彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

Know

Knowの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

凛子さんのような心の人に惚れちゃったらね
あとの色々なことはどうでもいいんだよ

_
ダサいパンツと108個のちんこ、優しい手

 生田斗真くん結構でっかいと思ってたけど桐谷くんの方がでっかいんだな。
桐谷健太…181cm
生田斗真…175cm
 あと、身長調べるためにググった時に出てきた桐谷くんの画像がワイルドなあごひげオールバック、七三メガネスーツ、いつもの桐谷くんでギャップありすぎ感。桐谷くんいつも桐谷くんな気がしていたのだけれど、結構いろいろな面出していたのんね…
タナカ

タナカの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

一言で言うと「心が温かくなる映画」に尽きます。変わった家族の形だけど、どこの家庭よりも愛が溢れてた😌

主人公のともちゃんは生活に難アリの母親がいるせいか、同級生よりも随分大人びてる女の子。
最初は反応が薄かったり、リンコさんを少し避けてる部分もあったりしたけど、リンコさんやおじさんの優しさに触れてくうちに笑顔が増えてくけど、その笑顔が可愛い!!
だんだんわがままも言えるようになったりして、ほんとに3人の心が通いあってる姿は涙もん😭✨

リンコさんも周りから変な目で見られたりして絶対辛いはずなのに、いつも笑顔で振舞ってて、周りにも優しくて、誰よりも女性らしい。生田くんがもう女性にしか見えない、、、。
おじさんが惚れちゃうのもわかる!

でもそんなリンコさんを支えたお母さんも凄くかっこいい。
普通自分の息子が心は女の子だとしたら、動揺したり酷かったりすると認めなかったりするけど、リンコさんママはそんなリンコさんを常に優しく受け止めてる姿は強い母親の姿そのもの。
(再婚した?)旦那さんがあまり親子の会話に突っ込まず、優しく見守ってるのも良かった〜。てかイケメン✨

病院で男性病棟に移されるのとか、おじさんだけでなく私まで病院側に文句言いたくなるけど、現実には起こってる事なんだよね。
女性病棟に移してあげたいけど、そうすると他の患者が嫌がるだろうし、かといって新たな分け方をするのも差別的だし、、、。
そんな社会的な問題まで含まれてて私たちまで考えさせられる映画でした。

今そんな性同一性障がいの方達を差別的な姿で見てる人に見せてあげたい映画。
小学校の道徳で取り上げるのに相応しいんじゃないかな。
M

Mの感想・評価

-
良かった。

家族で観てもいいかも。
LGBT含んだ映画ってどっかやっぱり生々しかったりするから
子供とかにはなって思うけど、これなら安心してみせられる。かも。
子供いないけど。
まぁ、観終わったあと質問責めに合う可能性は大いにある。笑

知る。っていう意味でもたくさんの人が観るべきな気がする。

ただ、2時間に収めるのもったいない気もした。
それで完成させてしまう役者さん達ほんとすごいなと思ってしまうけど、
脇を固めてる登場人物達ももっと観たいなという欲が出て来てしまった。
でもまぁほんと無駄がない。
潔い。

ほいで、子役がもう女優。
ma

maの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悔しくても、嫌なことがあっても、黙って編み続ける。そんなリンコさんは素敵だなあ。
リンコさん達と育つ方が私たちは良いと思ってしまうけど、それでもやっぱり、お母さんなんだよね。キャラ弁は難しいと思うけど、一緒にご飯を食べてくれるお母さんになってくれたらいいね。
パンチ

パンチの感想・評価

4.5
みんないろんなもの抱えて折り合いつけてベストを探して生きてる

強く優しく素直になりたい
さら

さらの感想・評価

3.1
りんこさん優しい。
生田斗真くん仕草も女性で違和感なくて凄いなぁって思います。
全体的にちょっと暗い感じかなぁ。
だからりんこさんの優しさも身に染みるのかも。

このレビューはネタバレを含みます

穏やかな気持ちで観られる良作。全てがやり過ぎない演出で、けれど笑える所もあってずっと観ていたいと思う映画だった。

個人的な体験として子供がママを選ぶのは痛い程分かるけど、マキオとリンコを選んで欲しいと観ていて思った。そうなればわたしの気持ちはすごくスッキリした。最後、めちゃくちゃ個人感情な感想でした。
トランスジェンダーにスポットをあてた映画。
マキオ(桐谷健太)とリンコさん(生田斗真)がいい人すぎる、こんな風にまっすぐ優しく子供に接することができたらいいなと思う。
でもお母さんがやっぱりいいのかな、切ない。

お母さんの手作りご飯じゃないとだめ、キャラ弁じゃないとだめ、は、呪縛ではある。
なつこ

なつこの感想・評価

4.5
トランスジェンダーのお話です。
女性でありたいと願うからこそとは思いますが、リンコさんはその辺りの女性よりもずっと女性らしいです。
クスッと笑えるシーンもあり、そこまで重すぎずに観ることが出来ました。
トモが徐々にリンコさんに心を開いていき、本当の家族のようになっていく様子に心温まります。
Bee

Beeの感想・評価

2.5
ラストは切なかった。
生田斗真と桐谷健太のところに行って欲しかった‥。

きっとお母さんはまた同じことを繰り返す。
また1人になるってラストでそう感じ取っちゃって悲しかった。

生田斗真がほんと綺麗です。
>|