彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

megu

meguの感想・評価

3.8
どこかでみたような似てるような…と
思いましたね〜〜
その映画は、チョコレートドーナツです。
話は、違うんだけどもなんか似てます。
生田斗真の役が、女性よりも女性でピュアで心が綺麗で素敵でした。🙆‍♀️
ダメな母親でもやっぱり母親は、母親。
子供は、母親が大好きなんですね。
なんだか、いろんな問題がたくさんありましたがのほほんとした優しい空気感の中でストーリーが進むので
心地よい映画でした。でも切ないなぁ
野咲

野咲の感想・評価

4.3
俳優陣の演技が素晴らしかった…胸にずしずし刺さった
生田斗真が美しい
日本では数少ない性的マイノリティを題材にした映画。
他にも、家族愛的な要素もあり、老若男女問わず感動できる物語だと思った!
そして生田斗真が美しい。。
最初はごついなあって思ってた生田斗真が、女にしか見えなくなる
リンコさん(生田斗真)が素敵すぎる。
優しさと包容力半端ない、トモちゃんがリンコさんに段々心を開いていく過程がめちゃ好き
WOWOWで録画した物を半年以上、偏見と期待をしてなかった(奇抜な題名とか、この監督の過去作があまり自分に合わないとか、流行りに乗ったLGBT物?とか、等々…)のもあって、眠らせたままでいた自分を恥じた。

生田斗真の名演が光った。
最近、何かと遡上に上がり、話題にもなっている、正直躊躇いを感じたLGBTの役どころであるが、最初は「ん?早送り案件か?」と違和感を覚えて仕方がなかった。
しかし、もうひとりの主人公、実母の育児放棄で転がり込んだパートナーの姪の小学生との触れ合いが進むにつれて、だんだんとしっくりしてくるから不思議だった。

とにかく、いい。
能書きはいらない。
見ることをおすすめする。

このレビューはネタバレを含みます

彼らが本気で編むときは 3点

生田斗真が演じきる。
どうしても男性に見える。
泣くことはなかった。
ラストの毛糸の創作物、
アレの伝えたいことは?
難しいテーマを扱った。
そういった意味では力作。
子役の女の子よかった。
桐谷健太も好演技。

このレビューはネタバレを含みます

予想を大きく裏切られた作品。いい意味で。

一番好きだったのは、毛糸編んだ男性器を海で燃やすシーン。供養シーン?そして、そこに至までの過程も凄く好きでした。男性器なんかを毛糸で編んじゃって、なんだかかわいいし、それを煩悩の数の108個目標にしてるところとか。家族(擬似)3人で黙々と編んでるところだとか。
トランスジェンダーとして生まれてしまった生きづらい気持ちや今までの過去を感情的に表現するのではなく、ちょっと気のぬけた、可愛らしさとおかしさで表現している所が素敵でした。

そして、もちろんキャスティングもそれを演じきった俳優陣も素晴らしかった。

4.5 4.5 4 4 4.5
nyao

nyaoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに泣いて笑って心がほっこりする映画に出会えた気がする!リンコさんの強さと美しさに心を打たれた映画でした😢

マキオの「リンコさんのような心の人に惚れちゃったらね、もうあとのことはどうでもいいんだよ。男とか女とかそういうことも、もはや関係ないんだよ。」という言葉、そんな風に想ってもらえる人ってすごいな…って思ったけど、本当にそんな人✨

リンコさんのお母さんも、愛情深く、この愛から今のリンコさんがあるんだなぁと思った。思春期にリンコさんが苦しんでいたときに、心にそっと寄り添うシーンが本当に泣ける。「そうだよね、だってリンちゃん、女の子だもんね。」あの言葉にリンコはどれだけ救われただろうか。あんな言葉をかけられる母になりたい。
Pico

Picoの感想・評価

4.0
リンコさんが素敵で可愛い。
優しくて真摯なマキオ。
大人ぶっていても子供らしいトモ。

たった2組の家族の話なのに、LGBTとネグレクトと認知症との複雑な問題をするすると優しく描かれた3人の素敵な物語。

ラストのお土産で、これは喜劇だったのかとほっこりする。
>|