ライジング・ドラゴンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライジング・ドラゴン」に投稿された感想・評価

ジャッキーがほぼ生身で120キロで爆走する映画。仲間との戦いもさることながらジャッキーの動きは年齢を全く感じさせない。
WOWOW.

ジャッキー・チェン、アクション引退作品。世界中でトレジャーハンターをする。冒険アドベンチャー。ジャッキーのやりたいことが詰まっていて少し満足できた。チームプレーで内容重視がジャッキーの答えだったのかなあと思います。アクションにコメディが少なかったが楽しめた。
Miy

Miyの感想・評価

3.5
この作品 何度目かの鑑賞。
当時は旦那さんと一緒に映画館行ったなぁ🎵夫婦でジャッキー好きやから、定期的にジャッキーの映画は見たくなるし、年間数本見てるけど、本作品は久しぶりで約2年ぶりぐらいかな😆

何度見ても全身ローラーブレードは見ながら「ほぉぉぉ✨」ってなる😁
で、いっつもどの作品見ても ジャッキーの相手役(悪者とかマドンナとか仲間とか)って凄いなぁって思う✨
ジャッキーだけでも凄いのに、それの相手出来るって自分ならありえない(笑)🤣
椅子使ったり蓋使ったり、お決まりのアクションの数々はもう楽しくて楽しくて😄✨
全員で箱の下敷きになった足 痛い痛いのシーン好きやわ✨あれもお決まりやなぁ🎵
tris

trisの感想・評価

-
「ジャッキーがバカしてる姿はかっこいい」をまたみせてくれた作品。テンポ良く明るくわくわく進んでいくからやめられない!くぅぅ!!
楽しかった!

絶対見た人、全身ローラースケートやりたくなったと思う。

ジャッキーはやっばり凄い。
Mayu

Mayuの感想・評価

3.4
ジャッキー・チェンの最強アクション連発!!!てんこ盛り!って感じですごーく楽しめました✨本当に凄い俳優さんです!あんなにカッコいいアクションしてるのに、クスッと笑える要素もあって、いたたたたって痛がったりして可愛いところも盛り込んで、、、ジャッキーが出てる映画って本当に元気もらえる!楽しかった〜!
ROY

ROYの感想・評価

3.6
元は中国の遺産であるはずの十二支像をトレジャーハンターのJCが各地を巡り、トラブルに巻き込まれながら探していく作品。
ジャッキー最後?の超大作アクションらしく、確かになかなかのアクションだった。
最初の全身ローラーブレードはアトラクション感満載でこっちまでヒヤヒヤした。
途中出てきた海賊に完全にジャック・スパロウがいたな。
意外にも情報量の多い映画で、アクション以外にも見所はあったが、個人的にはもっとアクションメインでもいいかなとは思った。
十二支像は架空だが、それが違う遺産でこういったことが、あることを初めて知った。そこは意外にもメッセージ性あり。
次は古めのアクションメインの作品を見ようかな。

20210204.0052.495
清朝時代の国宝を巡ってトレジャーハンターのJCが駆け巡る。アトラクション感高めでした。
ひろき

ひろきの感想・評価

3.0
ちょっとクスッとなるところがありつつも、やっぱりアクションシーンはカッコよく、また最後はいい話で終わってよかった。
nam

namの感想・評価

3.6
「ジャッキー最後のアクション超大作!?世界中を巡るトレジャーハンティングアクション!」

2012年の作品。
当時59歳のジャッキーが最後のアクション超大作と銘打って送り出した作品。

ジャッキー・チェンが監督、製作、脚本、主演を務めるジャッキー印満載の作品。
「サンダーアーム 龍兄虎弟」(1986)、「プロジェクト・イーグル」(91)に続く「アジアの鷹」シリーズの系譜。

十二支像というお宝探して潜入や探索とアドベンチャー要素が多く、各所でアクションを繰り広げるシンプルな構成なので見やすい。

冒頭の坂道を全身ローラースケートで降りていく様子からやっぱり身体をジャッキーは素晴らしいなと再確認します。

ただ欧米に対する中国の文化遺産の盗難は許さない!という政治的なメッセージはややノイズに感じます。

こちらは往年のジャッキー作品同様ギャグもあるコミカル路線なので幅広く楽しめる作品。
>|