ザ・エージェントの作品情報・感想・評価

「ザ・エージェント」に投稿された感想・評価

かーく

かーくの感想・評価

3.4

ちょっとしたコメディ要素もあって楽しめた
ただ恋愛要素ちょっと長ってなった。グッディングJrが良い

このレビューはネタバレを含みます

何この映画…
イケメンが傲慢なまま、いい奥さんとスターの原石にたまたま気に入られてGETしただけの話じゃないですか。
成長なんて何も無かった。
ヒューマンドラマでもないし、スポ根でもないし、サクセスとしても微妙。
ただのイケメンがちょっと苦労してまた成功しましたよ話に(興味は)ないです。
てか離婚話のあとにスタジアムで気分良さげに試合見てるのなんなんだよ。心がないよこいつ。こんな奴の誠意だの親身になるだのはほんとだまし言葉。
最終的にも、仕事上手くいったからより戻そ^^*でしかなくて、まさに人間の思考ではなく動物でしかなくてドロシーの言葉通り数年後に後悔する未来しか見えない。
結婚離婚のくだりいる?ロッドとの信頼関係にちょっとしか関わらないのに
スポーツエージェントの話一本だったら個人的には最高だった!最後泣いた!
Sentokun

Sentokunの感想・評価

4.5
“Show me the money〜〜〜!!”

この作品以降のトム・クルーズは金がかかった派手な映画ばかりで中身ペラペラ。

こういう作品にもっと出てほしいな‥。

もう何度も観ている大好きな映画です。

これを観るたびに仕事や生活に喜びを感じさせてくれるそんな映画です。

出てる俳優さんはみんな良いキャラしてる。特にキューバ・グッテンバーグjrは最高!これ以降はB級ばかりだけどw

社会で戦うサラリーマンは必見です!
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.8
BDにて再鑑賞。
サクセスストーリーのお手本のような作品!
拝金主義が蔓延するスポーツビジネス界に疑問を持った主人公ジェリー(トムクルーズ)を通じて、人間として本当に大事な事は"心"であるという本作の主題は当たり前の事かもしれないが、挫折したり、日々の仕事に追われ時々忘れがちになってしまう時が誰しもあると思う。そんな時一息ついて初心に戻るのにオススメです。

ど真ん中直球で超王道なストーリーですけど、トムクルーズとレニーゼルウィガーの役柄に嫌味を感じず等身大な姿に大変好感を持てる。
私見だが、トムってアクションスター扱いで演技力としての評価はそれほど脚光を浴びてない気がするが、演技力ももっと評価されていいと思う。
りんだ

りんだの感想・評価

3.6
仕事に疑問を感じた時に見たい映画。

スポーツ選手とエージェント
こういう世界もあるのかと知った。
タカシ

タカシの感想・評価

3.8
『「エージェント」なら「ザ」じゃなく「ジ」ではないかと言いたくなる中二病感』


もう二十年も前の作品である。
私の知ってる、おっとこ前のトムがいた。
最近のトムは必ず「あっトム、年取ったなあ」と一瞬補正が入るのである。

イケイケのトムが鼻っ柱を折られ、人間的に成長するって、この頃のトムの十八番だよねえ。「レインマン」とか?

いい作品だとは思いましたが、少ぉしハードル上げすぎちゃったかなと。
ほんの数分でトムは心を入れ替えちゃうんだもの。
元のエージェント会社はどう駄目なのか、具体的にトムはどう変えたいのかがいまいちよくわからなかった。
これは私の理解力の問題かもしれないが。

ストーリーがどうのこうのというよりは、おのおのいいキャラクターが揃っていて、そこはとても良かった。

レニー・ゼルウィガーはこの前、この作品より前の「エンパイア・レコード」を観ていますが、本作こそメジャー感バリバリでビックリ。
ほんの数年で化けたのか、見出だした監督やトムの腕なのか。

子役はもうちょっと奇跡的でコメントがない。よほどの天才子役なのか監督の演出力なのか。

あとはお姉さんとか子守りのお兄ちゃんとか、嫌なエージェントとかお姉さんの家に集まるお姉さま方とか。

キューバ・グッディングJr.は…良かったんだけど、オスカー獲るほどだったかはよく分からない。

作品賞や主演男優賞にもノミネートされたらしいが、トムはこの辺で獲らせてあげても良かったのかもね。

例によって戸田奈津子の字幕は、相変わらず微妙に芯を外してる。
何故「will you marry me?」という問いかけを「僕と結婚を?」という意味不明の問いかけにするのか? 何故普通に「結婚してくれ」では駄目なのか。

タイトルも「『ザ』・エージェント」じゃなくせめて「マイ・エージェント」にすれば良かったんじゃないかな。ラストまで見れば分かるよね。

音楽は相変わらずピンと来なかったので、これから付録のサントラCD聴きます。
セルBlu-ray(字幕版)にて。18.02.10
2018#012
人生で初めて観た洋画がこれだったので、以来トム・クルーズの大ファンになった、思い出の一作。
完全なプレイヤーとエージェントの仕事の関係を超えた友情ものを予想してた分恋愛要素が多過ぎるような気がしたが、それでも充分ジェリー・マクガイアの芯の強さはわかったし、キューバ・グッディング・Jr.の素朴だけど的を射た好演もあって、爽やかな後味の残るいい映画だった。音楽もThe Who、Neil Young、Paul McCartney、Tom Petty、Bob Dylanと大好きなミュージシャンの曲が多くて嬉しかったし、Glenn Freyがマネージャー役として出てたのもびっくり。
futaba

futabaの感想・評価

4.0
理想と信念を持って生きることを久しぶりに思い出させてくれた。 仕事頑張ろって思いたいときにおススメ。
>|