東京大学物語のネタバレレビュー・内容・結末

「東京大学物語」に投稿されたネタバレ・内容・結末

人気漫画家・江川達也の代表作として知られる同名コミックを、江川自身が初メガホンを取って実写映画化した青春ラブコメディ作品ということで。

印象としては、可もなく不可もなくといったところですかね。原作は未読などで比較は出来ませんが、物語は決して悪くはないですし、キャスト陣の演技はやや大味なところはあるが作品の評価を下げるようなものでもない。そして、原作を読んでからの視聴だと、"配役が合っていない"などといったありきたりな声は上がりそうだが、実写映画のあるあるですし、とくに気にするような事ではないのかもしれませんね。

ただ、唯一気になったのは、江川達也本人が登場してからのシーンがどうも微妙。重要なシーンであることは理解できるのだが、伝えたいことが視聴者に素直に届かないといったところで、正直に言ってしまえば、なくても良いかと。本作は暇つぶし程度に観るくらいが丁度良い作品ですね。
漫画は遠い昔に途中まで。オチは知ってる。

まさかの作者自ら監督。
期待して観た訳ではないがソフトオンデマンドのロゴから始まりいきなり先行き不安になる。

漫画の印象って村上が頭でっかちの自尊心肥大したスケベな妄想野郎でコマの中を字だらけにグダグダ夢想してたイメージだったが遥の視点で普通な恋愛青春系になり肩透かし。

オチは変わってはいるがラストに二転三転みたいにひっくり返す手法は変わらず。
村上くん最低!

途中までの話は思いのほか楽しめた。
雪が肩と頭に積もっていくシーンが特につらかった。一歩間違えたら怖いストーカー女だけど、そこは純粋で切なく描かれていて良かった。

ラストは最悪、って思ったら妄想かよ。
って思ったら漫画の構想かよ。
って思ったら監督のナルシシズム映画かよ。
っていう最悪より残念な終わり方だった。

江川監督がもっと謙虚な人物だったら、漫画や脚本や監督と、やりたいことをやっていてすごく尊敬できる。
予想外な結末からの予想外な結末からの予想外な結末?結局どれが本当のラストなのかわからない不思議な感じ…。前半はめちゃくちゃだけど後半は意外にシリアス。なぜ浮気した!!!田中圭やばい。