リアリティ・バイツの作品情報・感想・評価・動画配信

「リアリティ・バイツ」に投稿された感想・評価

kokke

kokkeの感想・評価

4.3
イーサンホーク演じる癖のあるキャラが物語を引っ張っていたと思う。ビフォアサンライズのジェシーの粗暴さとニヒリズムを増幅させつつ純粋さはあのままの感じ。かなり気取った台詞なのにしっくりきてしまうのが凄い。
あと、ライトな物語のわりにカメラの存在感が強く、役者の演技を撮影が支えている印象を受けた。特に寄りと引きの使い分けが絶妙で人物の感情をありありと伝えていた。
73

73の感想・評価

4.5
"僕はこれだけで満足だ タバコとコーヒー おしゃべり 君と僕と5ドル"
"23歳までに自分見つけられなかったな"
配役も音楽もファッションも全部好き!
meechev

meechevの感想・評価

3.1
そっちなのかー!若い時ならイーサン・ホークがいいと思ったかもしれない。
ありめ

ありめの感想・評価

4.5
イーサンホークとウィノナライダー、キャメル、音楽、好きな要素しかないわよ...
MissY

MissYの感想・評価

3.0
公開当時に見たはずだけど「サントラ盤が良かった」しか覚えておらず。久々に、若かりし頃のイーサン・ホークを見たくてTSUTAYAでレンタル。いやー、この頃のウィノナ・ライダーの可愛さよ!そりゃ多少面倒くさい女でもモテるわ!(ウィノナは今どうしてるんだ?)ウィノナの親友がGAP勤務なんだけど、公開当時にGAPはまだ日本上陸してなかったから「?」だった。今なら分かるよ。全国あちこちにあるもの!(Wikipediaで調べて見たら映画公開94年でGAP日本店オープンは95年でした)。大人になって見ると、親がくれたガソリンカード使いまくって、その借金は返したの?とか、つまんないところが気になり(笑)私もつまんない大人になりましたね。。。。ベン・スティラーは、この頃はイケメン枠だったんだよねー、懐かしい。結局、映画のストーリーには、あまり入り込めず(というか登場人物の誰にも共感出来ず)サントラ盤持っていたはずが売ってしまっていたらしく、探してもないので、タワレコのネットで再度買いました。
suna

sunaの感想・評価

3.6
昔見たやつの再見。ウィノナ・ライダー全盛期のかわいさがやばいな~映画としては見返すとちょっと甘すぎというか、トレンディドラマみたいな話。良くも悪くもThe 90年代。音楽はサントラ買うくらい好き。リサ・ローブ良いねえ。
M

Mの感想・評価

4.3
リレイナの毎日を必死に、もがきながら生きてるの好き。共感の嵐。あのラストシーンで探してた男性が帰ってくるのと、リレイナが会うシーン、あの溢れてた想いで柵越えて行っちゃう感じ大好き。
23歳までに自分見つけられなかったなってグッときたな。今その年で、私も自分見つけられなくて、フラフラして、仕事はしてるけど、これでいいのかなって。
恋も友情もそう思うの。今こういう状況だからかなあ。子供の頃は23歳なんてとてつもなく大人だと思ってたから、このリレイナの言葉がささった。
ぴぃ

ぴぃの感想・評価

4.0

ウィノナ・ライダーと~っても可愛い!
イーサン・ホークがとてもイケメン!!
ビフォアシリーズではそんなに思わなかったけど、この映画のイーサンめちゃタイプ🥺

「ジェネレーションX」ていう言葉は初見でした。

このアメリカな感じ好き。
リサ・ローブのStay (I Missed You)も◎
早速ダウンロードしました📲
kensteady

kensteadyの感想・評価

3.5
90年代カルチャーの空気を感じられて良かった。そして、ただただウィノナ・ライダーの可愛らしさを堪能できる。イーサン・ホークも、今ではナイスミドルな雰囲気を醸し出してるけど、この当時はイケメン若手俳優。“ビフォア”シリーズ以前の作品というのが良い。

あと、サウンドトラックが’80-‘90のニューウェーブ・オルタナティブが中心で心地良い。New Orderの“Confusion”のタイミングとか最高!

ストーリーに関しては、リアリティ・バイツ(現実の厳しさ)と言っても、そこまで社会に揉まれる訳でもなく、夢と現実の折り合いをつける年代の青春映画。iTunes Movieで安かったから買っただけだけど、たまに見たくなりそうだから買って良かった。
りょう

りょうの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー映像がセンスいい!
ましてイーサンのただならない色気大爆発!
>|