フェンスの作品情報・感想・評価

フェンス2016年製作の映画)

Fences

製作国:

上映時間:139分

3.5

あらすじ

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を…

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

「フェンス」に投稿された感想・評価

苦しく悲惨な父子の幼年期を送って青春期に犯罪者となった父親が、幸運と良き友人との巡り合いでまともな家庭を手に入れた。
しかし無意識のうちに自分自身も横暴さが嫌になり、決別した父親のように家族達に独善的で傲慢な態度をとってしまい、父子関係や夫婦関係を崩壊させて家族も自身も不幸にしてしまう。
下層階級の家庭には似つかわしくない高尚なセリフのやり取りが続くのは、デンゼルワシントン自身が映画監督として伝えたかった想いの発露の作製をしたかったからか…
花子

花子の感想・評価

3.5
家族であるということの地獄。(GRIMMのハンク、突然の出世作)
ぐら

ぐらの感想・評価

3.8
映画的にはすごく好きでした。でもトロイにはまったく同情の余地なしでした。
にこぺ

にこぺの感想・評価

2.6
実はちょっと前にDVDレンタルしたのですが、セリフの長さに開始20分で意識喪失。返却。
今回WOWOWで再挑戦。

いやあ、演技は素晴らしい。デンゼル・ワシントンもヴィオラ・デイヴィスもワンダフルです。
ただ、映画として面白いかというと、字幕をひたすら読み続けるのが辛いってのが正直なところ。
トロイのダメっぷりったらない。男として、夫として、父親として、らしくあろうとすることに振り回されて滅茶苦茶。プラス過去の失敗が致命的。
ローズの割切りと忍耐強さと適応能力の凄さ。女が長生きできるのはこのポイントだな。
jnk

jnkの感想・評価

3.2
自分が痛い目を見たから下の世代もそうじゃないと気が済まないTHE老害。
人種問題ではないけど、日本でも体育会的なとことか会社とかでよくある話だから、問題が解決しない構造というのはよくわかると思う。
舞台の映画化としては象徴性というより説明的な感じがしすぎて途中でちょっと萎えた。
舞台と違って映画は全部映るから、なんかこれとこれを重ねようとしてるんだなってことを元と同じセリフでやると過剰になる気がする。
あとなんか空とか木漏れ日みたいな雰囲気ショットもわりと繋ぎに困ってやってんじゃないのって感じが。
まあ、イコライザーのおっさんがこんな意識高い映画を作ったと思えば楽しい。
1965

1965の感想・評価

3.6
ヴィオラ・デイヴィスさんの演技すげぇ。助演女優賞獲ったの納得。彼女しかこの役は出来ない。彼女じゃなかったらこんなに点数入れてない。
デンゼル・ワシントンさん年取ったなぁ。「タイタンズを忘れない」では人種差別に立ち向かうカッコイイ役柄だったけど、この映画では変わりゆく世界から取り残されたオヤジ役。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.8
デンゼルワシントン自作自演。アカデミー賞に何部門もノミネートされ、助演女優賞も受賞している作品なのに日本未公開。

「ジョイ」でも感じたが、何故か日本で未公開扱いされる良作が多すぎる?

まあ、テーマは地味だが、ベースは良く出来た家族の会話劇だし、そんな日常を映し出す映像演出も素晴らしかった。

破茶滅茶な飲んだくれの頑固オヤジの屈折具合が半端無く、余りの自分勝手さ具合もあそこ迄いけばアッパレ。

個人的にはグイグイ物語に引き込まれた50年代のアフリカンアメリカンの現状を描いた良作。

日比谷シャンテなんかで良いから劇場で観たかった作品。
モnahぁ

モnahぁの感想・評価

3.1
多分映画館で観ていたら自分の評価がもっと高かったと思うんだが、なんせアカデミー賞とってるのに日本で公開がないという信じられないお話し。
さすが舞台物と言うだけあって、デンゼルとヴィオラの演技合戦は迫力満点。
ヴィオラデイビスが初めて怒りをブチまけるシーンは一気に引き込まれる。
とにかく喋り続ける威圧的なオヤジは最後まで共感できなかったし、ほんとうるさい笑
観る人によって、その人の置かれている状況や時期によって感じ方が大きく変わる映画だろうな。
あの息子にはフットボールやらせてあげたかったなぁ…
親からの愛情は親がいなくなって初めて気づくのか、親は悲しいかも
こういうことが繰り返される人間って進歩しているの?
映録助

映録助の感想・評価

2.5
はじまって40分くらい喋りっぱなし。しかも一本調子のセリフが退屈で仕方ない。もう見るのをやめようかと何度も思いながら我慢。
製作にスコット・ルーディンの名が。
『セールスマンの死』が元ネタだと気づいたので、そういう結末になるかと思ったら違ってた。
いかにも舞台劇を映画化したような映画だったなあ。
>|