テンの作品情報・感想・評価

「テン」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

1.1
コメディだと思っていいのか…笑
なかなか酷いぶっ飛んでる。ホーリーモーターズと若干似てる…笑
どう見ても"10"ほどの女に見えないボー・デレクに、格の違いを見せたジュリー・アンドリュースがいい。
ダドリー・ムーアは安定して面白い。
表紙に惹かれて観賞。

作曲家のジョージは、サムという恋人がいながら街で見かけた花嫁姿の美女に目を奪われてしまう。自分の理想とする美貌を誇る彼女を調べ、名前がジェニファーでメキシコのラス・ハダスへ新婚旅行に出たのを知ったジョージは、追いかけるように現地へと飛ぶが…

ブレイク・エドワーズ特有のtheアメリカンなギャグが冴え渡り、電話のシーンや望遠鏡での覗きのシーンなどなど古典的なギャグが所々に散りばめられているのでブレイク・エドワーズファンからしたら楽しめるのは間違いないでしょう。

しかし本作を乗っ取っていったのは理想の女性”役である10代からモデルで活躍のボー・デレク。実は彼女の存在を知ったのはつい最近でして『イーグル・ジャンプ』というヒュー・ジャックマンとタロン・エガートンが出演している作品で〝爆笑ネタ〟として名前が出てきたのでそこから調べました。まぁ見事な経歴でラジー賞を何回も獲られてる方なんですよ。たとえ素晴らしい美貌をお持ちでも何か欠点があるんですね。まさに本作のテーマのよう。
「10点満点=完璧」な人なんて居ないのだ。
ハチャメチャな主人公。
恋人がいるのに、ウェディングドレス姿で結婚式に向かう女性に一目惚れ。

新婚旅行に、付いて行ってしまい
新婦を口説く(笑)

ただのお色気作品ではなく、コメディ満開なのは、監督が「ピンクパンサー」のブレイクエドワーズ。
主人公の恋人が、ジュリーアンドリュース(笑)

崖から転げるシーンには、声出して笑いました!
結構面白くて、パンフレット見直してます。
ボーデレクはどうでもいいんですが、ダドリームーアが気に入りました。
歯の治療からの流れは、バカバカしくて面白い。
あとジュリーアンドリュースの微妙な女感に、ドキっとした。

1979頃 映画館で
Ryuji

Ryujiの感想・評価

2.0
10点満点の女性より7点あるかないかくらいの人のほうが隙があっていいと思うけどなぁ。って、3点の俺が言ってますよ。
ボー・デレクは確かにエロい。
ジュリーアンドリュースの見せ場がない。
DVDで鑑賞

大分前に観たから内容忘れちゃったけど、かなり下らなくてまあまあ面白かった。映画史に残るほど強烈な落下シーンだけは一生忘れない笑。それと、ジュリーアンドリュースに「純潔」なイメージを持っていた自分からしたらセックスを連呼する彼女の姿には衝撃を受けた。
tom

tomの感想・評価

3.2
ボレロはこれで知りました
若かりし時分。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.0
[VIDEOレンタル]
10点満点のテン。