好人好日の作品情報・感想・評価

「好人好日」に投稿された感想・評価

かめの

かめのの感想・評価

4.5

のほほんとした笑い、なのに、退屈しない。笠智衆さんは役柄ぴったりだし、爽やかな映画だった。
奈良を舞台にした渋谷実監督のホームドラマ。

冒頭、ある女性が奈良の大仏にお祈りする。この女性、岩下志麻。若い!!
このシーン、大仏にお祈りしている岩下志麻を下から撮るカメラが良い。また、奈良の鹿がいる青空の下で映す岩下志麻も綺麗にとれているカラー映画。

さて、物語は、相思相愛の男女(岩下志麻と川津祐介)が無事に結婚できるのか、この女性の父親は世界的な数学教授であるが数学とコーヒー以外は殆ど関心が無い。この変人の父親を笠智衆が好演。
その妻(岩下志麻の母親)は、淡島千景。
ただ、初っ端で、この父母は育ての親であり、娘(岩下志麻)は貰われっ子とのこと。
一方、男(川津祐介)の家庭は代々続いた家柄で、おばあちゃんが北林谷栄。イイ味出している。

ただ、全編を通して観て、ホノボノした感じは伝わって来るが、「笑えるか?」と問われると「それほどでもない」と答えるしかない。まぁまぁ楽しい映画ではあるが。

<映倫No.12466>
浮世離れした数学者を演じる笠智衆が、実にはまり役で、とにかく目が離せなかった。医者に止められているコーヒーをだましだまし掠めとる笠智衆、宿の主人に飄々と悪態をつきまくる笠智衆、取材責めにあって縁側でうずくまる笠智衆・・・。その筋の人にとってはたまらないIVのようだ。
slow

slowの感想・評価

3.9
カットの弱さや無駄も多く感じるけど、こんな笠智衆も見てみたかった。本当、うさぎとコーヒーがよく似合う。いい!
多分コメディなんだけど、掛け合いの感じがふわふわしていて不思議な作品。小津作品でも顔を合わせる笠智衆と岩下志麻。そちらの正統派親子映画とはまた少し違っていて、チャキチャキ岩下志麻と笠智衆の変人ぷりが新鮮である。

文化勲章授与式に向かう夫婦を見ていると、昨今のノーベル賞を受けて取材などを受けている方々の舞台裏を見ているような気分になった。
やっぱりそういう人達も少し変わり者なのかな(失礼)。
確かに身近に居てほしくないんだけど、どこか憎めない可愛さがある数学者の先生。数学以外まるでダメなんてね‼生まれぱなしなんて、言われる位なんだもんねぇ、奥さんと娘さんよくお世話頑張ってるなぁ(о´∀`о)特に娘さんあなた本当に頑張ってるね!偉いよ文句も言わずにさぁ。

お嫁に行ったら、今度は、奥さんがお世話かぁ大変だなぁ‼私なら、すぐ音をあげるか、文句タラタラだろうなぁ(^_^;) でも面白かった‼笑いを堪えるのに大変だった。最後にコーヒー中毒の先生に栄光あれ‼
Ghassoul

Ghassoulの感想・評価

3.5
小津の作品では見られない笠智衆が見れた。

「コーヒー!コーヒー!」 コーヒーどんだけ好きなんだよ(笑)

まあまあ面白かった。
小津監督とは対照的に、渋谷実監督作品での笠智衆はコミカルで動きがある。岩下志麻のかわいらしさがたまらない。他の俳優陣についても同じではあるが、両監督とも、登場人物になんとも言えない味がある。
ふらりと出歩いて「コーヒ」が飲みたくなった。
肩肘張らずに楽しめる日常系ホームコメディ。「生まれっぱなし」と揶揄される奇矯な天才数学者を演じる笠智衆のおとぼけっぷりも良かったですが、娘役の岩下志麻の可愛らしさといったらもう!妻役の淡島千景も魅力的でした。時間も短いのでさくっとどうぞ。
コーヒーの飲み過ぎで怒られる笠智衆。
ボクシンググローブを嵌める笠智衆。
笠智衆のイメージがちょっと変わったけど、演技はいつもの彼だった。あのセリフの読み上げ方はクセになりますな。
m

mの感想・評価

-
反対してた結婚にあっさり賛成するほど天皇の影響は大きいんだなぁ
>|