フェティッシュの作品情報・感想・評価

「フェティッシュ」に投稿された感想・評価

タランティーノが総指揮を執ったこの作品。
首が取れても人間は話すと信じるガブリエラと殺人犯が一堂に会するラストはとても緊迫感あった。
しかもあのダンス最高、狂気とエロスが良く融合してました。
崇拝するタランティーノ監督が気に入って、劇場用映画として製作総指揮したという本作を今更ながら鑑賞。想像通りのブッ飛び具合(笑)。

故郷のコロンビアで殺人事件を目撃して以来、新聞の殺人事件の記事を探し出してはスクラップしているガブリエラはちょっと変わった女性。ある日、殺人現場の清掃会社に就職することになった彼女は、最近巷を騒がせている女性富豪連続殺人事件の現場を訪れるが...。

あらすじからお分かりの通り、ブラックコメディど真ん中のお話。単純に「切断された首は喋るのか」という意味不明な疑問を持って、殺人現場の清掃に嬉々として臨むガブリエラは正真正銘の変態(笑)。
好奇心旺盛すぎて、「触るな待て!」って先輩に言われているのに話を聴かずに口を挟んだり、違うモチベーションがあるの見え見えなのに平気で嘘ついて行きたい現場に立候補したり...突拍子も無い行動が多すぎて、いつの間にかガブリエラにイライラ!!(笑)ちょっと変わった天然ちゃんだって分かってるけど、殺人現場へののめり込み方が異常...。でもきっとそんな彼女が主役だからこそ、本作は成り立ってるんですよね!

連続殺人犯役のウィリアム・ボールドウィン、いい感じに狂った雰囲気で登場したので、さぞ狡猾な殺人鬼なのかと思いきや、実は間抜けな役でかわいそうでした...。最後の方はガブリエラのあまりの無邪気さに逆に圧倒されて、天下のお尋ね者もお口ポカーン状態(笑)。彼も異常者だけど、本作を観ているとガブリエラの方が異常に見えてくるから不思議。

終始ラテンの明るい音楽がかかり、血はたくさん出てくるけれどグロいシーンもそんなに無く、あくまでガブリエラの異常な好奇心をユーモアたっぷりに描いています。オチは「えーーー!それだけ?!」と全力でツッコミたくなること間違いなしですが、それさえもなんだか許せちゃうこの軽いノリ。

これだからタラちゃんファンはやめられない!(笑)
nilce

nilceの感想・評価

4.0
タランティーノ関連作品の中で一番好きです。これ観た後、ガブリエラと同じ髪型にしました。
もとは誰か別の人の作品なんだけど、タランティーノがとても気に入って、ガブリエラをタクシー運転手として「パルプフィクション」に出演させているんだよね。その後、自分でも作ってみました的な作品だったはず。
ボールドウィン兄弟、似てい過ぎて、誰が誰やらわかりませんけど…
これぞ”フェチ”という感じ。

殺人事件や死体に興味があり、スクラップブックまで作るという熱のいれようのガブリエラ。
そんなガブリエラ、殺人現場清掃の仕事に就くのであった…。

やはり、低コストな映画という印象。
ブラック・ユーモアが効いてます。
時折みせるアンジェラ・ジョーンズの表情がキュート。
フーセンガム、嚙みたくなった。
できればFelixガム(笑)
ラテンミュージックが◎
音楽ではガンズ アンド ローゼスのスラッシュが参加してます。
ロイス・チャイルズが出ていたのが何気にびっくり!!
エンドロール後もおまけあり。
観てた…タラちゃんが絡んでるのは知ってた…

バイオレンスが過激なのは好んで観るけど、それより"血"の話だから、かなりグロいというのは感じた

ただ、映画としては良い展開だったし、多分主演の女優はパルプ・フィクションでブッチ(ブルース・ウィリス)を乗せたのタクシーの運転手では❓と思った
shiro

shiroの感想・評価

3.9
今まで観た映画の中でダントツでおかしな作品。
なんか人に勧めたくなる。
k

kの感想・評価

3.8
ガブリエラの幼少期がめっちゃ可愛い
殺人現場フェチの話かと思いきや、
自分の好奇心を満たすためには殺しもいとわない
驚愕のラスト
コロンビアという国では、現場検証をちゃんとしないで殺人現場の掃除をただのメイドみたいな人にさせるのかとか、警察は仕事が適当なのかとか考えちゃうけど、後半を観たらそんなことはどうでもよくなった。

チャチャチャを踊り出すシーンが最高。
明るく楽しげな曲調でやっているその人の好きなことは、ハタから見たら異常。

誰にでも何らかのフェチはある。
"それ"が異常だとか非常識だとか、判断できなくなるくらい好奇心と興奮が先行して夢中になれるものがあるってのはいいね。
McQ

McQの感想・評価

3.5
無名監督の30分フィルムをタランティーノが劇場版として制作。

殺人事件をスクラップにすることが趣味のガブリエラ。死体や血が大好き。彼女は死体現場の清掃係という、彼女にとって天職ともいえる仕事に就き、清掃中にダイイングメッセージと思われる痕跡を見つける。。

設定自体は悪趣味極まりない内容ですが、それをコミカルに描いているのでなんとか観れる感じです^^;
そしてガブリエラ役のアンジェラジョーンズ、若きウィリアムボールドウィン(殺人鬼)の演技が素晴らしいです。

最後は圧巻です!>_<

日本では猟奇殺人を犯した少年が本作観てたとか。。
そういう報道やめて頂きたいですねー>_<
タラちゃんがいかにも好きそう。短いからサクッと見れて、アンジェラ・ジョーンズが可愛かった。
殺人に興味津々な女の子が殺人現場のお掃除のお仕事を選ぶってハマり過ぎ。そこで憧れの男前殺人鬼と遭遇しちゃうという、まさにフェティッシュな話。

短い割りに、若干怠かったかも。はは。
>|