彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

0i7

0i7の感想・評価

4.2
梗概や予告から想像される物語はそのまま本作の通奏低音となっているけれど、それだけではない拡がりを本作は持っていて作り手の心意気に敬服しました
LGBTという面白いテーマはその面白さ故にLGBTを描くことにのみ終始してしまうという危険性を孕んでいるけれど、
テーマの面白さに目を眩ませず家族の在り方、親子の関係性、母性について多角的に掬いとっているのが圧巻でした
理解のある親、理解のない親、当たり前のように母性のある人、母性が足りない人色々な人が描かれていますが、間違っていてもみんな子供を想っていることには変わりがないのだけれど、
想っているからこそわかりあえないという逆説は遣る瀬なかったです
P

Pの感想・評価

4.3
トランスジェーダーの人との話、だけではないように思いました。
誰でも、嫌いな人や苦手な人、生理的に無理な人とかって居ると思うけど、そこで、自分とは違うから「おかしい人」「変な人」としてしまうのはどうなのだろう?と考えさせられました。
私はどちらかというと「おかしい人」と思ってしまうタイプだったので…

一生懸命、丁寧に、自分らしく生きていることはとても楽しくて美しいことなのかなぁと思いました。
苦しいこともいっぱいだけど…

でもたぶん地上波では放送できないかもなぁ。
放送禁止用語とか?よくわからないけど、けっこう言ってましたから。
私は微笑ましく見てましたけど。
ダン

ダンの感想・評価

4.2
生田斗真が本当に美しい。
『彼らが本気で編むときは、』の後に続く言葉は一体何か。近年著しいLGBT文化を代表する作品の1つと言っても過言ではない
zel

zelの感想・評価

4.3
ほのぼのしてる中でたくさん考えることがあった
切なくて心温まる
kobaemi79

kobaemi79の感想・評価

4.8
期待を裏切らない、やっぱり素敵な映画だった

本当に荻上作品大好きだ!!!

難しい題材なのに、何が本当に正しいのか
一歩ずつ歩んでいくような印象の映画

台詞が多くなくても、雰囲気や空気感にもきちんと愛情が溢れているのが伝わってくる

時に独特な笑いも交えるのがまたとても良い

子役の子もよかったなー
斗真くん、本当に美しい女性にしか見えなかった。素晴らしい役作りだな…
桐谷くんの落ち着いた男性役もまた良い
そして、田中美佐子のお母さんが最高だったけど!
あんな素敵で理解ある母ちゃん、なかなかいないよな…

悪役だったけど小池栄子みたいな母ちゃんがまだまだ一般的だろうし。
小池栄子も最高だった

良い映画見たわー!!
nnh

nnhの感想・評価

4.2
子供の頃にどんな人と関わるかでその人の根底は作られるんだなと思った。。
kanaaalice

kanaaaliceの感想・評価

4.6
心が暖かくなる良い作品だった。

生田くんも桐谷さんも子役の子も素晴らしいけど、個人的には田中美佐子さんにグッときました。

ラストの方で泣いてるりんこさんを包み込むこうに抱きしめる桐谷さん。

いろんな愛が深い。

日本じゃまだまだ難しいかもしれないけれど、LGBTへの偏見がない世の中になってほしい
苦しんでいる人は想像以上にたくさんいるはず
そんな中、りんこさんの母は素晴らしい
あの母に育てられたからこそ、心が綺麗なんだろうな
りんこさんの美しい所作は女性以上に女性で、綺麗だな〜って何度も思った
それを生田斗真が演じちゃってるからすごく驚いた
女とか男とか、その前に。
人としてすてきなリンコさん。

なんだか自分のことも受け入れてもらえたような、温かい気持ちになる映画でした。
うて

うての感想・評価

4.5


素敵だった。
人も、映像も、色の使い方とかも
>|