メゾン・ド・ヒミコの作品情報・感想・評価・動画配信

「メゾン・ド・ヒミコ」に投稿された感想・評価

釈然としない映画だ、と思う。
和やかなシーンを最後に幕を閉じるが、幸せな気持ちで観終わることができなかった。

この作品には、明確な『答え』がない。
沙織はなんでメゾンドヒミコで働こうと思ったんだ。
沙織の投げかけに対して、なぜ春彦が答えるシーンがなかったんだ。
ヒミコからの愛の呼びかけに対して、なぜ沙織はちゃんと答えなかったんだ。
ルビーを送り出したメゾンドヒミコのメンバーは、本当は自分たちを守りたかっただけなんじゃないのか。
沙織はいったい、なんで泣いていたんだ。

センチメンタルなテーマを題材にし、一切『答え』を出さないこの作品に対して、イライラしてモヤモヤしてムシャクシャしている。

でも、鑑賞後、作品として切り取られていないシーンでいったい彼らはどう答えを出していたのか、それをひたすら考えている。

作中に、彼らが合唱した歌は、『母が教え給いし歌』。
「人は傷つき、もがいてはじめて、人生の愛の素晴らしさを自分で発見する」んだそうな。

『答え』になっていない答えだ、と思う。
どう捉えていいかわからない気持ちを全部、ふざけた魔法の呪文でさっさと吹っ飛ばしてくれ。
ぱぴこ

ぱぴこの感想・評価

4.0
自分が生きたいように生きるのは、
なかなかうまいようにはいかないけど、
だけどシンプルに、
素直な気持ちはいつでも、どこでも大切。
***
2007.09.15
もっと早く見れば良かったなって。
今更すぎた。

オダギリジョーあんまり変わらんなー年齢不詳。めちゃくちゃかっこええ。惚れる
良い悪い、善悪、好き嫌い、愛憎、とかこの地球にある様々な感情に対して、ジャッジをしていない映画だと思った。やさしくて愛がある。
おが

おがの感想・評価

4.5
同性愛異性愛関係なく、愛が溢れる映画だと思う。ゆるーく進んでいく感じが温かい気持ちで見れた。白いシャツを着たオダギリジョーさんがかっこよすぎた。
shige

shigeの感想・評価

3.5
これは好きだったなぁ!ジェンダーを題材にした作品で1番最初に観たかもしれん
GAWACO

GAWACOの感想・評価

5.0
中学生の頃にみて、雰囲気、演者、音楽、ストーリー、登場キャラ、風景、すべてに魅了され、邦画で一番好きな映画。大人になった今でも変わらない。
szkask

szkaskの感想・評価

4.1
ヒミコがさおりに言う「あなたが好きよ」が好き

衣装とかセットとか全部かわいいけど、違和感というかへんな重力みたいなものがずっと流れてる

同性愛、異性愛それぞれの不条理、病気や死などの不条理に対して
悲観的でなく楽天的でもなく、押し付けがましくない描き方をしているからこの映画が好きなんだなと気づく

オダギリジョーになりたい
mn

mnの感想・評価

-
めちゃくちゃよかった、、、、
車道の中央線の使い方がおしゃれ
赤い列車もバスもよかった

踊るシーンのオダギリジョーがかっこよすぎ
柴咲コウのマスク姿が愛おしすぎ
老人ホームの人たち一人一人も生きているかんじがして愛おしかった

最後まで素敵な愛おしい関係
馬鹿らしさの中に生真面目さがある作品。
言葉の一つ一つに意味ではなく重量があった。印象的なセリフがかなり多い。

ドラマだけど、極力仕組みを消していた。
例えば、病気で倒れるシーンや永眠、盛り上がりどころになりやすい地点を過剰に演出しない。感動的、悲劇的にしない。あくまで出来事の一つ。
そのお陰か、冷めることなく見ていられた。

目線も、どっちかの側に立つ訳でないフラットなもの。同性愛者目線とそれに振り回された人の目線。
どちらかの味方に立つような、偏りがなく、押し付けない、上っ面だけではない作品。
>|