ゼロ・グラビティのネタバレレビュー・内容・結末

ゼロ・グラビティ2013年製作の映画)

Gravity

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:91分

3.6

「ゼロ・グラビティ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

スーパージョージクルーニーだと思ったら幻覚だったからシュンとなった
単純な話だが映像がすごい。映画館で観たら相当な迫力だろうと思う。ジョージ・クルーニーが早々と退出してしまって残念…。
ある女性の再生を描いた物語。

構成は至ってシンプルで、宇宙での作業中に事故に遭い、危機を乗り越えながら、地球へ帰還するもの。

ただ、その過程の宇宙空間の映像をとんでもないクオリティで描いている。

演出がクールで、無駄が全くない。ジョージ・クルーニーの存在もとてもクール。ラストシーンも最低限必要なカットで終わる。
自分にはちょうど良く感じたけど、人によってはストーリーが物足りないと感じるかも。

あえてどうやって撮影しているかを知る必要はなく、リアルな宇宙空間の映像に酔いしれ、生きる力を学ぶ作品。

上映時間も短く、鑑賞しやすかった。
宇宙で漂流するのって、海で遭難するとか、山で遭難するとかとは話が違う。
「ばったり誰かと遭遇する」というハプニングは100%絶対に起きない。自分から何かをしないと絶対になんとかはならない。
苦難に陥っても諦めないライアンを見て、背筋が伸びる思いがした。

宇宙空間に放り出されてどんどん遠ざかっていく人間が無数にある星のひとつと見分けがつかなくなる絶望感たるや。表裏一体である宇宙の美しさと恐ろしさに震える。

エマニュエル・ルベツキの撮影手腕もあいまって、鳥肌が立つような宇宙の映像に引き込まれた。映画館で観たかった~!

最後、地表に帰還して地面を踏みしめたライアンなめの煽りカットからの『GRAVITY』タイトルロゴがかっこいい。
ゼロ・グラビティじゃなくてグラビティでなくちゃあのカットは意味をなさないと思う。

ストーリーは一直線だし90分というタイトなランニングタイムなのにすごく濃密な作品。とても好きだった。
息ができない、苦しい。

顔面に穴が開いたシーンで
もう見るのやめようかと挫けそうになった。

その後それ以上にグロいシーンはなかったので、なんとか鑑賞できた。

全部観てよかった。
サンドラ・ブロック最高。
2018年127本目

宇宙空間での任務中に事故に遭いながらもただ一人孤独ながらも生還しようとするサンドラ・ブロックの演技がとても上手い。映像も綺麗なこともあってその場にいるような感覚になる。任務中の相方がジョージ・クルーニーなので安心感となんとかなると思わせる。
テンポよく観れた。次から次へと起こる悲惨な状況に観ているだけでも苦しくなるし勘弁してくれ、と思った。宇宙こわいな。最後地球に帰ってきたシーンでは、重力と酸素がある地球の素晴らしさを改めて感じた。また、他の人のレビューで生命の誕生を表現しているとの考えをみて、すごいなと思った
悲惨な事態とは裏腹に美しく見える地球が皮肉。


観てないと思ってたが1度鑑賞済みだった。

生きていくのに必要な酸素がなく、温度差の激しい宇宙で生を掴み取る。

次から次へと悲惨なことが起こるので観てるこちらとしてはひやひやしまくり。

所々で胎内での様子を彷彿とさせるシーン(狭い空間で丸まる)があり、最後には地球に両足を付けて立ち上がるところは出産をイメージしてるのかなと。結局、白い宇宙服を着たたくさんの宇宙飛行士(精子)たちのうち、過酷な環境下で皆死に(酸性条件下で精子は死ぬ)、博士しか丸い機体(卵子)に乗って地球に戻れなかった訳で。

当たり前と言われるかもしれないけれど、出産ってこの世に生まれでるための競走で、神秘的ですね。

途中に入っていた心音なんかもよかった。

単なる宇宙の映画だとは思えないからこそ評価されるのだろう。

あと中国の天宮の中でピンポンがふやふや浮いてるのがツボ。
ヒューマンドラマや複雑なプロットはないけど、おもしろかった!映像美と圧倒的な没入感もすごいね!だからこそラストの地球最高かよ感、ハンパない
物語自体はシンプルだが、「生きる為に必要なものがほぼない」という究極の極限状況をしっかり描いていてスリリング。無駄がないので最後まで飽きなかった。酸素と重力のある地上にいることに感謝できる映画。

ただ、最後の着水して溺れそうになる下りはあまり必要なかったんじゃないかなと思った。ラスト直前にもう一回ピンチになるとこ入れとくかみたいなのはしなくていい気がする。あと、カエルが苦手なので宇宙でのどんなスリリングなシーンよりも着水した時に出てきた大きなカエルにヒェッてなった。
>|