クレイジー・イン・アラバマの作品情報・感想・評価・動画配信

「クレイジー・イン・アラバマ」に投稿された感想・評価

Linau

Linauの感想・評価

4.0
クレイジーで可愛いくてクールなルシールに誰もが夢中になる、こんな叔母さん欲しいって思っちゃう。アントニオバンデラスが監督って後から知ってびっくり。この作品だけらしく良いのか悪いのかもったいない…
gooooo

goooooの感想・評価

3.4
夫の暴力に耐え切れず殺鼠剤をコーヒーの中に入れて殺して、彼の頭だけ切り逃亡する主人公。

女優を夢見る彼女がハリウッドで奥様は魔女に主演し、夢を達成するが、捕まってしまう話。

アラバマ州がメインの舞台で黒人差別をメインに描きながら彼女の不思議な逃亡劇がなかなか面白く楽しめた。

彼女が帽子の鞄に隠している元夫の頭が話したり、普通の黒人差別をテーマにしている映画とはまた違った味わいがあり新鮮味を感じるし、なかなか面白い。
RYOKO

RYOKOの感想・評価

3.8
めっちゃ良かった👏
あらすじから、クレイジーママの珍道中コメディを想像していたら違った。
コミカルさを交えながらも人種差別や夫婦間のモラハラなど、根底に描かれているテーマは重くて根深い。
【自由は埋めても殺せはしない】
gustave

gustaveの感想・評価

3.5
アントニオバンデラス監督作品ということで興味本位で見てみたんだけど、構図とかカット割りとかいいなぁと思う場面がいくつもあったし作品の空気感は好きなので、この1本だけしか撮ってないの勿体ないなぁ。他の作品も見てみたい。
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.2
バンデラス様監督!南部っぽーい雰囲気、建物。偏見差別強い時代の白人と黒人、男と女のそれぞれの葛藤と色々風呂敷広げすぎな気もするけど結果オーライ。ラブぃ奥様をえらく魅力的に撮ってるあたりもバンデラス!
otom

otomの感想・評価

4.3
チキンフライドステーキを食えそうな地域で虐げられる人々を正義で思いっきり救済するアントニオ・バンデラス。60年代の公民権運動と女性差別の問題を牢屋の一画面で表現するのは結構上手いと思うけどな。意味不明な諸要素があったりするのは否めないけれども、横切る国旗だのドキッとするようなシーンが他にもいくつもあるので監督業ももっとやったら良いのにね。メラニー・グリフィスの馬鹿っぽくネトっとしていながらも切実な演技もかなり良い。個人的には母ちゃんより好きなデビューなダコタ・ジョンソンは難易度高すぎて探すの諦めた。
All that jaz in Chicago
ならぬ
Crazy in Alabama!!!

自由を手に入れる為に夫を殺して頭を持ち歩く7人の母ルシール。

自由を手に入れる為に泳ごうとする黒人。

バンデラスが監督というこちらの作品、暗い時代背景にも関わらずコミカルで、胸熱で面白かったです!

お兄ちゃん本当に妹を理解していて最高。子守してるママも最高。

メラニーグリフィスの喋り方もボイスもキャラクターも最高。
ミルクマネーでも凄く良かったけどこれは更にハマってました。
おバカで子どもみたいで皆んな放っておけない。

音楽も良いし車もカッコ良いし、サイドのキャラも良い。
844

844の感想・評価

3.9
旦那を殺して首を持ち歩くイカれたママが主人公。
街に残された子どもたちはアラバマの黒人差別と戦う。
プールにニガが一人入ったら全員逃げるとか笑う。
保安官対黒人側についた白人。
ママのハリウッド進出も叶ってなかなかいい話。どこをとっても結局クレイジーインアラバマって話。
Santa

Santaの感想・評価

4.5
監督のヒロインへの想い入れが微笑ましいです。ヒロインの際立つキャラが楽しかった。
え

えの感想・評価

3.7
監督アントニオ・バンデラス
ペドロ・アルモドバルを感じたけどやっぱり影響受けてるのかしら(最初この監督だと思って観てた、)

一歩先をいくような浮遊感、好き
冒頭のそのポップさは終盤にかけて収束していくが
差別も自由も人類共通の問題であると再認識
>|