メゾン・ド・ヒミコの作品情報・感想・評価

「メゾン・ド・ヒミコ」に投稿された感想・評価

小鳥

小鳥の感想・評価

2.5
大学生の頃、映画館で観たなーと懐かしく再鑑賞。

最初はホームに嫌がらせしてた小学生の子が、オダジョに凄まれて目覚めちゃうシーンは、画面からの説得力がありすぎる。

そりゃね、あんなセクシーな人、間近で見たら新しい世界の扉が開いちゃうよねっていう。

あと、女装家の山崎さんが大変お可愛らしくて好き。
女子力とやらで完全に負けとるがな。
なので、ダンスホールのシーン良かった。
あそこで絡んできたオジサン、ああいう人はどこにでもいるね。
いゆ

いゆの感想・評価

2.6
取り残された問題や疑問はあるものの
好きな終わり方だったので、印象は良いです。
重めの話ですが、ちゃんと笑えるギャグもある……
んだけど、妙に笑いが浮いてみえるんだよなぁ。
老人ホームという人の命が関わる話故に、そこの馴染ませは丁寧にやって欲しかったかな
akika

akikaの感想・評価

-

一つ一つが綺麗で、まるで別世界。(良い意味で)けれど時よりハッとさせるように現実へと戻っていく。
同じ人間なのに差別するなんて、本当におかしいよね。
誰にだって秘密にしていることは何かしらあるのに、それを馬鹿にしたり貶したりする人は、自分には秘密がない人なのかな。自分もされたら嬉しいからするのかな。馬鹿みたいな疑問だけどとても大切な疑問だし、無くならなければいけない疑問。



柴咲コウのギョロっとした目で顔が赤くなったり、何でも口に出せちゃうの憎めないし寧ろ愛らしくて可愛くて。

そしてなんてったってオダギリジョーの色気ったら色気が半端じゃない。「お手上げ」の一言に尽きる。
elie

elieの感想・評価

3.7
んじゃーーーーこの色気むんむんの男前はっっっ!!!
この時の短髪オダギリジョー の
破壊力半端ない...
ゲイなのにっ!ゲイなのにっっ!!!
ってとこがまた◎(笑)

柴咲コウ ちゃんも
まさかのコスプレダンスシーン
最高に可愛かったし
西島さんとの絡みもあり美味しい役所だったな

お は ぎ )^o^( ・
内容的にセクシャルな場面も多く
ニヤニヤドキドキしつつ
死に向かう人たちや親子の縺れ
色んな人の複雑な感情が垣間見えて
ふとした表情やセリフに心打たれたりする

ピキピキピッキーの一連の流れとか
出せず仕舞いの葉書とか
若い男の子のパンツ見て
味海苔みたいっ♡味海苔みたいっ♡
てお箸でつんつんするルビーさんにもきゅんとした
終わり方もあったかくてほっこり♬.
ゲイのための老人ホームを舞台にした映画。ゲイ=オネエという社会のステレオタイプなイメージで描いてるように思った。監督は意図してそうしたのか、ただ知識がなかったのか。

でも、色々問題提起してる場面も出てきて、考えさせられる。ゲイ役のオダギリジョーがいい。
綺麗な映像にゆるい雰囲気、幻想的なシーンの中に綺麗事抜きの現実がありドキッとしました。好きに生きた人達とそのせいで傷ついた家族サイド。
最後に突きつけられる現実と向き合いながら、何となく折り合いをつけて笑顔で終われたら…正解のないそれぞれの人生模様がきっと愛しく感じる映画です。

「あなたのこと、好きよ」
頭の中での憎しみのロジックは相手のこんな簡単な言葉であっけなく崩れちゃうんですよね。
三回目くらいの鑑賞。
再燃したジョダギリ熱を治めようとしたら更に熱した。。
どこまでも素直じゃない人ばっかりなのに、すごく素直に伝わってくる不思議。
映画って、これがたまらないんだよなあ~。
華胥

華胥の感想・評価

-
毛皮のマリーを見たのでこれを思い出した。舞台vhsは登録できないのか、フィルマークス…テーマはだいぶ共有する部分が多いので比較してみると楽しいですよ。
YuiOtsuki

YuiOtsukiの感想・評価

4.3
18〜ハタチぐらいの頃に大好きで何度も何度も観たので、10年経ってもストーリーをよく覚えている、ちょっと特別な映画です。

とにかくゲイ役のオダギリジョーがセクシーで、オダギリジョー史上最強だと思う。わざとブサイク風にメイクされてる柴咲コウもとってもキュート。

ダンスホールで悲しい出来事が起きて、その後に尾崎紀世彦の「また逢う日まで」に乗ってみんなで全力で踊るシーンがとにかく泣けるのよ・・・大好き。

食事の描写も印象的で、みんなで囲む食卓に載っている食べものは、なんかバラバラなんだけどどれも美味しそうで。

色んな人がいるけど、みんなで幸せになろうねって映画だと思っています。


・・って書いてたら10年ぶりに観たくなってきたぞ!!観よう。
オダギリジョー腰うっすい、綺麗。最後の終わり方が微笑ましくて笑顔。
>|