ビフォア・サンライズ 恋人までの距離の作品情報・感想・評価・動画配信

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離1995年製作の映画)

Before Sunrise

上映日:1995年09月02日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」に投稿された感想・評価

xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

4.9
おそらく公開直後にDVDで鑑賞。それ以来、僕のベスト10に常に存在してる大事な映画。主役2人と同年代でかつリアルタイムで観てきてるので、3部作と一緒に歳をとってきた感じです。

当時も恋愛モノはあまりみなかったのだけど、この映画の会話には一発で引き込まれてしまいました。

レコード屋の試聴室
観覧車
親友への電話ごっこ
船上でのさよならの儀式

「人生のもどかしさを受け入れなさい」

知性が惹かれ合う唯一無二の感覚。似た誰かでは代替できない感じ。「Better Half」や「Soul Mate」…言葉では知っていても、あの頃は何のことやら解ってなかったけどね。むしろ「Significant Other」かな。

人生で本当に大切なものは、いつどんなかたちで出会えるかわからない。もし出会っていてもそうと気づけないでいたりする。

2人が別れたあとの町の余韻。

この辺からリンクレーター監督のファンになりました。

▽他2作品は下のタグより
kp

kpの感想・評価

4.5
「私を見つめる目が好き」電話のシーンはたまらないね笑

ウィーンの街並みで哲学を語り合う2人が眩しすぎる。
恋愛映画の金字塔ですな
3作の中で一番好き!
M

Mの感想・評価

4.2
すべては星くずでできている
一日だけっていうのが感情を揺さぶるし切なくていいね お互いの名前すら出てこないし
イーサンホークは、リアクションが大きくて人懐っこい犬みたいなキャラクターで可愛かった 観覧車の中でのキスの時に「うんうん」って頷くのが特に可愛かった
ジュリーデルピーの話し方の優しさとかふわふわのブロンドとか、口紅の色も可愛くて憧れちゃうな〜
散々もう会わないだとか言ってたのに最後の最後にどうしても会いたい!ってなるのが理性敗北してて笑った
ふたりの会話だけで成り立ってる映画。
電話のシーンが良かった
Galeao

Galeaoの感想・評価

3.5
待ち合わせしてお茶だけする予定がいつの間にかホテルにいること、あるもんね。
L

Lの感想・評価

4.3
自分はしっかりはまりました

三部作で一作目が1番いい
1時間40分ほぼ2人の会話で成り立ってるけどずっと2人の会話を聞いてたかった  
特に電話のシーンが素敵すぎる

これ監督の体験談なの?本当ならロマンチックすぎじゃない?
若いなぁ〜。
20代だったら、こんな恋愛に憧れただろうな。
色気ダダ漏れなイーサン・ホークが口説き文句をサラッと連発するのも、意外と積極的に攻める女の子も、美しい景色なんか霞むくらいの2人の楽しそうな会話も、全部がキレイだった。
猫舌

猫舌の感想・評価

5.0
何度見ても、
幾つになっても、

好きすぎて言葉にならない。
自分の頭の良さに無自覚に自信がある若者にありがちな、自分の考えたことをこの世の真理のように話してしまう感じが2人ともよく出ていた。

自分のことばかり喋っても誰も聞いてない(自戒)と思いがちだけれど、思い返せば自分も相手のそれを結構ちゃんと聞いてるし、相手も意外と聞いてくれていて、結果として互いのそこに魅力を感じて恋に落ちることもあるのだ。
ヒデ

ヒデの感想・評価

4.0
イーサンホークとジュリーデルピー主演のラブコメ映画で、かなり評価が高いですね。そして率直な感想としては良かったのですが、正直世間ほど俺は好きにはなれませんでした。まずこの映画で素晴らしいのはカット数の少なさです。カット数がかなり少ないのでキャラクターの会話がかなり自然です。それは俳優たちの演技力やよくできた脚本の影響もあると思いますが、カット数の少なさは影響が大きいと思います。主人公たちが電車で話すシーンなどは10分ほどありますが、その間カット数はゼロです。なので気を紛らわすことなく彼らの会話を聞くことができます。ストーリーも好きです。かなりロマンチックで美しい映画で、主人公たちのやり取りもそんなに大事な会話ではないのですが、何故か興味深いやり取りとなっております。全体的に撮影方法は素晴らしく、ストーリーも面白いのですが、たまに個人的に退屈なシーンなどがありました。それでも好きな映画です。
>|