百万円と苦虫女の作品情報・感想・評価・動画配信

百万円と苦虫女2008年製作の映画)

上映日:2008年07月19日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「百万円と苦虫女」に投稿された感想・評価

アンニュイな感じがかわいい。私も、誰も私のことを知らない街で暮らしたいって思ってるし、なんとなく自分探ししたくない気持ちもすごくわかる。鈴子は100万円貯まったら居なくなっちゃう幻みたいな儚い存在だけど、そういう人に執着せず1人をかっこよく生きてる人って惹きつけられる。誰かの記憶に残る、手が届きそうで届かない、思い出される人でありたい。最後のシーン、よくある映画の奇跡みたいなことが起こらなかったのもこの映画らしくてすき、、
TAKE

TAKEの感想・評価

3.9
自分探しの旅?
探さなくても、嫌でも、
自分はいつもここにいる。
好きな人は相当好きな映画
自分探ししてるのと聞かれて探さなくても自分はここにいるからってシーン好き
SHIRATONG

SHIRATONGの感想・評価

3.7
理想の生き方
ピエール瀧の福島弁はさすがにちょっと違和感あった笑
八朔

八朔の感想・評価

4.5
調べたら当時の蒼井優の年齢がちょうど今の私と同じと知って驚愕。蒼井優は、いつも可愛すぎる。好きなシーンというか、画がたくさんあって携帯で写真に撮ってたくさん残しておいた。

たくやへの手紙が好き。
文通、最近ではほとんど少なくなってきたけれど、この先もずっと残ってほしいなあ。そんなわたしは今では母と祖父母としか文通をしなくなったけれど、他の誰かともしたいなと思った。

農園の春夫さん(滝ピエール)が味があっていいねえ。朝起こしに来るシーンはめがねのもたいまさこさんを思い出した。

転々とすることを自分探しかと聞かれ、
むしろ探したくない。どうやったって自分の行動で自分は生きていかなくてはいけない。探さなくても自分はここにいるから。

桃娘の利点
・山梨に勝てる
に、声が出た。
チホ

チホの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


「こいつクズじゃん」って思ってた男の人が、揃って良い人たちだった。

内気な性格の姉弟で、人生に悲惨さを見出しながらも逃げずに立ち向かっていく姿が素敵!


一緒に決めた計画を唐突にやめる無責任な友達、
捨て猫を勝手に捨てちゃうヤバい男、
娘のシャバ帰還に巻き寿司パーティー開く親、
ソウルメイト(笑)、
村の財政のために桃娘をせがむ年寄りたち、
給食に消しカス入れて食べさせるいじめっ子、
説教で無駄に復唱する店長、、

なんだか日本っぽいけど、世の中にはこんなに人を嫌な気持ちにさせる人間ばっかりだなあとつくづく思う。そこで自分の気持ちをはっきり言えたり、反抗したりできればいいんだけどね〜簡単にできないから大変なんだよね。


ただ、そんな人達との出会いと別れがありながらも、生活感のない空っぽの家で、100万円貯めてまた新しい環境に身を置く、っていう生き方してる主人公がちょっとだけ羨ましかった。
みゆ

みゆの感想・評価

4.3
夏と蒼井優って相性良すぎる。
主人公である鈴子の身軽さや行動力が素敵。
ekn

eknの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

自分のことを語らないでいられるように街を転々とする話なのに、映像ではなく台詞で語り過ぎだし、独り言で終わるカットも単調。
ラストの段差を利用した切り返しはよかった。デュヴィヴィエ『望郷』みたい。
なつみ

なつみの感想・評価

4.0
蒼井優ちゃんてこんなに可愛かったんだーって思える映画でした。
すれ違いにモヤモヤ、弟くんとの関係にウルウル、なぜかしばらくするとまたみたくなります
ロマンスドールと同じ監督ということで見ました。
蒼井優と森山未來が良すぎた
結末意外に鬱で悲しい……
>|