少年メリケンサックの作品情報・感想・評価

「少年メリケンサック」に投稿された感想・評価

ナイスパンク!ベースが訳もわからず速い感じがいいです…映画全体がリズムが走っている感じがして、とてもいい映画でした…
昔カッチョ良かったパンクバンド(少年メリケンサック)の面々、彼らがオッサン化して再びステージに帰ってくる話。

と、いうと直ぐにセックス・ピストルズが頭をかすめますが宮藤監督の中にも当然あったと思います。
かなり痛々しかったピストルズの再結成講演と比べて本作の彼らには少しばかり救いを持たせて来ています。
かなり漫画チックにした作品の中に宮藤監督のパンク愛が垣間見えてきます。

バンドのメンバーを演(や)った佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲなんかはオーバーに悪乗りし過ぎる感じがしましたが、バンドのマネージャーを演った宮崎あおいは掃き溜めに鶴的な存在で可愛らしさがプンプンしました。
佐藤に足蹴にされたり木村にウシのウ○チを顔面にくっ付けられたりそこまでやられるか?的な扱いを受けているのに可愛らしさがピカピカしておりました。
自分は好きな映画
おっさん達がパンクをする話
ただストーリー展開は
一捻りもふた捻りもある映画

世界観がはまったら
この映画を気にいるだろう

みんなを見返してやれ
そんな気分で観てしまう
田口トモロヲが面白い
ちぇ

ちぇの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

銀杏boyzだったりSAKEROCKだったり向井秀徳だったり、ものすごい
あおい

あおいの感想・評価

1.9
ゲロも農薬も、メリケンサックで捻り潰す!

宮崎あおい主演、クドカンが贈る「パンクだぜ!」映画。汚い、うるさい、意味わからん、不快な気持ちにさせてくれる映画です( ^ω^ )

ストーリーは、
ずいぶん前に解散していた「少年メリケンサック」というバンドを再結成させるため、新米プロデューサーが頑張る話。

佐藤浩市を筆頭にそれなりに有名な人がメンバーなのですが、皆揃って汚い!まじで、誰が好き好んでこんな映画みるんかなって思っちゃう( ^ω^ )

ストーリーもヘッタクレもあったもんじゃない、やっぱりバンドマンの気持ちは分からんし、分かりたくない。関わりたくない、友達にもなりたくない、バンドマンやライブハウス嫌悪が高まりそう( ^ω^ )

でも、初々しい宮崎あおいだけは可愛かった。勝地涼とバカップルしてるシーンだけはおもろい。あとは、ムネオおじさんが出てたり、星野源が出てたり、「シグルド」の波岡さんが出てたりする( ^ω^ )

暇でも観なくていい。その程度の作品。

Amazon Video#364
tmm

tmmの感想・評価

3.7
期待しないで久しぶりに観たら予想外になかなか面白かった。宮崎あおいかわいい。ボーカル若い時の峯田かわいい。所々笑わせるセンス嫌いじゃない。中盤から兄弟の仲違いが焦点になったあたりからダレてきたけど全体的に気楽に笑って見れて良し◎
haru

haruの感想・評価

4.1
好き嫌いがものすごく別れそうな映画。
ちなみに私はすごく好きでした(笑)

昔バンドをやっていたんだよー、的な人は割と登場人物に入り込んで楽しめそうです。

パンクが好きな私ですが、パンクとはなんなのかはまだよくわかりません。
ただ、ここでこうなったらかっこいいのに!という期待値を超えて実現するのがパンクな野郎だと思っています。

そしてこの映画に出てくる、中年パンク野郎たちもパンクにやってくれます。
お気に入りは、木村祐一が星野源に超至近距離でガンつけるシーンです(笑)

過去のいろいろがあった中での、25年後の再結成。
そりゃ最初からうまくはいかんでしょうが、パンクなやつらが、パンクなマネージャー宮崎あおいとサクセスしていくストーリーは、単純に気持ちがいいです。

あと、宮崎あおい超かわいい。
超かわいい。
つよ

つよの感想・評価

3.0
宮崎あおいは音楽会社の新人発掘担当。
クドカンコメディ。

この映画で126分はちょい長くて90分ぐらいがちょうどいいような。
キム兄も雰囲気あるけど、普通に演技力ある俳優さん使えばいいのに。

とても良かったのは宮崎あおい。
甘えたりハイテンションとか怒ったり表情最高、可愛い!
Shuu

Shuuの感想・評価

5.0
ひょんなことから、凶暴なオヤジ4人組のパンクバンドを引き連れて全国ツアーに出ることになったお気楽OLの奮闘を描く。

レコード会社に勤めるかんなは、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド "少年メリケンサック" のライブ映像を発見。彼らと契約すべく会ってみると、メンバーは50歳過ぎのオヤジで、彼女が見つけた映像は25年前のものだった。予想外の事態に困惑するかんなだったが、バンドの全国ライブツアーに同行するハメになり……… 。

代表曲の「ニューヨークマラソン」が本当にニューヨークマラソンに聴こえていたのに、テレビ局のライブで実は歌詞が違うことが分かります。
「ニューヨークマラソン」が「農薬飲ませろ」だってさ(爆笑)
和製アランかよっ!バカかよっ!てなりました(笑) (『ハングオーバー』シリーズのアランの日本製という例え)
終わり方も面白いです。もう復活無理だろって(笑) 田口トモロヲがラリまくってて佐藤浩市がベーシストやってて笑いどころ満載でした。
movieman

moviemanの感想・評価

3.5
ストーリー展開がよくて、2時間があっという間でした!ただ、映画の中で何か伝わってくるようなものが、あったかと言われるとなかった気がします。
>|