ルビー・スパークスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ルビー・スパークス2012年製作の映画)

Ruby Sparks

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

「ルビー・スパークス」に投稿された感想・評価

面白い。理想の女の子がいきなり目の前に現れるという、憧れのシチュエーション。
終わり方いい。あれしかないと思う。
omochichi

omochichiの感想・評価

3.6
自分の手で愛する人を自由自在に動かせる能力があったら、初めはもしかしたら喜ぶし楽しむかもしれないけど、段々苦しくなってきて壊れてしまうと思った。

素敵な結末で満足しました。
ママの家がとってもいい。
alice

aliceの感想・評価

4.2
2人ともすごく可愛い
途中カルヴィンが暴走しちゃうところは辛かったけど、、終わり方もありきたりだけど良かった!
mdk

mdkの感想・評価

4.0
ちょっとかなりグッときました。
人づきあいが苦手な不器用なカルヴィンとルビーの関係、ハリー達家族の愛、どちらにも。

ルビーがいちいちかわいいしカルヴィンを演じるポール・ダノの不器用系男子っぷりもよかったですがカルヴィンの兄ハリーの軽い男に見せかけた弟への愛があつくて良かったです。tits tits うるさいけど。

元カノのライラとは違う結末を選択したことでカルヴィンも成長できたのかも。

救いがある映画で良かったです。また見たいなー。
おちゃ

おちゃの感想・評価

4.5
アアアー好きでした。20代のうちに、もうあと2,3回見ときたいなぁって思います。
なんというか、人を愛することイズベリー難しい。人を愛して、その人と共に幸せになることの難しさよ…と思います。
はじめの方の小道具の出方とか、ルビーが出てくるまでの混ざり合ってくあの感じ、とても好きです。あとはじめのところの主人公が話してるところのぬいぐるみ。精神科医の先生との会話のとこも。

信用できるとか、信頼できるとか
そういう関係性の人が周りにいて、1人の人を愛するということと、自分自身と向き合えているってことは必要条件的な関係にあって、自分自身と他人の境界線を思い知らされた上でまたスタートに立つあの感じ、終わり方も好きでした。

あと主人公がこうなった、家庭環境とかの描き方も、過去にこういうことがー!みたいな感じではなくてルビーが来て、その中でうまくいかない、いろんなことを思ってしまう、という描かれ方をしてるのがとても好きでした。あんな家、泊まりに行きたい。すげかった。

最後のところ鼻水出しながら泣きました。
あんな風に人を愛したいなぁ。
行き詰まった小説家が、理想の彼女を文章に書いたら具現化し、その彼女と付き合う話。
自分の思い通りになる彼女と小説家のラブストーリーだが、自分の完全支配下にあるひととの恋愛は成立するのかという話。
軽くて可愛い雰囲気でまとめられてるけど、結構シリアスな内容。
K

Kの感想・評価

3.6
こういう恋愛に憧れているうちは結婚できないなと再確認しました。
ようやく見れた!!
この2人、実生活でも恋人同士で子供もいると知り、とても驚いた
mmd14r

mmd14rの感想・評価

3.8
観たかったんよねえ、ずっと。
登場人物たちの服だったり、インテリアが個性的でオシャレ。

理想と現実の狭間。
多くを求め過ぎても、求めなくても足りないから、創り出したとしても人間は難しいのね。

ゾーイの青い目が綺麗。
久しぶりに楽しいラブコメ観た!
ポールダノをいかにかわいく演出するか、さすがです。。
気を抜くと、人をコントロールしようとしちゃってることは多々あるから、「ああ」って思っちゃった。
>|