彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

しお

しおの感想・評価

4.0
生田くん演じるトランスジェンダーの主人公が、ショートヘアーのままでもズボンでも本当に女性で、美しい。
昨今LGBTの方々について昔よりは生きやすくなっていると思っていたが、ここにも、こんなところにも差別・生きづらさが…、と実感させられた。
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

3.0
これまでの作品が荻上色が100%だとしたら今回は50%くらい。

荻上さんの映画にしては解りやすく、謎のキャラも出てこないので、ヒットしているのも頷けます。
いい映画ですし最後はホロリと来ました。

しかし荻上さんのぶっ飛んだところが好きだった私は正直複雑な気持ちです。
Hana

Hanaの感想・評価

4.5
すごく良かった!愛情たっぷりの作品。
あったかいしすてき。
荻上さんの作品であると見ててわかるとこも好き
osayosan

osayosanの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

リンコさん見た目も心も綺麗すぎる
なんとなく観た作品だったけど観てよかった!!
トモとリンコさんの絆に感動する

トランスジェンダーをテーマにした作品だけどそんなに難しくなく切なく優しいストーリーだった
笑えるシーンもたくさんあり飽きずに最後まで見れた!

煩悩108個と聞いたトモが消費税込みなの?と素朴な質問をするシーンが好き

最終的に母親の元に帰ってしまうけどやっぱり産みの親はどんな酷い人でも親なんだなと思った
南ー雲

南ー雲の感想・評価

4.0
社会へのメッセージが強い作品。
その中に温かさがある。
シリアスな内容の中に笑える所があったり、温かくて涙が出たり、生田斗真さんが男性であることを忘れたり、柿原りんかさんの聞き取りやすい声に惹かれたり。

ジェンダーへの差別や人間の強さ、温かさがしっかりと描かれていました。
基本的に差別が嫌いだし、いつかマイノリティーへの壁が全くなくなる日が来ることを願う。
でも真面目なだけじゃなくて、笑える所もしっかりあって、最高。
おおお

おおおの感想・評価

5.0
大好きな映画です。
生きてるうちに、というより今、見れてよかったです。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
トランスジェンダーや家族をテーマにした作品。
全体的に優しくてあたたかく、それでいてグッとくるシーンも多かった。タイトルが秀逸。
音楽や風景もすてきだった!
素敵なお話だった。
色々考えさせられることが多かったけど、何よりも生田斗真演じるりんこさんが女らしすぎてあれは惚れる。
•この家に住みたい。なにこの落ち着く感じ…
•りんこさんみたいになりたい。
•まきおがりんこさんを好きな理由をごまかさずに子供に伝えるのが良い。めっちゃふつうに大人にする返答みたいに答えるのがぐっときた
トランスジェンダーと男性のカップル、そして愛に飢えた女の子の同居物語。

ゲイカップルと不器用ウーマンの交流劇を描いた映画『ハッシュ!』を観た時にも思ったけど、性の価値観の多様性が認知され始めている今だからこそ観る映画だと思う。

優しさと愛情で溢れている生田・桐谷カップルの存在が良き。本当理想的だなぁと観てて感じた。(全編を通して淡々とした口調の桐谷健太が気になったけど、よくよく考えるとアレはただ惚気ていただけかもしれない。)

マイノリティに対するいじめや偏見などの避けられない描写もありつつ、その一方で理解が少しでも進んだらいいなと思える描写もちゃんとあって双方ともバランスよく配分されていた気がする。

生田斗馬や主役の女の子の演技はもちろん、3人で編み物を編んでるシーンの美しさや5分以上の長回しカット、ロケ地が馴染みのある場所だったりと色々唸らされてしまう所が沢山ありました。
>|