彼らが本気で編むときは、の作品情報・感想・評価

彼らが本気で編むときは、2017年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものよ…

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。 小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

「彼らが本気で編むときは、」に投稿された感想・評価

LH

LHの感想・評価

4.2
リンコさんがとにかく美しい。佇まい、所作、言葉に優しさと気品が溢れだしてしまっている。

生田斗真くんは女装をする男性の役ではない、同性愛者の役でもない。
この作品にでてくるのは性同一性障害のリンコさん。
このあたり世間ではまだまだ理解されていないように感じてしまいます。
特別扱いされる訳ではなく、ただ普通に暮らしていける、そういう未来があって良いのになあ、と思います。

ただただ優しくて、それでいてどうしようもない、ゆったり時間が流れていく、邦画らしさを感じる作品でした。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.0
期待していなかったのにとてもよかった。
nori007

nori007の感想・評価

2.0
トランスジェンダーや性同一性障害などを描く場合、やたらとクソ真面目な映画になることが多い。トランスジェンダーの苦悩を表現したいのだろうがもっと女子力高い明るいオカマちゃんの方が喜びも悲しみも表現出来ると思うのだが。。

それとこの物語もうひとつの問題、育児放棄されたトモ。生田斗真と桐谷健太のところで暮らし始めるが世間や学校では同居人がトランスジェンダーのことでイジメを受けてしまう。そうこの物語の一番の被害者がこの子なのだ。

それでもけなげで真面目に生活していこうとする三人。
生田斗真は失った男性器の供養のために108つのてぃんぽを編み火葬しようとする。
ただ俺は思う。そんなてぃんぽ作るよりトモの為にしてやることがあるだろう?おまけに小学生の少女に下ネタ全開トークである。もうねトモが不憫で仕方なかった。おそらく10年後、トモが性を武器に成長する姿しか思い浮かったよ。。。
今年観た映画で間違いなく一番。
今でこそLGBTという言葉も聞きなれたが、社会的にマイノリティとされてしまう彼等を生田斗真が演じるという時代の流れにまず驚かされる。
神様に与えられた性と自分がこうありたい性が一致しない時、そのギャップは手術をして戸籍を変えるだけでは埋まらない。普通の生活をしたい、子どもを産みたいという当たり前の望みすら叶えられないジレンマが苦しかった。
LGBTを題材にするという新しさがありながら、子ども目線で描かれる様々な家族のかたちに重きを置き、また、編み物や桜、土手での3人のショットなど日本らしさも詰まった、じんわりする邦画らしい邦画だった。
いるか

いるかの感想・評価

4.0
生田斗真が女性にしか見えなくて凄かった。3人は「家族」だった。暖かい映画だった。

性同一性障害のお話だけれど思っていたより、優しい人が多くて安心して見れた。編んでいたものがアレだとは思わなかった(笑)

オススメ出来る映画。
Makki

Makkiの感想・評価

4.0
前から気になってて、やっと観れました。良かったです。
m

mの感想・評価

4.0
マリカーやりたい🚗
みいこ

みいこの感想・評価

4.0
生田斗真がすばらしい!いろいろと考えさせられるお話だけど重くなりすぎてなくて観やすかった。りんこさん素敵な女性でした。
yu

yuの感想・評価

3.0
ひさびさに荻上監督の映画をみました
キャストがいつもと少し違う雰囲気の人たちだったけど
しっかり馴染んでいてよかった◎

話の題材もシビアなのに、なぜかほっこりするんだよな〜
さすがだな〜
いい話でした!りんこさん美しかった!!
>|