彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価・動画配信

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

hagi

hagiの感想・評価

4.0
ともちゃん…🥺 家族や性の重いテーマだけど、ユーモアと暖かさでまとまったいる。とても良かった。
生田斗真凄い!
panda

pandaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画の雰囲気好きだなぁ。

自然な女性らしさを感じさせる生田斗真さんが、可愛らしい。

芯のあるしっかりした女の子トモのキャラクターがいい。子供の世界の描写、同級生の男の子とのやりとり、留守中ゲームではしゃぎまくり帰ってきたとたん慌てて押し入れにこもるところなんて、子供あるある的な行動で、似たようなことやってたなぁと思い出した。

一つ一つ書ききれないけれど、無理なくいろんなことが盛り込まれたストーリーだった。

おっぱいを編み物で作ってやる母心が観ていて涙がでそうだった。なのに、あのお母さんが、マキオさんのご両親が健康でなくてよかった、ラッキー!という内容の台詞には引いた。そういうことは親なら思うかもしれないけれど、せめて、マキオさん本人の前でいう設定は、やめてほしかった。
のん

のんの感想・評価

3.1
悪い意味ではなくて、人間の浅はかさについて考えさせられる作品だった。
あと生田斗真さんが可愛くてすごかった。
chipi

chipiの感想・評価

4.7
家族のかたちや性別、年齢など気にならず自由に、自分の思うまま生きていける世の中になってほしいと心から思えたきっかけの作品。

萩上直子さん作品は日常の何気ない描写を丁寧に描くところがすき。
geek

geekの感想・評価

3.5
当事者自身の感じ方と社会の捉え方
悔しいけどそれが現実、、
考えさせられる
荻上直子さんの作品が好きで、何となく観てみた。

LGBTをテーマにした作品。
ただ心の性と体を取り違えて生まれてきただけなのに、、そんな人たちが生きやすい世の中になって欲しいなと思いました。

リンコさん辛い思いをしてきた分、めちゃくちゃ幸せになってほしい…

海沿いで108の煩悩を燃やすシーン良かったな
ma

maの感想・評価

4.5
母親に半分育児放棄されているトモ。
慣れた様子で叔父のマキオの家に行くと、そこにはマキオの恋人だというトランスジェンダーのリンコがいた。
母以上に自分に愛情を注いでくれる戸惑っていたトモだったが、少しずつリンコに心を開いていく。


まず、生田斗真の演技の振り幅に驚かされる。
身体はわりとがっしりしていて、手も大きい。だけど表情も話し方も仕草もやさしげで、背筋はいつもぴんと伸びていて、とてもとてもきれいだと思った。
「身体は男性、心は女性」そのものだった、気がする。

母になれない女、
母に愛されない娘、
うまく子どもと向き合えない母、
母に理解されない男の子。

それぞれの翳りがふと見える瞬間が、もう痛くて苦しくてたまらなかった。


最初はリンコに対して心のシャッター全閉じだったトモが、やがてリンコのために泣いたり他人に怒ったりするようになるのが尊くて愛おしい。

どうか、この短い時間を宝物のような思い出にして終わらせるのではなくて、トモにはこれからも、リンコの美しい心に触れていてほしい。家族のような、友達のような、そんな関係であってほしい。

トモがリンコにお料理を教わって、母と一緒にキッチンに立つ、、みたいな想像まで勝手にしてしまった。


「リンコさんのような心の人に惚れたら、あとのいろいろなことはもうどうでもいい」

マキオのこの台詞も潔くて好きだったな。
女である前に母である前に、ひとりの人間、大人として子どもを守らなきゃいけない。
生田斗真におふざけ感なかったしかわいい 演出はちょっと勿体ぶってたけどなんかよかった あんなお弁当作れるようになりたい
すいか

すいかの感想・評価

5.0
LGBTについて深く考えることができます。
生田斗真が綺麗すぎて、自分磨き頑張ろうって思えた😊親でなくたっていい、血が繋がってなくたって、性別だって何も関係ない。ただ愛することができる人が幸せになって欲しい😭リンコさんのお弁当美味しそうだったなぁ、食べたい😊
>|

あなたにおすすめの記事