僕の中のオトコの娘の作品情報・感想・評価

僕の中のオトコの娘2012年製作の映画)

上映日:2012年12月01日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

足立謙介(川野直輝)は、ひきこもって早5年。閑静な住宅街で父・謙三、姉・裕子の優しさに甘え、毎日ゲームやネットに明け暮れて自堕落な日々を送っていた。ある日、いつものようにネットを開いていた謙介は、女装を好む男性、通称・女装娘(じょそこ)が集まるサイトに辿り着く。掲示板の女装写真に、思わず軽蔑の言葉が出た謙介だったが、いつしか女装娘が気になり始め度々サイトを覗くようになり、ついには掲示板でカリスマ…

足立謙介(川野直輝)は、ひきこもって早5年。閑静な住宅街で父・謙三、姉・裕子の優しさに甘え、毎日ゲームやネットに明け暮れて自堕落な日々を送っていた。ある日、いつものようにネットを開いていた謙介は、女装を好む男性、通称・女装娘(じょそこ)が集まるサイトに辿り着く。掲示板の女装写真に、思わず軽蔑の言葉が出た謙介だったが、いつしか女装娘が気になり始め度々サイトを覗くようになり、ついには掲示板でカリスマ的存在の女装娘・カレンとメールで交流を始めるようになる。5年振りに家を出て向かった女装バーには、今までとは違う自分になれる夢のような世界が広がっていた。女装と出会った事で社会復帰の第一歩を踏み出したかのように思えた謙介だったが、世間はそんなに甘くなかった…。女装姿に注がれる軽蔑の眼差し。実家はオカマの家と蔑まれ、父親からは絶縁を言い渡される。多くの困難を前にして、謙介はまたひきこもってしまうのか、それともワンピースを脱がずに自分らしく生きる道を貫くのか!?デビュー間もないオトコの娘の自分探しの旅が、いま始まった。

「僕の中のオトコの娘」に投稿された感想・評価

micco

miccoの感想・評価

2.0
中村ゆりさんが大好きなので
過去作漁ってました。

ちょっとわたしの観たかった映画とは
ちがったかなぁ
marieru

marieruの感想・評価

4.0
生っぽくて好き。
昇君優しいなぁ♡
お姉ちゃんキュートだなぁ♡

そして、最後に気がついた。
謙介は怪談トリオの川野君だということに!!
そして、お姉ちゃんがYURIMARIのゆりちゃんだということに!
みんながみんないい味だしててやっぱり好きだ。
s

sの感想・評価

2.5
GYAO!
・ケンスケの女装が普通に可愛い!
・お姉ちゃんがフリフリの服買って来てケンスケに着せるシーン楽しそうで好きw
・超現実的な辛いシーン多め
kuu

kuuの感想・評価

3.0
主人公に芯がないからクソなんやなぁ。
どんな人生歩もうと信念もってやりゃええやないかぁ。
主人公の父ちゃん役のベンガルええ味だしてるし、
こないな、ええ父ちゃん今は中々おらんやろなぁ。
しゃる

しゃるの感想・評価

2.5
ふつうによくありそうだなぁ〜って感じのお話し。
とくにひねりがある訳じゃないけど
それなりに面白かった…かな。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
ひきこもりの主人公が女装に目覚めて自分の生き方を見つけるお話でした。
主人公が家族に迷惑かけるから女装をやめると言った時「誰が迷惑と言った。お前の意志はその程度だったのか。 生きるって事は少なからず他人に迷惑をかけるものなんだ」と主人公に諭すお父さんの言葉にグッときました。
主人公が始めてお化粧して自分のグラスについた口紅の跡を嬉しそうに見ているシーンは私も嬉しくなりましたよ。
主人公はもちろん皆さんの女装が綺麗で木下ほうかも(いるねこういうママ)似合ってましたね。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

心の話は共感できなきゃつまらなくなるがこれは無くても興味もてるのかなと。
どんなものか気になって見る感じかな。
結局ハッピーエンドなのがあれだがまぁうまくまとまってたかな。
hachi

hachiの感想・評価

3.5
女装子がリアルにいそうな人たちで、
それがかえって謎の親近感がうまれて
私は良かったです。

自分らしく生きるって本当に難しい。
そんな世の中を胸を張って生きる女装子たちは、とってもかっこいいし美しいです。
emily

emilyの感想・評価

3.2
職場で人間関係に悩み早々辞めてしまい、引きこもりでニートの謙介、ある日ネットサーフィンで「女装娘」が集まる掲示板見つける。書き込みを通じて徐々に女装に興味を持ち、カリスマブロガーのカリンとメールのやり取りを始める。やがて女装バーに入り浸り、居場所を見つけていくのだ。偏見の目にさらされながらも、自分自身を見つけて。。

姉と謙介の関係性が非常にいい。心配でしょうがなく後をつけて、女装してることを知っても、姉はただ黙って見守っているのだ。しかし笑顔の奥に微妙な表情を常に浮かべてる中村ゆりの演技が光る。父親役のベンガルも言葉少なくとも、息子の熱意が徐々に伝わっているのが、細かな表情や仕草に現れているのが良かった。

謙介演じる川野直輝も決して女になりたいわけではなく、ただ女装が好きなだけである真っ直ぐで瑞々しい演技が家族二人と交差し、リアリティのある家族像が出来上がっている。

特に冒頭から女装に目覚めていくまでの描写が淡々とした中に自然な流れがあり、短い描写の中にしっかりとリズムを感じられた。

女装子といっても色んな種類の人が居るし、そこにゲイの男性も交差する。全員何かを抱えて孤独であるからこそ、情に厚く謙介もすぐに溶け込めるのだ。人は一人で生きられない。生きる事は少なくとも誰かに迷惑をかけるものだ。

特に好きなことをしようとした時に犠牲になる物は沢山ある。それでも突き進むしかない。迷惑をかけた分やりたいことをやり続けるしかないのだ。ラスト突き抜けた笑顔とオレンジの光、自分が自分で居られる喜びに溢れる謙介の初めてのフルウィッグ、自然と溢れる挨拶の声が清々しかった。

ニートである時間だって意味がある。その時間があって自分を見つけられる事もある。無意味な時間なんてないのだ。側からみたらそうであっても人生焦ってもしょうがない。
主演・川野直輝、と改めて書いておきたい。
正直、主人公の境遇的に序盤は結構しんどかったんですが、外出し始めた辺りから、ケンスケとシンクロするように気持ちが楽になっていきました。
姉役の中村ゆり、良かったなぁ。しかし、柳憂怜演じる喫茶店のマスターと同僚のシーンは地味にきつかった。あれは辞めちゃいますよね……。
>|