旅のおわり世界のはじまりの作品情報・感想・評価・動画配信

旅のおわり世界のはじまり2019年製作の映画)

To the Ends of the Earth(英題)

上映日:2019年06月14日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

「旅のおわり世界のはじまり」に投稿された感想・評価

鉄

鉄の感想・評価

3.7
前田敦子が旅サラダする映画。

遊具のシーン、ひでぇもんだなと思いながらも、つい笑ってしまった。そんな何回もやる必要ある?「パリパリしてて美味しい!」とかプロだなぁと思いつつ、切ない感じもあり面白かった。

前半は結構面白く感じたんだけど、後半がイマイチだった気がする。
Kazuhiro

Kazuhiroの感想・評価

3.8
映画の感想ではないけど。
いつか行ってみたいと思っていたタシケント。たぶん祖父が抑留中に関わっていたと思われるナヴォイ劇場。
たぶん、この映画は何回か見直すかな。

このレビューはネタバレを含みます

映画のコンセプトとロケーションの雰囲気がマッチしていてとても素敵だった。前田敦子を始めとする出演陣の演技も素晴らしい。だからこそ、歌の入るシーンと前田敦子のアップのシーンがどうしても受け入れられなかった。ストーリーの構成上という部分もあるだろうけど、個人的にはあそこまでする必要性がわからなくて、正直冷めてしまった。あと事故の映像をテレビでみる場面で「原発ですか!?」というのもよくわからない。そういう細かい部分が目についてしまいあまり楽しめなかった。自分的にとても惜しい感じがして残念。
不安と不満のゲージが鬱々と溜まっていく空気がたまらんかった。
(でもキャスト的に実際の撮影現場は楽しそう)

葉子はめちゃくちゃ成長するわけでもなく、モヤモヤが消えたわけでもないけど、確実に良い方向に軌道が変わった気がする。
そして衣装がどれも可愛かったです。
終始モヤモヤする感じ
ヤギと自分を重ねたり
歌で気分が晴れたり
でもきっとこの後もモヤモヤするんだろうな
このモヤモヤが人生みたい
主人公が等身大でとってもよかった

ただ、前田敦子のドアップカットは必要なのか.......?

#テアトル邦画大忘年会
ひなた

ひなたの感想・評価

3.9
雨の中テアトル新宿まで行くのは疲れたけど、映画館で観て良かった。主人公急激に成長みたいなのとは対照的に、本当に等身大で迷い続ける主人公だからこそ、こちらが自分のことのように入り込んでいけるのかな…と思いました。
雨に濡れて観に行く価値あり🙋‍♀️

このレビューはネタバレを含みます

ウズベキスタンに行きたくなる
人生に迷いながら異国を彷徨う不安気な表情の前田敦子が良い
決定的な答えは見つからないけど晴れやかなラスト
やっほ

やっほの感想・評価

4.0
何のために…何しているのか…
彼女たちには向けられる異国の人たちの眼が言葉が伝わらない…何を思うのか
どうにも心無い仕事振りに…心から向き合えない“迷い”がありありと映され…
彼女からは解放”させたい想いが滲む。
いまやってることは本当にやりたいことではない…やらされても割り切れる心持ちがやりたいことにも心が伴わない“迷い”に繋がってしまうのだろうか…

彼女に少し“自由”が与えられる機会が訪れても何故か逃げてしまう…
“逃げ惑う”…迷い猫のように
とことん追い詰められてようやく気づく“思い”…
もう逃げる必要がない…
時間に追われることもない

それまでの彼女とは違った…やらされてる訳ではない
いまを前向きに歩き始めた彼女は広く開けた景色を眺めながらもう迷いがないかのように…
心を込めて…♪
(異国の旅が奇しくも自分を見つめ明日への一歩に繋がる心の旅になったのか…)
さて、どんな未来が待っているのだろう…
ここにきて黒沢清の新境地、
かつ、
前田敦子の新境地でもある一本では。

字幕がないので、理解できない外国語にさらされる異国の地での混乱を、
前田のあっちゃんと共有できる映画体験でした。

『クリーピー 偽りの隣人』や『散歩する侵略者』のらしい作品もサイコーなんすけど、この感じもいい。
RumiS

RumiSの感想・評価

3.9
前田敦子が街をウロウロするところとか警察に追われて捕まるところとかリアルで良かった。
>|