• Filmarksトップ
  • アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲の感想・レビュー

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(2015年製作の映画)

UN + UNE

上映日:2016年09月03日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:114分
    監督
    クロード・ルルーシュ
    脚本
    クロード・ルルーシュ
    ヴァレリー・ペリン
    キャスト
    ジャン・デュジャルダン
    エルザ・ジルベルスタイン
    クリストファー・ランバート
    あらすじ
    アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。 エリートで有能な夫(クリストファー・ランバート)の愛を一身に受けるアンナは、女性の幸せをすべて手に入れたかのような朗らかで魅力あふれる女性だった。異国の地で出会った二人は、すぐさま意気投合し、そこからつきない会話が始まるのだった。 やがて、弾む会話のなかで、大使夫妻には子供がなく、愛する夫との間に子供を授かりたいと願う彼女は、聖者アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出かけるのだと言う。実はアントワーヌは、インドに来てからひどい頭痛に悩まされ、医者に精密検査を進められたところだった。 多忙を極めているアントワーヌは、気分転換としばしの休息を求めて、アンナを追って2日間の旅で出かけることを決めた―。

    「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」に投稿された感想・レビュー

    Oliver
    Oliverの感想・レビュー
    4日
    3.3
    お互い約束された相手がいる中で、芽生えてしまったアンナとアントワーヌ。惹かれ合った2人が恋に落ちてしまうのは仕方ないけれども、それぞれのパートナーに事実を伝えるのはあまりにも自分勝手であり大人の対応ではなくないか、と個人的には違和感。たったの二日間だけの秘められた大人の恋愛の設定の方がよかったかな。
    だいのしん
    だいのしんの感想・レビュー
    6日
    4.0
    アンナがあんなに欲しがってるのに放置プレイしているアントワーヌに拍手。『男と女』ではジャン=ルイがエーメにお預けを食らう格好だったから観る男側としたらこんなに胸のすく思いはない。

    でも我慢にも限界があって。全部インドのせいにしてしまうのはどうかと思うがそれをすべて引き受けるだけの寛大なパワーをこの国に感じる。インドの母的スピリチュアリスト、アンマのヒーリング効果は絶大で崩壊したと思われた2組のカップルは結局WinWinに落ち着く、ルルーシュ監督さすが、ラブコメもいける。主役二人のキャスティングの妙と、音楽=フランシス・レイの健在ぶりあってのものだろう。

    にしても恐るべし、遥かなるインド。
    Haruka
    Harukaの感想・レビュー
    2017/04/14
    3.0
    オトナの恋だあ〜。大人っぽい恋じゃなくて大人の恋。会話も雰囲気も大人ならでは。
    主な舞台はインドで、キャラクターたちの仕事柄、ピアノなどクラシック音楽がよく流れるのがなんとなくノスタルジック。
    インドに行きたくはならないけどインドに行きたくなる気持ちは分かった。
    がらん
    がらんの感想・レビュー
    2017/04/09
    4.0
    フランス映画祭と文化村で二回。フランス人のエスプリの効いた会話と、インドの露わな日常と、ガンジス川とアンマのたゆたうような優しさ
    松井の天井直撃ホームラン
    松井の天井直撃ホームランの感想・レビュー
    2017/04/02
    2.0
    2016年9月20 TOHOシネマズ流山おおたかの森/premiere screen
    ペラソー
    ペラソーの感想・レビュー
    2017/03/27
    3.8
    「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」

    ジャケットで男役がなんと革ジャン「A-2」を着ているではないか!
    戦争映画以外で、なかなか味があるA-2が映画に出てくるのは珍しく…興味は全くなかったけどレンタル屋で手に取った。

    物語はインドを舞台に、彼女がいる大人の男と、インドにいるフランス大使の妻との物語。
    男と女の会話や、「アンマに抱擁に行く」という旅の中での空気感…

    艶っぽく、しっとりとした大人の恋の物語でした。
    インドロケのシーンも、フランスロケのシーンも良い。

    ボカシ無しの、インドのチ◯コの皮に棒巻き付けて〜のシーンには度肝抜かれましたけどね!あれどーなってるんやろか…( °д° )

    少年の無邪気さを持つ男と、感性豊かな、笑顔が可愛い女。

    うん。大人の恋もなかなか!

    ありがとう革ジャンA-2!
    思わぬ良作が観れました。
    なぎちゃん
    なぎちゃんの感想・レビュー
    2017/03/26
    3.3
    初めはさほど惹き付けられない映画
    だんだんと大人の男と女の名言が飛び交うようになる。

    「男と女」を描いた監督、さすがという感じで描き方がロマンチックでおしゃれだった

    フランス語は分からないけど
    アントワーヌの色気のある口元とチャーミングな笑顔に女性ならドキッとするかも。

    「あなたにとって女とは?」
    『欠点のない男だ』
    YukikoNishimura
    YukikoNishimuraの感想・レビュー
    2017/03/26
    3.4
    大人の恋!
    出会って数日の話だけれど、二人の会話、雰囲気、そしてインドの美しい風景。素敵でした!
    SAM
    SAMの感想・レビュー
    2017/03/25
    3.0
    アンマに救いを求める大人。
    抱擁で人々を救う。
    物語自体は終始憂鬱なトーンで終わり方もよく分からない。
    スナフキン
    スナフキンの感想・レビュー
    2017/03/25
    2.8
    うーん、ちょっとなんだろう。あんまり響かなかったなぁ。スピリチュアル系がピンとこないせいもあるのか?
    題材も俳優さんも嫌いではないんですよ。
    でも、なんかかったるかった。監督の歳のせいもあるのかな?「男と女」の方が当然ながらよくて。

    でも80歳で現役バリバリのクロード・ルルーシュにはまだまだレジェンドをいっぱい作っていただきたいですね。
    >|