ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記1997年製作の映画)

製作国:

上映時間:98分

3.4

「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」に投稿された感想・評価

しぇり

しぇりの感想・評価

4.0
ネジを巻いたら命が吹き込まれたぬいぐるみ達の惑星vs.惑星を乗っ取ろうとする脱獄犯 鬼五郎 という話。増殖していた鬼五郎は、最後1人の優しい鬼五郎に統合される。
ドラえもんの映画シリーズ18作目。藤子・F・不二雄先生はこの作品が完成を待たず亡くなられました。

題名からして『ブリキの迷宮』と被っているところがありますが、ぬいぐるみの動物達が命を吹き込まれ、街を創っていき環境問題も取り扱うところから『アニマル惑星』とも少し似ている設定かなと。

敵役の龍虎鬼五郎が自分を量産して、龍虎鬼五郎軍団を形成するところはなかなか斬新でしたね。

ぬいぐるみ達が街の創設者ともいえるドラえもん達に環境破壊するようなことはやめてほしいと懇願するところは考えさせられました。

人間の文明ももっと違う方向で発展していれば今よりもっと自然豊かで、殺戮兵器もない社会になっていたかもしれないですよね。
20年以上ぶりに鑑賞。
悪役、内海さんの声がやや渋すぎて個性が強すぎる印象。
のび太が落ちて死んだ?みたいになった時、しずかちゃん以外のみんな、もうちょっと悲しんであげてよーって思っちゃった。
Aris

Arisの感想・評価

3.4
ぬいぐるみたちが『命のねじ』で動いて話せるようになるなんて子供には夢のある話ね^_^
でも主題歌は矢沢永吉『Love is you 』!
子供には渋い‼︎
Mayu

Mayuの感想・評価

3.0
記録用
小さい時、ドラえもんファンだったのでよく観てました。
前科百犯熊虎鬼五郎だけめっちゃ覚えてる…
当時何度も見たけど、コピーたくさん作っていい人格だけ残して消す、って結構エグいことしてたな…ドラえもん…
mebu

mebuの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます


鬼五郎?熊五郎?の、
のび太の部屋から宇宙に繋がったこと
に対する理解力がすごい。
なんでそんなすぐ受け入れる?

みんなおもちゃ大事にしてるのね。
しずかちゃんのぬいぐるみバリエーションがすごい。
ひかり

ひかりの感想・評価

3.5
最後のコピーが戻る時本人だけど本人じゃないしずかちゃんとのお別れの言葉涙止まらんな。
この時からクローン技術着目しとったのすごいな。
greengirl

greengirlの感想・評価

3.8
ぬいぐるみたち可愛いなあ
ぬいぐるみたちをゼンマイで動くようにするっていう設定がもう遊び心全開で好き〜〜
一瞬だけど、ジャイアンがブタをおんぶしてるシーンが可愛すぎ〜😖😖❤️

個人的ツボシーン多い!ジャイアンとティラちゃんの友情が微笑ましくて笑っちゃった😌

ちょっと謎ではあったけど、終わり方もけっこう好みでした🙆‍♀️

ぶたの女の子の声がサザエさんの中島すぎて、今にも「磯野〜!」とか言い出しそうでかなりじわる笑笑笑
tiara

tiaraの感想・評価

2.7
ストーリーがいきなり馬飼ってるとこから始まって、最初の方見逃したのかと思って巻き戻してしまった💦

のび太が死んだかもしれないのに悲しんでるのしずかちゃんだけ😭ドラえもんもっと落ち込んで!!って思ったw

展開早くてちょっと詰め込みすぎた感。

最後、熊五郎が優しいほくろさんになったところだけよかった🥰

YAZAWAはいらん。こんなかわいい話にYAZAWAて。
>|