少女は悪魔を待ちわびての作品情報・感想・評価

少女は悪魔を待ちわびて2016年製作の映画)

널 기다리며/Missing You

上映日:2017年03月07日

製作国:

上映時間:109分

3.3

あらすじ

15年前の冬、警察官だったヒジュの父親が殺害される。連続殺人犯だった犯人は、法廷で証拠不十分としてヒジュの父親殺しの容疑は問われず、たった1人だけの殺人容疑で15年間服役することになる。この世に独りぼっちになった幼いヒジュは復讐を誓い、父親の同僚達の助けで、警察署でアルバイトをしながらその時を待ちわびていた。そしてついに犯人ギボムが出所する日を迎え計画を実行しようとした矢先、類似連続殺人事件が発…

15年前の冬、警察官だったヒジュの父親が殺害される。連続殺人犯だった犯人は、法廷で証拠不十分としてヒジュの父親殺しの容疑は問われず、たった1人だけの殺人容疑で15年間服役することになる。この世に独りぼっちになった幼いヒジュは復讐を誓い、父親の同僚達の助けで、警察署でアルバイトをしながらその時を待ちわびていた。そしてついに犯人ギボムが出所する日を迎え計画を実行しようとした矢先、類似連続殺人事件が発生し、予期せぬ形で新たな真実が発覚する。15年待ちわびた少女の危険な7日間の追撃戦が今、始まる――。

「少女は悪魔を待ちわびて」に投稿された感想・評価

Hiratatsu

Hiratatsuの感想・評価

3.3
色々あったけど最後はしっかり着地。
韓国映画独特の雰囲気が強め。
17

17の感想・評価

3.1
なかなかえぐい。嫌いじゃないけど好きでもないかなあ。身体がバキバキ過ぎて、どうやってその身体を作り上げたのかちょっと気になる…
表情筋を封印したシム・ウンギョンの新たな魅力開花。復讐のために生きる執念が愛らしさの中で暴れていた。ナイフやガラスを使った見せ方がとても巧みな映画。その刃にしっかりと人の念を感じる。痛覚を否応なしに刺激してくるので痛いのダメな人は貧血起こすかも。
韓国に住んでいた友人の話を聞きながら韓国事情とともに観るとまた違う観点で観てしまった。
ひでみ

ひでみの感想・評価

3.8
タイトルからホラー映画だと思ってたら、韓国の復讐バイオレンスもの。復讐者はシリアルキラーに刑事の父親を殺された娘の設定。15年懲役の出所後に復讐開始。まあまあインパクトあったけど少し弱いかな。ペットショップの店員が石塚英彦似だった。
ムメ

ムメの感想・評価

3.3
たしかに気になる部分は多いけど
ちゃんと見れたのは出演者の演技力のおかげだな。

そして、なんだろやっぱりアンジェホンに癒される
韓国映画のクライムサスペンスは他の国の映画にはないねじけた異様な迫力があっていいものはなんとも言い難い魅力があるけどこれは酷かった。
どうしてこんな大外れ日本に持ってくるのかなぁ。
(手をブンブン振りながら)皆さーん。コレは面白いですよー!
圧っ倒的に変わってます!キテレツ!すごいぞー。

基礎レベルが高い韓国映画ですが、当然出来不出来は有りますし、有るレベル以下のものはそもそも日本まで来てないのだとは思います。(そうかな?)今作は特に評判も聞いてませんし、主演のシム・ウンギョンさん以外は多分知らない人だし、期待度はかなり低めだったのですが…
もうホントに変で大満足!最後まで。しかもその変さが変。キム・ギドク作品とかみたいにアート的感性にストーリーが振り回される様な変さでは無くて…う、上手く説明出来無ーい。
主人公と、因縁の殺人鬼、この2人の行動原理が全く予測不能。更に謎の殺人鬼その②が現れて…。で、彼等のしっちゃかめっちゃかなバトルが、あっちこち破綻するのを見て見ぬ振りしてワクワクする共犯者、こと我々、観客でございます。もっといけー‼︎
撮影も当然の韓国クオリティ。演技も迫真。ストーリーは先読み不可能。一切退屈しません!もう、作品の細かい説明はいたしませんので、気になった方は是非ご覧下さい。ちょっとバイオレンスなので、血みどろが平気な方じゃないと辛いかも…。

観るか悩んでいる方の為に、もう一押しの必見ポイント。
前半、脇役で出てくるおじさんの、声と喋り方の調子が西田敏行そっくり!なんなら見た目もちょっと似てる…。しかも、この男の役回りがなんとサディストなのです!!!!しかも被害者は手にギプスを…。これはいわゆる“定向進化”というやつなのでしょうか⁈是非その目でお確かめ下さい!
NAVY

NAVYの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

✨幼少期に殺人鬼に父親を殺された主人公の少女は、15年の時を経て復讐の鬼と
化してしまった

一方、そんな少女の気持ちを嘲笑うかのように殺人鬼の男はムショを出て、のうのうと生活を始める

少女の面倒をずっと見てきた刑事は
彼女のために、もう一度殺人鬼を
ムショに送り込もうと躍起になる
彼女の闇の顔を知らずに・・・


素直に高評価

韓国特有の回りくどさは感じられず、
今回は迫力がすごくて、時間を忘れて見ることが出来た

最後のブランコの、あのシーンは
何とも切なく、それでいてやっと
殺人鬼を仕留めた安堵感とが
入り交じってしまった

最後の少女の部屋で、1人座り込む刑事は
はたまた、何を思ったのだろうか

残虐なシーンも多いけど、
心の内側もよく描けた作品だと思った

にしても、あの殺人鬼の役者さん
すごい顔と体型が怖すぎるw
普段を知らないからだけど、
俳優さんてすごいなぁ

こっち向いて走ってる来る姿が、
完全に鬼だったw
コリ

コリの感想・評価

3.5
父を殺した殺人鬼への復讐を15年間待ち続けた少女の戦いを描いた韓国製クライムサスペンス。

刑期を終えた犯人が悪魔のような不気味さあって恐ろしい・・・。
父親を殺された娘が15年間待ち続け復讐するための準備が凄かったです。

新たな連続殺人事件の犯人は誰なのか?
少女の復讐劇も衝撃的で、最後まで飽きさせない展開が面白い!
大型犬の首輪を使った殺人がグロかったです。
第三腰椎をナイフで刺されても元気な犯人には驚きでした。

救いようのない辛いラストは切なかったです・・・。
>|