小野寺の弟・小野寺の姉の作品情報・感想・評価・動画配信

「小野寺の弟・小野寺の姉」に投稿された感想・評価

とてもとてもやさしい映画。姉弟の絶妙な関係。家族だからこその結びつき。
きっとこの二人は、失恋しようとなにかがうまくいかなかろうと、悲しみで立ち上がれない気持ちになろうと、お互いのことを失わないだろうと思う。

もちろんそれが家族、って思っているけど、そんな家族でいられることっていい意味で、実はぜんぜん普通じゃないよね。

ファッションとか、お料理とか、ディテールに茶目っ気があるのもすきでした。うまくいくわけでも、大それたハッピーエンドでもないけれど、観た後幸せになれる作品です。
片桐はいりさんが大好きです。あの人にしかできない演技。変な服装も可愛く見えてしまう。
ほっこりする映画。
最後に向けて回収されていく伏線が好きでした。
家族愛って、独りよがりのものがありがちな気がするけど、愛には変わりないです。
mai

maiの感想・評価

2.7
兄弟愛
笑あり、愛あり

ムロ様も登場

そしてまさかの主題歌あべま。
Kiko

Kikoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

光の入り方がふわっと入っててきれい〜!ってずっと思ってた

最後の方の泣くシーン、ティッシュがたくさんあるのは片桐はいりだからあの量だよなあって思った、
片桐はいりと向井理が姉弟。両親を亡くして2人でずっと生活してきた。

あー。弟がいたらあたしもあんな関係憧れたな。弟と一緒に出かけたり、サイクリングしたり。昔の同級生に会って、無理やり弟を旦那にしたてたり。

そんな2人の日常を描いた作品なので、起承転結的なストーリーではないけど、
何も考えないで見て癒される作品。
雨降って何もやる気が起こらない今日の気分にはぴったり。

そして実はキャストが大変豪華!
こないだのクールの各局のドラマ出演者がいっぱいでてて、ちょっと面白くなったw
ムロさん、みっちー、南朋さん、麻生さん、橋本さん(顔面配備)

向井理はどんなに冴えない役でもかっこいいわ。
カッコよくてだらしない、そんな弟いたら自分も母性が溢れてるんだろうな〜。面倒見たくなっちゃうだろうな〜。

この作品見てたら、自分と旦那の関係がもはや姉弟の関係なのでは…と思わずにはいられない。
クリップ映画消化作戦遂行中❕

気づいたらクリップちゃん🥰が650超えてました🤤

これは本格的に消化せねば❗️

で、こちらの映画😆

結構好きな映画だった🤤

特に捻りもないし、劇的な話でもないんだけど🙄

片桐はいりって凄い女優さんだなぁ😀

唯一無二の存在感だった🙌

デートの後、家に帰ってきてからのシーンはホントに凄い😭

そして、はいり可愛い(*≧з≦)

姉(片桐はいり)弟(向井理)の姉弟愛🥺
両親が早くに亡くなって、ずっと2人で生活してきたからこその絆。

どっちも相手の事を思い過ぎて、それが重荷になったり、足枷になったり🥺

片桐はいりばっかり褒めてますけど、向井理のちょっとルーズで、だらしないダメダメな感じもよかった😀

そんな役でもイケメンなの腹立つけど😡

ほっこりして、切なくて、そして最後もほっこり。
そしてなかなか豪華なキャストでした😀

欲を言えば、もっとほっこり多めにして欲しかったかな🙄

小野寺姉弟🥺
幸せになって欲しいなぁ~😂

片桐仁、見逃さなかったぜ‼️

カメオヒャッハー‼️🙌
両親を亡くしてからずっと二人で暮らす弟(向井理)と姉(片桐はいり)。
お互いのことはお互いが一番よくわかっている二人だけど、自分に対しての想いはわからず…。
ソウルメイトみたいな関係の二人が素敵で可愛らしい。ほのぼのしたり時には涙したりしながら、元気をもらえる作品です。
みほ

みほの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

公開当初に鑑賞。
前情報一切無しで観たあと、一緒に観に行った姉に「これうちじゃね?てか片桐はいりあんたじゃん?」とお墨付きをもらったレベルでわたしに似ている。
(うちは姉と弟と私の3人きょうだいで今は別だけどずっと一緒に住んでた。)


・2人で遊園地とか旅行
・買い出しに無理矢理付き添わせる
・ジャンケンのくだり
・よくわからんゲームを作って強引にスタート
↑これよくやる


うちにとっては普通なんだけど、途中で進の元カノが言ってた「ちょっと変だよね。進とお姉さん」って言うセリフ。

わかる。わかるよ。その気持ちもわかるよ。わかるけどもー!ってなる。
(私も元彼さんに「弟と(姉とも)仲良すぎるけど普通そんなに頻繁に会うほど仲良いもん?本当にきょうだいに会いに行ってるの?」と言われ、最終的には浮気を疑われたレベル。笑う。)


主人公達の年齢のせいもあるかもしれないけど、「親が居ない」っていう設定だと悲壮感漂うストーリーとか同情されて暗〜いストーリーとか犯罪ものの映画とかドラマも多いけど、これは明るくてほのぼのしててすごく良い。


向井理のボサボサでシミだらけのTシャツ姿も似合ってたし、何より片桐はいりが抜群に良い!!!!
ミッチーとのクリスマスプレゼント買い出しデートの「ブティックの子に、、、」って言われた直後の表情とかその後家に帰って部屋のベッドに座ってる時。
セリフが無い時でも表現がすごい伝わってくる、、、。すごい女優さんだ。

終わり方も良い。ハッピーエンドが良かったって意見も多いけど、人生そんなにあれもこれもうまくいくわけじゃないし、あれはあれでハッピーエンドだと思う。

あとは主題歌の阿部真央ちゃんの曲もよい。お母さんに向けて書いた歌詞らしいんだが良すぎて100回くらい聴いた気がする。


普段全く邦画観ないし邦画全然好きじゃないんだけど(小声)、これはすごく好き。
でも多分自分が小野寺姉に境遇が似てたからだと思う。笑
きょうだい仲良く無かったり一人っ子の人だと「ん?」って思うかもしれない。
るる

るるの感想・評価

3.2
片桐はいりさん、本当に唯一無二な女優さんだなぁ、と感じました。こんないじらしいお姉さんいいなぁ。向井理さんが演じる弟も要領悪いところがなんだか可愛くて、ほのぼの見られる映画でした。
>|