Genius Party ジーニアス・パーティの作品情報・感想・評価

Genius Party ジーニアス・パーティ2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.4

「Genius Party ジーニアス・パーティ」に投稿された感想・評価

アニメーション表現の無限性はめちゃくちゃ面白い
こうゆうアニメ作りたいって言うよりは、アニメはこうゆうことができるからこうしようって考えてるのかなーって思ったりした
あまの

あまのの感想・評価

2.0
こういう類のオムニバスショートムービー的なもんはパッパとみれて、120分集中する力がない時にはもってこいなんだけど、そんな時でもあんまし楽しめませんでしたな〜〜〜しいていうなら♯7の青春ドラマ!引越しの見送り方が超ときめいた!

あ〜〜スリービルボードと未来のミライが猛烈にみたい気分のまま眠る😪
大友さんと決別した4℃一派のオムニバス作品。1本どうしようもなく退屈で腹立たしい作品があるのを我慢すると、河森さんと湯浅さんと渡辺さんの比較的面白い3作品が味わえるよ。
すいませんね。ついていけなくて。

どうせ私は凡人ですよ。自分で自分たちをジーニアスだなんて言っちゃう方々の哲学が凡人にわかるわけがない。
そんな天才方のオナニーを延々と見せられても眠いだけ。
ここまでされると無理にわかったふりしようとする方が滑稽に思える。

失礼ながら他の方々のレビューを見ても…よかったよかったと言っている方も、何がよかったのか具体的に語れている人はほとんどいない。
いろんな解釈ができる作品、考えるより感じる作品、なんていう評価は、理解できてない人の逃げだと思う。
素直に言おうよ。わけわからんって。
kaz

kazの感想・評価

2.0
駄目。
全然駄目だった。

苦手とする「だから何なのだ」のオンパレード。

湯浅正明監督の作品を目当てで鑑賞したが、大して面白くない。

唯一、渡辺信一郎監督の作品がまだ楽しめたが、全体としては、全然駄目だった。

星は3つない。
短編最高!映画もアニメも!
二時間三時間の映画も実際は削ぎ落とせばほんと15分くらいにできる気がする。長いのが悪いってわけじゃなくて短編は製作者の“やりたい”が詰まってる。
メモ帳

メモ帳の感想・評価

3.4
デスティック・フォーが一番好みでした。生き物係と呼ばれる集団が三輪車に乗って、主人公たちを追いかけてくるという可愛いさにやられました。逃げる主人公たちも、走る動作がフレームレートの足りていない動画のようにカクカクした動きをしていたり、細かい良さが詰まっています。
ナベシン監督のは途中まで何がしたいのかわからなかったけど、美しいラストシーンが全部持っていきました。実写でやったら多分、かなり安っぽくなって観ていられないんじゃないかなということをラストでやっているのですが、アニメでやるとこんなに美しく出来るのだなと。
湯浅監督は期待通りの良さです。
kiyora

kiyoraの感想・評価

3.5
天才、湯浅監督の短編が見たくて。
どの監督もイマジネーションがすごくて設定すらついていけないものばかり…
ドアチャイム、夢みるキカイ、BABY BLUEがよかった
BABY BLUEは秒速みたいな岩井俊二みたいな感じの儚い青春。さすがビバップの監督。
ちほり

ちほりの感想・評価

3.4
7本の短編が入っていて全て15分程なのでサクッと観れました。
あまり多くを語られてないものばかりなので、よく分からないという人も多いだろうけど個々にいろんな解釈ができて面白いと思う。
個人的にはドアチャイムと夢みるキカイが好きだった。
ドアチャイムは世にも奇妙な物語でありそう。
4°Cのこういう企画ほんとすき。
自慰を見せられて、気づいたら繋がってたって感じ。
>|