アドベンチャーランドへようこその作品情報・感想・評価・動画配信

「アドベンチャーランドへようこそ」に投稿された感想・評価

歌代

歌代の感想・評価

4.2
友達には誰一人観て欲しくない映画だ…。

前半、あまりにも身につまされて爆笑しながら「殺してくれ!!!」って声に出しました。

「本音」と「他者」と「未来」の話だと思いました。

童貞喪失シーンで泣きそうになるのは初めてでした…。

正直心の中ではもっと点数高いんだけど、これ以上にすると心が持たない…。色々恥ずかしい…。
ジェシーアイゼンバーグ1番のハマり役でした。
ルネ

ルネの感想・評価

4.0
2009年。 DVDスルー。 監督はグレッグ・モットーラ。

大学院進学を控えた夏休みに、家庭の事情でバイトすることになった青年が、イケてない遊園地で働きつつ恋したりするお話。

ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートが共演してのだが、この2人はのちに『エージェント・ウルトラ』って超絶つまらない作品でも再共演してます。

最初っからベルベット・アンダーグラウンドの曲で始まるし、音楽を手掛けてるのがヨ・ラ・テンゴだったりもして、選曲が最高すぎて死んだ。 ルー・リード、デヴィッド・ボウイ、ビッグ・スター、ザ・キュアー、クラウデッド・ハウス、ニューヨーク・ドールズ、ハスカー・ドゥ、リプレイスメンツって最高すぎるよ。

繰り返し使われてたベルベット・アンダーグラウンドの「Pale Blue Eyes」は、トラン・アン・ユン監督の『夏至』の冒頭でも使われてて、メランコリックで美しくてレイジーな名曲です。

1987年が舞台なのだが、そんなインディーっぽいバンドの楽曲に、INXSやファルコといった、いかにも80代っぽいダサい曲もまぜてて、その辺のバランスが良かった。 時代が近いのもあるけど、『ウォールフラワー』っぽい選曲だと思う。 あの作品も使われてる曲がすごく良くて、トラックの荷台で両腕を広げながらデヴィッド・ボウイの「Heroes」を聴くシーンが忘れられない。 ちなみにぼくが「Heroes」を初めて聴いたのは、オアシスのシングルのB面に入ってたノエルが歌うカバーバージョンだった。

デヴィッド・ボウイの曲はこの作品だと「Modern Love」が使われてて、これは『ポンヌフの恋人』の街を駆け抜けるシーンで使われてて、そのシーンにオマージュを捧げた『フランシス・ハ』の同じく走るシーンでも使われていた。

遊園地で働き始めた青年だったのだが、バイト仲間や社員のキャラクターが濃くて笑えるし、バイトあるある的な懐かしさも
あって、なんだか甘酸っぱい気持ちになった。 そして、そこで女の子(クリステン・スチュワート)と出会って恋をする。

学生時代の恋愛って経験も少ないからどうしていいかわからないし、なんかドキドキ感が尋常じゃない。 当時は早く大人になってスマートな恋愛したいなって思ってたけど、今になってみるとあの不器用さこそが青春だったんだなって思う。

そんなに劇的な展開でもないんだけど、そんなぎこちないやりとりを見てたら、切なくも微笑ましかった。 若いっていいな。

クリステン・スチュワートが演じる女の子がすごい優しい子なので、今まで興味がなかった彼女のファンになりました。

グダグダだしB級っぽさ全開だけど、青春してます。 あそこで終わるラストも良かった。
ロミオ

ロミオの感想・評価

4.2
ジェシーアイゼンパーク出演作の中でズバ抜けて最高な青春ドラマ。
近しいタイトルとしてはペニーレインやバッドチューニングなど好きな作品は多々あるものの俺はこれが一番すこ。
マジで未Blu-rayなのが残念極まりない。
田舎の冴えない遊園地を舞台に恋愛発展途上期の少年少女らを瑞々しく描いた傑作青春ドラマだ。
恋愛には紆余曲折あるとつくづく思い知らされる。
不倫、浮気、優柔不断…これら男女関係におけるダーティな要素を確実に描写している点も推したい。
終盤のハーマン・メルヴィルについて言及するくだりも爽やかで好きだ。
あとドラマも素晴らしいんだが、サントラがヤバ過ぎて神だから観て欲しい。
ひざ

ひざの感想・評価

5.0
キャストが私得すぎてずっと前から観たかったやつ🎠ゴリゴリのコメディだと思ってたけどそれよりかはコメディ寄りの青春ラブストーリーって感じでした。こういう一夏の経験が人生の縮図みたいになってる話が好き。めちゃくちゃ好みの映画です。
ビルヘイダーとクリステンウィグのパートは完全にコメディでした。さすがです。
うーん、ちょっとテンポが遅くて早送りしちゃった。今やCHANELの顔となった、シャープな迫力が出てくる前のクリステン・スチュワートが新鮮。しかし主演の2人、共演多いな(笑)こういう系ではプールサイド・デイズの方が好きかな。BGMがちょっと弱かった気が。
AiRi

AiRiの感想・評価

2.5
う~ん…
エム(クリスティン・スチュワート)とジェイムズ(ジェシー・アイゼンバーグ)という好きなキャストの恋愛ストーリーで評価したいんだけど…
腹立つキャラが多すぎる…笑
エムもジェイムズも少しクズ要素あるし…
結局底辺層のくっつきあいみたいに感じたなあ。
田舎のテーマパークが舞台だし素朴ながらにもっと夢のあるストーリーを期待していた。
K

Kの感想・評価

3.5
バイト先での恋愛、もつれ、ハッピーエンド。よくある話し。期待したほどの内容ではなかった。
295
記録。
時は80年代後半、寂れた遊園地・アドベンチャーランドを舞台に、一夏の青春を描くTHE 青春ムービー。

整った顔立ちの割に、やけに童貞役が似合うジェシー・アイゼンバーグ。彼が主演の映画は並以上の面白さは保証されていると勝手に思い込んでる僕。個人的に本作は並以上どころか名作の域。

甘酸っぱく、時にビターな人間模様。コメディタッチだけど情感豊かなドラマが80年代のロックサウンドに良くマッチする。Judas Priestの「Breaking The Law」をバックに疾走するシーンがお気に入り。
Basco

Bascoの感想・評価

4.2
あの頃ペニーレインと君に逢えたら!を足して2で割ったような感じ。
内容は一夏の青春といったところで、一人一人の個性とそれぞれが問題を抱えているところも上手く描かれていて良い。
特にクリステンステュアートはトワイライトの時とは全く違ったキャラで可愛かった。
ジェシーアイゼンバーグはゾンビランドに出るみたいで今後ますます楽しみ。
80年代、アメリカの田舎にある遊園地が舞台の青春物。しかも主演がジェシーアイゼンバーグということで見る前からもう面白いのは分かってたけど最高だった。

こういう映画の、まるで自分の思い出のようにすっと心にフィットするこの感じは一体なんなんだろう。寂れた田舎のどこかノスタルジー溢れる風景の中にも、「若さがあれば今すぐなんでも出来るんだよ!!」みたいなエネルギーを感じる。

個人的に大好きな映画「プールサイド・デイズ」に似てるなーと思ったらFilmarksの「似ている作品」欄にちゃんとある。レビューの頻出単語同士で類似度を出してるんだろうけど、精度高すぎ笑
>|