東京大学物語の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「東京大学物語」に投稿された感想・評価

田中圭、当時はかっこいいより、なんか一生懸命で不器用な感じの印象だったけど。
今はみんながときめく大人のいい男だなー。
モエ

モエの感想・評価

-
これすごく前に田中圭が出てるからと思って見た記憶あるけど、なんだかみんながみんな馬鹿すぎて所々むかつくところもあってドタバタしてる映画だったなぁ
悪杭

悪杭の感想・評価

-
2007年 鑑賞
有名漫画の実写映画化っぽいけど、なんか違う。原作者が自ら監督をして、あの有名オチへの言い訳したい的な作品。あのオチ違う、変わっているなんて言われてたから鑑賞したのに... 映画のオチは更に●ソだ。鑑賞すべきでないと思った作品の一本。
エロオヤジタレントとしてテレビに出とくだけでよかった。
馬鹿らしい恋愛?映画で賛否両論があると思う。私は否で最後も理解に苦しんでネットで調べたら原作の漫画と違う終わり方になっているらしい?よくわからない映画だった。
良い子

良い子の感想・評価

4.0
水野遥の果てしない母性に感動。演出が飛んでしまっており、作品のボリューム感を考えると致し方ないのか。絡みの部分は田中圭君の艶っぽい肉体が良い具合に女性陣とマッチしている。夢を見ることも悪いもんじゃないと思えた。
ip

ipの感想・評価

1.0
原作はまぁまぁ好きなんだけど、原作者の江川達也自身が監督としてわざわざぶち壊しにした感じの作品。何故、原作者自らが大切な世界観を台無しにするのか。

あと、東大の合格発表って受験番号の下に名前なんて書いてあったっけ。遠い昔に一回行っただけだから覚えてない。

範田紗々がAVデビュー前に脱いでいますが、三津谷葉子は脱いでるけど見せない。
人の知性はしゃべり方に表れます。熱演した三津谷葉子には申し訳ないが知性ある水野遥を演じきれてはいなかったなぁ。賢そうに見えないから。田中圭にも言えるけど。

遥の一途なところに引き付けさせたいんだろうけど、そんな女現実にはいませんから! 関わりが薄くなった男をいつまでも想う女など絶対に存在しません。

最後は作り手目線をバラすこんな映画作りましたよって最悪の手法。今までにないことしただろってドヤ顔が最悪。今まで誰もしなかったんじゃなく、タブーというか上手く締めくくれないときの逃げでしかないだけだよ。
べ

べの感想・評価

1.0
田中圭が出てるから観た。
少なくとも、愉快な気持ちにはならない。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

4.5
名作。酷評しかないので驚いたが、たしかに、原作漫画を読んでない人にはわけがわからないだろう。

頭のおかしいマンガが、見事に頭のおかしい映画になっている。実写化することで登場人物の「ありえなさ」がさらけ出される。怒涛のラストは何も知らずに見てほしい。「本人出演」のある映画では最高傑作だと思う。
マイクD

マイクDの感想・評価

2.5
漫画に忠実だなっと思ったら、江川達也が監督だったのね。しかも本人が出てくるし。『まじかる☆タルるートくん』のキーホルダーなど自身の作品ぶっ込みまくりです。『GOLDEN BOY』とか昔は江川作品大好きだったなぁ。本作、ソフトオンデマンド制作とのことで、ちょっとエロかったですw。村上直樹役に田中圭、水野遥役に三津谷葉子と2人とも原作のイメージとちょっと違ったけど、身体張ってたところは良かったです。グラビア時代の三津谷葉子はあまり知っていなかったのですが、うん、普通に可愛いですね。今後も活躍して欲しいものです!
くろ

くろの感想・評価

2.5
息抜きに若かりしころの田中圭を鑑賞。

遥のぽーっとしてる感じや、一途さはだんだん観ていくうちに愛しくなったので、最後は悲しかったな。
ラスト5分の演出は好きじゃなかったけれど、言いたい事は伝わったのでぐっと堪えました。

まだあどけない20代前半の田中圭は可愛かったしエロかった。
綺麗なお姉さん方もばんばん脱ぐし。
制作会社がそういうところなのは後から知りました。なるほど。
>|