アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲の作品情報・感想・評価

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲2015年製作の映画)

UN + UNE

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:114分

3.4

あらすじ

アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジル…

アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、映画音楽作曲家として成功を収め、美しい恋人アリス(アリス・ポル)との恋愛も順調で、今まで自分が作曲してきた映画の主人公のように、飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のためにインドを訪れた彼は、熱気あふれる大都市ニューデリーで行われた大使館のレセプションで、フランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。 エリートで有能な夫(クリストファー・ランバート)の愛を一身に受けるアンナは、女性の幸せをすべて手に入れたかのような朗らかで魅力あふれる女性だった。異国の地で出会った二人は、すぐさま意気投合し、そこからつきない会話が始まるのだった。 やがて、弾む会話のなかで、大使夫妻には子供がなく、愛する夫との間に子供を授かりたいと願う彼女は、聖者アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出かけるのだと言う。実はアントワーヌは、インドに来てからひどい頭痛に悩まされ、医者に精密検査を進められたところだった。 多忙を極めているアントワーヌは、気分転換としばしの休息を求めて、アンナを追って2日間の旅で出かけることを決めた―。

「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」に投稿された感想・評価

Toku

Tokuの感想・評価

3.4
気になった音楽
Symphonie du hasard/Francis Lai
yy22

yy22の感想・評価

-
2018 WOWOW / 80本目
「男と女」や「愛と哀しみのボレロ」など、数々の恋愛映画の名作で知られるフランスの人気監督クロード・ルルーシュ。インドで運命的に出会った1組の男女の気になる恋の行く末を、切なく甘美に綴った大人のラブストーリー。本作で75歳にして初めてインドを訪れ、かの地にすっかり魅了されたという彼が、全編にわたって現地ロケを敢行
キティ

キティの感想・評価

3.8
不思議な話。

アンマの紹介?

2人にはこれが丁度いいタイミングだったのかも。
もしかして「男と女(UN+UNE)」はアトワーヌとアンナの意味もある?

これをインド映画と位置付けていいならインド映画で一番好き。
私もアンマに抱擁されたい。
「現世で一番大切なのは来世への準備。現世は下書き」
tomo

tomoの感想・評価

3.4
最近こういう類の映画何本か見たけど、見終わった時の何故かスッキリ感はインドの力なのだろうか。スピリチュアル。インド行きたい。抱擁して。
ai

aiの感想・評価

-
フランス映画感に溢れてる。
やっぱり苦手。笑
我慢して最後まで見たら最後は悪くなかった
Canape

Canapeの感想・評価

1.0
とってもいい話かもしれない。目的のある大人の修学旅行的な。なんだけど、情緒不安定のアンナと小馬鹿にしているような話の腰を折るようなアントワーヌの話し方で入り込めず。ドキュメンタリーとするならともかく映画の中にアンマを押し込んでちょっと違和感。それでも映画を通してインドの美しさに満ちている。
NATSUKOTAN

NATSUKOTANの感想・評価

2.8
インドの風景につられて最後まで観たけど全くピンと来ず。
情緒不安定ですぐ涙するアンヌにイラっ。
慢性頭痛の辛さだけは良くわかるよ。
tak

takの感想・評価

4.0
「男と女」のクロード・ルルーシュ監督がインドを舞台に撮った大人の恋の物語。
御歳78で、恋愛のワクワクしてキュンとして、切なくて、でも幸福な気持ちを、
スクリーンの上に描き続けられてることがすごいと改めて思う。

映画音楽家アントワーヌとフランスのインド大使夫人アンナがパーティで出会う。
仕事も興味の対象も違う二人だが、退屈なパーティの中で不思議と気が合い話が盛り上がる。
インドのスピリチュアルな世界に造詣の深いアンナは、
聖女アンマの祝福を受ける為に小旅行をすると言い始める。
慢性の頭痛に悩むアントワーヌは、彼女を追って一緒に列車の旅へ。
道中二人の会話は身の上話から男女のあり方めいた話まで及ぶ。
噛み合わないようで、お互いを楽しませている。
次第に二人は惹かれあっていることを意識し始める。

大人って自分の気持ちを抑えることを知っている。
それだけに、惹かれていることをお互いが口にし始めてからの展開が切ない。
自分に気づきを与えてくれる誰かの存在は、生きることを楽しくしてくれる。
大使夫人としての平穏な暮らしを送るアンナにも、
刹那の恋に身を委ね続けてきたアントワーヌにも、
お互いがそんな存在になると感じたのだろう。
映画の終わりは、ほろ苦くでも未来を感じさせる幸福な結末。

「女は欠点のない男だ」
「9割は女が正しい。でも残り1割がくせもの」
などなど素敵な台詞がたくさん出てくる。
中年男アントワーヌが「恋に恋してるんだ」なんて台詞を吐くのに驚くけど、
その台詞はまさにルルーシュ監督が心中貫いていることなんじゃないだろうか。
素敵な2時間、観てよかった。
AT

ATの感想・評価

3.5
インドが舞台のフランス映画で、インドにずっと興味があるので必見と思い観た。
インドってスピリチュアルな国なのかな…
やっぱりいつか訪れてみたい国だと改めて思った!
映画の役の俳優さんが、最近観たアブドゥル役の人だった!大変長身のイケメンなのでインド映画界で人気なのかな。

フランス映画の邦題に疑問は感じる…
UN+UNEのままの方が雰囲気あるのに。

アンマについて、「寛大さと純粋さ」を持つ、という台詞。精神的に優れている人は、他人に対して寛大であり、純粋な眼差しを持っているのだと…。
>|