ネメシス/S.T.Xの作品情報・感想・評価・動画配信

「ネメシス/S.T.X」に投稿された感想・評価

遅すぎるんだよ、じいさん……


スチュアート・ベアード監督 2002年製作
主演パトリック・スチュアート、トム・ハーディ


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
本日、7月13日は、僕の永遠の憧れピカード艦長ことパトリック・スチュアートの誕生日です。
フィルマ皆さんは、どちらかと言うとプロフェッサーXですよね~(´・ω・`) ショボーン、スキダケド
それでも、やっぱりたけちゃんは、スタートレックを観ねば!それには理由があるんです……


……と、その前に
【パトリック・スチュアート】
1940年7月13日、イングランドのヨークシャー州生まれ、今日で80歳になりました!
イギリスの名門"ロイヤル・シェークスピア・カンパニー"にて主演俳優を歴任したそうです。あの重厚な演技はそこで培われたのですね。

1987年に「新スタートレック」のジャン・リュック・ピカード役に就任。7シーズン艦長を務め、劇場版4本で舵を取ります!スタトレ最長艦長!
また、2000年に公開された「X-Men」シリーズで、プロフェッサーXを演じて人気が出ましたよね~。やっぱりマカヴォイよりもスチュアート(ˆωˆ )フフフ…
最近、「チャーリーズ・エンジェル」に出ていたのはビックらこいたわ~。役柄的にもね……って、あなた、まだレビューしてないよΣ(・ω・ノ)ノ!




今作を語る前に、少しドラマ「スタートレック:ピカード」について話を。
今回、「スタートレック」をレビューしようと思った一番の理由が、このドラマ「スタートレック:ピカード」の存在なんです。

「スタートレック:ピカード」は、スタートレックシリーズ第7の作品。
本国アメリカでは2020年1月23日より、日本では24日よりAmazonプライムの独占放送となりました。
僕も1月からずっと見てましたが、コロナ禍に突入し、フィルマをお休みしちゃったので(笑)、レビューしてませんでした。

今回、この映画のレビューとセットで、ドラマークスにもレビュー上げましたので、よろしければそちらも、ぜひ、見てあげてください( •̀ω•́ )و✧







さて、映画です。
「新スタートレック」劇場版第10作。
タイトルの「メネシス S.T.X.」のS.T.X.は"Star Trek X(10作)"を意味しています。
「新スタートレック」としては4作目で、シリーズ完結編となるんです。
次作からはJ.J.のスタートレックですからね。

劇場公開時は若干物足りない感じがして、少しガッカリしていました。あと、大好きな彼の退場がね😂
でも、改めて見直すと、とても良かったよね。
また、上に書いた通り、ドラマ「スタートレック:ピカード」は、この作品の続編になっているので、無視できません( ˘ ˘ )ウンウン
彼の退場が重要なんです!





以下は個人的な備忘録として、コメントを。
かなりオタクな独り言です( ¯−¯ )フッ



タイトルの出し方がとても良いなぁ( ˘ ˘ )ウンウン
そして、舞台は惑星ロミュラスへ。
ロミュラン人って知的に見えるよね。

そこからピカード艦長のアップ。
緊張感が高まります!
ところが……となる。
この辺の展開がいいよね~。

なんと、ライカー副長とディアナ・トロイとの結婚式。ウォーフ、大丈夫か?

ここはシリーズを観てきた人じゃないと分からないよね~。一応、書いておくと、ライカーとディアナは元々恋人でしたが、シリーズ中に別れてしまい、途中からディアナはウォーフと付き合い始めるんですよ。
でも、今作では、ディアナはウォーフと別れて、再びライカーと付き合い、結婚するわけですからね。
そりゃ、ウォーフ、荒れるわな(笑)


そこにポジトロニックサインが……
コラリン星系へ
ブリッジを頼むぞ、ミスタートロイ!(笑)
こういう台詞が、ちょいちょい良い( ˘ ˘ )ウンウン


上陸任務は誰にも譲らんぞ、とピカード。
転送が使えない状況で、上陸部隊はシャトルで向かいます。そこに積んであったのがオフロード車
この車の名前ARGO(アルゴ)は「アルゴ探検隊」から取った名前かなぁ。


そして、データ同様のアンドロイドを発見。
その名もB-4(意味はBefore、データより前のプロトタイプのこと)。このB-4がいなければ、「スタートレック:ピカード」も生まれなかった。


おーっ、ジェインウェイ提督!
「スタートレック ヴォイジャー」は2001年に終了したスタートレック第4のシリーズ。ジェインウェイはスタートレック初の女性艦長でした。
7年の航海を終えて地球に戻ったジェインウェイは提督になっていたんですね!
この「ネメシス」が公開された2002年は、ヴォイジャーの終了翌年でしたので、嬉しいカメオ出演でした( ˘ ˘ )ウンウン


敵はシンゾン
一応、ロミュラン帝国。
レムス星に住むという
なんと、ピカードのクローン
演じるのはトム・ハーディ!
公開当時は全く知らなかったよね。
まだ、若い!
ただね、どうしてもトム・ハーディがパトリック・スチュアートのクローンには見えないところが痛い😣
もう少し、何とかならなかったのかなぁ。
まぁ、ウィル・スミスの「ジェミニマン」レベルじゃなくて、全然いいんだけど( ¯−¯ )フッ


あと、全く分からないと思うけど、レムスの副長官はロン・パールマンだよ!
ロミュラン人に搾取されていたレムス人の反乱、すなわち、ロミュラン帝国の内戦がテーマなんですね。
ちなみに、ロミュラン人はバルカン人と同種族なので、かなり能力は高いですよ( ˘ ˘ )ウンウン


この映画って、シンゾンを通じてピカード艦長の過去を辿るんだよね。上手い脚本だなぁ。
でも、そこが面白く感じないと、辛い😅


オープニングのライカーとトロイの結婚も重要なんだよね~。このシーンが、後の「スタートレック:ピカード」に繋がっていくのでね。


その後の話は、ぜひ、映画を観てくださいね。
自分の鏡と言うべきクローンのシンゾン。
思考や戦略が似て当然。
それをどのようにして攻略するのか?

そして、この戦いを通じて、ピカードはロミュラン人と懇意になるんです。やっぱり重要なエピソードだったなァ( ˘ ˘ )ウンウン



ということで、「スタートレック:ピカード」を楽しむためにも、今作をちょこっと知っておいてもらうと良いかなぁ。来年、シーズン2が配信予定です。よろしければ、どうぞ( •̀ω•́ )و✧


パトリック・スチュアート様、80歳のお誕生日おめでとうございます🥳👏🎉
ぜひ、元気で新たな作品を見せてくださいませ!
中々に盛り上がりを見せるTNG劇場版シリーズの完結編。
後半にあるウォーバードを加えた戦闘シーンは見応えがあり派手さを見せないスタトレには珍しい迫力には普通にテンション上がる!

航海を共にしたクルーとの家族愛というテーマはまさにラストに相応しい、そしてTNGの中心キャラクターであるデータ少佐の物語という意味でもラストにもってこいの内容。

ただ、うーん。なんだろ、、、
テーマが大きすぎたというか、
敵キャラクターがすごい魅力ある設定なのにこちら側にあまりにも都合の良い役回りにさせられていてちょっと納得がいかない。

自身の存在意義を奪われ地下鉱山という文字通りどん底へと叩き込まれた彼がロミュランカーストの最下層を担う者達を束ね革命を起こす物語の方が余りにも魅力的で、そんな彼に対して"偽物は向上心が欠落している"という言葉一つで解決できる問題ではなくなっている。

この場合の向上心というのは、未知への探究心や知識や経験の向上を指しているのだとすれば、それは自身の成長環境に余裕がある者の発言であって、劣悪環境に置かれた彼等には到底不可能な条件。革命という立派な向上心があるにも関わらず彼等の意思を蔑ろにしたこの発言は平和ボケした者の戯言でしかない。

底辺から這い上がり革命を起こそうとする悪役を(しかも人口的に作られ難病を抱えているときたもんだ!!)応援せずにいられんだろ!!
制作陣もそれに気付いたか、後半このキャラクターは悪であるという植え付けを無理に進めた為彼等の設定が弱くなっていってしまった。

うーん、艦長とデータにはもっと彼等と向き合って欲しかったな…
宇宙艦隊である使命と正義の行いに対して葛藤するのがスタトレだと思っているので、、、

設定が面白かっただけに残念。(特別珍しい設定というわけではないが笑)

TNGの劇場版は全部観た結果、特別刺さる内容はなかったかな。。。
でも、なんかファミリー感は出て良かったよね!
ライカー、念願のなんか色々手に入れて、おめでとう!!
すたとれさいこう!
出番の少ないエンタープライズEの最後。
なにかっていうと、みんなエンタープライズを特攻させたがってる気がする(笑)
wedge

wedgeの感想・評価

3.0
2020年 映画36/100作品
Filmarksレビュースコア3.0
邦題「ネメシス/S.T.X」
原題「Star Trek: Nemesis」

小学生のころから、このシリーズのオタクである自分にとっては、客観的に見られない作品の一つ。知らない人にとっては、少々取っ付きの悪い不思議な静かな、人間ドラマメインの独特なSFか。あ、ブレイク前のトム・ハーディが出てるのが今となっては価値が上がるか(笑)

久々に改めて見ました。
スタートレックピカードを見て、データの最後を改めて振り返るために。
後半の艦隊戦はシリーズの中でも随一のもの。元々このシリーズは派手なバトルは余りないのもあり。
アルゴとカウンセラーへの仕打ちの2コンテンツは完全に蛇足だと思う。。。
データの最後は、ピカードにてようやく丁寧に完結した。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
ピカード艦長の

”It's never too late to change.”

という言葉が印象的だった。


データのことがますます好きになった作品。
ピカード率いる新スタートレックのメンバー最後の作品!

ライカーとディアナの結婚式から始まるのがいい!

ピカードとビバリーはどうなるんやー!とは思ったけど。

敵の戦艦に突っ込むところがかっこよかった!

そんで、データかっこよすぎ!

このレビューはネタバレを含みます

新スタートレック(TNG)映画版最終作。
あの結末って、最後ならではのスペシャル感を出すためなのかもしれないけど、ちょっと安易なやり方じゃないだろうか?

新スタートレックは、クルーのキャラづけと配置が絶妙で、チームの一体感も魅力の1つだったので、シリーズが終わったとは言え、誰かが欠けるのは寂しい。

やっぱり、余韻を楽しみたいんですよね‥
このクルーで、人類未踏の宇宙に勇敢に航海した物語が、さらに続くことを想像しつつ。


‥とは言え映画最終作、いろいろと、
クルーのファミリー感も、
ピカード艦長の実はヤンチャな様子も🚜
ジェインウェイ艦長の特別出演も、
データの人間性のさらなる目覚めも、
戦闘シーンのハラハラドキドキも、
ロミュランとの関係改善までも、
最後まで楽しませてもらいました。感謝。
🖖🖖
TV版『新スタートレック』(1987~1994年)、映画『ジェネレーションズ STAR TREK』(1994年)、『ファースト・コンタクト STAR TREK』(1996年)、『スター・トレック 叛乱』(1998年)と続いてきたピカード艦長の『新スタートレック』シリーズがここに完結。
ウィリアム・ライカー副長とディアナ・トロイの結婚式(出席客の中にガイナンとウェスリー・クラッシャーもいる)、キャスリン・ジェインウェイ提督のカメオ出演、宿敵ロミュラン帝国との和平交渉、データのプロトタイプ・B-4、超巨大戦艦シミター、ピカードのクローン・シンゾンなど、完結編にふさわしいボリュームである。
シンゾンはピカードの合わせ鏡となっており、まさにラスボスにふさわしい強敵だ。さらにクライマックスのU.S.S.エンタープライズE対超巨大戦艦シミターはスタートレック史上ベスト5に入る激戦である。今回は17年ぶりの再鑑賞にもかかわらず、懐かしさもあって大いに楽しめた。
実を言うと、2003年当時は、TV版の最終回に比べるとまるで物足りない。しかもTV版でデータの兄ローアが何度も出ていたのに今度はプロトタイプのB-4なんか出してなにが面白いの? などガッカリしたものだ。以前は狙いを読み取れないこともあったし、期待値が高過ぎたため過小評価してしまった。改めて観ると、『ネメシス/S.T.X』はTV版で一度終わった『新スタートレック』を見事に一歩進めて完結させており、古さを感じさせないスペースオペラの傑作であった。
思えば『スタートレック』シリーズはTV版も映画版も面白いものが多い(個人の好みにもよるが)。自宅待機で暇を持て余した方は映画版だけでも一気見し、未知の宇宙を探検してみてはどうだろうか。
うしお

うしおの感想・評価

3.5
トム・ハーディがツルッツルのツルッパゲでパトリック・スチュワートの若い頃を演じてハゲ・ハーディになってる!
でもどっちかというとハゲマカヴォイの方がハゲピカードに似てるかな

「ピカードの髪の毛か皮膚を使ったクローンね」
と言っていたけどピカード艦長髪の毛ないよ

正直前半は退屈だったのだけれど艦隊戦はシリーズ随一の迫力だった
全身全霊満身創痍のエンタープライズとデータには涙が出ちゃう

これでピカードのスタートレックは終わり
このシリーズのクルー皆好き
ピカード艦長が本当カッコいい
旧シリーズやテレビシリーズも早く見たいな

エンタープライズのプラモ欲しいな
家に飾りたい🖖
ごんび

ごんびの感想・評価

3.7
スタートレックを見てたのはデータが面白かったから。居なくなってしまった。

B4のバックアップを使う日は来るのか?
>|