アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲の作品情報・感想・評価

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲2015年製作の映画)

UN + UNE

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジル…

アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。 エリートで有能な夫(クリストファー・ランバート)の愛を一身に受けるアンナは、女性の幸せをすべて手に入れたかのような朗らかで魅力あふれる女性だった。異国の地で出会った二人は、すぐさま意気投合し、そこからつきない会話が始まるのだった。 やがて、弾む会話のなかで、大使夫妻には子供がなく、愛する夫との間に子供を授かりたいと願う彼女は、聖者アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出かけるのだと言う。実はアントワーヌは、インドに来てからひどい頭痛に悩まされ、医者に精密検査を進められたところだった。 多忙を極めているアントワーヌは、気分転換としばしの休息を求めて、アンナを追って2日間の旅で出かけることを決めた―。

「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」に投稿された感想・評価

大人がこれをやるからこそ、この距離感にドキドキする。時にコドモっぽく見えたりもするのだけど、やはりどこかで線引いてるのがわかる。それをいつ越えてしまうのか、どう越えてしまうのか、大人ならどうするのか…と考えながら見るとホントドキドキした。
Miyu

Miyuの感想・評価

3.7
若干ビフォアシリーズのインド版みたいな?フランス映画らしく男女の会話がずーっと続く。期待してたより…って感じかな
水の街

水の街の感想・評価

4.0
愛に抱擁されたジュリエットとロミオ。晩餐会の隣の席はモテ男の作曲家、男と女の魅力の火花にもうニタニタ。自己愛から無償の愛、または宇宙まで、苦しみを優しさで包む成熟した答えがいつも素敵。色彩豊かでスピリチュアルなインドを旅するロマンスは、洗練されつくされ美しく、劇中映画も、口琴の音も小戯れてて好き。
Tekon

Tekonの感想・評価

3.0
ジャンデュジャルダン目当てで観ました!

…が、観ていて正直内容がよくわからなかった…大使館の奥さんと惹かれあっちゃうその…ん~…私には理解するのが難しい映画でした💦

しかし、ジャンデュジャルダンの笑顔はキュートだった…

No.120
自身が作曲を手がけた映画の主人公のように、ユーモアにあふれた人生を謳歌する映画音楽家のアントワーヌは、ボリウッド版「ロミオとジュリエット」製作のためにインドを訪れていた。異国の地でアントワーヌはフランス大使の妻アンナと出会う。
夫との間に子どもを授かりたいとの思いで、伝説の聖母アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出るアンナを追って、アントワーヌもしばしの休養を求めて2日間の旅に出る。


どんなに不自由がなく完璧なパートナーがいても、偶然惹かれ合う人に出会えたならば一緒になりたいと思わずにはいられないよね。それでも一緒にいられない障害がもどかしくて、でも何年後偶然再会したならば一緒になる運命なのかなって。

インドっていう土地が二人を結び付けたのかそれはわからないが、聖母の言葉ひとつひとつに力が宿ってるみたいで、私も会ってみたいと思った。


これだけ話しといていながら、私はインド映画がどうも苦手で全然退屈でしたね。
大人の恋愛がどうも響きませんでした。
Tamami

Tamamiの感想・評価

4.8
インド…
せりふがほんとにきれい
あなたにとって女性は?欠点のない男
笑顔は礼儀
ブーメランはどのタイミングで帰ろうと思うか
電話線がなかったころ鳥はどうしてたか
女が9割ただしい、でも残り1割くせ者
好きな人ができたときまた見たい映画
Mii

Miiの感想・評価

3.3
大人。
大人って衝動を抑える術を知ってるから。
逆にややこしくなったりするよね。
もし長い時間を共にしてきたパートナーに
悪い予感を感じたとき。
知りたいのは事実か真実か…。
きっと。
事実と真実が違うことを願うんじゃないか…、なんて考えてた。
事実より重たいのはその事実に真実が伴うことのような気がする。
難しい。
疑惑が疑惑のままでも。
事実がどうだったか知ってしまっても。
もうそれを感じる前のふたりには戻れない。
それは変わらない。
縁って。
わかんないもんだよね。

やっぱりインドには不思議な魅力を感じずにはいられないんだなー。
アンマ、会ってみたいと思った。
人を癒すために存在してるって。
すごい。
映画の中に出てくる言葉も。
心に残るセリフがチラホラあって。
なかなか好きだった。
K

Kの感想・評価

4.0
会話の1つ1つがおしゃれ

大人の恋愛を文学的かつリアルに映し出されている
空港で4人が落ち合うところが印象的
チャラいおっさん

フランス人だから許そう


インドのスピリチャルとの融合⁈


絵面が綺麗なので許した
>|