• Filmarksトップ
  • アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲の感想・レビュー

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(2015年製作の映画)

UN + UNE

上映日:2016年09月03日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:114分
    監督
    クロード・ルルーシュ
    脚本
    クロード・ルルーシュ
    ヴァレリー・ペリン
    キャスト
    ジャン・デュジャルダン
    エルザ・ジルベルスタイン
    クリストファー・ランバート
    あらすじ
    アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。 エリートで有能な夫(クリストファー・ランバート)の愛を一身に受けるアンナは、女性の幸せをすべて手に入れたかのような朗らかで魅力あふれる女性だった。異国の地で出会った二人は、すぐさま意気投合し、そこからつきない会話が始まるのだった。 やがて、弾む会話のなかで、大使夫妻には子供がなく、愛する夫との間に子供を授かりたいと願う彼女は、聖者アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出かけるのだと言う。実はアントワーヌは、インドに来てからひどい頭痛に悩まされ、医者に精密検査を進められたところだった。 多忙を極めているアントワーヌは、気分転換としばしの休息を求めて、アンナを追って2日間の旅で出かけることを決めた―。

    「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」に投稿された感想・レビュー

    KzBourree
    KzBourreeの感想・レビュー
    3日
    4.0
    大人のストーリー。
    アンマは感動的だ。
    エンディングも惹きつけられる。
    中身はどうあれ、結局アンマに救いを求める大人のストーリーと思えば合点が行く。
    自分も抱擁をしてもらい涙を流したい。
    うさぎ
    うさぎの感想・レビュー
    4日
    4.0
    大人な映画でした。
    アンナの笑顔がとても素敵です。
    mimo7391
    mimo7391の感想・レビュー
    2017/03/15
    3.6
    異国の地での出会いってすべてが魅力的に感じる。現実に戻ったときその感覚は続くのか、なくなるのか。
    miyu
    miyuの感想・レビュー
    2017/03/11
    3.7
    クロード ルルーシュ監督の『アンナとアントワーヌ』を見ました。。。

    昨年、秋に、映画館で彼の『男と女』を久々見ましたが、80歳前にして、まだ、まだ、恋愛映画を撮る監督に脱帽。。。

    インドのガンジス川の沐浴シーンは、ドキュメンタリーや、ニュースでよく見かけ、ここまでは、さほど、大して何も感じず映画を見てましたが…
    アンマに会うシーンゎなんか、少し、胸が熱くなり…
    ちょっと、特別感を感じてしまった。。。

    アンマにハグされたみんなの光に満ちた幸福な顔が、見ているワタシの胸にも迫り、結構、自己中オトコのアントワーヌも、コレにやられた感を出していたのに、やられました。。。←ややこしい、表現

    ワタシゎこれ以後の展開から、ラストにかけてが、好きでした。。。

    インドの活気ある風景から、フランスの情緒ある風景…
    画像も素敵です!

    しかし、局所のあのシーン
    入りましたか???
    謎やゎ💦
    lipien
    lipienの感想・レビュー
    2017/03/11
    2.6
    The director is most famous for directing the movie "A Man and a Woman". Fifty years later, he makes the film with the same theme again. The story is set in India. A woman who plays the lead who always adheres to the Oriental philosophy. But the man is a composer and an idealistic type. In this story, they go on a pilgrimage after that. This plot was not too shabby. But I can't accept these easily.

    (Spoilers ahead!)Then they met a mysterious woman who says she can cure any kind of illness and said "love is my religion". I'm vaguely Buddhist so I somehow understand to the philosophy about "the wheel of life" even though nobody taught that to me. I don't think all of the people live to suffer for the future life. And I don't know why they're always celebrities, and they have a luxury travel after a pilgrimage, after all they meet with success. I felt empty that our dreams don't surely come true if you went to a pilgrimage. I felt the same thing when I saw the American movie "Eat Pray Love". Anyway the song will finish in a 3 minutes, the movie will end in 2 hours, our life will continue...
    ばーどイヌサンローラン
    ばーどイヌサンローランの感想・レビュー
    2017/03/05
    3.2
    大人って感じ。

    小娘や若造には出せない系な哀愁がある。

    いつまでも艶っぽい男と女っていいですよね。



    好意を抱いてしまった淡い恋心…



    やっぱりやめようと思っても、気持ちは…


    でも、駄目…


    あーっ…




    良かったし、色々思うところはあるんだけど、棒に、ち◯ぽを巻きつけて、後ろに回して、その棒のうえに人を乗せるみたいな苦行?を見てしまったら、もうそれしか残らない。ってぐらい強烈なシーンだったので、びっくりてか、圧倒された。てか、あのシーンは必要なのか?ボカシなしで…




    ちょっと『ルルドの泉』を想起させる。
    じえり
    じえりの感想・レビュー
    2017/03/02
    2.8
    とにかくよく喋る女がだいぶんウザい
    そしてありがちな展開
    イマイチ
    たくま
    たくまの感想・レビュー
    2017/02/15
    -
    DVDほしい!
    miyabi
    miyabiの感想・レビュー
    2017/01/05
    3.0
    フランス女?すげーよく喋るな。あれは パスだな!

    お互いに 会った瞬間に 波長が あったのかな?それが、男女なら 特に。
    世界的な映画音楽の作曲家 結婚寸前の彼女がいるのに、 と 愛する夫の子供が欲しいフランス大使夫人。
    インドの 何だろう?何でも望みが叶う神様の所へ妊娠を望みに 頼みに、酷い頭痛に悩み一途の望みに。
    お互いにパートナーを愛するのに、やはり 最後は 一線を越えて、結局!

    何年後かの 最後は、そうなったか!
    チョマサ
    チョマサの感想・レビュー
    2016/12/14
    3.0
    クロード・ルルーシュの映画。『レ・ミゼラブル』しか見てなかったから、監督のラブストーリー方面の映画はこれがはじめて。

    男と女が旅を共にして、好きになって愛し合って、一旦わかれて、そして――だけの話。シンプルで深読みするようなところがなかった。だからこそ語りしろが見つけにくいというか、勝手な妄想/想像がしづらい。普通に楽しめばいい話だけども。

    ジャン・デュジャルダンにあて書きしたようなことは、パンフのインタビューに載ってたけど、主演二人の演技が役柄にハマってて、ドキュメンタリーを観てるみたいだった。

    冒頭の、車の主観のような撮影や、強盗が女性を助ける一連のシーンが、観客を引きこむ発端にもなってるし、劇中で『ジュリエットとロミオ』と映画になっていく構造がおもしろかった。この映画は、主人公二人の関係の示唆にもなってんのかな。

    4人が仕事ではうまくいくけど、恋愛に関しては、失敗していくのも印象に残った。会話の感じがリンクレイター監督の『ビフォア・サンライズ』を思い出したけど、クロード・ルルーシュ監督はこういった恋愛ドラマの先駆なんだろうか。

    あとクリストファー・ランバートを映画で初めて見たけど『サブウェイ』の人なのか
    >|