フェンスの作品情報・感想・評価

フェンス2016年製作の映画)

Fences

製作国:

上映時間:139分

3.5

あらすじ

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を…

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

「フェンス」に投稿された感想・評価

トニー賞受賞戯曲を主演のデンゼル・ワシントンが監督し映画化した、というかほぼ舞台を映像にしたもの

というのもおそらく大半のシーンが原作の脚本を変えず台詞もそのままに、映画用の改変をほとんど行わず変わった点はロケ撮影くらいなんじゃないかって思うほど舞台を再現したような出来になっており、デンゼル・ワシントンをはじめとした俳優がつらつら長台詞を披露している場面ばかりで映画としての面白さは皆無に等しかった

しかしメインの二人がトニー賞を受賞しているだけに演技は実に見応えがあったし、八月の家族たち等トニー賞受賞作品は映画化されたものが多いのにこの作品はずっと映画になっておらず、デンゼル・ワシントンが映画化しなかったら未だにどんなものか知ることはできなかったろうから、そういう意味では有難い映画ではある
あんな父親いやだー!あんな夫婦生活送っても最後は認める奥さん。私には理解できんわ…って思ったけど、最終的に父親以外の周りの人間を団結させるきっかけになったんかなと思えば、それもよし!になるんかな。
Juri

Juriの感想・評価

-
旦那としても父としてもほんとに腹立つ男だった。。ローズが強い。ローズが妻として「誰にも負けない」って言ったところ涙出た
Takaaki

Takaakiの感想・評価

3.6
ストーリーではなく、役者を見る映画だった。
ずし

ずしの感想・評価

3.5
ツタヤに行ったら、レンタルしていたので鑑賞。
自分の考えを家族に押し付ける姿は、葛城事件の葛城清とダブって見えました。
なんかスッキリせず、モヤモヤ感が残りました。
UBB530

UBB530の感想・評価

3.9
基本会話劇ですが、なんだろう演技が良くて、気づくと号泣。フェンスとは、父の威厳であり、家族への愛なのかも。
kaz

kazの感想・評価

4.0
ちょっと前に録画していたアカデミー賞授賞式のダイジェストを観ていたんですよ。(今更 笑)その時に4部門でノミネートされていた今作のことを知りました。(ヴィオラ・デイヴィスは助演女優賞を受賞)

チラッと観た映像の感じで何となく自分的に好きそうだな〜と思いレンタル開始日に借りに行ったんですけど(日本ではソフトスルー)、まさかの全て貸出中!
近所のTSUTAYAでは10本程入荷しており、棚の一番下の目立たない場所にレイアウトされるぐらい期待されてない扱いだったんですよ。
にもかかわらずレンタル初日に速攻全て貸出中になるということは、映画通の間では注目されている作品に違いない!と思い、ウズウズしながら待ちました。

そしてそれから1ヶ月以上が経過し、ようやく観ることができたのです!(前置き長っげ〜 笑)

今作は舞台を映画化した作品らしく、言葉が洪水のように溢れ出てくるような会話劇がメイン。
なので、よく好き嫌いが真っ二つに分かれるという表現を使いますけど、まさに今作はその典型的な作品と言えるでしょう。

デンゼル・ワシントン演じる親父は人によっては嫌悪感すら抱くかもしれない存在。
そんな作品ではありましたが、自分としては…好きでした!(会話劇が大好物なのです。)

ハッキリ言って共感できる部分は限りなく少ないです…でも現代の日本人のものさしでは決して測ってはいけない類の作品。(舞台は1950年代)

そして中盤あたりで、親父がトンデモナイ話ぶっ込んできます!そこからどうなるのだろう?と義務感(使命感?)のような気持ちで最後まで見入ってしまいましたが、観終わった今となってはホントに観て良かったなと思える映画でした。(なかなかヘヴィですけど…)
タイトルにもなっているフェンスの意味合い、そしてラストのフェンスの演出がとても良かったです。

派手さはないが、俳優陣の確かな演技で魅せる味わい深い映画。
昭和のオヤジ。
>|