エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に2015年製作の映画)

Everybody Wants Some!!

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

1980年夏、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性豊かで騒々しいチームメイトたちと野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと成長、そして恋を経験する。

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に投稿された感想・評価

コイツら本当に大学生か?と、思わせる風貌は’80年代だからか?
大学野球部の寮を舞台に1980年の新学期が始まるまでの3日間の若者たち!

当時のロックやディスコでフィーバー🕺する彼等がビールとオッパイで頭がいっぱいで楽しそう😁
いろんな事でバカ騒ぎするエネルギーが羨ましくなって楽しい、おバカなんだけど「死ぬ時に後悔するのはやったことじゃない、やり残したことだ!」と言うセリフはカッコいいね!

単なる大学生のバカ騒ぎの軽〜い話、野球の場面が殆ど無い事に笑っちゃいますが
自主練のシーンはビシッと気合いが入り良い顔してます!

自分はピンボールマシンにKISS、LED ZEPPELINなどの音楽ネタが一番楽しめました!エンドロールも。
バカ騒ぎの良作でした!
はる

はるの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後まで野球しないんじゃなくて、自主練だけはちゃんと観せるところが最高。やはりベースボールとマイシャローナを扱う映画にハズレ無し。
「パンク」と言われてたシーンがグランジの萌芽であると描いてるところなど、イチイチ楽しい
Ayasa

Ayasaの感想・評価

-
えっ?ここで?ってとこで終わった。
ビバリーがリートンプソンの若い頃に超似てると思ったら実の娘だった!(笑) 可愛かったあ。

このレビューはネタバレを含みます

愉快すぎでしょw羨ましい!!!
車を走らせみんなで歌ったり女の子達を見かけたら「挨拶しよう」つってクラクションの音に合わせながら「ティーティティティティティ〜〜〜ッツ(おっぱい)」って叫んだり、ビバリーに「後ろの静かな子がいい、真ん中の」と言われ、ジェイクが舞い上がってると、みんなで「確かあの子はこう言った"後ろの男はちんこが好きそう"」とか「ちんこを食べるのが好きそう」とか「あいつのちんこは出べそみたい」って冗談に罵ったり、その直後にビバリーの部屋番を確認しようとしてわざと違う番号を言ったり、冗談を言ったら「冗談はちんこだけにしとけ」のセリフに対しフィンが真面目な顔して「ちんこが冗談?」と食いついたり、女の子との心の扉をちんこで開けるフィンとか、屋根の上で空き缶でゴルフしたり、階段から布団に乗ってボウリングしたり、「女から電話だ、お前のちんこの上に座りたいって!」って電話渡したり、練習直前の更衣室での面白い生理現象とか言って完璧な尻ワザをキメるし、その直後のフィンが「順ぐりでカモにされる、その屈辱をかみしめて次に伝えるしかないんだよ」って言ってる時の楽しそうな顔とか、からの戻ってきたビューターにもやろうとするし、講義の直前にジェイクがビバリーとバイバイした後に茶化すフィンとデイルそして講義をサボるという…笑笑
もうほんと学生のノリ最高すぎる!
学生のノリというか、アメリカだからか映画だからかはわからないが、もうほんとにぶっとんでるよ!俺もあんな楽しく学生生活を送りたい人生だった。

ディスコからカントリーに転向したシーンもよかった。テンガロンハットを被って「イッピカイエー!!!」と言いたくなるもんです。
全員で踊りながら「牛のクソ!」って叫ぶシーンも最高ですね。笑

フィンの「群れの仲間を守るのは動物の本能だろ!興奮した!」のセリフやウィロビーの「自分が変人だと認めて変人を貫けばいい、その時大切なのは自分自身であること、他人に惑わされるな、それができた時に楽しくなってくる」というセリフにはシビれましたね
ライブハウスでのシーンでフィンとジェイクの会話でフィンが話した後に「深く考えすぎるな」「論じてたのはあんただ」「深く考えずに適当なことを言っただけ、ジャズの即興みたいに…」という会話があったが俺もフィンのようにあんな風に話せる人になりたいもんです。

フィンの「死ぬ時に後悔するのはやったことじゃなく、やり残したこと」というセリフ、当たり前のことだと思うんだけど、深いな思いました。このセリフは是非使ってみたいもんです。

てか、フィン役の人、エクスペンダブルズ 3のソーン役の人じゃん!全然気づかなかった…

長々と書いてしまったが、めちゃめちゃ面白かった!それと、ゾーイ・ドゥイッチ可愛い!好き!
順調な大学生活の始まりを描いているのに、これから嫌なことも悲しいこともあることを何となく示唆している終わり方。
物語の「起」を描き、あとの「承転結」は観客に託す。それって観客の想像力を信頼してるからだし、そういう誠実な映像の作り方、とても好きです。
ストーリーや映像演出の評価は薄いかもしれないけど、映像の中だけ評価するのは勿体無い。人生のどこかでふと思い出す映画になるだろうな。
521号

521号の感想・評価

-
おまえら野球しろ笑

こんなファンタジックな大学生活いまからでも送りてえ。

エンドロール好き

人生には情熱とBGMが必要だ
こういうの好き。深く考えずに楽しめる映画。野球馬鹿たちがもう馬鹿すぎて。80年代を感じる髪型、服装もよい~

リンクレーターの時間の描き方が独特で好き。
青春はちゃめちゃ映画だけど、暗さや暴力性がなくてよかった。

迷惑かけてチップを渡すところが日本にはない感じ。

「深く考えすぎるな」
「論じてたのはあんただ」
「深く考えずに適当なこと言っただけ」
Gen

Genの感想・評価

4.0
ゆったりとした流れで進む映画!
ドラマだったらずっと観てられるくらい
面白かった。みんな、それぞれの個性が
強すぎる笑 終わり方も好きだな
2やってほしい
マト

マトの感想・評価

3.8
若者がパーティーしたり遊んだり呑んだくれたりしてるのをひたすら延々だらだらと見せられるだけ…というとクソつまらん映画のように聞こえるけど、なんでか退屈しないで楽しめるから不思議。なにげない会話でもなんか見てられるし、時代設定が80年代ってのもなんとなく肌で空気がわかるからかもしんない。
しかしメンバーとても大学生とは思えないほどむさ苦しい老け顔揃いだ。
「ほら チンコの話で女を笑わせてる」「心の扉をチンコで開けてるんだ」←よくわからんけど印象に残ったw
クサやってるときのレコードはやっぱりピンクフロイドなんやな。でもあのアルバム好きだ。
エンドロールでのチェロキーズによるラップがまた楽しくていい感じのノリ。
>|