エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に2015年製作の映画)

Everybody Wants Some!!

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

1980年夏、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性豊かで騒々しいチームメイトたちと野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと成長、そして恋を経験する。

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に投稿された感想・評価

ちゃんと感想書いてなかったんで、ちゃんと書きますw

いや、何これ。
バカじゃん。すげー面白いじゃん!!

大学って志望して行くわけで、18から就職した僕なんかにとっては未知の領域で、華やかで楽しそうで。イメージばかり先行していて。
日本と海外とのキャンパスライフももちろん違うんだろうけど、このお話のなかの"彼ら"野球部25人、特に同じ家の12人ほどは誰も彼も個性があって、楽しげでバカで酒と女と女と女とマリファナの事ばかり。
入学前の濃ゆい濃ゆい三日間だけを見せられてるんだけど見ていて自然と羨ましくなって、微笑んで、声出して笑ってしまった。
いいなぁ。楽しいなぁ。
序盤での車移動の時のヒップホップ歌ってんのがもうたまらんす。
(ラスト後も是非)

スクリュードライバー好きの野犬w
フィンとネスとデールがいい味だと思う。特にフィンが個人的にヒットw
大オススメ。
Oto

Otoの感想・評価

3.3
哀愁漂うバカな青春映画、時代設定考えてもSaturday Night Feverとかぶる。
jockがnerdを見下すいやーな感じとか、仲間をバカにして笑いを取る男子校ノリとかすごくリアルで、Boyhoodと同じく監督の描写が上手なんだろう。憎めないキャラばかりで楽しい(特にFinnが好きだった)けど、実際は同調圧力とか拘束が嫌になる瞬間ってあるし。湖で飛び込むやつだけやってみたい。

いまいちノレないのは、文化の違いもあるけど全然大学生に見えないのもありそう。笑えるシーンもあまりない。
あと言葉に頼りすぎ、セリフにせずとも深みのある映画の方が好き。エンドロールのラップはいいねー。
心がけとか努力とか以上に、環境ってすごく大事だなって思った。
4

4の感想・評価

3.9
超楽しめた。笑いすぎて幸せだった。
個性が豊かで飽きない。
大学生活をもっと楽しみたい。人生の中で最絶頂な時期だと思った。
「死ぬときに後悔するのは、やったことじゃない。やり残したこと」と、フィンが言った。彼は色々女の子を口説くために地味に名言を沢山言います。
有酸素

有酸素の感想・評価

3.6
輝かしい青春のはなし。ただそれだけに全てが懸かってる。
煩わしいことなんて気にせず飲んでるのが一番楽しい
大学入学までの3日間のお話。

この、どう転んでも青春でしかない、というようなキラキラと輝いた生活を見せられると自分の場合と比較してどうも堪らなくなるけれど、それでもやっぱり見ていて悪い気分はしない。毎日、仲間たちと集まっては女がどうだクスリがどうだと馬鹿話をしたり、気になる相手を見つければアピールしたり、ご機嫌な音楽が流れる中でそんなものをいくつか見せられるとそれはもう楽しくなるに決まっている。特別、大きな山や落ちはなく、そこで映画が終わるのかという部分には前作『6才のボク〜』が思い起こされ、主人公たちの微妙に変化をしながらもそれでも絶えず続いていくのであろう日常の断片を切り取っていることを強く意識させる作りになっていて、深く余韻が残った。

この映画の舞台は1980年だけど、今年公開の『20センチュリー・ウーマン』は1979年、どちらも同じ時代を写しており、また、どちらも音楽的な要素が色濃い映画で類似性を強く感じた。とても良い時代だったのだなと羨ましい気持ちにさせられる。
somebody

somebodyの感想・評価

4.5
DVD #171123

グレンパウエル♡♡♡

欠点の付けどころなかった、、、あぁー青春を取り戻したい
リカ

リカの感想・評価

-
久々リンクレイター監督
80s設定がまず最高で大好きな雰囲気も音楽も詰まってる!80年代のdisco musicで踊るのちょっと憧れ🕺
みんな体格良すぎてビックリする。ほんとに大学生?って感じ。口悪くてハチャメチャだけど本気で楽しそう。。
何事も全力でenjoyだね。
大学生の時に見れてよかった〜!
何事も楽しむマインド最強〜!

何事もやってみよう!
バカヤローの時期ってあっていい。
うん、彼がずっとそこにいたい気持ちも
わからなくもないなぁ。

でもホント、バカヤロー笑
>|