blacknessfallさんの映画レビュー・感想・評価

blacknessfall

blacknessfall

観たことを記録しておいた方がいいと思った映画だけを登録してます。

映画(160)
ドラマ(0)

エスター(2009年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

吹替えバージョン観たかったんで午後ローを録画。

字幕で観た時も思ったんだけどこの話、昔の少女マンガ系のホラー短編みたい。吹替えだとよりそのテイストが強くなったように思った。
山岸凉子さんのオチでドー
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

2.5

決まってた劇場公開が突然中止になったんで、どこがそんなやばいのか気なってたやつ。

天才詩人?が奥さんが妊娠中にもかかわらず不信なおっさんとその家族やら読者の大群をガンガン家に招き入れて奥さんを追い詰
>>続きを読む

暗闇にベルが鳴る(1974年製作の映画)

3.0

TSUTAYA発掘良品のおかげでウン十年ぶりに観れてよかった笑
まあ、改めて観た思ったのはけっこうつまらないな、これ、、こんなはずじゃなかったんだけど長い間観れてなかったことと年取ったことで記憶の中で
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

2.8

事情があって殿、利息でござる!映画館に観に行くことなったんだよ。
まったく興味なかったんだけど一応、原作は読んだんだよね。
けっこう昔の貨幣の仕組みとか藩、要するに江戸自体の複雑な部分が鍵となる話なん
>>続きを読む

質屋(1964年製作の映画)

3.9

町山さんの著作、トラウマ映画館で紹介されてて気になってたので観賞。どんな話かは知ってたし、覚悟はできてたけどあまりに深い絶望を目の当たりにして茫然としたね。当たり前だがどんな名解説でも映画そのもの自体>>続きを読む

ZOMBEE 最凶ゾンビ蜂 襲来(2015年製作の映画)

1.9

未体験ゾーンの映画特集にラインナップされてて気になっていたけど見逃したやつ。レンタルにあったので観賞。

動物や虫が人を襲うのもゾンビも好きだから一粒で2度おしいかも💕て期待を見事に裏切る無惨な映画だ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

社会悪的なものと戦うロビイストってまず想像つかなかった笑
大企業とかの利益誘導屋ってイメージしかなかったし。

主人公は物凄い敏腕女性ロビイストで受けた依頼は必ず成功させる。表の手段裏の手段も使い、敵
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

良いとこも悪いとこもしっかり前作を踏襲してたので満足だった。

良かったとこ。しっかりロジャー・ムーア期の007の明るくノーテンキなスパイ映画になってた。悪役の壮大だけどマヌケな野望とか適度なお色気等
>>続きを読む

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄(2015年製作の映画)

3.7

ニコラス・ケイジは浪費癖で金がなくなって片っ端からB級っぽい娯楽作に出るようになってから観る機会増えたな笑 おれ好みの映画によく出てるんだよ笑

これはオカルト。それもちょっとゴシックっぽいコンセプト
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.3

おれはスピルバーグすごい監督、巨匠だと思ってるけどそんな好みが合う方じゃないし、そして社会派映画もさして興味ないんだけど観てきました。
じゃあ何でそんなのわざわざ観に行ったかってそりゃあ、この映画のお
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

ヴァーホーベンは色んなタイプの映画を撮ってるけど言いたいことがブレないから信用してる。
人間に貴賤はない。立派に見える人間も心の奥底は立派に見えない人間とそう大差なくゲスである。特に男は笑

今作も見
>>続きを読む

ハンガリー連続殺人鬼(2016年製作の映画)

3.3

90年代は流行りだったからシリアルキラーの本いっぱい出版されてたんだよ。そんなかで手っ取り早く色々知ることができるから短く何人ものシリアルキラーを紹介した本がかなりあって、詳しいやつにはこの事件載って>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.2

なかなか過ちを認めないという意味で国家ほどやっかいなものはない。
なので古今東西、個人が国を訴えると心身ともに激しく疲弊する。おまけに司法はめったに個人寄り添わない。なのでたいてい個人が負ける。。
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

この新シリーズの猿の惑星、創世記(ジェネシス)新世紀(ライジング)と尻上がりにかっこよくなってきてるから今度こそ映画館でと思ってたけど、結局レンタルになってしまった、、

聖戦記もやっぱかっこよかった
>>続きを読む

フィギュアスケート・ガールズ(2016年製作の映画)

2.7

何年か前に著名な映画評論家がTwitterで女性がマニアックな映画や音楽に興味持ち出したらそれは男の影響だ、みたいなこと言って大炎上したけど、そりゃそうだよな。
昔から自分のアンテナでそーゆーの感知し
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

かなりDCびいきの方もうーん😕って感じだったし、製作過程で色々あったんであまり期待せず観賞。

まあ、一番大きな色々は監督のザック・スナイダー降板、ジョス・ウェドンが最終的に手直して仕上げたってこと。
>>続きを読む

ゾディアック 覚醒(2017年製作の映画)

1.3

シリアルキラー好きなバカがゾディアックで1本撮ればそれなりのアガリが出るから、いっちょやりますかぁ~てノリで作られた、よくある雑なやつ。

わかってはいたけどシリアルキラー好きなバカの一人なんで観ちゃ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.3

予想以上におもしろかった。
厳密な意味で悪役のいない話なんだけど、マーベル印のヒーロー・アクション活劇になってた。手法を確立した者の強さだね。
強者による弱者への抑圧と搾取に終止符を打つための方法論の
>>続きを読む

サランドラ(1977年製作の映画)

3.5

TSUTAYAの発掘良品に4kリストア版が入ったと知ってレンタルしてきた。
まず、流石4kリストアだよな、画像なシャープ&ビビットだよ。昔のは岩山の端とか遠い方とかかなりボンヤリしてたのによく見れるこ
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

2.6

上の句おもしろかったんでしっかり時間合わせてテレビで見たよ。
でも、下の句はあんまノレなかった。上の句にあった邦画、大ヒットマンガ原作、電通的な諸々らしからぬ飛び抜けて思い切りある演出がなかった、、
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.3

去年から観たくてしょうがなかったやつ。よーやく観れたよ。

わかりやすいビジュアル・ショックてより生理や神経に生々しい嫌悪感をひしひしと詰めこみ観る側を青ざめさせてくる感じだった。
口から吐き出される
>>続きを読む

フィスト・ファイト(2017年製作の映画)

3.4

あんまおもしろそうじゃないなぁ、て思ったんだけどアイス・キューブ出てるので観ることに。

あんまおもしろそうじゃないってのはあくまでアメリカのコメディーの基準て意味でそーゆー意味で予想どおりだったかな
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

4.0

正義感と野心に駆られ巨悪を暴こうとする二人のジャーナリストの物語。

完全に実話ベースでやってるから、わかりやすくドラマティックな展開にはならない。とにかく粘り強く資料を読み込み、地道に堅実に、時に厚
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

人気マンガが原作、旬の若手俳優が主演、テレビや電通やらわらわらいる。
日本だと地雷率が高いパターンだからスルーしてるんだけど、テレビならつまらなくてもノー・ダメージだし安心して観れるぜ!

これはおも
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.4

マーベルは全体的に陽性で能天気なのが売りの部分あるけど、これほどほぼ全編ノーテンキ陽性で埋め尽くされたのはこれだけじゃないかな?

メインストーリーやメッセージはかなりシリアスでヘヴィなんだけど、あま
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

シャーリーズ・セロンはむっさセクシーでありながら、がっつり男前なんだよな。
スパイって言うのは優雅さと強さが売りなのは007の昔から決まっているので、セロンが女スパイでハードアクションやるんだからつま
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.8

これは完璧だな。
ものすごいグロくて生々しくありえないほど切なくて美しいラヴ・ストーリーだった。
時々出現する、監督が持ってる思いなり訴えたいことだけに焦点を絞って傑作になるやつ。ガス・ヴァン・サント
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ブレードランナーには深い思入れないし、ロイ・バッティ以外何1つピンと来なかったけど、無視するほど嫌いでもないからレンタル開始になったら観ちゃうよ笑

でも、やっぱりおれみたいのは観なくてもよかったかも
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.6

実話ベースとは思えないぐらいあれだな、アメリカン・ヒューマン・コメディーの王道行くストーリー展開だった笑
やっぱアパトー・ファミリーだからかな??
アメリカに暮らす普通のモスリム系の人達の生活や風習を
>>続きを読む

裁かれるは善人のみ(2014年製作の映画)

4.5

悪徳と市長のエゴで持ち家から不当に立ち退きを迫られる男の話。
これは権力の横暴や資本主義の暴走を告発するおれの好きなケン・ローチ的な映画かと思って観ました。
でも、違った。上記のような描写も前半ふんだ
>>続きを読む

殺し(1962年製作の映画)

3.4

勿論、必ずしもそうではないんだけど、バンドでも映画監督でも凄いやつは最初から凄いってことがけっこうあって、これはその典型かと。
殺しはベルナルド・ベルトリッチのデビュー作なんだけど、いい意味でデビュー
>>続きを読む

バタリアン リターンズ(1993年製作の映画)

4.3

90年代はゾンビ映画はあんま本数なかったんす。サイコ・サスペンスに押されてゾンビやスプラッターは衰退してたんだよ。故に良質なのが少なくて、、そんなゾンビ映画が苦しい時期のゾンビの良作はこれとブレインデ>>続きを読む

血の祝祭日(1963年製作の映画)

3.3

ゴッドファーザー・オブ・ゴアことH・G・ルイスの初のスプラッター映画。要するに世界初のスプラッターてことなんだけど、しかしスプラッシュじゃなくてとにかく血糊をぐだぐた大量に塗りたくる感じで飛び散りは非>>続きを読む

ザ・ブルード/怒りのメタファー(1979年製作の映画)

4.1

クローネンバーグは好きなのたくさんあるけど、一番観てるのってこれかザ・フライなんだよな。
怒りの感情が肉腫になってそれが生き物的なもんになり怒りの対象に襲いかかる。精神の変容が身体にも変容をきたすって
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

ちょっと時間あるしなんか観に行こうかと思ってたとこに、時間も合うし評判いいし観とくかな?ぐらいの温度で観てきました。
観に行って本当によかった。大傑作だねこれ!
自分の観賞経験からあらすじ見て、アメリ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.2

パッケージに英雄か。怪物か。てあるけど、強欲なクソ野郎だね笑
こーゆー厚顔無恥で野心と欲望の塊みたいなのが報われてしまう社会と言うか、資本主義ておっそろしいぜ、、アメリカだけの話じゃないから。
人を騙
>>続きを読む