マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解…

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解できない。僕は息子に向いてないのかもしれない。あの母親の根っこには、他人への愛を素直に表現できない矛盾した人間性が脈々と流れているに違いない。うるさく僕をコントロールしたがる母、次の瞬間には罪悪感を覚える母。そんな不安定な感情を持て余し、行きどころを失くして僕にぶつけてくるのだ。そんなものに付き合っていられるか。 ユベールは、毎日この欠陥だらけの母親の愛情過多と愛情不足の矛盾に振り回され、かつては大好きだった母への憎悪が膨らみ、制御しきれずにいる。ヒリヒリするティーンエイジャーならではの「理由(わけ)のない苛立ち」に耐える日々に嫌気がさしているユベールは、ある日偶然に、幼いころから親しんだセント・ローレンス川沿いの真っ赤な夕陽の下、母親が土手に腰掛けているのを見かける。野カモの群れの神秘的な声があたりに響いている。不意にひとときの安らぎを覚えるユベール。それはイノセントでただひたすら楽しかった昔の情景だった……。幼少時代へのノスタルジーに、不器用に折り合いを付けようともがく少年ユベールの決別のとき。17歳、僕は、母を、殺した——。

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

chamur

chamurの感想・評価

2.5
ただのわがまま少年に感じた。
日サロシーンに衝撃うけた。
お母さんたちだけじゃなく、おばあちゃんも日サロ通いとは!

ドラン映画にも手を出そうと思い、UNEXTで鑑賞。
これがデビュー作なんですね。

若者と母親間の葛藤、愛、憤怒を繊細に表現されていて、これが19歳の時の作品、そして演技とは思えない。

他の作品も時間があれば観てみます。
な

なの感想・評価

3.4
マザーうざすぎわろた
グザヴィエドランは 「わたしはロランス」がベスト
ふみな

ふみなの感想・評価

3.9

2018年17本目

母親への愛は無意識であり
親離れの時初めてその根の深さを知る

これが全てやな

タバコが吸いたくなる映画なこと

ファッキンバレンタイン
この主役の子が脚本 監督なんだ😳びっくり😳❗️

音楽 ポロック風の絵 部屋の証明 影 ラブシーン 親子喧嘩 おしゃべり 全てが芸術作品のようでした✨

母も息子もお互い想い合ってるのに 不器用さゆえ伝わりきらず 険悪になる空気がもどかしい😥せめて大人である母親がおおらかにもう少し息子の気持ちを汲んであげられないものかと…。血が繋がってる故の甘えがそこにはあるんだろうけど😥

「辛い時期があったよね」って思春期の思い出としてお互いに笑える日が来るといいな。
yu

yuの感想・評価

4.0
喧嘩をしても母親を好きな気持ち
母親から理解してもらいたい気持ち
母親を嫌悪する気持ち

どれも嫌なほどわかるなと思った
自分と母親を見てる気持ちになった

喧嘩をするのは仲が良いからってよく聞くけど、最後の場面を見て本当にそうなんだなって思ったし、主人公はお母さんが大好きなんだなって思った
otom

otomの感想・評価

4.8
どうにも上手くやっていけない思春期のイケメン息子と母親のお話。黒歴史感MAX。息子と母親のリアル過ぎるフラストレーションの描き方が絶妙過ぎる。劇場未公開なのが納得できない程、良い作品。
koshijin

koshijinの感想・評価

4.0
(恐らく)誰しもに当てはまる母とのいがみ合い。互いに無力であり互いに不器用なのだ。最後のシーンは、何を話したのか気になるし、何も話さず通じ合えたのなら素敵だと思う。まさに歪み愛とはこのこと。とにかく映画としての完成度の高さが群を抜いている。
いわゆる反抗期、ちょいちょい挟むアート的な妄想。

『じゃあね』は、『じゃあね』一緒な事実。
sara

saraの感想・評価

4.1
母と息子のお互いに上手くいかない感じ、思春期の十代ならではの葛藤・矛盾、母を愛することもできないし、愛さないこともできない。心にグッときました。
そんな黒く深いような感情とかを一つ一つ美しく描いているグザヴィエドランには感嘆しか感じない。
美しさでここまで泣くのか?というぐらいに涙が溢れてきた。
>|