ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記1997年製作の映画)

上映日:1997年03月08日

製作国:

上映時間:98分

3.4

「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」に投稿された感想・評価

だいすき。ターミネーターみたいなどろどろしたやつが出てきたはず。
PETER

PETERの感想・評価

3.7
ホクロは世界を救う。
福引のハズレが小惑星っていうのが夢がある。
Eucharis

Eucharisの感想・評価

3.3
初めての観ました。




この年の日本興行収入第五位!…なのですが、第一位のもののけ姫はこの作品の5倍以上(最終の歴代興行収入でみると10倍以上)…もののけ姫の化け物ぐあいがわかります。。(;・∀・)




四次元ポケットとスペアポケットは繋がっています。
のび太くん、しずかちゃん、スネ夫くん、ジャイアンが入りました。
映画の中では、ポケットを引っ張って、スペアポケットから出るときはポケット付けたまま出てきます。

…でも、ドラえもんが入ると入り口のポケットって、向こう側に残ってしまわないかなぁ…?
それか、入った後に四次元ポケットのハシを持ちます。そして内側に巻き込みながら持ってくれば…四次元ポケットが外側に世界が内側に…??


不思議なシーンでした。




銀河超特急で使われた銃を記念に貰っていたドラえもん…いいの?(笑)




藤子・F・不二雄さん、たくさんの子どもに夢を与えるドラえもんを生み出してくださり、ありがとうございました。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.2
小惑星に作ったおもちゃの街を舞台に、おなじみドラえもんとのび太たちが活躍するジュブナイル・アニメーションの第18弾。監督は「忍たま乱太郎」で総監督を務めた芝山努。脚本は96年に亡くなった原作者の藤子・F・不二雄が前作「ドラえもん のび太と銀河超特急」に引き続き執筆し、これが遺作となった。

このレビューはネタバレを含みます

たぶん一番好きな映画ドラえもん。

たしか藤子・F・不二雄先生の最後の作品。
生まれ年と同じ頃に公開されてるのもあって思い入れが強い。

推しはティラちゃんとパカポコです。
パカポコって名前付けたくてわざわざ馬のストラップ買うくらい好き。
ピーブは腹立つけど嫌いじゃない。頑張れ。

この映画割とトラウマあるんだけど、金のやつが一生怖い。逃げても形を変えてどこまでも追いかけてくるのはさすがに熊虎鬼五郎たちに同情した。怖すぎ。初見目玉が伸びてくるし巨人になって人間がビビりながら渡った谷にかけた脚立の橋を1歩で跨いでくるし洞窟なら大丈夫だって安心してたら蛇になって入ってくるし。

あと熊虎鬼五郎がタマゴコピーミラー的なので量産されるのもゾワゾワする。

量産された中でホクロさんっていう他のと性格も違うし顔にホクロがあるコピーが生まれるんだけど、ホクロさんは熊虎鬼五郎の中にある少しの良心なのかなって思ってる。ホクロさん大好きだからパンダにボコられるの悲しいんだよねしょうがないんだけど😥
人間機関車みたいなやつでホクロさんがシュポー!っていうのかわいい。
最終的に極悪熊虎鬼五郎がまとめられて優しいホクロさんになって自首するの…………今後のホクロさんに幸あれ。

のび太が谷に落ちるとこはいつまで経っても鳥肌。あんなのしずかちゃんトラウマ。
でものび太は植物に救われるんだよね。あ〜心優しい子だから助けてくれたんだね。ってなんなら泣いてる。
熊虎鬼五郎との最終決戦も、森が助けてくれるの。いや泣くよね。最終決戦ののび太めちゃくちゃかっこいいんだけど、そこで使う銃が他の映画で貰った記念品っていう激アツクロスオーバー。こういうの大好き。

ぬいぐるみたちに生命宿してジャイアンが裁判起こされたり、ドラえもんが時限爆弾止めるためにロケットに残って爆風に巻き込まれて半壊れしたり、森に火放たれたあと小便小僧で消化したり、ぬいぐるみたちが熊虎鬼五郎に全力で反撃したり🐖
もう好きな展開がいろいろあって1シーンごとに書き出したいことめちゃくちゃあるけど12スクロール分くらいになりそう。

死ぬまでにあと何十回って観てくんだろうなって思います。
gin

ginの感想・評価

4.0
ドラえもんシリーズ第18作
おもちゃの国を作っていたら様々なことに苛まれる話
改めてみると導入は適当に感じたが、話の膨らまし方がとても上手い
ファンタジーとアドベンチャーを両立させていて、現実的な側面も入れているのは面白い
心温まる内容だけど、悪役が脱獄囚というところにどうしても魅力を感じない。
せの

せのの感想・評価

3.4
のび太たちはとある星に「生命のねじ」で生命を吹き込んだおもちゃたちの「ねじ巻き都市」を作る。

シリーズでもこの作品が特別異色に感じるのは、悪役が同じ世界の同じ星、同じ国の生身の人間だからでしょうか。
前科百犯とまで言われ、明確に犯罪者である人物と小学生が対峙する展開なかなかやばいでしょ…

この作品から感じる熱烈なメッセージは、ひとつは都市開発と環境問題、もう一つは善の心についてですね。

生命を与えた神的な存在であるのび太たちが、自分の娯楽性を求めるあまり、環境破壊をやめるようにおもちゃたちに訴えられる。敵意があるわけでは無く、おもちゃたちはキチンと話し合って結論を出していた。なんて健気で素直なんだ…

タマゴコピーミラーでクローンを作る前科百犯の鬼五郎だが、その中に一人だけ優しい心を持った"ホクロ"が誕生します。これはどんな人にでも僅かでも善の心があるのだ、という象徴のように感じましたね。

正直あまり盛り上がるわけでもないし、後半の失速感はすごいですが、ドラえもん世界の日常の延長上にある冒険という感じがしてとてもしっくりきました
バリ

バリの感想・評価

3.5
ストーリーは哲学的で説明しにくいんだせど言い知れぬパワーを感じて良かったな。F先生が最後に関わった作品だからかメッセージ性が強い気がする。

この作品の種をまく者以上のスケール感のキャラにはまだ出会ってない。
S

Sの感想・評価

2.9
エンディングがえいちゃん

熊虎鬼五郎、前科百犯てやばないwww
>|

あなたにおすすめの記事