ダメジンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダメジン」に投稿された感想・評価

不運も不幸も失敗も、全てが自然の摂理かのような扱い。誰一人「責任を取る」みたいな発想がない世界観がゆるくて好き。
mi

miの感想・評価

3.5
ふせえりラブ、ラブなんらもな〜。逃走中これになればいいのにな〜。三木聡のホラーっぽさは、神道?なんかすごく古き良きニッポン的な気がする。うまく言えないんだけど、お化けより幽霊より妖怪の怖さな感じ。骨董、廃墟、な感じ。あとちゃんと生理的嫌悪、おえ〜ってくるものがある。酔っ払いのゲロを、観念取っ払って直視している気分。
毎度なんだけど、三木聡の撮る直方体(ポスト、片桐はいりの郵便物、アイスキャンディー、などなど)&ピタゴラスイッチ的工作(ゲシル先輩の呼吸器、ビニール靴紐など)が癖。
責任とかそういうのを感じる前に観ておきたい映画。そしてチャンスさえあればダメジンとして生きようとしてなんとなく普通に生きてしまって時々思い出してる映画
境

境の感想・評価

3.8
見るからにgenkaiな感じ、とても好き
クスッと笑えるギャグがチラホラ
なにも考えたくない時はこういうのを観るのが1番なのかな。
初っ端からいろいろやらかしてて笑った記憶
nekop

nekopの感想・評価

3.0
何故かインドがもてはやされているw
キャストの無駄遣い映画。
伊東美咲が天使のようやった。
最後のムエン仏めちゃ笑った。
oshio

oshioの感想・評価

4.7
倫理観が終わっていてとても良い。
ゲシル先輩の生き方が好き。
かまいたちのくだり大好き。
なんか全体的にほんとにダメな感じも好き。
なんかよくわからないけどめちゃくちゃよかった!見たいものがたくさん入ってた
三木聡は俳優で遊んでるのか?
永遠に眺めてたい。
 うーん。何もかも空回りしているような一作。
 ギャグもお話も、テンポも。何もかも、中途半端。見終わるまで修行でした。

 ところどころ、印象に残るギャグはあるが。それだけだ。うーん。残念。なんらもなー。

このレビューはネタバレを含みます

倫理が追いつかないほどのダメっぷり
インドの未開社会感っておおよそ今もこの頃からあんまり変わっていなくてですね、結局専門として勉強した自分ですら未だにそういう価値観は抜けていない気さえする
別にそれ自体がどうこうというわけでは決してないし、それを払拭することが未来の鍵だ!とも思いませんが
インドにはムード、あるよね~
5年前の高3のときの俺もそう思ってましたわなムードあるよね~
地域基礎で尊師が言ってたような気するが、なんだかインドとかそういういわゆるどこか先進社会とはかけ離れた社会に対する「なつかしさ」みたいなものは結局我々が抱いている幻想にすぎなくてっていう話、今思うと、どこか今の日本というかここで普通に生活していくと経済的に進んだ国こそが至高なのであって、それ以外の価値観を許さない感覚、無意識ながらにありますが。それはまぁ別に間違ってはないのかも知れませんけど、それだけが唯一の解であるとは決して思えませんよね。ことばとか数字で置き換えられるものだけで生きているとは到底思えませんし。その意味でどこか遅れたものとして未開社会を解釈するのは我々のエゴなのであって、それらがお互いに認めあって共存していく社会こそ、な気しますわね。そういうことって結局常々意識してないと、思わず経済至上主義的な発想してしまいがちなので、備忘録。
当座の問題として生きることを考えている人ってあんまりいなくて、というか考えることって全くしてないことにようやく気がついた。つい最近まで自分がしていたことのほとんどが人の解を見つける作業で、それは別に自分が考えてる訳では無いですよね~
いろんなことをいろんな風に人間言いますが、別にそれらが自分と違ってもいいわけです、アブネー、とことんまで逆張りを常に続けないとたった一人にはなれんわけです
なんでダメであることとかエロいことっておもしろになるんですかね~なにが面白いんだろう
>|

あなたにおすすめの記事