悪魔を見たの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「悪魔を見た」に投稿された感想・評価

韓国映画開拓!

こ、こ、今回も凄いな…!!
バイオレンスが止まらない!!

「悪魔を見た」
はい、確かに。
僕はNetflixで悪魔を見ました。

婚約者ジュヨン(オ・サナ)を何者かによって惨殺された国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)。彼は連続殺人鬼ギョンチョル(チェ・ミンシク)への復讐を心に誓う。

序盤、ジュヨンの殺害シーンから容赦ないです。
か、か、可哀想過ぎるっ!!
本作、生首の作りが非常に良い。
凄く綺麗な女優さんなのに…生首…。

その昔韓流ドラマ「IRIS-アイリス-」を観ていたので、イ・ビョンホンは好き!!

この人、無表情の演技が凄い!
婚約者を亡くし、死んでいる様に生きている無表情。
敵を完膚なきまで痛めつける時の無表情。

こんなに表情筋を動かさない主演俳優がいるだろうか?
恐らく劇中1回ぐらいしか笑わない!
しかし、泣くシーンは素晴らしかった!

対するチェ・ミンシクの演技も凄い。
奴もまた悪魔だけど、演技は神がかかっている!!
人の命を何とも思わぬ非情ぶり。
女の身体を弄ぶ鬼畜ぶり。

ああ、もう、とことんまで暗く、グロく、救いが無い!!

個人的に強烈なインパクトを残したシーンの数々。

アキレス腱ブッチーーー!!
ウ○チバシャバシャーーー!!
そして最後のピタゴラ死ーン!!

劇中語られる台詞を借りれば「人間をやめたくなる」。

追い詰めて
痛めつけて
解放する。
catch & releaseで徐々に追い詰めていくスヒョンもまた悪魔!!

悪魔と悪魔の対決を徹底的な暴力描写でとことんドギツく!!

感動作を観て涙したと思えば、
バイオレンス映画で悦に浸る。

自分の中にも悪魔が眠っている様で。
人の中に潜む絶対悪の黒い部分がきっと世の中で1番怖い。
み

みの感想・評価

4.2
観やんかったら良かったと観て良かったが共存する最高の胸糞。
十一

十一の感想・評価

4.2
陰湿で凄惨な暴力表現の凄まじさ。脚本は冗長で構成のまとまりを欠く印象だが、逆に、延々と続く暴力の連鎖の表現となっていて、やりきれない結末への説得力に繋がっている。10代にフィンチャーのセブンから受けた衝撃を、少し思い出した。この世に想像すらできない邪悪が存在するという事実と、その邪悪は、相対する人間の怒りと憎悪に等しく成長するという真実。気持ちの良い映画ではないが、内なる怪物への自省を促す点において、怒りと憎悪の極地を描く黒い絵としての倫理的崇高さすら感じさせる。
Matilda

Matildaの感想・評価

3.5
本当に「悪魔を見た」という感じ。
サイコパスVS悪魔かな。
韓国らしいグロいシーンが多い。
サイコパス相手なので、悪魔でもカッコよく見えるシーンもある。
ラストは虚無感。
韓国は良い意味で胸糞映画得意だな、と再確認。
私怨はいいけど、その間に被害者が出たり、犯人がいい思いするのはいただけない。
解放して、被害者の遺族全員から狙われる話にしてほしかった。
国茶

国茶の感想・評価

4.2
バイオレンスな映画を撮ると
右に出るものがない韓国映画

妻を殺されて
復讐のために悪魔になる男

最初から悪魔のような所業を繰り返す
殺人鬼の男

終わりがいい映画だけど
スッキリしない
モヤモヤ感のある映画
見るとだいぶ どよーんとなるけど
損しません。 この感じを味わって欲しい
トミタ

トミタの感想・評価

3.5
辛い。とにかく辛い。これはド平日の夜に観るもんじゃない。目を覆いたくなるけど、気になってしまう怒涛の殺戮。その一つ一つが、観ているこっちまで苦痛になるほど凄惨。

そしてイ・ビョンホンの哀しみに満ちた表情が最高。いくらでも間が持つ。
韓国産のリベンジバイオレンス。
復讐ってそうだよね!
という今まで見たかった復讐劇でした。
予想の遥か上に行く、ただの復讐劇ではない。
チェ・ミンシクとイ・ビョンホンの正に血で血を洗う報復アクション。
悪魔=殺人鬼だけじゃない、色んな悪魔を見られる良作。
れい

れいの感想・評価

3.8
暴力シーンがかなり多い。被害者の他に、
関係ない人がかなり巻き込まれてて辛くなった。

このレビューはネタバレを含みます

201905067
すっかりこの映画の存在を忘れててやっと見れた!

序盤は残忍で顔を背けたくなるレベルです。が、段々ヤバイ奴のオンパレードでシリアスさがなくなって吹き出すぐらいのレベルに💦

所々意図的に笑わせようとしてますね😅

チェ・ミンシクの演技力!