親切なクムジャさんの作品情報・感想・評価

「親切なクムジャさん」に投稿された感想・評価

ホラ丼

ホラ丼の感想・評価

3.1
犯罪&復讐に、きれいな女性と凝った美術+グロい性に不快な食事。たっぷりな感じでした。
犯行の再現の仕方もすごいなぁ。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.3
壮大な復讐劇でした

あまり面白くはない

ソンガンホがチョイ役で出てた 笑
MariaAmano

MariaAmanoの感想・評価

2.4
すっきりしない復讐劇でもよくて、しっかり集中できるときに見たい映画


親切はもうやめたの
odo

odoの感想・評価

4.0
チャングムの復讐、こわかったです。
そして、その先に救いがない悲しみといったら・・・
音楽がいい
クムジャさん綺麗 黒も似合うし白も似合う
オープニングがちょっと怖い
最初は訳がわからないけどだんだんわかる感じ
チャングムの誓いのイ・ヨンエ
この作品をもって活動中止に入ったが
女優として人として滲み出る母性が究極に出しきったのでは無いだろうか。
振り幅があまりにも大きな役所を演じ切った彼女にやはり脱帽してしまう。
朝子

朝子の感想・評価

3.3
復讐女に憐れみを。しかし、彼女にシンパシーを感じるか?

赤子を人質にとられた為に殺人の罪をきせられ、誘拐犯に利用されたとしても、元々、身重の我が身を守る為、JKの若さを餌に男の下心を刺激して、犬の様に飼い馴らして利用しようとしたのは彼女だ。罪の重さに違いはあれど利用しようとする意志は同じ。もし男が誘拐犯でなければ、彼女の行為に共感できるか?
刑務所での「親切」も後々の復讐において利用する為だ。となれば、その「親切」に心から賛同できるか?
赤いアイシャドウに、心ならずも加担した誘拐のせいで殺された幼児への贖罪を表しても、罪をきせられた恨みも復讐の理由だろう。彼女のおそらく不幸な身の上がそこはかとなく窺い知れるとはいえ、自業自得ではないか、という囁き声を無視できない。

この物語は、加害者と被害者、など、様々な物事の曖昧な境界線に注目するべきなのだろう。そして、娘との再会の場面を大号泣ではなく大爆笑させたように、彼女への安易な感情の同化をさせないのだ。

復讐するという事は被害者が加害者になる事だし、彼女も被害者家族も、私刑するあの場において誘拐犯にとっては加害者だ。被害者家族が天使になった我が子を感じて救われても、我が子は帰ってこない被害者の現実の姿は変わらない。彼女も彼女自身が「親切」に復讐されて、自身の恨みのトドメはさせない。やっと赤いアイシャドウを落としても、事の顛末を全て見てきたという暗喩の大きくなった殺された幼児の幽霊は、彼女の謝罪の言葉に猿轡をかませ、加害者の烙印を押す。贖罪もできなかったのだ。結局、彼女の娘も養父母と去るだろう。救われない彼女が身勝手を後悔して、豆腐のような白いケーキに突っ伏しても、閉じた目には暗く深い闇しか見えない。

その彼女にやっと憐れみを覚えた時に、その姿に既視感を感じる。翻れば、そして省みれば、それは私自身で、最後の最後で同化させる意図に、自身の救われない身勝手さをひしひしと噛みしめる。

このレビューはネタバレを含みます

韓国ノワールらしい無実の罪で服役した女のドロドロ復讐劇だが、美しさにこだわった特注の銃やビジュアルイメージ、復讐相手の英語教師を拷問しながら英語通訳させるなどオシャレなブラックユーモアが光る。その分、直接的なエログロは抑えめではある。復讐相手が他にも沢山殺していて遺族を集めてどう復讐するか会議して順番にいたぶっていくシーンはシュールで良い。
Shiroron

Shiroronの感想・評価

3.5
クムジャさん綺麗〜。赤いアイシャドウがこんなにも似合う復讐者はほかにいないね
Hquuuu

Hquuuuの感想・評価

3.8
おぉ!この監督好きかもしれない!!

一応R15なのも納得の映画。こんなの夜中から一人で見るもんじゃなかった。正直舐めてた。笑

オールド・ボーイにもやっぱり似てましたね。復讐三部作見たいけど、「復讐者に憐れみを」は年齢的に無理っぽい。「ウルフオブウォールストリート」のR18ならまだしも、この監督のR18は、怖いので、もう少し、修行を、積んでから、見ることにします。

見終わったあとに考えました。タイトルの「親切なクムジャさん」親切は怖い。笑
>|