アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲の作品情報・感想・評価

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲2015年製作の映画)

UN + UNE

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:114分

3.4

あらすじ

アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジル…

アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。 エリートで有能な夫(クリストファー・ランバート)の愛を一身に受けるアンナは、女性の幸せをすべて手に入れたかのような朗らかで魅力あふれる女性だった。異国の地で出会った二人は、すぐさま意気投合し、そこからつきない会話が始まるのだった。 やがて、弾む会話のなかで、大使夫妻には子供がなく、愛する夫との間に子供を授かりたいと願う彼女は、聖者アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出かけるのだと言う。実はアントワーヌは、インドに来てからひどい頭痛に悩まされ、医者に精密検査を進められたところだった。 多忙を極めているアントワーヌは、気分転換としばしの休息を求めて、アンナを追って2日間の旅で出かけることを決めた―。

「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」に投稿された感想・評価

絶対見て欲しい!って程ではないけど、嫌いじゃないっていうほかのレビューに同意。こうあるべきっていう固定概念を捨てて、素直に観ると、最後はホッとする。
AYA

AYAの感想・評価

2.9
登場人物似てない?誰がだれか序盤でわからなくなる。ちょっと大人でビターな映画。フランスって感じのテーマ。ちょっと生ぬるい感じ、辛気臭い話の進み方で私は好きなタイプの映画ではなかった。
男前のジャン・デュジャルダン、
気品と色気が漂うエルザ・ジルベルスタインを主演に迎えて贈る大人の男女の愛の物語。
他、クリストファー・ランバートやアリス・ポルらが共演しております。
たった2日間、されど2日間です
ーーインド国内を巡礼する旅を通して
大人の恋の始まりとその行方をね。


新進気鋭のインド人映画監督、
彼の新作映画、インド・フランス合作
のオファーを受けた、世界的に著名な映画音楽作曲家のアントワーヌ。
彼がフランスからインドへと渡るところからスタート。

監督やスタッフ、他関係者らに出迎えられ
フランス大使館で歓迎&懇親会が催される
ーーそこで大使 サミュエルと彼の妻 アンナと出会うアントワーヌ
ーー話も弾み楽しいひと時を、
サミュエルとアンナは最近子作りに励んでいるのだが、なかなか思うようにならず
ーー不妊解消にと、巡礼の旅へ近々出かける予定なのだ、とアンナ。


後日
ここしばらく続く頭痛に悩まされるアントワーヌ
ーー仕事にも支障が出始めると厄介なので、監督同伴で病院へ
ーーするとお医者から、
脳内に血栓ができており頭痛の原因はそれである、
いつ破裂してもおかしくない、と。

アンナの巡礼の話を思い出すアントワーヌ
ーー沐浴、聖者 アンマへ会いに行く、
前向きな考えや行動には不思議な力が働く、と。
巡礼をすることで
力が促されあらゆる問題が良い方向へ向かうのだとか
ーースピリチュアリティーを全身で感じることができるんだそうで。

アンナの巡礼の旅が始まり、
途中駅でアンナと合流して巡礼の旅のお供をするアントワーヌ。
旅中の時間を共有することで
否応でも2人はお互いを意識し合うようになっていく…
ーーアンナには夫が、
アントワーヌにはピアニストの交際相手 アリスがいて結婚を迫られている。
アリスもパリからインドへと。


巡礼の旅、各々の問題、
いつのまにか始まっていた恋愛に2人がどう答えを導き出すか
ーーアントワーヌ、アリス、アンナ、サミュエル、
4人が一堂に返した時、未来が決まる。
クロード・ルルーシュ監督がみせる男と女、大人の青春に酔いしれましょう。
おね

おねの感想・評価

-
嫌いじゃない。
大人の恋愛だけ見せられてたら嫌になるんだろうけど、インドの力で「浄化」されてる。まさに。
たま

たまの感想・評価

2.5
フランス映画界の巨匠の作品だったのは知らなかったし聞いてもなんかピンとこなかった。アントワーヌがアンナと一緒にアンマに会いにいく旅に出るところで有り得ないでしょ!って感じに。
そーなることは誰でもわかるでしょ。いい歳して分からないかしら?
せめて何もなくプラトニックで終わったなら美しかったのに。フランス人だからでしょうか?
でも男女の会話は楽しめました。
そこは良い意味でフランス人らしいお洒落で粋な感じでしたね。
それからインドの情景が神秘的だったしジャン・デュジャルダンが魅力的でした。
caramel

caramelの感想・評価

3.2
運命の恋、って、こういうことを言うのかなと思う。

不思議なもので、恋愛って、うまくいくときはすとんすとんとうまくいく。
境遇や自分の思考すら超えて。
そして、そういう恋愛はどこかで続いていくもの..だといいな というのは映画への期待かな。

結ばれるだけがハッピーエンドではないのでは?と示唆するラスト、象徴的に登場する「ロミオとジュリエット」 大人のラブストーリーで素敵な作品でした。
アンナのチャーミングな笑顔、魅力的だったなー
くみん

くみんの感想・評価

3.8
男と女の巨匠クロードルルーシュ監督77歳にしての作品。わたしもアンマに会ってみたいなー。ジャン・デュジャルダンの横顔がフェデラーに見えてしょうがなかった。
感情の機微。

映画音楽を主に仕事とする有名作曲家のアントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、仕事でインドを訪れる。その際、フランス大使館での晩餐会に招待され、大使夫人アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。

お互い意見や嗜好がハッキリしていて、出会った瞬間から二人は自分を飾ることなく自己主張し始める。前半はかなりの会話劇。ただ、それがアンマに会う旅に出た後にジワジワ効いてくる。

アンナの顔が最初は全然好きになれなくて、これで恋愛もの観るのはツライなと思いながら観てたけど、ガンジス川で沐浴を終えた後から、アンナの顔がみるみる美しくなって行く。そうか…恋しちゃったんだな。そしてその変化はアントワーヌも。

アンナを追いかけて旅に同行した時からこの運命は決まってた。
二人の感情の機微を見る度に、なんかこそばゆい気持ちになる。お互い夫と彼女がいて、それぞれを愛している。でも別なんだよ。夫以外の男性に心惹かれることの罪と止めようのない恋心の飴と鞭。彼女の心は甘い痛みと共に、鞭打たれた苦しい痛みがある。

ラストはどう解釈すればいいのかな。不思議な後味の作品だった。
インドが舞台のフランス人の恋愛映画。セレブな大人たち、男と女の会話を楽しむ映画。子供っぽい恋愛に飽きた大人が見る映画。私は怒ったり泣いたりケンカしたり幼稚でバカバカしい恋愛がしたい。フランスらしい映画だと思う。
minacco

minaccoの感想・評価

3.4
フランス映画って感じ。
とにかく会話を追うので精一杯。
ハイソで理屈っぽい男と女の恋愛物語。
巡礼の旅も現地の人と同じように旅をしたいと言ってはいるものの、キレイに着飾ってスーツケース持って…なんか腑に落ちないw
ま、あんなステキな笑顔のジャンデュジャルダンのような、才能ある男性が現れたら、大使夫人でもイチコロですよね…
会話が弾み、自分の事や気持ちを包み隠さず伝えられるってのはうらやましくある一方、面倒でもあり。ましてやお互いにパートナーがいながらもそういう状況に陥るということが、フランス人という国民性なのかな…と思ったりして。
という訳で、これぞって感じのフランス映画でした。
>|