くそガキの告白の作品情報・感想・評価

「くそガキの告白」に投稿された感想・評価

タマキ

タマキの感想・評価

3.0
鈴木太一監督の自伝的映画。

全然撮らない映画監督志望が、撮りたい主題を見つけて一歩踏み出すまでのお話。うまくいかない原因を造作の悪さに見出して母親に当たってみせるシーンは、気まずくていたたまれなくて、僕にもそんな過去があったような気がして、すこし泣いてしまう。

ストーリー上での主人公の挙動が変なのだけど、監督の人となりをある程度知った上でその輪郭を補助線にすれば「たしかにこんな感じに動きそうだ」とも思う。
ヒロインは人懐こく距離が近い。バラエティなどで見た素の田代さやかそのまんまの印象。

オカルトに振れそうで振れないまま「あれ結局何だったんだよ」で終わるのが消化不良。あそこうまいこと処理してたらかなり良くなったんじゃないのと思う。

終盤の展開も、主人公が大声で延々女の子を怒鳴りつけるし勝手にキスするしで、今の時代に見るにはかなり厳しいものがあった。公開当時に見ていたらもう少し印象は違ったかもしれない。2021年、われわれはもうとっくにワインスタインを経たので。

ともあれ、キングオブコメディの2人を映画の撮り方で画面に収めてくれたのが本当にありがたい。
キリン

キリンの感想・評価

2.0
だいぶ前に借りたDVDの予告編で気になり、鑑賞した作品
結果的には、面白くなかった。。。
予告編でどのあたりが気になったのか、自分でも最早覚えて
いないが、予告編の編集の仕方がうまいんだろうな~

但し、今野のキャラが最大限生かされていたとは思う
顔の造作をネタにした進行なんかははまり役w
この顔は色々連想するわw
それにしても「キンコメ、女子高生の制服盗んで逮捕」の
報道を聞いたときに、まず真っ先に今野の顔が浮かんできて
しまい、ごめんなさい。。。。
mito

mitoの感想・評価

3.5
今や俳優業も順調の元キンコメ今野さん主演の映画。
ヒロインに田代さやか、しかもキスシーンありという点で当時、色々と弄られてたけど、今思うと、普通に役者として今野さんが格上がっているので万事OKなのでは?(笑)

兎に角今野さんは、コントのキャラが映画やドラマで汎用性が高いし。
顔も特徴的だからキャラ立ちする。

そういう意味でも今野さん以外には出来ない、主役の馬場は完璧だったよ…。お話は粗はあるとは思うが、ゆうばり作品らしく、濃いキャラ、濃いシナリオ、濃い悪ふざけたっぷりでお腹いっぱい!

バーターで元相方のパーケンも出てる。
大丈夫なのか。
kaitomo

kaitomoの感想・評価

4.6
主人公の馬場は、32歳の穀潰し。映画監督志望。何の取り柄もないブサイクな彼にしか撮れない映画、そんなものがあってもいいじゃないか…。
これはキツい。キングオブコメディ今野から発せられる怨念に飲み込まれそうになる。
ブサイクがこじれると、コンプレックスばかりが膨らみ、どんどん卑屈になっていってく。彼女なんか絶対できない。
「こんな俺にしか、わからない世界観がある!」なんて事を信じたくてしょうがないけど、結局怠けてしまって、ロクに仕事もしないので、いつまでも自立できない…。
こんな無様な男をここまで真正面から、描いた作品があっただろうか。間違いなく、こういう人間の気持ちをわかっている人ではないと描けない作品である。
他にもこの映画は沢山の旨味が詰まっている。ホラーテイスト、「映画」というものへのメッセージ、長回しによる役者のバトル、世にも気持ち悪い告白シーンなどなど。
主人公の馬場は「映画には面白い面白くないを越えた何かが映る事がある!」と述べるが、まさに映っているのだ。この映画には。
映画が彼を満たすための道具となっていき、「映画に対して失礼」な行為をしているのにも関わらず、そこに喜びを覚えていくという流れが非常に面白かった。
映画監督目指してるけど全然ダメな30すぎの男が、売れてない女優に恋をする物語。

何が撮りたいのかわかってなかった主人公が、恋をすることでそれを見つける流れが良かった。やっぱり情熱がないと人間の心って動かせないんだな、とあらためて思った。

田代さやかって女優さんが可愛らしかった。初めて見たけど、女子の可愛らしさが満開でした。

結構暴力的な映画でもあって、その女優がビシビシビンタされながら「下手くそ!」とか言われながら撮影されてるシーンは、Sな方にオススメ。逆にビンタ仕返したりもしてて、なんかすごいシーンだった。
ときどきすごく見たくなる作品。まだ、初日舞台挨拶のときもらったステッカー、部屋に飾ってます。
当時中3の俺にはまだ早かったんやと思う
がむしゃらに空回る
あれ、最近の自分そんな感じじゃね?
存在を知ってから、何年も観ようと思いながら観ていなかった作品。
クライマックスの長回しがとてもいい。
JUN

JUNの感想・評価

3.5
クライマックスでの今野さんの演技というか存在感に圧倒されました。人間の迫力を見たなって感じ。

このレビューはネタバレを含みます

 30超えて映画監督を夢見ているけど口ばかりで何もしない。しかも母親や映画仲間、友だちや片思いの相手にまで悪態をつきまくる。それでいて現状を変えることができなくて自殺まで考えてしまう。
 その行動を面白おかしく描いていきます。

 「何が撮りたいのか?」と言われて言い返せなかった主人公が25歳の女優の卵と出会ったことにより撮りたいものを見つけるまでのは話で、映画ってそれでいいんだな、と納得させられるクライマックスでした。
 それまでは自己中でイライラさせる主人公なのに自己満足かもしれないけど自主映画だし。

 途中、心霊現象とかいきなり方向が変わったりして戸惑いそうになりましたが。この映画の主人公と似たような人生を歩んでる人が見ると見られない感じになりそうですが、娯楽映画として見やすく作られた90分で面白かったです。
>|

あなたにおすすめの記事