フェンス(2016年製作の映画)

Fences

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:139分
    監督
    デンゼル・ワシントン
    脚本
    オーガスト・ウィルソン
    キャスト
    デンゼル・ワシントン
    ヴィオラ・デイヴィス
    スティーヴン・マッキンレー・ヘンダーソン
    ミケルティ・ウィリアムソン
    ラッセル・ホーンズビー
    ジョヴァン・アデポ
    Saniyya Sidney
    あらすじ
    1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

    「フェンス」に投稿された感想・レビュー

    ricopin
    ricopinの感想・レビュー
    3時間
    2.2
    なんか似てて、、恐怖
    私には分からない
    こんな人生はイヤ。
    茶一郎
    茶一郎の感想・レビュー
    5時間
    4.4
     今作『フェンス』はデンゼル・ワシントンという怪物が家庭内、映画内を暴れ回るモンスター映画として無類に面白い。デンゼル・ワシントン扮するトロイが父として家庭内を制圧する、いわばホームドラマ版『トレーニング・デイ』である。
     卑近で卑怯なトロイは、とても正しい人間とは言えない。実際に家族はトロイの凝り固まった考え、過ちによって傷つくが、その考えにもある程度の合理性があるからタチが悪い。純粋な悪でもない偽善的な悪、彼は映画において最高の悪役の条件を揃えているような人物だが、このトロイをデンゼル・ワシントンが演じるとなるとどうしても彼に魅力を感じてしまうのが不思議だ。彼がキレる度に映画が引き締まり、面白いと感じてしまう。
     また何より、デンゼル・ワシントン監督デビュー作『アントワン・フィッシャー』で、家庭内虐待に苦しんだ過去を持つ主人公に『奴隷制度』の本を渡した、精神分析医扮するデンゼル・ワシントンの姿を思い出したい。主人公を虐待した養母も、今作『フェンス』におけるトロイも、その子供を縛り付ける抑圧的な思想の大元にはアメリカ負の歴史がある。差別された者はまた誰かを差別する。トロイが家の周りに「フェンス」を建て息子が外に出るのを防ぐのは、彼が自分の夢を「差別」によって失った過去があり、息子に差別のせいで苦しんで欲しくないという親心でもある、だからこそこれは根深い問題で許しがたい偽善的悪なのだが。

     もちろん今作はデンゼル・ワシントンのモンスター映画にとどまらない、本当の主役は彼の三人の子供であり、神話的な「親殺しの物語」であった。一人目の子供ライオンズは、ミュージシャンを目指す夢追い人。二人目の子供コーリーは、トロイの反対を押し切りフットボール選手になろうとしている。そして、三人目は……という形で物語の三部構成は、一部ごとに一人の子供とトロイの関係性を描いた。
     トロイの暴走と同時に、それぞれの子供たちが自分の夢とどう向き合うか、仮に「青春」が夢や可能性を失う過程であるとすると子供たちの青春を描いていく、まるでヴィスコンティの『若者のすべて』のような青春・人生の多面性を見せていった。

     そして今作が最後に映す庭に生えた大きな木を見て、本作のテーマの一つを思い出す。それはそれぞれの子供たちがトロイの「フェンス」と向き合った結果の「成長」。また自分の元となり、自分を動かす「血」と「肉」を肯定すること、自分の出生、血筋を肯定すること、父の思いを「継承」することである。
     最初の枝は野球ボールをくくりつけたせいか弱り、枯れてしまっているが、その上の枝には力強く葉がつき、もっと上にはさらに多くの葉がついている。今作が絶望的な家庭の様子を描きながら、どこか希望を感じるのは、自分の下にある太い幹と、自分の上にあるさらに大きな可能性に満ちた力強い葉と枝の存在に気付かせてくれるからなのではないかと思う。
    土屋ノリオ
    土屋ノリオの感想・レビュー
    14時間
    4.0
    自分の中では『遠い夜明け』を観て以来、『グローリー』『マルコムX』『クリムゾン・タイド』『タイタンズを忘れない』『トレーニング デイ』『イコライザー』『マグニフィセント・セブン』他、まだまだあるのですが、

    「デンゼルの作品にハズレなし」

    と常に思っている。

    第89回アカデミー賞では作品賞、脚色賞、デンゼルは主演男優賞にノミネート、ヴィオラ・デイヴィスは助演女優賞を受賞し、デンゼル自身がメガホンを撮った作品。原作は1983年にオーガスト・ウィルソンが発表した戯曲で2010年のリバイバル公演では、デンゼルとヴィオラが夫婦役を熱演し、トニー賞で「主演男優賞」「主演女優賞」「リバイバル演劇賞」に輝いている。ビデオスルー作品となり劇場では鑑賞出来なかったが、ネット配信でいち早く観れることを知ってしまい、昨晩遅くに鑑賞。1950年代のアメリカ・ピッツバーグ州が舞台で、過去に野球選手として活躍し、現在はゴミ収集員として働くデンゼル・ワシントンと、妻のヴィオラ・デイヴィス、そして息子たちアフリカ系家族の複雑な関係性を描く物語。

    外から入ってくるものを守る柵(Fences)

    自分の心を守るために作る柵(Fences)

    自身が差別などで苦労したため、若い世代や次の新しい世代が苦労しないで過ごしていることが、耐えられない嫌な役を演じているのだが、今回は妻を演じたヴィオラ・デイヴィスの演技に完全に食われてしまった印象。決して面白いと思える作品ではないが、この夫婦を観るだけで一見の価値を感じさせてくれた秀作。
    酒
    の感想・レビュー
    1日
    5.0
    最高の映画だった
    俺のための映画じゃん
    どこで盗撮してたのよ
    Cem
    Cemの感想・レビュー
    2日
    3.1
    TSUTAYAの無料ポイントで見た
    親父がダメダメで母親はかっこよかった!
    不倫して子供作るなんてクズ過ぎる
    やのちゃん
    やのちゃんの感想・レビュー
    2日
    3.7
    想像していたストーリーと全く違った

    家の中、映画はほぼフェンスの内側でだけ進められるので
    私もすっかり騙されました
    フェンスの外側で語られる内容は家庭外の話であるものの、フェンスの内側にも影響を及ぼす
    Wonkavator
    Wonkavatorの感想・レビュー
    3日
    3.0
    デンゼルワシントン監督主演にし、数々の賞で賞賛評価をされていながらも、日本未公開という不遇。

    昭和の日本にもいたであろう、飲んだくれの頑固なダメオヤジ。

    アメリカの黒人社会問題と、日本の下町貧困層は、どこか共通点を感じるあたり、作品自体の光る魅力にイマイチ欠ける作品ではあるものの、
    日比谷シャンテあたりで単館公開してあげても良かったんじゃないか!?
    と、ちょっと扱いは気の毒にも思う反面。

    なんでデンゼルこんな作品主演だけでなく監督しようと思ったの!?!?
    と、そっちの心情を聞きたい。
    Tetsudash
    Tetsudashの感想・レビュー
    4日
    3.6
    アメリカン・ドリームを目指すとこうなるのかな?アメリカのカルチャー理解しないと。
    omoriririri
    omoririririの感想・レビュー
    4日
    3.7
    黒人版、星一徹。しょうもない夫だし、か弱い奥さんだけど、あの時代の黒人の歴史や生活を滲ませる会話のマシンガンと演劇っぽさはすごく好き。
    みーちゃん
    みーちゃんの感想・レビュー
    2017/04/21
    -
    2017.4.22
    スペインより帰国機内で
    >|