ダーク・ハーフの作品情報・感想・評価

「ダーク・ハーフ」に投稿された感想・評価

T1138

T1138の感想・評価

3.5
『ミザリー』や『シークレット・ウィンドゥ』と同系列のキング原作をロメロが監督。『クリープショー』のタッグですね〜。
作家ならではの考えや悩みを、ゴア描写を伴った物理的な対決で見せてくれるいかにもなキング作品。
冒頭で物語の主軸を築く仕掛けがうまいよね。こういうの思いついちゃうから追っかけたくなる。
脳味噌の奇形腫瘍のメンタマがギョーンと開くシーンがキモくて良かった
sho

shoの感想・評価

2.7
ジョージ・A・ロメロ×スティーブン・キングなホラー作品。純文学作家として作品を出す傍ら、別名でバイオレンス小説を執筆する主人公。別名のペンネームを捨てた直後、連続殺人が起こり…

当然期待して視聴したものの、冗長で特に最後まで盛り上がりもなく。淡々とした2時間だった。
方眼

方眼の感想・評価

3.8
1993年”The Dark Half”。キング原作をロメロが映画化。ホラー王のコラボだが、出来はどうかというと、読んでないが原作の方が面白そうな確信がある。作家の被害妄想シリーズ。
PeggyMYG

PeggyMYGの感想・評価

3.4
名前を聞くと懐かしいティモシー・ハットン。でも実際は初ハットン。

善と悪の演じ分けは見事!「ツイン・ピークス The Return」のカイル・マクラクランにも負けないくらい。

保安官役の俳優どこかで見たことある…と思って調べてみたら…「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のヨンドゥではないですか!
ウディ・ハレルソンみたいな男前。

かと思えば、終盤やたらと頼もしいショートヘアの年配女性(同僚?)は「エデンの東」のジュリー・ハリスだったの?全然わからなかった。

…と、俳優のことばかりだけど、奥さんとの絆が盤石だったり、双子の赤ちゃんがたまらなく可愛かったり、観終わってみるとあまりホラー描写が残らない不思議な味のロメロ映画でした。
スチーブンキング原作「IT」よろしくこれも再映画化されるらしいので観ました「双子=善と悪」方式、双子の赤ちゃん行儀良い。

置き換えがモヤッとした流れ、悪玉(闇の心)伏線を形成させるのがしんどかったのか雑に思える、奇形の人権を呪化するオカルト定義が残念、意味もなく恨みは生じないと思う「実験承諾にサイン」等、動機欲しい。
犬

犬の感想・評価

3.0
スズメ

純文学作家のサッド・ボーモントには、人気バイオレンス作家ジョージ・スタークというもうひとつの顔があった
しかしその正体が暴かれた時、サッドはジョージ名義での執筆をやめる決意をし、彼を葬ってしまう
やがてサッドの周囲で残忍な殺人事件が次々と起こり、彼がその容疑者と目されるが……

ジョージ・A・ロメロ監督がスティーヴン・キングの原作小説を得て作り上げたサイコスリラー

人格

奇妙な話
変わった雰囲気がありました

グロ
展開は普通です
かぶき

かぶきの感想・評価

2.5
言いたいことはわかるし、演出もそれなりに良いが、期待しすぎた。
ラストの決着は個人的になんとも興ざめ
Omerta

Omertaの感想・評価

3.1
スティーブン・キング原作、ジョージ・A・ロメロ監督でTWDのマイケル・ルーカーまで出てるんだから観るしかねぇ!って感じで観たけど微妙。
あらすじ自体は面白かったが後半からの失速感が・・・
原作をじっくり読んでみたくなる一作。
mizsee

mizseeの感想・評価

3.7
画質から漂う雰囲気がまず好き。
キング原作にありがちなB級感がよい感じでブレンド。
キャストがなかなかマッチしており飽きずに見られる。
>|