フェンスの作品情報・感想・評価

フェンス2016年製作の映画)

Fences

製作国:

上映時間:139分

3.3

あらすじ

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を…

1950年代の米ピッツバーグ。トロイ・マクソンは、妻ローズと息子のコーリーと暮らしている。彼はかつて野球選手だったが、 人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、今では苦しい生活を送っていた。ある日、コーリーがアメフトのスカウトマンに見出され、NFLを目指す大学推薦の話が舞い込んでくる。しかし、トロイは進学に反対、夢を見過ぎたと責め立て、家の裏庭のフェンス作りを強制的に手伝わせる。息子の夢を完全に潰してしまったトロイ。親子関係に亀裂が走り、ふたりを見守っていたローズとも激しく衝突することになるが・・・。

「フェンス」に投稿された感想・評価

hidesan

hidesanの感想・評価

3.3
なんとも言えない重い話し。デンゼルワシントンの腹立たしい親父役に尽きる。今ではあり得ない位の亭主関白と自己優先的思考。そんな親父でも、家族は親父にしがみつかないと生きていけない時代。こんな父親だったら、葬儀にも出たくないのは当然。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・18/07/19:WOWOW【初鑑賞】

※第89回(2017年)アカデミー賞
ノミネート作品 個人的ランキング
①LION ライオン 25年目のただいま
②ラ・ラ・ランド
③最後の追跡
④ハクソー・リッジ
⑤マンチェスター・バイ・ザ・シー
⑥ドリーム
⑦フェンス
⑧メッセージ
⑨ムーンライト【★】
saku

sakuの感想・評価

3.1
黒人差別がまだ残るアメリカで暮らす一般家庭の父親。

なんか海外の人が好きそうな映画だった。
アタシはローズのようには生きられないけれど、人生を受け入れて、人を赦す努力なら見習えるかなぁ…(´・∀・`)?

全ての子供は、いつか親を理解(または赦す事が)出来るだろうか…

戯曲が原作との事でなるほど、全編が会話劇で進みます。その分カット割のメリハリと映像の美しさ・秀逸な編集で登場人物の心象風景や時間経過を表現しています。
鑑賞後の余韻も含めて『あー。映画を観たなぁ』と思える作品でした。

親子で、夫婦で、家族で。鑑賞後に色々な感想があるでしょう。『?』で終わったら10年後に見返したらまた違うものが見えるかもしれない…それぞれがそれぞれの立場で自分を省みる一助になる。そんな作品です。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.9
ずっと喋ってる。五月蝿い。いろんな苦労があったのだろう、子供には辛い思いをさせたくないのだろう、それは 理解出来るが方法と行いと言い草が気に入らない。フェンスは 家の外だけで良かったのに。辛い人生と辛い日々に神経すり減らしてるのでしょうが 貴方だけでは無いのですよ、クソオヤジ。
サヘル・ローズという女優さんを知っていますか?
何年か前に爆笑問題さんの番組でおかしなダジャレを連発する綺麗な人だな〜〜と気になってました
そして彼女のことを知るにつれとんでもなく苦労したのだと知りそれでもあの明るさに心惹かれています。
私は日本人 平和な時代の日本人です
被災者、難民、外人などなど自分と少しでも違う事をつつき笑い者にしたりする最近の流行りにはのれません

ましてやアメリカなどの移民の国ではどうしたって避けられないのが事実
多数が笑えば少数の涙は無視されなかったことにされる
今のバラエティーも「いじる」と言っていい風に言ってるけどどうだろうか?
それが本当にみんなが笑顔になるというのなら私は見たくない
他のやり方が出来ない芸のない人々なのだな〜〜ってね

映画の話のはずが……
chnhmn

chnhmnの感想・評価

3.5
デンゼルワシントンもすごいけどヴィオラデイヴィスの演技が特に素晴らしかった。
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.5
亭主関白で子供にも妻にも
時に不快な程の豪語吐く
Dワシントンの台詞量
一人芝居かと思う程
家族が家族になる為に
理想だけでなく
欠点も許し愛すとこを
知らしめる
erinco

erincoの感想・評価

4.8
*原作ピュリッツァー賞、デンゼルワシントン、ヴィオラデイビス助演賞*
黒人問題かとおもいきや、家族、自分の心と向き合う。親を乗り越える。「あの子には私の最高のものをあげる。」
水曜日

水曜日の感想・評価

4.0
1950年代の公民権運動以前の黒人家族。主人公のトロイは家族に生き方を強制し、正しく生きることを諭す。しかし彼にも隠し事はあった…。

配信で観て、デンゼル・ワシントンの圧倒的な熱量と凄さとセリフに打ちのめされた。それで大塚明夫さんの吹き替えが気になってDVDを借りてきた…。

★吹き替えがスゲーっ。

デンゼル・ワシントンの熱量をそのまま日本語で演じている。本当に映画1本分のエネルギーを声から感じる。完全に一体化してる以上の演技としか言い様がない。

デンゼル・ワシントンが自分で監督してるのだが、彼自身納得のいく映画だったのではないかと感じる。全シーンがマキシマムなテンションなのだ。

あと、この戯曲の舞台を観られた人は幸せかもしれない。
>|