ゼロ・グラビティのネタバレレビュー・内容・結末

ゼロ・グラビティ2013年製作の映画)

Gravity

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:91分

3.6

「ゼロ・グラビティ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ジョージクルーニーがさ、生きてると思ったじゃん、でも死んでたじゃん、泣いたよね
映画館で見なかったことを激しく後悔した作品。無駄なシーンがなく、自分も宇宙にいるような緊迫感で、飛行機の小さな画面なのに手に汗握りながら観た。
ご都合主義と言われてもいいから、ジョージ・クルーニーには生きていて欲しかった。でも、そこから諦めてた主人公がまた生きようとする姿にとても感動した。ただただシンプルに生きることの素晴らしさを教えてくれる。
「無重力空間グルグル」「IMAX3D必須」みたいな評を聞いていたので、ギミック系SFかと思い敬遠していたのだが、正統派のドラマでじつに感動した。

「コンタクト」や「インターステラー」の系譜につらなるハードSF。リアルな科学考証のもと、テーマはあくまでも身近で本質的な人間の成長譚。サンドラ・ブロックかっこいい。大人の男ジョージ・クルーニーが泣かせる。

無数の人工衛星の破片とともに大気圏落下するサンドラ・ブロックのすがたに、感じたことのない気持ちの高ぶりをおぼえた。ものすごく身近で人間的なテーマなんだけど、このストーリーはやはりSFという約束事のなかでしか描けない。
予告編が怖すぎて、映画館でしかも3Dだなんて絶対に耐えられない、と思ってなんとなく敬遠していたのですが遂に見ました。
思っていたよりずっと怖かったし、
思っていたよりも圧倒的に美しいと感じました。
こんなに美しい地球を体感できるのなら、どんなに怖い思いをしても映画館に観に行けばよかったです。
彼女が地球に還るとき、救助シーンは一切描写せず、たったひとりきりなのがとても良かったです。最後の「ありがとう」が印象的ですね。
私がよく読む映画レビューサイト「なぜ犬は尻尾を振るのか。」に書いてあってなるほどと思ったのですが、中盤から彼女は本当に生まれ変わったかのようです。
素晴らしい映画でした。
確か映画館でも一回観た気がするけど、無音という「音」の圧がすごい。
静寂の世界で、文字通り地に足すらついてない状況の孤立感の表現が強烈。
映画というかほぼアトラクションのよう。

そして何より地球に帰還した時の重力感。別に4DXでも何でもないのに、体にズンと重みを感じるし、地面という存在への安心感がすごい。

とはいえ他の宇宙孤立系映画(?)に比べるとトラブル対応の繰り返しで地味ではある。
幼い娘をなくしたライアン博士と宇宙飛行士達は帰還を間近に控えていた。
しかし事態が急変し生存者が2名、ソユーズに向おうとするが残酸素が5%という絶体絶命な状況に。
ソユーズに乗り込もうとするがまたも絶体絶命に。彼女はコマンダーを助けようと試みるも叶わない。
その後、残されたライアン博士は、過酷で孤独な状況下で様々な困難に遭遇し、帰還を諦めそうになる。
しかし夢を見る事で自分と向き合い、帰還を諦めずに挑戦する。
そしてなんとか帰還を果たし地球でたくましく生きていく決意をする。

居心地のいい世界にとどまり、現実の世界のしがらみから逃避し続けることは、死んでいるも同然。
しがらみや面倒はどうだっていい。
死者とは違い、人間は自分の人生において選択する自由がある。重力に象徴される現代社会のストレスやしがらみはどうしようもないものであるが、生きることや人生の意味はそれすらも必要とする。

人生は奇想天外な旅。
過去のしがらみにとらわれてたら、
未来に進むことができない。
過酷な状況下でも信じること。
何かしら手段は必ずある。

神秘的なメタファーが至る所に隠されてて
面白い。
登場人物の少ない静かな映画だが、全編を通して緊張感が漂う。息を呑みながら鑑賞した。
飛行機の小さな画面で鑑賞していたのだが、最後のシーンはこちらまで、重力がある安堵を感じた。かなり良い映画だと思う。
観ながら緊張感やらで息苦しくなった。
最後、帰還して立ち上がるシーンが重力の存在を感じられて良かった。
ジョージクルーニーがもう頼れる兄貴すぎてどんな困難があっても乗り切れそうやったわ!サンドラは逆にパニックなりすぎまぁ当たり前なんやけどずっとパニックやったやん!
映像がとにかく革新的すぎていったいどうやってとってんねやろ また新しいステップに進んだな
んでこれってまた孤独登場人物ほぼ一人系の映画やからこういうの好きなんです
これは確実に大画面3Dでみるべき映画でした
凄まじいど迫力やったやろうな損したわ
あと宇宙がめっちゃ怖くなっhttp://s.ameblo.jp/kamiyamaz/entry-11682048717.html
ジョージクルーニーもサンドラブロックもかっけえなまじで(小並感)

宇宙空間という「よく分からない場所」が舞台で、尚且つ地球との交信が途絶えて独りきりという状態なので、内容に広がりを持たせるのは難しそう。
>|