パスト ライブス/再会の作品情報・感想・評価

パスト ライブス/再会2023年製作の映画)

Past Lives

上映日:2024年04月05日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

『パスト ライブス/再会』に投稿された感想・評価

ここに出てくる登場人物全員カスすぎてオワコン。

何があっても俺はあそこの3人でバーに座ってるシーンに違和感を感じる。

言葉のわからない旦那の前で、たらればの愛の話したりするデリカシーの無さが考え…

>>続きを読む

ただ見つめ合う数秒間。その瞬間のためだけに人生はあったのかもしれないと思えるほどの大切な数秒間。でも何も起こらない数秒間。

そこから、最後の最後にこれまで見せてこなかった泣き虫ナヨンの姿を夫だけに…

>>続きを読む
yuuna

yuunaの感想・評価

-

歩んでいたかもしれなかった別の人生とか、一緒にはいられなかった人のことを考えた。現世ではなく、前世や来世では一緒と考えると少し気が楽になるのかもね。まず、運命的で両想いであることってあり得るのかわか…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

色々と言いたいことがありすぎたけど
まとめると全然刺さらず
映像美は流石。

2人の熱量
特に女性側の熱量がイマイチ伝わって来ず
ラストの涙に違和感しかなかった
泣く程気持ちがあるようには見えへんす…

>>続きを読む
フレーム・イン・フレームはcinema!なんだけどそれ以外がcinemaじゃない。

監督自身の体験が基になった映画。
台詞ではなく距離、立ち位置での表現が多かったのは劇作家出身の監督ならではなのかなと思った。
バーでのシーンや最後の無言の見つめ合っているシーンが正にそう感じた。
と…

>>続きを読む
byam

byamの感想・評価

4.1

若い時に観てたらイマイチだったかもしれないので今見れて良かった
アーサーに一番感情移入してしまった
初恋、遠距離、三角関係と在り来りなテーマだけど、丁寧な描写と綺麗なカメラワークのお陰か?素直に受け…

>>続きを読む
キムミ

キムミの感想・評価

4.1
わたしはきちんと正しい選択をどうやったら出来るのだろうか。
そこかしらに誰かと誰かの前世があるんだなあと思った
全ての出逢いは運命であり摂理であるということ

「移住して、捨てなければいけないものもあるけど得られるものもある」という台詞が印象的だった
SON

SONの感想・評価

3.8

淡々と進むなあと思ったけど、最後の最後にナヨンの涙で途端に切なくなった。

ナヨンにとってヘソンは故郷韓国そのもので、そこにいけば安住が待ってそうなんだけどもそれはもう思ったよりずっっと遠くにあり……

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事