PERFECT BLUE パーフェクト ブルーの作品情報・感想・評価・動画配信

「PERFECT BLUE パーフェクト ブルー」に投稿された感想・評価

ひざ

ひざの感想・評価

5.0
す、すごい…!正直全容を掴めてはいないのですが、なぜか何度も観たくなるような中毒性があります🤔最後までノンストップの怒涛の展開に目が離せません。とにかくこれすごい…
監督死んじゃったんですよね? アニメ映画も面白いのあるんだなあ、と思わせてくれた作品です(╹◡╹)
一言で言い表すならめちゃくちゃ
時代が古すぎるのでちょっとついていけないところも
私は結構「胸糞悪くなる」作品が好きで、鬱展開と話題の作品を見ても然程ダメージを受けることはありません。

しかし、この作品は本当に(良い意味で)気分が悪くなりました。
観終わった後に、なんとも言えぬ疲労感に苛まれ、立ち直るのに少し時間がかかりました。

こんな気持ちは初めてで、この気持ちをどう処理すればいいのかわからなくなりました。

何が本当で何が本当ではないのか、何を信じれば良いのかもわからなくなり、視聴しているだけの私も、頭をかきむしりたくなりました。

しかし、また観たくなる。そんな不思議な作品です。
いの

いのの感想・評価

4.2
先月「パプリカ」を観て、これは凄い!と。それで、今敏監督作品を観られるだけ観てみることに(パプリカを含めて4作品を観てみました)。


アイドルから女優へ。熱狂的なファン。今ある自分とありたい自分。みたくない自分。そうであってほしい他者。鏡像。
パプリカでも思うことだけど、虚実が入り混じる話は、すでにとても身近な話で。虚実の区分けなんてする必要もなく。妄想も思い込みも、自分にとっては、もうすっかり馴染んだ世界。最後の方の追いかけっこは、ブレランみたいだと思ってうれしくなる。レンタルしたDVDには、監督の解説講座やスタッフの話なども併禄されていて、それもうれしい。連日の暑さで、難しいことを考える気力がなく(言い訳)、レビューもなるべくさっぱり済ませたい。再鑑賞して、いつかちゃんと考えて(できるかな?)、できたらこっそり書き直そうっと。えへっ。笑笑  冬休みまでの課題ね。はーい!
2年前に鑑賞。90年代にネットストーカーのお話を考え出しているの本当に凄いと思う。

自分も自分が何者か分からないので、おかしくなってしまいそうで怖い
papi

papiの感想・評価

4.0
観ながらこっちまで精神狂いそうになる
犯人全く予想ついてなくて分かった時驚愕した
ストーカー犯人かと思っとったのにただのキモいやつだったごめん
Kevin

Kevinの感想・評価

5.0
あなた誰なの?

今敏監督の映画も3作品目
パプリカで期待値爆上がりだったけど普通に超えてきた、これほんとに長編デビュー作??ほんとに20年以上前の作品??

ジャンル的にはサイコスリラー?ホラー?SF?微妙なライン、観終わって全てがカチッと繋がった時の感覚は鳥肌モノ
AKIRAの大友さんも関わってるのが納得

日本ではR15指定だけどR18でもええんじゃないかと思うぐらい内容も描写もなかなか重い(実際海外ではR18が多いらしい)
狂気の映画

アイドルから女優に転身した1人の女性ストーカーや過激な仕事に追い詰められて少しづつ壊れていく、、、、って感じだけどそれで終わったら私含めてみんな高評価しないよね笑

鏡の中の自分が本音をあらわしているのがまた面白い、現実じゃなくて鏡の中

前半はまぁこんな感じだけど中盤から夢と現実と撮影現場(ドラマ)が錯綜する
この境界がほんとに分からない、この3つの世界の違いがなさすぎる
この現実と虚構の描き方がパプリカに繋がってるなぁと

そして後半の怒涛の展開
こんなの予想出来へんって笑

羊たちの沈黙やセブンみたいなスリラー系の洋画が好きな人にかなりオススメ!
アイドルを脱皮して女優の道を進もうとするミマが、謎のストーカー被害に会い、徐々に精神を崩壊させていく話。ということに騙されてはいけない!ストーカーは誰なのか、後半に近づくにつれ犯人像が浮かび上がっていく点はダーレンロノフスキー顔負けの迫力に満ち満ちたミステリーだが、ストーカーによる攻撃をとりあげるだけでなく主人公が抱えるドラマ現場や事務所での不安から始まり、レイプシーンやヘアヌード写真の撮影での絶望感、そして追い詰められていき遂に幻覚まで見る流れをこれでもかと精細に描いていく。アイドル戦国時代といわれる昨今だからこそのリアリティがすさまじい。しかし、そういった患者さん可愛そうね的な流れに嵌まってしまうと大怪我をする。この映画の本質は後半まで隠してあるからだ。眼前の世界は現実なのか妄想なのか、両者間に明白な境はないのではないか、今監督作品に共通するデカルト的なテーマが他の作品よりも色濃くでている作品といえるのではないだろうか。
じ

じの感想・評価

3.9
アイドルを辞めて女優になった主人公がどんどん壊れて行くお話。主人公の妄想なのかドラマの中の世界なのか現実なのか見ているとこっちまで分からなくなってきて頭がこんがらがってくるけど最後にはしっかり納得できる終わり方でスッキリ!なるほどそういうね!自分の想像していなかったまとまり方で楽しめた!!
この不気味なサイコスリラーな内容大好き!更にプラスして独特な絵が合わさってより不気味さ、気持ち悪さが際立って良かった!!
>|