blacknessfallさんの映画レビュー・感想・評価

blacknessfall

blacknessfall

映画(470)
ドラマ(0)

透明人間(2019年製作の映画)

4.3

ユニバーサル・ダークユニバーズ・シリーズとして制作される予定だったのが、第一弾のトムクルーズのマミーが盛大にコケたので単独作になったやつ。

このダークユニバースが崩壊したことが良い方に作用したんじゃ
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.0

ダークサイド・オブ・マブリーの傑作!
いつものマブリー・スマイルがあんなに恐ろしく見えるなんて😂

悪いやつ(暴力刑事)とすごく悪いやつ(強暴組長)が手を組んで物凄く悪いやつ(シリアル・キラー)を追い
>>続きを読む

アイスマン 宇宙最速の戦士(2018年製作の映画)

3.1

今、マ・ドンソクの次に好きな俳優ドニー・イェンの映画。

SFってことでドニーさんのモサッとした風貌に合わないんじゃないかと危惧したけど杞憂だった。

タイムリープものなんだけど未来は出てこない。舞台
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

3.6

今、一番好きな俳優マ・ドンソクの映画。

幼少の頃に養子に出されたアメリカでアームレスラーとして成功を掴みかけた時にアジア人差別から八百長疑惑をかけられアーム界を追われたマ・ドンソク。
今はクラブの用
>>続きを読む

けんか空手 極真拳(1975年製作の映画)

3.4

極真空手の創始者大山倍達の半生を画いた伝記映画。

伝記なんだけど絶対に伝記じゃねえだろうって展開の嵐に改めて観ても呆気に取られる。

当時の空手界の潮流寸止めに異を唱え、フルコンタクト至上主義を掲げ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.7

公開されてすぐに映画館で観てるんだけど、その時はうまく纏まらなくてアップしなかったんだよ。
家で再鑑賞して少し言語化できそうなので笑

監督のジョーダン・ピールは前作ゲットアウトが話題になり人種差別の
>>続きを読む

イレイザー(1996年製作の映画)

3.5

これが公開された頃はシュワ離れを起こしてたんで初めての鑑賞。

96年らしいけど内容のシンプルさ、雑だけど豪快なアクション、80年代のシュワっぽい笑

連邦保安官のシュワの仕事は証人保護プログラムの証
>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

3.5

これ映画館で観てるんだよ。前作300があまりにかっちょ良くて続編を待ちかねていたんだよ。
前売り券買ったよ。なのにテンションが上がりすぎてわざわざ映画の日に行って、「300 帝国の進撃1枚😤」って前売
>>続きを読む

ダーク・スクール(2018年製作の映画)

2.5

サスペンス・ホラーと言ってるけど、どっちかって言うとゴシック・ホラーになるんじゃないかと思う。

問題児(女子だけ)を構成させる寄宿学校が話の舞台なんだけど、森深い土地にあり、建物もやたらと古めかしい
>>続きを読む

ドライブ・アングリー3D(2010年製作の映画)

3.5

吹替えで鑑賞。
字幕で観た時よりケイジがかっこよく見えるのは大塚明夫さんの声の効果だね笑

カルト教団に娘を殺され娘が生うんだ赤ちゃんが二日後の満月に行われる地獄の扉を開く儀式の生贄にされる!

娘の
>>続きを読む

モンキー・マジック 孫悟空誕生(2014年製作の映画)

2.5

西遊記映画、ここんとこ乱発されてて、どれがどれだか分からないけど、ちゃんと整理できてる人はいるんすかね?

これはドニーさん目当て観たんだけど、既視感が半端なかった、チャウシンチーので観たようなみたい
>>続きを読む

死霊のえじき(1985年製作の映画)

3.9

ニューリマスター版で鑑賞。

ロメロのゾンビ、所謂、三部作の中では1番手間も金もかけてるはずなんだけど、自分の中では地味な印象。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッドとドーン・オブ・デッドと比べるとロメ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

その評判の高さから気になってたやつ。

カンニングを扱った映画は多いわけだけど、最近は観なくなったなぁって印象があって、何故?今、タイでカンニング映画が作られたのか?
中国に実際にあった集団カンニング
>>続きを読む

新・仁義なき戦い。(2000年製作の映画)

2.1

仁義なき戦いシリーズとして観ると、残念としか言いようがないんだよな、これ。

阪本順治監督の映画としてなら理解できなくもないんだけど、うーん。

舞台は大阪。ヤクザで頂点を極めようとする豊川悦二とヤク
>>続きを読む

スラッグス(1987年製作の映画)

3.5

本物使うってだけで出る特別な効果っていうのは確実にあって、これはもうそれだけで虫系ホラーのマスターピースになったような映画だよ。

なんか不審死、怪死の真相が人喰いナメクジの仕業だったっていう他愛ない
>>続きを読む

若い貴族たち 13階段のマキ(1975年製作の映画)

3.5

東映、お得意の不良少女もの。
ただ、池玲子さんや杉本美樹さんがやってるようなズべ公テイストはかなり薄い。
タイトルに若い貴族と入ってるし、原作が梶原一騎なので東映の不良少女ものの中では異質な方だと思う
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

4.5

何回観てもおもしろいやつ。

しかし、これだけ一本道でストーリーもあってないようなもんだし、主人公は拐われた娘を奪還するためとは言え、行き当たりばったりに人を殺すし、ツッコミどころだらけなのに、それが
>>続きを読む

ロード・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.6

久々のアサイラム映画。
タイトル、ジャケ見れば分かるけど、ゴジラ キング・オブ・モンスターズをパチッってる笑

「うちのやり方知ってて、それが好きな人は観てくれよな」って開き直りの声が聞こえてきそうな
>>続きを読む

狂走セックス族(1973年製作の映画)

2.9

セックス族と銘打ってるけど、そんなにセックスしない笑

なんかアメリカのイージー・ライダーとかワイルド・エンジェルなんかのバイク映画を目指してる気がした。

バイク映画じゃないけどバニシング・ポイント
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

ここんとこガチャガチャうるさい映画ばかり観てたせいで、静かなこの映画が一層静かに感じたよ笑

勢い任せなミクスチャーロックやアゲアゲのスカ・コアの後にブライン・イーノのヒーリング系ノイズを聴いたような
>>続きを読む

直撃地獄拳 大逆転(1974年製作の映画)

3.6

タイミングが合えば観てしまうやつ笑

千葉真一の空手アクションを主軸に据えたアクション・コメディの第二弾。

メインキャスト3人はインテリでクールな殺し屋の佐藤充、女好きで直情単細胞な郷えい治、そして
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.1

原作はアメトーーク!で紹介されて存在を知ってハマったからかなり遅い方なんだよ。

始皇帝が主役って他になった気がしたし、まあ、読んでみっかな?ぐらいの温度だったけど、自分の知らない始皇帝の生立ちや当時
>>続きを読む

セックス喜劇 鼻血ブー(1971年製作の映画)

3.3

牛が歩いてくる🐄目線の先には別の牛が。
目線の先の牛に近づくや交尾を始める牛🐮❣️🐮
アッと言う間に終る交尾。

牛の後ろから作業着姿の小池朝雄が朗らかに語り出す。
「牛の一突きと言うだけあって早い、
>>続きを読む

デモリションマン(1993年製作の映画)

3.0

1996年、ロス・アンジェルス。
超凶悪犯のウェズリー・スナイプスを逮捕したものの、ウェズリーの狡猾な罠にハマって自らも冷凍保存の刑に処せられた敏腕警察官のスタローン。

時は流れ2032年。
仮釈放
>>続きを読む

日本暗黒史 血の抗争(1967年製作の映画)

3.3

リアル・ギャングスター安藤昇の主演。
チンピラから岐阜、名古屋の大物にヤクザにのしあがる男、河上純一を演じるから、なんか本人役的な当て込みだよね。
これに限らず安藤昇はヤクザ映画だとだいたいかっこいい
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.6

高校生時代スクールカーストと上位の花形生徒のケヴィン、学校1の美女とベストカップルにも選ばれた。自他共に輝かしい将来を確信していたが、しかし、今は出世レースに破れた会計士の身に、、

そんなある日、記
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.6

ハリウッドで何者かになる夢を抱いて、ハリウッドに程近いシルバーレイクのマンションに住むサムは33才にして、ハリウッドの片隅にも潜り込めずにいた。
無気力な日々の中、近所のサラと言う美女に一目惚れする。
>>続きを読む

ポリス・ストーリー3(1992年製作の映画)

4.0

3も吹替えで鑑賞。

3作目はガラッとノリが変わったね。
ハリウッドの爆発、銃撃多用アクション大作な趣きが。
監督もジャッキーじゃないし。

一気にスケールアップしてんだよ。1作目も2作目も香港の中だ
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.6

死霊館のスピンオフ、他のアナベル観てないからどうすっかと思ったけど、観れるのだし観るかと。

死霊館シリーズはすごいなと思った。なんかトーンが統一されてる。マーベルみたいだよ笑

ジェームス・ワンが確
>>続きを読む

ポリスストーリー2/九龍の眼 クーロンズ・アイ(1988年製作の映画)

3.5

吹替えで鑑賞。
3回目ぐらいのはずなんだけど、ほとんど内容忘れてた笑

時系列的に前作の直後から始まる。
1作目もそうだったけど、ジャッキー刑事と恋人のラヴコメが話のメインなんだよね、これ。

今回は
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.8

イケメンのリア充の若者がスマホをタクシーで落とし、拾った相手がヤバヤバのサイコで本人もたけど彼女の北川景子の方が悲惨なめに合う展開は予想外だったし、うまいと思った。

スマホを悪用されるカップルと女性
>>続きを読む

コード211(2018年製作の映画)

3.0

セガールより前から意識的に見てるケイジ映画。
とは言え、けっこう久しぶり笑

投げやりにも見えるオーバーアクトと連発する圧の高い顔芸で、演技派と言われた頃とは違った人気を獲得したケイジなんで、もう見る
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

2.6

深作欣二監督のSFやファンタジーの中では極めてマトモなのは角川春樹の「看板娘(薬師丸ひろ子)にサムい感じにしたら承知しないよ」みたいな圧がしっかり作用してたからなのかしら🤔

"宇宙からのメッセージ"
>>続きを読む

悪魔の沼(1976年製作の映画)

3.4

久々に観たわけなんだけど、肝心の人食いワニ🐊はデカイだけで1つもリアルに動いてくれない。
安い売春宿とぼろっぼろのモーテルが舞台だし、"悪魔のいけにえ"で注目集めたはずのに、そーゆー期待感や勢いが画面
>>続きを読む

クイック&デッド(1995年製作の映画)

3.8

某SNSの長いお付き合いフォロワーさんからオススメされてたやつ。親切にもCSで上映することまで教えてもらった以上観ないわけにはいかないよな💨

観てよかったよ、これ。
サム・ライミのスピーディーな演出
>>続きを読む

目撃者(2017年製作の映画)

3.5

念願の高級マンションを買ったサラリーマンがマンション前で殺人を目撃してしまう。
犯人に灯りの窓から部屋の位置を確認されてしまう。

被害者や社会正義を想えば警察に証言すべきだが、部屋を知られたから報復
>>続きを読む

>|