品って最初からこんなんだったのね。全然ブレてないね。

親子って必ずしも上手くいく関係ではないし、上手くいかなきゃダメっていうのも全くない。
仲良いときも、仲悪いときもあるのが親子。
離れて暮らす方がお互い依存しなくていいのかもしれない、と一人暮らしを始めて思ったわ。親子って言ったって他人だからね。

22.205
AK

AKの感想・評価

3.6
完全ではなくとも共感はする。
親のことは好きだし感謝してる。
でもたまに食べ方が気になったりするし、話の筋が通ってないときとかは普通にイライラする。誰しもそーゆーことってあるよね。

でもこの映画のお母さんの元にいたら、私もあーやって怒鳴りたくなりそう。息子の言ってることに鬼共感してたから。
かと思えば、この息子ちょっと大丈夫?って思うところもあったし、まあ親子って親子だなぁって思った。

なんでも話せる時期もあれば、顔も見たくない時期もある。そーゆー時間を経て家族の形って形成されていくんだろうなって感じた。
結局家族が一番。
しめこ

しめこの感想・評価

3.7
これは私の中では久々に頑張ってしか観れん映画だったわ。ただ観てるだけではあまりにも母とユベールの言い合いがしんどい。中盤になるまでユベールとアントナンの関係も明確化されてなくてユベールがしんどかった。ただのこじらせ少年と思うには言い合いの尺長すぎる。ユベールとアントナンの予期せぬカミングアウトがあって、終盤の母のウェディングドレスを見てやっとユベールの葛藤を理解できた気がする。
ただ、ドランの映像美はやっぱりすごい。人物を撮る時に立体的ではなく平面的に写すのが印象的。
史町

史町の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

良かった…1番印象残ってるのはレンタルショップから帰る時に母親が家まで着いたのに喧嘩してまた車でどっか行っちゃった時のユベールの瞳…………しんどい
全ての母親あるあるの解像度が高い、あと友達の母親の方が自分の家より仲が良好でなんとも言えない気持ちになるのめちゃめちゃ分かる…最後まで人が死ななくて安心した

情緒不安定な母親との不和に苦悩する少年が、愛情と嫌悪感の狭間で葛藤する姿を描く。

カナダ・ケベック州の町に暮らす17歳のユベールは、口やかましく、趣味の悪い母親がどうしても受け入れられずにいた。幼い頃は大好きだった母親への憎しみは募るばかりで、自分でもどうしようもない苛立ちにさいなまれる。そんなある日、ユベールは川沿いで夕日の下にたたずむ母親の姿を偶然目撃し……。

グザビエ・ドラン監督が主演、初監督。半自伝的作品。
グザヴィエ・ドランの作品のなかでベストと言えるものは、当然のことながら人それぞれによって異なるでしょうけれど、僕の受けとめ方としては『わたしはロランス』(2012年)が最も高い象徴度でその核心を表しているように感じますし、また『マイ・マザー』(2009年)が最も低く具体的にその感情を表しているように思います。

一般的には、高い象徴性をもつほうが作品として優れているはずですが、彼の場合は低い具体性で描かれた作品もまた、同じくらいに優れている点がたいへん面白く感じられます。そしてこの19歳のときに撮った処女作『マイ・マザー』に描かれる地を這うような感情の渦は、彼のフィルモグラフィすべてを貫いており、優れた作家の多くがもつ固有のカタルシスが宿っているように思います。

はじめて観た際に、僕のなかに鮮やかに息づいている男性性は、この17歳の少年が母親に対して示すトグロを巻くような思いを、男性のそれとしてはまったく受け入れませんでした。まるで少女のようだと思ったのですが、やがてその監督・主演を務めた青年が、いわゆるLGBTQとして社会的には認知される存在であることを知ったとき、膝を打つような思いがしたことを覚えています。

しかしながらグザヴィエ・ドランの素晴らしさは、そうした社会的な認識としては決して語ろうとしない点にあります。彼は彼の身体性から、まっすぐに感情を迸(ほとばし)らせている。映像やストーリーはその後についてくる。

彼の才能を端的に表すなら、普通であればそうした経路は収集のつかない語りとなってしまうところを、息遣いや声や表情や身振りといったもので(ときに伝わってくる体臭のようなものも含めて)、最終的には身体性としか呼べないような地平へと着地してみせるところにあるように思います。

それが19歳のときに撮った処女作には匂い立つようによく表れていますし、映画監督としてこれから様々にキャリアを積んでいったとしても、おそらくは本作に描かれる感情のバリエーション(変奏)としての表現を観ていくことになるように感じられます。
>|

あなたにおすすめの記事