百万円と苦虫女の作品情報・感想・評価・動画配信

百万円と苦虫女2008年製作の映画)

上映日:2008年07月19日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「百万円と苦虫女」に投稿された感想・評価

Shirorin

Shirorinの感想・評価

3.7
就職浪人中の鈴子は、仲間とルームシェアを始めるが、それが思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になる。中学受験を控えた弟にも責められ家に居づらくなった彼女は、家を出て、100万円貯まったら次の場所に引っ越すという生活を繰り返す…というストーリー。


お金を貸す、という行為が嫌い😣
お金が絡むと、人間関係は必ずおかしくなる、と思っている。世の中の犯罪は大体お金💰か愛❤️が絡んでいる。

どんなに好きな男でも、理由も言わず、お金貸して、と言われてたら、私は即サヨナラ👋です。

そんな森山未來にイライラしちゃったけど、そういう理由だったのなら、ちゃんと言葉にして欲しかったな。

人間関係を全て清算して他所でイチからやり直したい‼️て気持ちも分かるけど、同じところで踏ん張ることも学んでほしい。

その点、弟くんはよく頑張った👍
手紙✉️で繋がる姉弟愛💗にグッとくる。

とにかく可愛い蒼井優、根無草のような女の子の成長物語を見たい方にオススメ。
リ

リの感想・評価

4.0
どこにいっても所在がなくて、自分のことを知ってる人が一人もいない中で暮らしてみたい
sum

sumの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最後2人が出会わない終わり方なのがまた良い!
森山未來ヒモクズ男かと思ってたけど、お金借りる事にそんな魂胆があったなんて、とても可愛い。
caho

cahoの感想・評価

4.0
前科持ちの主人公が100万円貯めて転々とする話。
蒼井優がかわいい&骨格ウェーブをとても感じた。弟君も森山未來も健気で可哀想。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

【人間関係リセット癖 若者の苦悩をハートフルに描く】

映画スタンドバイミーにて、クリスがゴーディに自身の悩みを打ち明けるシーンがある。
"I just wish that I could go someplace where nobody knows me."
鑑賞当時18歳の私は、クリスのこの告白にひどく共感した。他人からの眼差しに疲れ、それまでの人間関係を全て断ち切ってしまいたいと願うことは、若者なら誰しも一度は通る道なのではないだろうか。最近では「人間関係リセット癖」という言葉もあるらしい。

今回鑑賞した『百万円と苦虫女』は、さまざまな事情からそうした"癖"を拗らせてしまった女性・鈴子が主人公だ。就職浪人中の鈴子は、とあるいざこざで前科がついてしまったことから実家に居づらくなり、「100万円貯まったら家を出ていく」と家族に宣言。その後も鈴子は、100万円貯まったら引っ越すという行為を繰り返し、海辺の町での海の家のバイトや山あいの村での桃農家のお手伝いなどなど、色々な街、色々な職を転々として行く。その中での出会いや別れ、鈴子の成長などをコミカルかつハートフルに描く。

ひとり根なし草のような生活を送る鈴子だが、実は行く先々で、向こうから彼女に歩み寄って来てくれる人たちと出会っている。しかし、鈴子は地に足をつけることに怯え、自分からそうした人たちと距離を置き、最後には引っ越しという形で関係をリセットしてしまう。

誰かと仲良くなっても、ふとしたことですれ違って、結局別れてしまうことが、怖い。他人に期待して裏切られることも、他人の期待を裏切ってしまうことも、怖い。
私も、人と関わっていると、楽しいという感情よりもこうした恐怖感が強く出てしまい、なかなか人と打ち解け合えない。だから分かる。

でも、鈴子は気づく。出会いは別れの始まりでもあるが、別れもまた、新たな出会いの始まりなのだと。鈴子は終盤、まだ未練の残る中島と別れ、「今度はもっと人に歩み寄ってみよう」と気持ちを新たに、次の街へ一歩を踏み出す。これからも多くの失敗をするだろうが、鈴子はもう大丈夫。
これは、逃げのリセットではなく、新たな自分に脱皮するための前向きなリセットなのだから。
蒼井優ありきな映画だなと観てたら森山未來が出てきて。森山未來はリアル過ぎて、悪い役の森山未來観ると毎回トラウマレベルで怖さが持続するのでヒヤヒヤしながら観た結果今回もリアルでさすがだった、悪くない時の森山未來出てる映画探ししよって思った
hayaka

hayakaの感想・評価

-
「百万円あったら多分何とかなる」
「姉ちゃんのこと知ってる人が誰もいない町に行く」
「恥ずかしくない、恥ずかしいことなんか何もしてない」
「姉ちゃん、家出たら手紙ちょうだい」
「才能あるよ、かき氷の」
「拓也へ、姉ちゃんにはかき氷の才能があるみたいです。だけど役に立たない才能なので複雑です」
かき氷 指 テント
「赤がお湯で青が水ですからーはい、分かります」
「もーさ、桃さもげるために生まれてきたんだねぇの?桃娘じゃない?」
「最近ではここら辺の人に桃娘と呼ばれていますが、老人独特のユーモアがよく分からない時があるので姉ちゃんにもまだまだ若者なんだなっと思います」
村の救世主 桃娘辞退について
「本日の議題は桃娘辞退についてですが、まず本人から桃娘辞退についての胸の内を語ってもらいたいと思います」
「俺たちはもっと自分たちの頭で考えないといけないんじゃないか」
「結局、それしかねぇんだけど餞別」
「怒られたくないだけなんで、なるべく平和に生きたくて」
「佐藤さんって困ったように笑いますよね」
「やっばいなぁ、乙女かよ」
「あの、もしこの後暇だったらお茶でもしませんか?」
「自分探しみたいなことですか?ーいや、むしろ探したくないんです、どうやったて自分の行動で自分は生きていかなければいけないですから。探さなくたっていやでもここに居ますから」
「軽蔑しますよーしませんーこれからしますよーしませんー私村八分なんでー何ですか村八分って、ここ村じゃないし」
小指
「ネギ?細い方ですか?太い方ですか?あの、これで良かったら」
ネギ
「そのすいませんもさ、俺に?ガーベラに?」
「こんな字書くんだ」
「でも僕はあの日の姉ちゃんのことを思い出して何があっても逃げないと決めました」
「姉ちゃんは自分のことをもっと強い人間だと思っていました、でもそうじゃありませんでした。家族でも恋人でも長く一緒にいられるコツって1番大切なことは、言わないでいることじゃないかなって思っていました、大人しく適当に愛想笑いをしていたらトラブルなく過ごせると思っていました。いつの間にか何も言えない関係になってしまうのは不幸なことです。人は出会ったら必ず別れるのだと思います、その別れが怖いから姉ちゃんは無理をしていました。でも出会うために別れるのだと今気づきました。好きな人とお別れしたってちっとも泣くようなことじゃないって思いました」
「こんな簡単に間違えちゃダメだよな」
さな

さなの感想・評価

-
ダメ男かと思ってた
100万円貯まったら引っ越すのやってみたい
mo

moの感想・評価

3.7
2022.09.18 夏みたいに暑い日

蒼井優がとっても可愛いな、みんななんか気になっちゃうよね、わかる

最後の来るわけないか!がポジティブな心を感じられた、でも会えても良かったと思っちゃうなあ、でも会ったら後ろ髪引かれるのが恋よなと思うとポジティブな解なのかも
リン

リンの感想・評価

4.3
蒼井優の性格も生き方も憧れちゃうな
こういう生活出来たら最高なのに
>|

あなたにおすすめの記事