マイ・マザーの作品情報・感想・評価・動画配信

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

sota

sotaの感想・評価

3.5
撮りたいカットなのか一見関係ないカットを文脈に関連づけて入れるのが上手かった。その感じで終わりそうと思ったら終わった。最後が好き
Taiyu

Taiyuの感想・評価

3.8
考えてみたら家族って変な関係だ
1番近くにいるけど、時々とても遠く感じる
わかって欲しいけど、こんな人たちに分かって貰わなくてもいいとさえ思う
maho

mahoの感想・評価

-
お洒落な家だなぁ、お母さんセンスいいじゃないか!と思ってしまうけど、母親のセンスがとにかく気に入らないのはよくわかる。自分のお気に入りの詩も文学も小説も映画も好きなもの全部知らずくだらないないラジオやテレビばっかり見てて、食べ方も汚い、教養もない、母親がそう見えてしまう気持ちがよくわかるのは私が19歳の子供だからなんだろうな。主演で監督のグザヴィエ・ドランも19歳らしいのですが、その年齢でその目線から観ようとできるのかよ!!たまげた!!

母親との接触がちょっとセクシャルな感じにみえた。エディプスコンプレックス的な。脱線してしまうけど永田カビさんのエッセイで母親が憎いけどベタベタしてしまう、接触が性的な感じになってしまうという描写があって、そこがすごく心に残っていたのですが、同じような感じに見えた。エディプスコンプレックスにおいては成就しなかった母親への愛は女性一般に向かう、みたいな説明がなされているけど必ずしもそうではないと思うしそうではない例が描かれていてよかった。
Yu

Yuの感想・評価

3.8
内容はそこまで変わっていたり、独特なものでもありません

息子をコントロールしようとする母親、それを嫌がる息子ユベール(グザヴィエ・ドラン)
そして親子はいがみ合う

親子の間に愛がないわけでもない
しかし、かみ合わない
ユベールはもし母親がバカにされたら、バカにしたやつをぶん殴ってやりたいと言う

ユベールの母親に対する感情は年頃の鬱陶しいというものと家庭環境、価値観の違いからの憎しみの間ぐらい、あるいはそれが入り混じっているという印象
処女作の脅威。
観れば観るほどドツボにはまるこの感覚。
私はもう引き戻せないドラン中毒。
ジョンFドノヴァン鑑賞後はドランを欲しすぎて喉から手が出そう。

本作はもう言わなくてもわかる傑作。
19歳という若さで作り上げた偉業。
彼の原点でありスタートの作品、まさに彼の起源。
彼が何を思い何を感じ何を持って生きているのかそれがすべてわかる。

怒鳴り狂う親子の関係、望みや夢、言葉。
全て彼の心であり存在意義。
何もかもが初々しくかつ新鮮で繊細な表現。なによりもフレッシュな作品。

ここからはじまりジョンFドノヴァンが完成したのだということが一目瞭然。
やはり、最新作は彼の集大成に思う。
ここから色々あんたんだなと映画とともに成長している彼が本当に素晴らしく美しい。
映画を通してここまで世界に対して自分自身のアンティテュードを魅せれるのは本当に彼だけ。
ただの自分勝手な心ではなく社会に対して色んな想いを馳せている方であらゆる人の心に寄り添う天才。
本当に尊い。
もう、いつもですが、言葉がない。

個人的にはドラン自身が19歳なこととセクシャルマイノリティーの表現がもうなんとも美しくてエロくて。むり。でした。
あのシーンは駒割りで保存決定。

ジョンFドノヴァンの死と生が理解できなかった方に是非とも鑑賞していただきたい作品。
そこまでの伏線がいたるところに散りばめられています。きっと彼のことが分かるはずり

今日僕が死んだら?
明日私も死ぬわ

いつもドランの作品を見ながら欲しい言葉を思い浮かべるけど、必ずそれを上回る言葉が返ってくる


☟YouTube
http://youtube.com/GURUPORU96

☟Instagram
https://www.instagram.com/guruporu
rin

rinの感想・評価

3.6
高3の弟が母によく怒ってるのと重なった。

天気の子見たいらしい弟にこの作品を見せたい。

うちも母子家庭なので苦労は痛いほどわかるからこの作品見てるとお母さんに迷惑かけたな、とか色々思う事がある。

わかっているようで忘れがちな母への感謝

カメラワーク切り替えお洒落すぎる!!!
度々入る母への気持ちを語るモノクロ映像
🦋冒頭の蝶々から天使のオブジェのカット

恋人とのペンキで遊びからのセックスのシーンは本当にお洒落で印象的。

ストーリーに沢山の芸術作品を散りばめたような作品でお洒落カットが出るたんびにはっとさせられました。

母への険悪な怒り。
成長し思春期になって話し合うことが減り、ぶつかり合うのではなくぶつけるような。
思春期男子高生。大変な時期だよな。

お母さんって絶対的存在
けれど日常の中で母の行動に苛立つ気持ちはわかる節があるし反抗期のとき心当たりがある。
高校生の時に見たかったなこれ。

けど何言われても子供のこと思ってるんだろうな親って。
メッシ

メッシの感想・評価

3.6
男子高校生とその母の話。

監督自身が主演。役者としても上手いな〜多才すぎるな。
この母の母たる表情はリアリティがある。本物の親子のように見える。

ちょっとしたイザコザでどなりあったり、翌日になったらケロッとしてたりは、父親目線で見てみるとあるある。よくくだらないことで母と子は喧嘩するものです。でもやっぱりお互い強烈な絆みたいなものがあるんだな。父親には入り込めない世界。

ラスト間際の寄宿学校への電話での絶叫が全てを物語っていた。

それにしてもカナダ?の学校って親の年収を授業にしたり、ものすごい性差別的な失礼な事言う人がいるの⁇監督の盛り過ぎ?
しっぽ

しっぽの感想・評価

3.3
このお母さんはなかなかイラっとさせるのは確か。
こどもと同レベルで張り合うし…
にしても、なんだ、殺さないのか。
監督と主演が同一人物だったのか。
ミヤ

ミヤの感想・評価

3.5
「今日僕が死んだら?」
「明日私も死ぬわ」

アントナン親子の友達のような関係とユベールたちの憎み憎まれ愛の対比がおもしろいなあ

日本は「愛してる」だなんて普段言わないからこの映画での「愛してる」の扱い方にびっくりした
どんだけ喧嘩した後でも「愛してる」っていうことや喧嘩の後にはお互い反省するところ

「母を一回も憎んだことのない人はいない 一秒でも一年でも」という言葉は真理だと思う

結局母と子供は切っても切れない縁なんだなぁ
Miranda

Mirandaの感想・評価

3.9
ドラン君初期作品。
あんなに可愛い16歳のカップルいるわけない。
お母さんと息子の常にエキセントリックなやりとりは見覚えがあるような…。
>|