ラブ・イズ・マネーの作品情報・感想・評価

ラブ・イズ・マネー2001年製作の映画)

有情飲水飽/Love Me, Love My Money

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.2

「ラブ・イズ・マネー」に投稿された感想・評価

chip

chipの感想・評価

3.5
トニーレオンのラブコメ、
お相手は「トランスポーター」の
スーチー。
GYAOでやっていたので…
トニー目当てで鑑賞。


タイム誌やピープル誌の表紙を飾るほど金持ちのビジネスマンだけど…ドケチのトニー!
寄ってくる女は金目当てばかり…身分を隠して付き合った女性に、本気で恋をする〜♡


ヘビ料理の店で出会う、、
ヘビ🐍食べるんだね、
香港では、、(・・;)
彼女の舌がヘビみたいに伸びる妄想シーンは、異様でした。。


あまりのケチぶりに、
トニーレオンもすっかり変なヤツに見えて、
なんだかキスシーンもきれいじゃなかったけれど…
たまにはこんなおバカなラブコメもいいかな〜
トニーレオン、やっぱり好きだし(๑˃̵ᴗ˂̵) スーチーも可愛かった♡
ラストは飛行船に乗り込む二人…


自由な香港映画ですけど…
国家安全法が施行されて、、
もうこんな映画は作れないのかもしれない。。
nameof3

nameof3の感想・評価

3.3
スー・チーが可愛い!!😆
トニー・レオンもカッコイイのに少し残念な感じも良い。
友達二人も良いキャラクター。
ロマコメだからか見やすかったし、
昔の作品だけど、ファッションがそんなに古く感じなかった。
(GYAOで見た)
mz5150

mz5150の感想・評価

3.2
GYAO、トニーレオンのケチケチぶりが面白いラブコメ、スーチーとの掛け合いも楽しく、賑やか師のラムカートンとスーチーの肉食系友達もいい味出てる。ストーリーは平凡だが見てる内は楽しめる。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
金持ちでケチな主人公が真実の愛を探す‼️ってありきたりなストーリー展開。
昔のトレンディドラマ⁉️的な感じ。
スー・チーが可愛い作品でした😆

2021年046本目
さき

さきの感想・評価

5.0
自粛生活始まってすぐくらいには、レスリーチャン熱が再燃していたのですが、ここにきてトニーレオン熱再燃です。カッケーよ。。。イケメンすぎるよ。。。大好きだよ。。。

『ゴージャス』でこの二人が最初に出会ったシーンで、うっわ!!このラブコメ最高かよーーーー!!!って思ったら違ったので、この映画を絶対観たい!!って思ってたので、GYAO!が配信してくれてて本当にありがとうございます!!!!って感じです。トニーさんのわっちゃわちゃのラブコメなんて少ないので、本当に最高。。。どこまでもバタバタしてるし、わーー香港だーーーって感じだし、トニーさん殴られまくってるし、トニーさん恋に落ちちゃってるし、トニーさん割とクズだし、トニーさん金持ちだし、かと思ったら、観ているこっちまで心臓バックバクになるような、爆イケトニーさん炸裂するし。。。最高でした😭
これ一生見れないと思ってた!
トニーレオン×スーチーのラブコメディ💓
たまーにすごいのをあげてくれる、GyaOさん、ほんとにありがとう!!

かなり売れた後だと思うんだけど、こんな香港王道ドタバタラブコメにトニーが出てくれるんだ~🤗ってだけで嬉しいし、トニーはドタバタしてる役が一番好きなので、もう最高です、はい🎆
しかもやっぱりトニーといえば目力!!
見つめたら最後、絶対そらさないあの大きな目は、何回見ても慣れないっていうか、めっちゃどきどきする😂
スーチーちゃんももちろん可愛いし、なんか久々に胸が踊りました✨
大金持ちだが、お金は使いたくない。
女は皆、自分のお金に寄ってくるだけだから結婚するなんて考えられない。
という役のトニー・レオン。
こういう役もやってたんだな~

結局、お金より愛を選んでくれた女性が現れてハッピーエンド。
使うときは、使わないとお金は回らない。
お金が自由に使える人ほど、税金を払って、世の中のためにお金を使ってほしいなと思う。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.0
かるーい感じで見られるラブコメディ。スーチーちゃんは可愛いしトニーレオンはケチでもなんでもかっこいい。
s

sの感想・評価

3.0
動画【字幕】
・2人とも可愛い!
・お金使えなくなってヒモになったリチャード面白かったw
・ケチすぎて社員いなくなってしまったあの会社どうなったんだろw
トニーレオンの顔が100点満点
お金持ちだけどドケチな大企業の社長がいろいろあって無一文になり、3000ドルでとある女の子の彼氏役をやることになり、、、というかなりコテコテなラブコメ
ラストがかなりハリウッド的な展開
しかし香港映画はいいなぁ、と思える平和で乱暴で楽しい映画
>|