僕の中のオトコの娘の作品情報・感想・評価・動画配信

『僕の中のオトコの娘』に投稿された感想・評価

tamala

tamalaの感想・評価

3.9
ブクログより転記。
引きこもりが女装という生きがいを見出し、再生していく物語。
オカマじゃないけど、この人たちってなんだかカワイイし、特に盛り上がるところがあるわけではないのに飽きないおもしろさ。
引きこもりの若者が女装をきっかけに、社会に復帰して、立ち直るお話。
「女装」って言う題材は、斬新ではあるのですが、でも、少し、馴染みのない世界なので、作品に、入り込み難いのかなと思いきや、ストーリー自体は、自信を失った主人公が、何かをきっかけに、色々な人々に出会い、成長して、自信を取り戻すって言う内容で、正に、青春映画の王道中の王道の展開だったので、素直に感動しました。
お手頃なランニングタイム、テンポの良さで、最後まで、飽きずに、楽しめました。それと、何と言っても、ラストの主人公の自信を取り戻した、明るい表情(笑顔)が、とても素敵だったので、映画を見終ったあとの爽快感が格別でした。
元気をもらえる、素敵な作品だと思います。
それから、主人公を演じた、川野直輝さん、さすがに、昔、タっキー&翼と「怪談トリオ」を組んでいただけあって、美形で、童顔なので、女装姿が、とてもよく似合いますね♪
過去鑑賞。女装してみよう!楽しい!みたいな感じだけどいざ男に襲われたら無理って最後言ってるとこは覚えてます。レイヤーの友達と観たな確か。別につまらなくは無かったしオネエのママさん?の役の人がハマり役だったの覚えてます
A

Aの感想・評価

1.5
木下ほうかさんのママ笑った。オカマと呼ばれることについての問題意識。店客が切れる行為を主人公がやってしまったの結構タブーなはずなんだけどそれを恋愛のいざこざみたいな感じで済ませて次の瞬間爽快なラストはじまるのまじやばい。あれやっちゃだめでしょ。
katom

katomの感想・評価

4.7
狭き道であればあるほど進む覚悟の壁は高い

人の中にある拒絶という機能を深堀たくなった
mimiko

mimikoの感想・評価

3.6
父親の見て見ぬ振り最後は認める。心情の変化波ありすぎてイライラ
近所からの悪口にイライラ
家族や周囲の批判な目を気にして女装を辞めるか、素直に生きて頑張るかの悩む主人公にイライラ

良い意味で腹が立ちました。
自己肯定感上がる気がする
引きこもりの男性が女装に目覚める話。

本当にやりたいことがあるなら自立しなさいよ!ってセリフがやや胸に刺さる・・・。

すごく悪口を言いまくる会社の人がいて、性格悪すぎだろと思うけど、悲しい事に実際いるんだろうなと思った。
46

46の感想・評価

3.0
自分を変える何かって、誰かのまっすぐな想いだったり、それに心がゆれる自分だったりする
思ってたストーリーと違ってたので結構おもしろかった
nao

naoの感想・評価

3.4
最初の方が痛々しくて観るの止めるか迷ったけどなかなかおもしろかった。周りの人が優しすぎるし家族が寛大すぎて現実味がないかな。あとのぼるくんが気の毒だった。最後の主人公がめちゃくちゃかわいい。
arataki

aratakiの感想・評価

2.5
全体的にぬるっとした感じ。

テーマの割にメッセージ性はさほど感じられないし、
かと言ってドラマ的展開に重きを置いているわけでもなさそう...

短めの尺の割に間延びして長く感じてしまった。

木下ほうかが出演していて某番組の「再現ドラマ」感が拭えなかった。

あなたにおすすめの記事