彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

karimaccho

karimacchoの感想・評価

4.2
トランスジェンダーへの関心が深まった。とても良い作品。生田斗真から溢れる女性感が半端ない
Ryou

Ryouの感想・評価

3.7
取り上げられてるテーマ自体は重いのに
なんでこんなにも優しい映画になるんだろう
煩悩の数108個消費税込みのくだりは
なかなか上手かったな
下ネタは多かったけど 笑

生田斗真と子役の柿原りんか素晴らしかった
saekommm

saekommmの感想・評価

4.5
家族でも気が合わない人はいて当たり前だよね!
最後はどう解釈すればいいの?

生田斗真と子役の女の子が特にすごい
かお0307

かお0307の感想・評価

4.7
私も見て良かった!
今までだって、色んな感情を持って生きてきた人達が、いただろうに。
世間体を気にする、このご時世。
もっと、もっと、たくさんの人に受け入れられる世の中に、なればいいのに。
「飲み込んで踏ん張って我慢して怒りが通りすぎる時を待つの」

悲しくて辛くてムカついて悔しい。
なのにじんわり暖かい。

みんな時々間違える。
それは時に人を傷つける。
だけど、そばにいてくれる誰かがいればきっと大丈夫。
トモに、リンコさんがいてよかった。

怒りが通りすぎないときは、ポップでカラフルな男根にして、燃やしてしまおう!
POCHI

POCHIの感想・評価

3.3
生田斗真が
ただただとても美しかった。

子どもに下品なセリフを言わせてるのが
若干気になった。
トランスジェンダーのカップルと、孤独な少女の、性別を超えた愛情を描いた物語。

彼らが本気で編むときは、彼らの感情がぶつかるとき。

想像してたよりだいぶ感動してしまった。偏見はなくならないし、それによって彼らが傷つくことは終わらない。

あと、リンコさんに女子力負けてしかない笑。チャリの漕ぎ方、箸の持ち方まで。細部まで女子だった。女装した生田斗真まじでかわいい。役作りすごい。

全てを受け入れたい。

優しくなりたい。

そう感じた映画。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.5
あれのリサイクル方法に軽い衝撃!現実の偏見はもっと凄いんだろうなと感じつつ、3人の距離感と生田斗真から溢れ出る母性愛にほっこりさせられる・・・「ビールを発明した人にノーベル賞をあげたい」は名言。
トランスジェンダーをめぐる諸問題の多くは、無知からくると思っているのでこの映画みたいに真摯に向き合った映画や小説が多くの人の目に触れることは良いことだと思う。(私は、この映画のおかげでそれまでと違う認識を持てましたよ。)

また、リンコの難しい役どころをジャニーズの生田斗真が演じたことにとても意義を感じる。ここをもし商業的なお姉タレントがやると問題の本質をとらえられていないどころか、また誤解を生んでしまいそうなので。(とはいえお姉キャラが不要といっている訳ではなく。)

いろいろ難しいところに切り込んだ荻上直子監督の意欲作というのも納得。


リンコは強くて優しい。

と一方的に言うのは簡単。
言った人は彼女を讃えたつもりでなんならちょっといいこと言った気になってしまってるかもしれない。
でもよく考えるとなぜリンコは強くならなければいけないかったのだろう。

なぜリンコのような悩みを抱える人だけ特別に強く、優しくならなければ生きてこれなかったのだろう。

本当は彼女にもいじわるで、怠惰な一面もあったはず。
だけどおかれた境遇の中で自尊心を保つためにはそういう一面を押し殺して、強く優しくふるまってきたに違いない。

「強くて優しい」という言葉に相手を押し込めてしまっているのではないだろうか。こういう想像力は忘れてはいけないと気付かされた。

自分の口が心地よくなるために相手を犠牲にしてはならない。
>|