エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に2015年製作の映画)

Everybody Wants Some!!

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

1980年夏、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性豊かで騒々しいチームメイトたちと野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと成長、そして恋を経験する。

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に投稿された感想・評価

紺碧

紺碧の感想・評価

3.7
よかったです。
ちょっぴりチャーミングなおバカっぷり。
自分の現実とはかけ離れていたけど。純粋なみずみずしい感情も久しぶりに思い出しました。
普通なら描かれる題材であろう学校生活の直前を描いた作品。このラストの何かが始まる高揚感が印象深い。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

4.2
開拓すべき場所は、自分で見つけ出すもの
jammy

jammyの感想・評価

3.2
開拓すべき場所は
自分で見つけ出すもの

ザ アメリカな大学生活
そら

そらの感想・評価

3.3
ドタバタしていました。
スクールカーストでいう上位のヤツらが大学入学まで遊び切る話。
ラストはやっと大学入ったよって思った笑
これは面白かった!
大学新学期が始まるまでの3日間のドタバタを描いた作品。なんてことはないんだけど、さすがリンクレイター監督。リアルなキャラクターと会話が飽きさせることがない。特にキャラクターはみんな個性的で、こんな奴らと仲間になりたいと思えてくる。女のことしか考えてない彼らが、野球の時は真剣なのがまたいい。
主人公が恋する女の子が洗練されていて可愛らしくて心が洗われた。青春の輝きにときめき、人生を楽しむことを思い出させてくれる映画。これは本当に観てよかった!
板

板の感想・評価

1.8
期待し過ぎてたのか、あんまり入っていけなかった。飲みに行く場所によって服着替えるのは笑えた。
dk

dkの感想・評価

3.7
アメリカ!青春!
そしてジェイクかっこよすぎな。

-夏休み12本目-
ほんとアメリカ人はダンスにパーティーが好きだなぁ。
特に物語の起伏もなく淡々と進んでいきながらも若いノリとか会話が眩しくてダレることなく見えました!
強豪野球部のある大学生の新学期スタートまでのストーリーなんで野球映画かと思いきや野球のとこは一瞬。笑
9割は女性の話して終わります笑

本当に青春だな。80年代のアメリカ大好きなんで本当最高です。
ファション、音楽、車全てがカッコいい。
いい映画を見てしまった感
>|