ザ・ハリケーンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ハリケーン」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.2
『ザ・ハリケーン』
原題The Hurricane.
製作年1999年。上映時間145分。

人種差別に基づく冤罪事件である『ルービン・カーター事件』を題材として、デンゼル・ワシントンがルービン・カーターに扮して描く米国産伝記ヒューマンドラマ(多少脚色はみれるが)。
今作品でデンゼルワシントンは、ボクシングのコーチと1年以上訓練したそうです。ストイックやなぁ。

その驚異的な強さで“ハリケーン”の異名を持つボクサー、ルービン・カーター。
1966年、彼は故郷パターソンで白人3人を殺害した容疑で逮捕され、終身刑を宣告される。
無実を訴えて獄中で書いた自伝を出版し反響を呼ぶが、再審で再び有罪判決を受け、カーターの存在は次第に世間から忘れられていった。
レズラ少年が古本市でカーターの本を見つけたのは、まさにそんな時だった。
カーターの生きざまに胸を打たれたレズラは、その思いを手紙に託しカーターへ送る。。。

今作品は、ルービン・カーターの伝記『"The Sixteenth Round" 』(第16ラウンド)と、サム・チャイトン(サム)とテレンス・スウィントン(テリー)が書いた『"Lazarus & the Hurricane"』(ラザロとハリケーン)に基づいた作品で、映画全体で取り上げられたボブ・ディランの抗議曲『ハリケーン』も、カーターの伝記に基づいてる。
ハリケーン・カーターが逮捕された後、多くの有名人が彼への支持し、抗議した。
そん中でボブ・ディランは音楽を通して思いを歌って訴えたんやろな。

主人公カーターはウェルター級のタフガイ。 
彼を有名にしたのは、1963年12月20日、ウェルター級統一世界王者やったエミール・グリフィス(元世界2階級制覇王者)を1回TKO沈めた試合で、カーター は当時25歳。
ノンタイトル戦とは云っても、あのグリフィスが1回で葬られたのは驚きっす。
ボクシング誌はこの試合を 『年間最大の番狂わせ (アプセット・オブ・ザ・イヤー)』に選出した。 
ボクシングファンの周知のとおり、1962年3月、グリフィスは12回TKOで世界ウェルター級王座を奪取した強豪やった。
倒された元王者のベニー・パレットは、10日後に命を落としている。
ただ、カーターの名は、対グリフィス戦の2年半後、リングの外で、より広く世間に知られ ることとなるんは、ボクシングちゅうストイックスポーツで生きて来て勝ち取った栄誉なはずやのに、悲しい。
今作品は、対グリフィス戦の衝撃的勝利につづいて、10年後の1973年、ニュージャージー 州トレントン刑務所で服役中のカーターの姿を映し出す。その後は、パターソンの酒場で起こった乱射事件のフラッシュバック。
カーターを支援した少年は、レズラと云う。 
ブルックリンの貧困家庭に生まれた彼は、トロントの環境保護グループに引き取られて高等教育を受けていた。
カーターの著書に感銘を受けたレズラは、手紙を何通も送り、やがて面会に漕ぎ着ける。
監督のノーマン・ジュイソンは、この実話を至極丁寧に撮ってるし、お涙頂戴のヒューマンドラマを極力避け、ドライなドキュメンタリーを彷彿させるタッチを、さまざまな角度から重ねてる。
例えば、1964年12月、カーターがミドル級統一世界王者ジョーイ・ジアルデッロに挑んだ試合の場面なんかは、 接戦やったこの試合やったんやこど、採点の集計に35分を要した末、 ジアルデッロの判定勝ちに終わっている。他には、カーターを眼の敵にするイタリア系刑事の姿や、全員が白人で構成されている陪審員席の様子を描く場面とか。
背後に広がる気配は、中学生でも見抜けるんちゃうかな。
ただ、監督は1960年代米国を覆ってた人種差別の空気よりも、カーター個人の長期戦を強調したかったのか。
カーターの戦いてのは、心底粘り強く、何度挫けそうになっても白旗を掲げへんかった。
自由を求める長期戦てのは、瞬発力や決定力だけじゃ勝てへん。
強いほうが勝つんじゃなく、疲れたほうが負けるちゅう事実に気づく必要があるやと。
カーターは、身体でその事実を知っていたんやろし、それを監督は描きたかったんやろし、巧く描けてると個人的には思うかな。
黒人差別による何十年もの投獄

デンゼルワシントン心身共に役作り込んできてる


少年との絆
 無実の罪によって30年間も投獄された黒人ボクサーの人生!

 なぜカナダ人が黒人の子供に教育受けさせたり、主人公の無実を晴らそうと行動したり、あやしーいとおもっていたが…!

 カナダ人は反人種差別の意識が高い国民性なんですね!素晴らしい!
《スポーツの映画》、Vol.30。ボクシング⑤。
そろそろこの企画も終盤戦へ、、、。

これまた1960〜80年代に亘る事実に基づいた話。
ルービン“ハリケーン”カーター。
実在のミドル級の黒人ボクサー。

これまた黒人への偏見、差別が生んだ実際の事件。事件というより歴史。

少年の頃から黒人のヤンチャなガキだと言うだけで目の敵にされ少年院にブチ込まれる。
そこから逃げ出し、再起を図るも、脱獄を理由にまたしてもブチ込まれる。
そこで、とにかく体を鍛えて自分の体を武器にし、人として強くなって満期で出所するも、たまたま近くを通りがかった殺人事件の容疑を着せられ、またしてもブチ込まれる。

ブチ込まれた結果、死ぬまで終身刑に処される。
結果的にそれまでの人生の半分以上を刑務所で過ごすことになった彼の壮絶な訴訟の戦い。

冤罪を幾度と主張する。刑務所で自ら本まで書いて主張。
その主張に当時の著名人も共鳴し、支援もするが、それでも再審の希望叶わず。
その繰り返し。
実際、ボブディランとかも支援してたらしい。

まさにボクシングで言うなら何度も何度も倒される。手を出すことすらできずに、ろくな試合も出来ずに倒され続ける。

そんな、気が滅入るような人生を賭けた戦い。

流石に半ば諦めかけてたところに、とある一般の、まったく法的知識もない、知名度もない、ただただ彼の自著に感銘を受けたと言う所帯が近づく。

そこから、再び彼の再審をかけた再起の炎が灯る。。。

デンゼルワシントン、この頃からもうビジュアルの力が凄すぎる。

この企画で少し前に『タイタンズを忘れない』も観たけど、ジャケ写は彼のアップでもう決まり。
インパクトもさることながら、彼のアップが何だかよくわからない底知れぬドラマ性を誘う。

スポーツの映画と題していながら、正直、スポーツとしてのボクシング映画ではないが、ある意味、人生というリングで決して不当な力に屈っせず、絶対に折れずに諦めない強さを伝えてくる作品。
無実の罪で投獄された主人公の、そこに至るまでの人種差別と、彼を救おうとする少年と少年の後見人たちの話。

少年たちがあまりな良い人すぎて怖いぐらいなのだけれど、実話で驚き。
60年代に起きたルービン・カーター冤罪事件を描き彼が獄中で書いた本に共感した少年レズラがルービンを救い出そうとしていく実話を基にした映画
希望を見出せず全てを諦めたルービンがレズラの手紙、写真、面会を経て外に出たいと思い始め裁判に再び臨もうとしていくのが見所
刑務所の隣に引っ越して手を振って合図するシーンが好き
冤罪で終身刑を言い渡されたボクサー「ハリケーン」の実話を基にした物語。
ボブ・ディランの名曲「ハリケーン」は、この事件に抗議するために作られたことは有名。
john

johnの感想・評価

3.8
これは思ってたよりおもしろかった。
もっと暴力的な内容と思ってたけど、投獄されてから悟りを開かずにいられなかったカーターは仙人のよう。
内に秘めた怒りと表面の穏やかさと、デンゼル・ワシントンの品を感じた。

決定的に覆らせた証拠は何だったか(なぜ今回は偽装されずに済んだか)、偽装した白人警官達はどうなったのか、もっと知りたかった。
貧困家庭で育って環境保全ボランティアしようと思えるあの青年は本当に性質良いんだろうな。
監督は『アメリカ上陸作戦』、『夜の大捜査線』、『ジャスティス』など個人的に好きな作品が多いノーマン・ジュイソン。こうして改めて彼のFilmographyを眺めてみると日本でリリースされていないもの含めてほぼDVDを所持しているなと思った。
本作は彼らしい骨太演出で「ルービン・カーター事件」を題材に黒人差別により冤罪の濡れ衣を着せられ投獄されるボクサー自身が書いた伝記を元にした彼の過去やその本を読み感銘を受けた少年と家族とボクサーの交流を描く。
ボクサー映画かと思っていたらそうではなく近年よく目にする白人による黒人差別を主眼としたものだった。最初はボクサーを助けようと各界の著名人が名乗りを上げたが長続きせず結局彼ら自身のアピールに使われただけかと落胆、失望する様子が辛い。そんなところに現れた小さな救世主が粘り強く彼を励まし救いの手を差し伸べる。
デンゼル・ワシントンが本物のボクサーと見紛うほどのムキムキの身体を披露していたり頭を剃り上げたりとやはり彼は役者だなと感心させられる。そんな姿にも見え隠れする知性が他とは違う彼の魅力なんだろうな。この演技によりその年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされている。
白人から黒人には根深い差別意識がある。主従関係に近いような。この映画から四半世紀経った今、何が変わったのだろうか。発信力だけなのか。表面上は変わりつつあるようにも見受けられるが果たして。
>|

あなたにおすすめの記事