ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝の作品情報・感想・評価

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝2011年製作の映画)

Flying Swords of Dragon Gate

上映日:2013年01月11日

製作国:

上映時間:121分

2.8

「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」に投稿された感想・評価

mz5150

mz5150の感想・評価

3.0
アマプラで無料二度目の鑑賞、また贔屓目採点

キンフーのドラゴンインのリメイク版のアフターストーリーか、ホントはリメイク版もジェットリー主演予定がレオンカーフェイでリメイク。

ジェットリー念願のドラゴンインリメイクだが、キンフー版リメイク版のクオリティには遠く及ばない。
空を舞う剣と体技に歓喜せよ!



ツイ・ハーク監督・脚本 2011年製作
主演ジェット・リー



「マトリックス」を観て、カンフー脳にスイッチが入った第3弾\(^o^)/
これも未見作品でした~。



ヒエ〜ッwwwwwwwww
フィルマの平均スコア2.8って(笑)



いやいや、みなさん、これ、面白いですよ~。
武侠映画を見慣れていれば、好きなはず!
僕は大好き~\(^o^)/




再び、明代のお話です。
が、めっちゃファンタジー。
鷹の鳴き声を聞くと「射雕英雄伝」かと思いますね。条件反射(笑)


60年に1度襲い来るという巨大砂嵐
300年前の砂嵐で砂に埋もれた都の財宝を狙い、集う者たち

辺境の宿に集まったのは……


義士ジャオ(ジェット・リー)
身篭った官女スー(メイヴィス・ファン)
女侠客リン(ジョウ・シュン)
韃靼の王女チャン(グイ・ルンメイ)と仲間たち
宦官のユー(チェン・クン)とその一派
そのユーと同じ顔(笑)のフォンとその相方グー・シャオタン(リー・ユーチュン)

いずれもカンフーの使い手ばかり
各々の思惑を隠しながら距離を詰めていく……



ジョウ・シュンって、あのチャン・ツィイーやカンフー映画ではお馴染みのヴィッキー・チャオらと共に四大名旦(中国四大女優のこと)に数えられる大女優。

僕はテレビドラマの「射雕英雄伝」のヒロイン黄蓉(コウヨウ)が大好きなので、その黄蓉役だったジョウ・シュンも大好きなんですよ~。今作は女侠客役だったので、その黄蓉を彷彿して嬉しかったなぁ。
久しぶりに見たので、年はとってましたが……。
アクションも頑張ってました( ˘ ˘ )ウンウン



また、リー・ユーチュンって、中国の有名なポップス歌手らしいですけど、歌は聴いたことありません。でも、「孫文の義士団」に出ていたので、見たことありましたね。あの清朝の元将軍の娘役です。アクションも出来るんだから、すごいなぁ。フィルマでは「クリス・リー」の芸名表記になっています。分かりにくい(T_T)




剣が空飛んでましたね~。
今作は飛び道具が素晴らしいんですよ~。
ツイ・ハーク、なかなかいい仕事をしていますね~(笑)

これ、中国における初3D作品らしいけど、3Dで観たら、また楽しかったかなぁ……。
剣が飛んでくるんだからね( ˘ ˘ )ウンウン
まあ、そのための3Dか( ¯−¯ )フッ


CGのレベルは、前回レビューした「白蛇伝説」とそんなに変わらないけど、使い方がよいからか、それほど気にならない。それでも、ラストの幻の都市は、あら~って感じですけどね( ¯−¯ )フッ


まあ、ファンタジーなので、ストーリーはどうでもよいかもですが、敵討ちでも、奥義の奪い合いでも、武林の統一でもないファンタジー武侠映画は珍しい(笑)


酷評されてるのは武侠耐性がないからかも。
僕は楽しかったので、武侠好きさん、オススメしますよ(。・ω・。)ゞビシッ!!
マサ

マサの感想・評価

3.0
あんまり秘宝感は無かったけど、アクションはジェット・リーとCG効果で中々。空飛ぶ剣のイメージもほぼ無かったから、なぜこのタイトルなんだ!?仲間たちは個性的で良かったよ。
えいか

えいかの感想・評価

4.7
この映画のレビューを書こうとしたら評価が2.7で笑ってしまった。そんな!!笑
私は私の得点をつけますのであしからず!

ジェット・リーlove!しかもツイ・ハーク監督!なので公開前から楽しみにしていたこの映画、邦題を見て笑うよりも真顔になってしまった思い出。まともにダサい。シンプルに「龍門飛行-ドラゴンゲート-」ではだめでしたかね…?

公開直後に劇場で見れたのだけれど、同時期のレ・ミゼラブルに観客を取られたのか(別にこれが問題ではないねw)、貸し切り状態だった。
なので心置きなく爆笑しながら見ました!!

冒頭の超かっこいいオープニングテーマでテンション爆上がりした後、かっこよく丸太を降らせながら(でかした!)登場するジェット・リーに「きゃーっ!!こっち見てー!!」と目が♡状態に…!

ストーリーは普通の任侠映画で、民を虐げる役人をこらしめるかっこいいジェット・リーのお話なんですが、この映画すごくお金かかってるのか衣装が美麗なんです!!女性も男性も大変にみやび!
なのになぜこんなにもCGが雑wwwwどうしてもちょいちょい「えww」となってしまうのですがそんな細かいことはどうでもいいんだぜという勢いの良さ。さすがのワイヤーアクション。大好き!!!!
ラストの竜巻の中で戦うところ!!映画館であんなに爆笑したことはない。すんごい楽しい映画です。

ほんっとうに彼は「正義感が強くて、弱者の味方で、だれにも負けない凄腕のマーシャル・アーツの達人、なのにオクテで照れ屋で女性との接し方が下手。ついでに弟子になれなれしく懐かれる」役が似・合・う!!!特にこの映画の彼はとんでもないツンデレで口説くの下手くそですよ。ワンスアポンを超えてる。男も女もツンデレなので中学生か!と思う愛おしさ!
何度でも見たい楽しい映画です!
kikiww

kikiwwの感想・評価

3.0
きれいな衣装でクルクル回りながらのアクションは目を引かれた

ストーリーはわかりにくかったし、もっと単純に宝探しだけで良かったな
Ryo

Ryoの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

ジェットリーの無駄遣い
女が刀を敵の首にちょこちょこして勝つ
タイトルがくそダサいけどアクションキレッキレの映画。

CGとワイヤー全開なのは少し萎えるけれど、色んな武器を使うなかまたちが集まってくる感じがロードオブザリング見たいで好き。
L-13

L-13の感想・評価

2.1
ジェット・リー以外は分からないけど、豪華キャストなんただと思う。

ワイヤーアクションとCGのバランスが良く違和感は少なく観れた。
ストーリーはイマイチ分かりづらいけど、キャラクターとか武器は面白かった。なんとなく日本のマンガに影響を受けてるように感じた。
アクションシーンの剣さばきが良かった。衣装も豪華。グダグダするシーンは飛ばして観た。
santasan

santasanの感想・評価

2.8
アクションシーンは面白いんだけど、手裏剣やら嵐の中の闘いやらちょっとCGが多すぎるなぁ。もう少しジェット・リーの素のアクションが見たい。女優陣はみんな男前(?)でよかったけど…。
>|