同じ星の下、それぞれの夜の作品情報・感想・評価

同じ星の下、それぞれの夜2012年製作の映画)

上映日:2013年02月09日

製作国:

上映時間:110分

3.4

「同じ星の下、それぞれの夜」に投稿された感想・評価

DKeita

DKeitaの感想・評価

3.0
1作目 チェンライの娘
上手くはない。でも何とかショットを撮ろうとしてるのは分かる。ドキュメンタリーぽい、生っぽさはチェンライ娘2人の土着人独特の色気から来るのか?

2作目 ニュースラウンジ25時
100弱のショット数。世にも奇妙な物語。鼻血は単なる体調不良なのか?それとも演出なのか。

3作目 FUN FAIR
本年30作品目

第一部
空族作品
空族っぽい
バンコクナイツの原形なのかな?

第二部
まさかのムーディー勝山!w
演技うまい!

第三部
初めてのお使いinマレーシアwith羊のヤンヤン
女の子カワイイ
言葉が通じない三人のやり取りが面白い
YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.7
短編の難しさはあるが良い感じにまとまっていた。
海外のバックは画が持つ。
yoeco

yoecoの感想・評価

3.1
1個目のチェンライの娘atバンコクがいちばん面白かった。豊田監督のバンコクナイツも見たい。
真利子監督の3本目のファンフェアatクアラルンプール?も、多民族国家での言語すれ違いとそれを超えたコミュニケで興味深かったけど、少し教科書ぽく、日本人キャラが薄かった。
日本目のニュースライン25時はatマニラでなくても感あり。

77
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.7
RAP IN TONDOの長い予告編とチェンライの娘のみ鑑賞。前者は フィリピンのギャング社会に密着したHIPHOPがテーマ。後者は 売れない役者がタイを旅する話し。バンコクナイツがまた観たくなる。どちらも分かりやすく楽しめた。
『チェンライの娘』(監督: 富田克也)のみ。
富田克也監督「チェンライの娘」、冨永昌敬監督「ニュースラウンジ25時」、真利子哲也監督「FUN FAIR」のオムニバス。
川瀬陽太と山本剛史に挟まれたムーディ勝山が存外、良かった。
SHIMA

SHIMAの感想・評価

3.8
2017.03.09 K's cinemaにて鑑賞。
空族サーガ1本目はstillichinomiyaのメンバーと空族がフィリピンのゲトーTondoを訪れ現地のHipHopCrewとの交流のドキュメンタリー「Rap In Tondo」東南アジアのリアル・ギャングスタ・ラップ。テロップも字幕もなしだが、それでも十分に面白い。Tondoのストリートチルドレンの10代の女の子達をダンサーやコーラスに起用する場面。経済的理由や親の育児放棄で路上での生活を余儀なくされた彼女たちは、性的暴行の被害も受けていることを考慮してほしいと通訳に告げられるシーン。改めて厳しい現実を思い知る。そんな女の子たちとのわずかの交流だけでトミー、トミーと慕われる富田監督。空族の強みは、富田&相澤コンビの人懐っこい笑顔と人柄なんだなと思う。

空族サーガ2本目は「チェンライの娘」。冨永昌敬監督、真利子哲也監督と富田監督の3人がフィリピン、マニラ、タイのアジア3か国で同じ時刻に起きたエピソードを綴るオムニバム映画「同じ星の下、それぞれの夜」の1本。制作は吉本で沖縄国際映画祭の企画。これが完全にバンコクナイツのプロト版。吉本の資本でロケハン兼ねたプロト版を作る空族のしたたかさw。45分という尺できっちり娯楽作に仕上げる力量。これ見るとまたもう一度バンコクナイツも見直したくなった。
Arisa

Arisaの感想・評価

-
Rap In Tondoの長い予告編+チェンライの娘。

とにかくトンドにやられた
正真正銘ストリートに根付いたHIPHOP

空族は生きる為の映画を撮っている。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.0
バンコクナイツを観てしまうと、これは見劣りする。
でも、これを撮っていなければバンコクナイツにたどり着けなかったとするならば、仕方のない通過点。

良くも悪くも、よしもとが関わっていることで、エンターテイメントに寄せてきているところがこれまでの空族作品とちょっと違う所。
>|