彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

よし

よしの感想・評価

3.9
メモ
二人で

優しい温かいリンコさんを見ているだけで優しい気持ちになる。
男も女もなく、大人が子どもを守るのは当たり前のこと、守らずにはいられないのが大人の自然な行動であってほしいと願った。

笑える場面もあり、好きな映画
Tak

Takの感想・評価

3.5
トランスジェンダーとネグレクトを題材にしてるのに重くない。
荻上さんらしいあったか系。

子役の柿原りんかちゃんが秀逸。
感情表現が素晴らしかった。
男優2人を食っちゃってますw
amanda

amandaの感想・評価

4.0
なかなか貸出にならなくて、個人的にずっと待ち続けていた一作。
ストーリーは重めのテーマなんだけど、クスッとくるところもあって、心があったかくなる。

煩悩を編み物に込める、ってなかなか良い発想だなぁ〜
なおこ

なおこの感想・評価

4.0
良い映画。リンコさんの生田斗真がすごく女性らしくて凄い。胸が苦しくなった。すこし泣いた。差別はなくならないと思うけどリンコさんみたいな優しい人には幸せになってほしいな。
sumi

sumiの感想・評価

-
柏原収史の見た目が胡散臭く美しい。
「時々」って言うの優しかった。
だいち

だいちの感想・評価

4.0
編むときに、やさしさも同時に織り込むことが出来る

軽やかなシーンの数々に、ゆったりしたやさしさを感じます。時折、垣間みせる差別や考え方の違いに、ズシンとくる重さがある。

人と人。性別どうこうの前に人として大人としてどうなのか。今を生きる人の背中を押す映画であり、大切なことを諭してくれるような。

人は、よく名前を付けたがるけど、LGBTとか呼称を付けて、いかにも違うみたいな先入観がなくなり、人と違うということが、当たり前だという社会になってほしいです!

最後に、手を握るあの老人ホームのおじいちゃんは、ほんの少しの出演シーンなのに、とても素敵な方でした☺
ことね

ことねの感想・評価

4.4
家族
性別
人間

壁をなくすと世界はどんどん広がる
人はどんどん繋がる

そもそも壁なんていらない?
ていうか壁なんて無いのにかってに名前をつけてラベリングしてカテゴライズして壁ができてる

それをぶち壊そう!というのではなく、

あれ、なくても平気じゃない?
気にしなくてもいいことなのかも

という気持ちをすっと植え付けてくれる
そんな映画

自分のことを知ってもらって、相手のことをもっと知りたい、そんな分かり合いたい人と一緒に観るのもいいかも

生田斗真って演技派ジャニーズと言われてるけど、正直コメディとかトレンディドラマとか少女漫画原作のラブストーリー系でしか需要がない気がしてたけど、
このオファー受けたことも、そしてこの映画が世に出たことも大きく意味があると思えたので、これからの彼の作品が楽しみ

とってもキレイな主人公になってた
kura

kuraの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

“彼らが本気で編むときは、”
これ以上無い、いいタイトル

リンコさんの第一声を聞いた時に、上手く言えないけど、この映画はいい映画だと思った
ファーストインスピレーションて大事

難しいテーマを丁寧に優しく描いている
編み物、お花見、お弁当、糸電話、鍋、煩悩の投げ合い、お別れ
感動とはまた違った色んな感情が心に沁みて泣けた

勝手ではあるけれど、主演女優賞を生田斗真さんに贈りたい

この映画を観れて良かったと心から思う
ただただ暖かい。優しくて広くて深くて。。。私もリンコさんにぎゅ〜〜っと抱きしめてもらいたかった。
マキオはリンコさんの心に惚れたんだろうね。
生田斗真さんが変に女性を意識してないから仕草が自然に見えて、それが余計に女性に見えて魅力的で美しいかったなぁ。
おっぱいは偽物だけど、愛情は本物でした。
個人的な意見として、トモちゃんが心配だったので、もう少し分かりやすくして終えて欲しかった〜。
yyuukk

yyuukkの感想・評価

3.8
性別もそうだけど、家族として人としてどうしたいかって考えさせられる映画
素敵です。
>|