フェンスの作品情報・感想・評価

フェンス2016年製作の映画)

Fences

製作国:

上映時間:139分

3.4

あらすじ

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を…

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

「フェンス」に投稿された感想・評価

マスン

マスンの感想・評価

3.5
監督主演、デンゼル・ワシントン
「イコライザー」の時とはまるで違う、頑固な父親役に徹していた。
間髪を入れない会話を延々と続ける凄さ。

名優ヴィオラ・デイビスが献身的な妻を演じ、二人の会話のやり取りは圧巻。
場所も家と裏庭がほとんど。

人種差別の会話が時々出ていたが、後から
内容が変わり
大量のダイアローグ、限定された場所。舞台の映画化なので、ほぼそのまま舞台劇を観ている感じ。セットのような街路と登場人物が統一感ある色調で美しく調和してたし、デンゼル・ワシントンとヴィオラ・ディヴィスの台詞回しの巧さに唸る。2人の息子と愛妻、面倒を見ている叔父や親友に囲まれ、ゴミ収集の仕事で一家を養うトロイ。野球選手を断念した彼は、長男の音楽も次男のフットボールも認めない。苦労人で尊大に振る舞う家長の姿は、まるで昭和のカミナリ親父だ。人に犠牲を強いるその古臭い価値観、60年代末の米国黒人と高度成長期の田舎の日本オヤジが重なってしまってしんどい。やがて自ら撒いた種で家族はバラバラになってしまうのだが…このエンディングはやはりアメリカらしいものだった。
父と子、聖母や天使、築いたフェンスと天国の門、そしてベースボールというモチーフが絡み合う脚本(戯曲)は密度が濃く、家族の一時代を切り取ってその前後の歴史をも物語る。清濁併せ持つトロイという男を肯定する気にはなれないが、かといって裁く者もいない。地上に残るのは壊れた家庭と越えるべきフェンス。
黒人であるがゆえの不遇で偏屈オヤジなデンゼル…
本当に息子のためを思っての行動だったのか、よくわからない。あんな献身的な妻がいるのに最低な裏切り。こんなデンゼルみたくなかった感。
kny

knyの感想・評価

4.0
人生考えるシリーズ
ブラックムービーは中々良きアドバイスをくれる
KS

KSの感想・評価

4.0
人生の意味を考える映画。

個人、社会、親、子供、役割、仕事などなど自分の取り巻く環境をどう捉えるか立ち止まって考えたくなる。
anna

annaの感想・評価

4.9
5年後に見たらぐいっと来ると思う。

カオスだけど、こんなに愛の溢れた環境は遠い昔に離れてしまってまた今はまだ夢の世界だし、自分の愛を迷わなくて良いと伝えてくれている気がする。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

2.0
台詞長いしダラダラ〜。
ドラマチックな展開も無く、何が言いたかった?間違いなく今年ワーストです。
Motchi

Motchiの感想・評価

4.0
差別や苦境と戦いながら、懸命に人生を生きる。
間違うこともあるけれど、懸命に歩いていく。

クソ親父だけれど、人間味があった。

私なら、受け入れられただろうか、愛せただろうか。

やはりデンゼル・ワシントンはいい。
ヴィオラ・デイビス、最高でした。


正直、この映画が分からない人は、幸せな人生歩んできたんだなぁ、と思ってしまう。
トロイは、子供を愛していた。
嫌味ではなく心から、後悔する前に、ぜひ周りに感謝してほしい。
相手が亡くなってからでは遅いですから。
Ri

Riの感想・評価

3.6
改めて凄い作品だこれは。
一見、デンゼルワシントンが演じる主人公がとても自己勝手というかとにかくとんでもない最悪な父親というイメージになったけどやっぱこういうことになったのには過去の経験が原因にあるんだしなんか救いようがなかったのかなぁ。
最後までみても正直自分はこの主人公を全否定はできないんだよなぁ。所々に良いイメージをもてるシーンとかもあったし。難しいところだな
T

Tの感想・評価

3.5
デンゼル・ワシントン監督作品。ゴミ収集の仕事の中でも、黒人だから運転はさせてもらえない。かつては野球殿堂活躍したけれど、「早すぎて」黒人がプロで活躍できる時代ではなかった。人物が2人以上フレームにいる時は、セリフがないカットが無いと言ってもいいほど、早口でまくし立てるような会話劇が続く。それが、デンゼル・ワシントン一人になった時の静けさと、申し訳ばかりのピアノや音色から染み出る一抹の寂しさが素晴らしい。やっぱり、野球の喩えを使って偉そうに講釈する男にロクな奴はいない。
>|