モスダイアリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「モスダイアリー」に投稿された感想・評価

ホラー要素は意外にも薄味で本質は思春期特有の混乱と解放を描いたティーン向けガールズムービーといった趣。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
ひょんなことから Amazon primeに加入 見たい映画があるだけ続ける予定 NetflixもCATVもある 時間が足りなさすぎる

で 一作目
もちろんのこと サラガドン目当ての鑑賞 完璧に可憐で可愛かった

なのにリリーコールの顔が怖い人形みたいで インパクトが凄すぎた
近くにいたら 怖い

寄宿舎での生活 可愛い制服姿
揃いのネグリジェ姿 どれも良い

でも リリーコールの狙いがわからない
kumac

kumacの感想・評価

3.7
彼女は本当に存在したのか?など真偽に思いを伸ばすことはもはや無粋。
怪談話に「それ本当にあったこと?」と尋ねるのと同じくらいには。

この作品に表されているのは、思春期の、少女の悪夢。
真偽への懐疑を吹き飛ばすくらいには、それだけで十分完結している。

短いカットの連続も青年期のめまぐるしさと焦燥をうまく表現していて、
「桜の園」とは真逆のやり方。
よく分からん話しだった。
エネッサが悪いようにレベッカは言うがエネッサが何かをしたシーンは描かれないし全てレベッカの妄想ともとれる。
全ての元凶と思ってるエネッサをレベッカが殺してレベッカ的にはハッピーエンド?
リリー・コールってほんとに不思議な魅力のある顔をしているよね。彼女目当てに観たけど、彼女が出てなかったらこの映画はちっとも見どころがなかっただろう。
彼女が出てくるだけで独特の雰囲気が出て良かった。内容ははっきりしない描き方でよくわからなかった。
川

川の感想・評価

2.3
2011年の映画だけどもうちょい古い映画かと錯覚する。ほんとになんとなく、小さな悪の華とか、大げさにいうとエコールみたいな不気味さを期待してたんだけど、鑑賞中になんとなく思い出したのは邦画の零だった。ので、ちょっと残念。何系ホラーなのかもうちょっとはっきりさせてほしかった気がする。寄宿学校とはいえはっちゃけ具合は女子高生って感じで好き。RAW見たときの意外性と似てる。生徒の生活描写はすごく好きだったので、そのぶん展開面がちょっと残念…………でもエンディングの曲が良かったです。ネズの木のマザーグースのシーンも好き。
komono

komonoの感想・評価

3.5
寄宿学校で友達とワイワイ新生活!と思っていたのにおかしな転校生がやってきてから周りが狂っていく……
最後まで観てみると全体的にアッサリしてたかなと言う印象……ホラーと言う感じではなく、女の子同士の友達を取られちゃうよ~みたいな嫉妬とか人間関係の部分がおもしろいかな。
ひろ

ひろの感想・評価

2.6
なんかラストがやけに爽やかすぎない?こんな終わり方なのかw
全く怖くないホラーなのかな?
OPの蛾とちょいちょい出てくる蛾の方が怖かったw

レベッカに取り憑いた霊がエネッサ?
もうエネッサは出てきた瞬間から怪しい雰囲気出まくりだった。でも古い時代にはマッチしてる感じでそこはうまく出来てた。
真夜中

真夜中の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

寄宿学校という名の秘密の花園で繰り広げられる少女たちのドラマは雰囲気たっぷり。
レベッカとルーシーという美少女と異星人のような異彩を放つアネッサの歪んだトライアングル愛憎劇がしだいにゴシックホラーの妖気を帯びてゆくところは好みなんですが、登場人物たちの心理や行動原理が希薄でなんとも深みに欠ける印象。
雰囲気だけはあっても内容自体は日本で量産されている低予算の女子高生スリラーとさほど変わらない気が。
それにしても本作のリリー・コールのメイクは怖すぎ。夢に出てきそう…。
aymie

aymieの感想・評価

3.5
父親の自殺を目撃してしまいトラウマになってしまったレベッカ。
寄宿学校で親友ルーシーと出会い、仲間たちにも励まされ、少しずつ立ち直りをみせていた頃、ミステリアスなエネッサが転校してくる。
以来、校内は奇妙な雰囲気に包まれる。

吸血鬼系の映画が観たくなる季節にぴったりの映画です。
映像の中での、美しく、妖艶、不気味、邪悪... な雰囲気嫌いじゃない。
Lily Coleが薄暗い部屋でChopinのNocturnesを奏でる姿が素敵。
比較的ふわっと感が強かったように思いますが、もっとグロテスクな感じでも良かったです。
>|