くそガキの告白の作品情報・感想・評価

くそガキの告白2011年製作の映画)

上映日:2012年06月30日

製作国:

上映時間:94分

3.1

「くそガキの告白」に投稿された感想・評価

存在を知ってから、何年も観ようと思いながら観ていなかった作品。
クライマックスの長回しがとてもいい。
JUN

JUNの感想・評価

3.5
クライマックスでの今野さんの演技というか存在感に圧倒されました。人間の迫力を見たなって感じ。

このレビューはネタバレを含みます

 30超えて映画監督を夢見ているけど口ばかりで何もしない。しかも母親や映画仲間、友だちや片思いの相手にまで悪態をつきまくる。それでいて現状を変えることができなくて自殺まで考えてしまう。
 その行動を面白おかしく描いていきます。

 「何が撮りたいのか?」と言われて言い返せなかった主人公が25歳の女優の卵と出会ったことにより撮りたいものを見つけるまでのは話で、映画ってそれでいいんだな、と納得させられるクライマックスでした。
 それまでは自己中でイライラさせる主人公なのに自己満足かもしれないけど自主映画だし。

 途中、心霊現象とかいきなり方向が変わったりして戸惑いそうになりましたが。この映画の主人公と似たような人生を歩んでる人が見ると見られない感じになりそうですが、娯楽映画として見やすく作られた90分で面白かったです。
eijdufa

eijdufaの感想・評価

4.0
面白いだろうと思って見たのに怖かった
ホラー的な部分があるとは思ってなかったし、全編の中でホラーの部分のクオリティが高い気がしたのは怖がりだからなのか?
監督だからって何してもいいのか!
ボブ

ボブの感想・評価

1.5
2013/12/22鑑賞。映画をエンターテイメントでなく芸術作品と位置づけ、「客の評価?売上?関係無いね!オレはこんな映像作品が撮りたいんだ!」という意気でまさに日本の映画界を表した作品だと思います。高円寺や下北沢の劇団発表会を見ているように荒削りで、100人の内99人はつまらないでしょうが、1人はどストライクになりそうな作品。 上映時間94分なのにテンポが悪いと感じてしまうのは致命的ですが、監督の言いたい事は凄く伝わって来ました。「サブカルってどんな物なの?」という質問への模範解答として、教材に利用したいと思います。 30点。
おもしろい!
※個人の感想です。


キングオブコメディの今野浩喜と
グラビアアイドルの田代さやか(誰?)という
素人の二人が主演。

しかし、演技自体はまったく問題なかった。
うまいとは言えないかもしれないが、
決して下手ではない。

プラスして、
今野浩喜の唯一無二の顔面は
強力なインパクトを与えている。
低予算の中で、
このキャスティングは大成功だと思う。


脚本は、あちこちに話が飛び火して、
結局回収されていない部分もあるが、
なぜかそれが減点に繋がらない
独特の面白さが本作にはある。
これも今野浩喜の力だろうか。
それとも監督のセンスか?

この隙だらけの脚本が
なんかわかんないけど面白い。
今までにない、
と言った方がいいのだろうか。

まぁ、緻密な脚本が好きな人には、
全然おすすめできないし、
好みは分かれると思う。


監督の話によれば、
今野浩喜は、撮影前と撮影後で
ベルトの穴4つ分も痩せたそうだ。

かなりストイックに演技と向き合ったらしい。

芸人って結構マジメな人が多い。

その甲斐あって、ラスト、
額から流血したまま、
とり憑かれたように
ビデオカメラを回す今野の不気味な表情、
強烈だ!

今野浩喜!
あなたの役者魂しかと受け取りました!
おもしろかったです!
ただし人には
あまりお勧めできません!


製作:2011年
監督:鈴木太一
出演:今野浩喜、田代さやか
3

3の感想・評価

-
始まった瞬間から好き
秀逸な映画じゃないけど太一の好きなものと人生を詰め込みましたって感じでいとおしいし好きなシーン沢山あるし良い映画だな~ってキュンとくる
プロレスのマスク被ってきたねえ部屋でカメラ回すシーン大好き
とか私がくどくど言うよりパが「お前より俺の映画」って言ったのが全てだ

ちょうどライブ通いしてる頃だった時にお笑いライブ後に太一とキングでビラ配るのがパフォーマンス化してたこと
オールナイト試写会
DVD発売イベントと見せかけた誕生日会…_思い出がいっぱい……
最後のシーンの熱量で
全体をカバーしてる青春映画。

正直見始めたときはクソなB級映画だわ、ハズレたな笑!と思ってグダグダ見てたけど、最後の告白部分からのうなぎ上りな巻き返しで、主役がカッコよく見える。

今野さんのブサイクな
クソガキが冴える。


童貞男子におすすめ。笑。
h

hの感想・評価

1.7
監督の性癖がそのまま映像化されたような映画。
全く共感できなかった。
映画監督になりたいけど30過ぎても1本も取ったことない男の話という情報からは想像つかない展開へ。無茶苦茶で冷めてもおかしくない内容なんだけど面白かった。
>|