ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン」に投稿された感想・評価

Yukiko

Yukikoの感想・評価

5.0
2020年5月27日
『ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン』2012年制作
監督、ラモーナ・S・ディアス。

1973年に結成したアメリカのバンド、ジャーニー。
そのボーカルのスティーヴ・ペリーが股関節を負傷し、
メンバーを脱退。(1977~1986年、1996~1998年)
その後、加入したボーカル、スティーヴ・オージェリー
(1998~2006年)は、喉の感染症を患ったため離脱。
そして、次のボーカル、ジェフ・スコット・ソート
(2006~2007年)は、メンバーとの確執が原因で、
解雇となった。

新しいボーカルを探す過程で、ネットの動画サイト
Youtubeで歌っているシンガーを、ジャーニーの
メンバーのニール・ショーンが見つけた。

そのシンガーは、フィリピン、マニラ出身の
アーネル・ピネダ。
アーネルは渡米し、オーディションを受けて正式に
ジャーニーの新メンバーとなる。
そして、全米コンサートツアーにメンバーと回る。
それらをドキュメンタリーで綴った映画。


その生い立ちや人生が半端ない。
貧困生活で家族ばらばら、路上生活、挫折。
それでも仕事として歌い続けた。
結婚して幼い子供が一人。40歳。


性格が良さそう。謙虚だ。明るい。
奥様や家族をたいせつにしている。
奥様もとても良さそうなお方。
裕福になって、フィリピンのストリートチルドレンを
救う話は、とてもいい。
40歳なのにステージではエネルギッシュだ!!


ジャーニーの曲はそんなに知らない。
日産の車のCM曲は知っている。

この映画を機会に、ジャーニーの曲を聴いてみる。
いい感じ♪ 好きかも💛

Don't stop believin  信じることをやめないで


後々調べると・・・
ニール・ショーンってサンタナのバンドにいた人!?
ドラマーの人が、ジェフ・ベックのグループにいた人!?
驚き。いろいろ知る。
曲、朝からずっと聴いているよぉ~💛
皆さんのレビューがいつになく熱いな!
若かりし日の思いが蘇ってるようです。
僕はそんなに熱心なジャーニーファンではないが、「ジャーニーアメリカンツアー’83」というドキュメンタリー映画をレンタルビデオ屋で借りて感動してからもう30年になるかな、スティーブ・ペリーの唄う「Faithfully」が素晴らしかった。
Linla

Linlaの感想・評価

3.8
10代の頃、やたらサンタナにハマってた時期があり
メンバーに
C・サンタナに見初められたN・ショーンという10代で
プロデビューしたギタリストがいる事を知り、そっからJourneyに繋がったのだが
その頃の80年代にヒットした
数曲しか知らないし、
当時刷り込まれるように
至る所で聴かされたけど
ど~も好きになれず、、、
ダーティさが無いというか
いかにもアメリカン・ロックというかポップというか、、
何度聴いても阿藤快のセリフしか出ない自分だった。

今だに焼き付いてるのは
ベストヒットUSAで何週も
見たライヴ映像。
S・ペリーの燕尾服みたいなジャケットとキーボードの人のぐるぐる渦巻き模様のTシャツ。

新Journeyになった時も
東洋系ボーカルの人、まんま
S・ペリーじゃん、区別つかね~と思った。
ソックリさんみたいで
どうなの?と又しても
阿藤快になる。
でもこれがメンバーの狙い、
理想だったらしく
YouTubeをN・ショーンが
漁り続けて見つけたと。
フィリピンの無名のシンガーをファンが必死に
誰かの目に留まるのを願って映像をあげ続けていたそう。

これはJourneyのドキュメンタリーというより
彼アーネルのサクセスストーリー。

何度もステージこなしても
いつまでたっても
夢見てるんじゃないのか?
信じられない!
がとまらないアーネル。

いやいやJourneyファンて
こんなにいたんだね、しかも
かなり熱狂的。
昔からのファン達なので
S・ペリーじゃないJourneyなんて!だし、
Journeyのファンだった彼もそれがわかるだけに
プレッシャーの重圧たるや。

アジア人でルックスにも
コンプレックスを持つ彼だが
聴衆は歓喜熱狂!

スーパースターの一員となった彼も貧困生活が長かった。
だから言ってる事がリアルに染みる。
「僕の願いはたったひとつ。1日が終わる時、家族が幸せである事。いい暮らしはその次。」
ホントにい~人なんだね彼。

奥さんも素敵だ
「彼の周りは誘惑だらけで大変なの。でも2人で決めたのはどんな時もお互いをあきらめない事」
フィリピンで凱旋ライヴした時も熱狂する観客に交じり
静かに見つめる様子が良い。

彼を我が子のように
ステージでも見守るように
鼓舞するメンバー達。
ツアースタッフ達も
彼をリスペクトしつつ優しく緊張をほぐす。
バックステージのスタッフが
なぜかCheap TrickのTシャツ着てるのが気になっるつうの

最後まで観てもやっぱ曲は
ハマらなかったけど
こういう音楽ドキュメンタリーはいいですな。


全く関係ないないけど
洋楽ファンの方、
ケネディセンター名誉賞って
ご存知だろーか?
毎年、芸術面で貢献した俳優やミュージシャンを讃え
名だたるミュージシャン達が曲をカバーして
本人や観客やオバマの前で
パフォーマンスするのだが
なかなか貴重ですごい!

B・ジョエルをD・ヘンリーが
スティングをスプリングスティーンがP・マッカートニーをS・タイラーが、とかとか
マジで歌っちゃっうのです
いい人B・ジョエルに至っては自分の曲で泣きそうになってるし。

観客の中にノリノリの
スター達を見つけるも面白い

オバマさんは他の誰の時よりサンタナでウハウハだった。
こうゆうのが好きなのね。

グループでは
唯一がEW&Fだそう。
みんな大好きSeptember🎵の盛り上がりたるや、、、
YouTubeで観れます!

Journeyと関係なくて
すいません。
サンタナ繋がりで
つい言いたくなってしまった

Journeyのこれですが
ファンじゃなくても
ちょっとオススメです。
良~いお話だからです。
HnM

HnMの感想・評価

-
スティーヴ・ペリー時代が確かに1番好きだし
スティーヴだからこそのjourneyだけど

アーネルのこの性格と人生、
彼の天性と努力がわかる内容で
これからのジャーニーをすんなり受け入れることができる映画だった

点数はつけられない。
ファンの女の子が
アーネルが入ることで多様性が出て、ファンが増えるって言ってたことが
心に残ってすごく嬉しかった。

日本にもはよ来てくれないか.....
スティーブ時代はほぼ生まれてなかったから、見れなかったけど
アーネルでjourney感じたい!
だ~めだしばらくジャーニーだな。
私が一生感じることも無いであろう、とんでもないプレッシャーに打ち勝ったアーネルは本当に凄い。どんなアンチも彼の歌唱聴いたら認めるしかないんじゃない?

驕らず前向きにDon't stop believinすることが大切なんです。
元気もらったわ。素晴らしい。
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.8
JOURNEYのファンと呼べるほど聞き込んではいないし世代ではないので当時を知るわけではないけど、大人気のバンドであったことは分かる。
結婚式でドントストップビリーヴィンは流させてもらいました。

スティーブ・ペリーの歌声はCMなどで小さい頃から知っていたし馴染み深く、テレビで特集されていたので新メンバーが加入した事も知った上での鑑賞。

メンバーをほとんど知らない上で見たけど、YouTubeでメンバーを見つけるという手法は新しいね、アーネルもアメリカンドリームを掴んだ訳だし。 実際の歌声もスティーブそっくりで声量も申し分なし。モノマネやモンキー等 罵倒されながらもファンに受け入れられていく過程は感動した。
ファンの方々はどう捉えるかわからないけど、自分のようなJOURNEYの事をちゃんと知らない側から見て、とても興味深い内容だった。
中学二、三年生の頃「エスケープ」というアルバムが出て大ヒット❗
その後「フロンティアーズ」で不動の地位を築いたジャーニー
メンバー達を写したジャケットからSF的なイラストを使うジャケットに変わったのも印象的でした☺️

当時はエイジア、フォリナー、TOTO、ハート、スティクス等のバンドがパンクや尖った音楽とは真逆の安定的な保守的なロック、或いは映画音楽を作るバンド
を産業ロックと呼んで揶揄する傾向がありました😅

僕もジャーニーやREOスピード・ワゴンに夢中になる一方パンク等にはまっていったので段々と聴く機会やアルバムが出ても買わずにいました

長い年月が経ちジャーニーのボーカルがフィリピン人?に決まったと聞いて何で?と思っていました

その経緯を含むジャーニーと新しくボーカルに選ばれたフィリピン人アーネルのアメリカン・ドリームのドキュメント



ドキュメントですが映画化されても申し分ない内容
クイーンやエルトン・ジョン映画に感動した方はバンドのことを知らなくても観て損はないかと思います

貧しい生い立ち、売れないフィリピン時代、ニール・ショーンからのまさかの連絡とオーディション、アメリカとの格差、前任のスティーブ・ペリーの影(この人が有ってのジャーニーという部分も大きいです 因みにエアロスミスのジョー・ペリーとは従兄弟です)各国に在住しているフィリピーノの応援、アジア人が活躍する難しさと高いプレッシャー

様々なことを小さな身体と謙虚な気持ちで何とか乗り切ったアメリカツアー
その後メンバーを地元フィリピンへ迎えての凱旋ライブ
空港に家族で出迎えに行ったりラジオの宣伝番組でも奢ることなくメンバーを立てるアーネル

そして地元のライブ映像
ドント・ストップ・ビリーヴィンでは涙が止まらなかった😭😭😭
ジャーニーというバンドが懐かしくて、観てみた🎸🎶
このバンドを初めて聴いたLPは『ライブ・エナジー』と『エスケイプ』を前後してリアルタイムで購入、そして過去作『インフィニティ』、『エヴォルーション』、『ディパーチャー』を聴きまくった。
唯一、生で観たジャーニーは「エスケイプ・ツアー」(1981年7月29日、新宿厚生年金大ホール)だった。来日メンバーは、ニール・ショーン(g)、スティーヴ・ペリー(vo)、ロス・ヴァロリー(b)、スティーヴ・スミス(ds)、ジョナサン・ケイン(key)。この日はニール・ショーンが「Big Surprise!」と言って、アンコールで(赤い帽子をかぶった)サンタナのゲスト演奏あり。

さて、この映画は、フィリピン出身のアーネル・ピネダなるヴォーカリストがジャーニーに加入する前後を捉えたドキュメンタリー映画だった。
ニール・ショーンがひたすらYoutubeでヴォーカリストを探していて、「ジャーニーのコピーバンドのヴォーカルならすぐに歌えそうだが…」と言いながら様々なヴォーカリストをネットで検索、そしてフィリピンのマニラ在住のアーネル・ピネダなる男を見つける。
かなり探すのに根性が入っていた…(笑)

素人ヴォーカリストのアーネル・ピネダをアメリカに呼ぶニール・ショーン。バンド側は「そもそも英語話せるのか?」などと訝っていて、アーネル側は緊張しながらアメリカに行く。そしてバンドメンバーの前で歌う。1日、2日、3日と段々良くなる声…。そして、バンドに採用されるのだが、ここでバンドメンバーが要求するのは「やはり、あのスティーヴ・ペリーに似た歌声」である。これは厳しいし、アーネルを思うと残酷である。
過去のヴォーカリストに似せる歌い方……つまり、これはアーネルの個性を消すことなのである。
それでも、アーネルは一生懸命に歌う。スティーヴ・ペリーに似た声で。
そしてアーネルを含めたバンドはアメリカツアーに出る……。
フィリピン公演での「♪Don’t Stop Believin’」は素晴らしかった。

個人的には、1981年発表のアルバム『エスケイプ』が最高傑作だと思っており、その次に発表された『フロンティアーズ』は初めて聴いた時に「いかにも売れそうなアルバムだけど、自分はちょっと…」であり、『フロンティアーズ』を最後にジャーニーを聴くのを止めてしまった。

今回、久しぶりにジャーニーの音楽をドキュメンタリー映画で聴いたわけだが、『フロンティアーズ』後も紆余曲折あったのも初めて知った次第。
そして、まだジャーニーというバンドは現役バンドとして活躍しているのを見て、不思議な感覚に捉われた。

ニール・ショーンの「運指が休むことなく続くギターソロ」は、さすがに見事!

…と記載しながらジャーニーの音楽をデジタルウォークマンで聴いている(笑)
METAL666

METAL666の感想・評価

3.8
Journeyファンとしては彼が加入した時、経緯を知って非常に驚いた

その経緯を改めて詳しく知れたこの作品

ラスト、マニラでのDon't stop Believingは涙なしでは聴けなかった😭
これからもJourneyの、アーネルのファンです
2013年日本公開の映画「ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン」は、2013年に結成40年を迎えるアメリカの人気ロックバンド、ジャーニーが新生ジャーニーとして生まれ変わる、その軌跡をおったドキュメンタリー映画。2007年に脱退したボーカル、ジェフ・スコット・ソートに代わる新ボーカルを探していたニール・ショーンが、インターネットの動画サイトYoutubeで、ジャーニーのナンバーを歌う無名のシンガーの映像を見つけるところから物語は動き出す。

この映画との出会いは、僕の住むアパート近くにある喫茶店が月一の映画上映をしていて、そこで観た一本である。メンバーは数人と少ないけれど、ブラジル人やアメリカ人などいたりとグローバルなのがまた良い。
お酒を飲みながら上映後に色んな人たちがこの映画について語るあの至高の時間はたまらない☺️
今日はその初記念日としてこの映画を鑑賞。物語としてはこの無名のシンガーことアーネル・ピネダのジャーニーファンからyoutube投稿がきっかけで、まさかのジャーニーメンバー入り、そしてリードボーカルを務めて成り上がるシンデレラBストーリー。
こんな事が起こるんだと今になってちょっと驚いている。
次の上映会は来月の29日!次回はどうやらゴダールを上映するらしい!まだゴダール作品観てないからあえて待つことにしよう。
>|

似ている作品