おばあちゃんの思い出の作品情報・感想・評価

おばあちゃんの思い出2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:27分

ジャンル:

4.1

「おばあちゃんの思い出」に投稿された感想・評価

【もう一度、会いたいよ…。】

「優しかったおばあちゃんに、もう一度会いたい…」
ふとしたきっかけで、なくなったおばあちゃんを思い出したのび太。ドラえもんに頼んで、おばあちゃんが元気だった頃に、タイムマシンででかけます。そこで、2人が目にしたものは…。

てんとう虫コミックス第4巻でも大人気「おばあちゃんのおもいで」の映画化です。

(『のび太の太陽王伝説』併映)
おばあちゃんっ子はぜっっっっっっったいにハンカチを用意して欲しい。
よしだ

よしだの感想・評価

3.6
「あっちいけ!」って言われても「はいはい」て優しく答えるおばあちゃんていう存在がどれだけ器がでかい存在なのかわかるね。残酷ではあるけどおばあちゃんと孫という関係上そんなに長くは一緒に生きていけないわけで、その時間を大切に過ごす必要があるのだなと気付かされる。
naokit

naokitの感想・評価

3.7
ヒ〜、泣ける…小さいのび太のワガママに本気で腹立つ!

でも、おばあちゃんに信じてもらって良かったね、のびちゃん!
かんこ

かんこの感想・評価

4.0
😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭
あーー、、、おばあちゃんに会いてえ。
テレ朝チャンネル1
『映画ドラえもん 短編映画大特集』

テレビアニメ版リメイクの劇場版
やっと観れた。おばあちゃんがくまちゃんのぬいぐるみを優しく丁寧に繕ってる場面が印象的。
もちろん涙が出ますた。
(2000年公開当時同時上映:『のび太の太陽王伝説』)
鉄生

鉄生の感想・評価

4.2
うん
ダメだ
この映画はダメだ
必ず号泣してしまう

以前観た際に真逆の号泣

先日久々に視聴
安定の大号泣
40台にして自分でも引くくらいの号泣

おばあちゃんの比類なき優しさ
この無償の愛はどこから湧き出るのだろうか
3歳ののび太の「あっち行け!」の声にも「はいはい」と柔和な笑顔を見せて受け入れる
菩薩か?
女神か?
いや、おばあちゃんです

ランドセルを背負って現れた現在ののび太に対しても驚くコトなく受け入れる
「なんとなく、そんな気がしたんですよ」
菩薩か?
女神か?
いや、おばあちゃんです

おばあちゃんの愛は、海よりも深く、山よりも高い

30分という短い時間の中でこれだけの作品を創り上げたスタッフの皆様へ心からの拍手を

ドラえもんは人生の教科書である
私にとって学校の授業よりも大切なコトをドラえもんから学んだのだ
一生記憶に残る作品
のび太との感情のリンクがえげつない

優しさ、温かさ、寂しさ、悔しさ、後悔、感謝、友情、家族愛…
27分の短い時間にとんでもないくらいの愛が詰まった作品
涙が止まりません
映画界隈で泣ける映画の代表作をレンタルで鑑賞。こんな30分のドラえもんで泣くもんかと思いましたが、気づいたらうるっとしていました。おばあちゃんを亡くした自分とのび太を重ねてしまうと、自然と会いたくなってしまった。
hachitetsu

hachitetsuの感想・評価

4.0
優しいおばあちゃんの
思い出。
幼いいつもの友達とママ。
そしてのび太!
しみじみ泣けるわ~
>|