オチキの作品情報・感想・評価・動画配信

「オチキ」に投稿された感想・評価

今日はHalf-Lifeの『J-POP』でも聴こう

壮大なオチに向かっての...

このレビューはネタバレを含みます

吉田浩太から時たま感じられる曽根中生リスペクトな要素がいい塩梅に噛み合ってはいるけど、それ以外の会話劇パートがやっぱり淡々としすぎてしまっている(あと音響に難ありな)のがなんか勿体ない。東京タワーをバックにしたバックシーン、chapter2のラストにおける引きのカット、清野菜名(ラストの鮮やかな変身!)演じる女の子との高低差の反転は素晴らしいし、新宿駅南口まわりをおんぶでゆっくりと歩いていくロングショットの情感にも堪らないものがある。

☆成瀬という男

☆堕ちる:ライブ中のメンバーの離脱→アカペラでの絶叫ライブ
モテキを連想してどんな作品なんだろうと思って観てみた。感動したのは、二人の無関係に見えたストーリーが後半で結びつくところ。これには予想もしていなかっただけに驚かされた。もう一つは、うんちオチなところ。これにもびっくりさせられた。
なかなか何気に面白い映画ですね。
登場人物がみな面白い。有名な人は出てないけど。
後半あっと驚く仕掛けがありますが
アタクシ気が付かなくてえっ?どういう意味とかなっちゃったw
ラストが素晴らしい。ひさびさにいいラストを観たような気がするw
mckee

mckeeの感想・評価

2.7
無名時代の清野菜名。良い感じで話展開して、時系列の使いかたもクドカン風でラストへ。それが最後にアナルにぶちこんで全員クソまみれって、どんな表現やねん。
coro

coroの感想・評価

-
シュールなライブと清野菜名。忘れようとしても決して忘れることの出来ないエンディングは、ある意味心地良い(笑)。
何この曲w
ところどころにギャグ?が、、面白かった
ヒロインは美人だった。川上奈々美似だった
脇役で清野菜名がでてた
ip

ipの感想・評価

2.5
なんというか、何もかもが安易で安直。若手クリエーターの実験的作品にクオリティを要求しちゃあいかんわなー。

モテキの対局なんてのがまずインスピレーション欠如丸出しだし、妊娠騒ぎでそれぞれの本性が出るなんてのも20歳前後の凡人が考えそうな題材。

オチの流れと田んぼに飛び込むその描写は見事だった。
でもエンドロールの映像は学生ノリが抜けてない。身内だけ楽しんで見る人に伝わらない映画は内輪だけでやるもの。
たつみ

たつみの感想・評価

3.3
人生のドン底、「オチキ」。
人って確かにドン底に落ちていっている過程では、今自分落ちてる最中って自覚は無いよな…って思った。

唐突に、あ、自分今人生のドン底だ。って認識する瞬間や出来事があるのも結構分かるなぁと。

題材が未成年妊娠しさせた男と、色んな男と関係もって妊娠して男に中絶を迫るシンガーの卵っていうのが、望まない妊娠が原因で人生ドン底になったみたいにみえてちょっとな…と思った。

ただ、現実にこういうのって結構あると思うし、中絶してほしい男、中絶費を出したくなくて浮気を疑ったり、費用を折半させようとする男の子クズさも、妊娠したと嘯いて金を巻き上げ、実は色んな男と寝てる女のクズさもリアルだった。

結局オチキとは言いながらも、落ちるのは自分の愚行の末なので、因果応報な作品だった。

清野菜名が今よりもさらに若くて、この頃から完成された綺麗さでビックリした。
堕ちていく2人がなかなかのクズっぷりなので同情する気持ちは一切湧かないけど、自業自得とは言い切れない複雑な気持ちというか、いつ自分がオチキに突入するか分からないから怖くなる

モテキもあればオチキもある…けどオチキしかない人もたくさんいるんだろうな

サクラちゃんの歌声はギャグなの?一応歌上手い設定なの?よくあんなにファンがついてるなぁ。やっぱ女は顔なのね…
キムの芋虫みたいなうじうじっぷりも素晴らしかったです

ラストはまさかの展開だったけど妙にしっくりきました
>|