彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

あらすじ

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

記録

胸が痛い
全方向から愛情伝わってきて痛い

リンコさんの親娘関係がほんとに、、あんなに素敵なお母さん中々居ないよ

トモのお布団かけ直してあげるリンコさん、私もお母さんがああやってくれるの大好きだった。怖い夢見た時にお母さんのお布団に潜り込んで、寝ぼけながらでもぎゅってしてくれたの今でも覚えてる。
適切な愛情たっぷりかけて育ててもらったなぁって涙出てきた
penko22

penko22の感想・評価

4.0
生田斗真の女性、素敵だったけど、女性になった人の、元々の女性ではなかなかないあの女らしらって標準なのかな。
柿原りんかさんはじめ、全部を“言葉にしない"けどちゃんと伝わってくる展開が良かった、ラストも。
yayodon

yayodonの感想・評価

3.2
生田斗真がトランスジェンダー役。
やはり世間の偏見が色濃く、行きづらいんだな。でも理解ある方も結構いる。
母親に置いて行かれた娘を愛おしく思う気持ちは母性そのもの。
生田斗真さんも女の人だった。
また編み物する手つきも良かった。
コンビニおにぎり、印象的でした。
Misaishi

Misaishiの感想・評価

4.0
テーマの重さの一方、ちょいちょいゆるいやりとりが絶妙なバランス。
りんこの手を握ったおじいさんの一言、「これは、心が綺麗な人の手だね」。なんて素敵な人なの。

一見恵まれているように見える家庭が幸せとは限らない。ああいう恵まれた地位にいる(と自覚している)人は、そう見せようとすることに必死になってしまうからなぁ…。
よかった。いろいろな形の愛だった。主役はリンコもいいけどトモかなあ。環境のせいでおとなびすぎたトモも、やっと手に入れられる幸せに欲が出るリンコも、一見唐変木なように見えるマキオこそ感受性の高いことも文学的な愛にあふれていることも、全部に細かい理由づけがあって丁寧だった。そして語りすぎないところも素敵だ。カイの事も気になる、サユリやユリコのこともリンコの生い立ちも気になる。でもそこに過剰に触れるとおかしくなる。あの3人の物語だから。丁寧に、見せるべきところを見せ、魅せてくれた。
cloud

cloudの感想・評価

4.5
普通ってなんだろう
大切な人が大切にできる人であって欲しいからこそ観てほしいと思う作品
ぽし

ぽしの感想・評価

4.0
子どもの苦労は大人が作ってるんだよなぁと改めて実感

優しくてあったかい時間が少しでも長く続いてほしい、と願いながら観た。

ちソこ編んでいるんだね!
待ちに待った荻上直子の作品。
りんちゃん可愛い。
個人的には
かもめ食堂とトイレットが好きや。
でも、レンタネコとメガネも好きやな。
mato

matoの感想・評価

4.0
LGBTQの映画を最近よく観る。描き方が様々だが、LGBTQの他、虐待、ネグレクト、DV、介護など一人で辛さを抱える問題が絡めて描かれたりする。この映画はソフトに描いていて、垣根が低く観ることが出来た。しかし、トモちゃんと実のお母さんとの関係、リンコさんとの関係、悲しくなりました。
nnnnnnn

nnnnnnnの感想・評価

4.3
生田斗真の演技がすごかった!
本当に女の人に見えた。

怒りたい時や悔しい時にひたすら編み物をするのが、何ともいえない気持ちになった。もっと多様性が認められる世の中であってほしいし、自分も無意識のうちに人を傷つけているんだろうなと感じて、気をつけようと思った。

見てよかった!
>|