ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

akiRa

akiRaの感想・評価

3.9
いい!
とってもいい!

SFホラーの魅力たっぷり!
ラストまで気を抜けない展開には満足満足。
脅威の火星ヒトデが人類に牙を剥く〜!!

登場人物が少ないからみんな1人ずつやられていく、、(これの好み)バリエーション豊富で、次々と死んでいく仲間たち。
ここまで反撃できないパターンも珍しいね。
死ぬことわかってて次は誰がやられる?
って楽しみ方はホラーの醍醐味だよね!


そして全編通して宇宙船内だからみんな宙吊りでの撮影。
凄いねぇ。
動きも凄いねぇ。
映像も凄いねぇ。

ストーリーも良くって期待を裏切らないラストにはウッハウハでしたら(@´ω`)
けん

けんの感想・評価

3.0
登場人物に魅力を感じなかった。
だが、ラストの展開はなかなか
ラストシーンはもうちょいなんかあっても良かったんじゃないかな?
しかしエイリアンの不気味さは凄かった。
「ライフ」観了。
どんな優秀な研究者の集まりでも、後先が計算できないうっかりさんは存在するから気をつけて、うっかりさんは外見や普段の行動ではわからないこともあるよ、という教訓の映画かな。エンディングで観ている全員が同じツッコミをすること請け合い。
Hellyeah

Hellyeahの感想・評価

3.0
追い詰められてくのは綺麗な映像やCGでとても緊張感がありよかったのですがストーリーは ネタバレを先に見てから見てたっけ?と思うほどベタなSFでつまらなかっです。
EMi

EMiの感想・評価

4.0
システムエンジニア真田広之がカックイイィィ!!!
「ぼくタコの赤ちゃん、🐙今から世の中に飛び出そうと思うの。よいしょ!よいしょっ。」ゆらゆら〜。出だしは、あー、いつもの感じやね〜。ピクミンみたいな宇宙生物の赤ちゃんをツンツンしたりして可愛がってるととんだことになって宇宙ステーションのクルー達が襲われていくよ!って、こんなのどんだけ見てきたか〜。

と思いきや、地球の子供にカルビンと名付けられたこの生物にだんだん魅了されていきました。タコだけど、たこじゃなーーい!カマキリ?クリオネ?なになに?不思議〜!ゆらゆら〜、くるりんぱ!

カルビンに追い詰められる、クルーたちも豪華豪華。ジェイクはこんな映画でも演技に余念ないね!そこに、まさかのライアン・レイノルズの無駄遣いとか、真田広之も大活躍で嬉しいし、レベッカ・ファーガソンとかね。

カルビン襲い方エグいけど、へ〜!そんなことするんだ?!って感心しちゃうし、キモいのよー。

最後も、いい具合のオチで、Spirit In The Skyがエンドクレジットで流れてきた時にはニヤケてしまいました。

「チャイルド44」と同じ監督作品と知って、なんだか妙に納得しちゃった。

このセンス、好き好き。
mossxo

mossxoの感想・評価

3.5
超王道なSF娯楽作って感じ。なにぶんキャストが大変豪華で見応えあり。真田様最高。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.7
通っている大学とTSUTAYAがコラボして、
ブルーレイ上映会を開催!(もちろん、無料。笑笑)
いつもあまり行くことのない、新しいキャンパスに行って鑑賞!

地球外生命体を回収した宇宙ステーションの船員たち。
歴史的大発見に喜ぶ彼らだったが、それは悲劇の始まりだった...。

というわけで、
上映会は
「ライフ」(←本作)
「メッセージ」
の二部構成だったのですが、
「メッセージ」は以前観たばかりでしたし、
鑑賞後、本作のパクr...、いや、オマージュ元wの「エイリアン」を観たくなりまして、一部だけ参加することに...。
とはいえ今回のイベント、宣伝がいまいちだったのか?
参加人数は僕も含め、5人しかいませんでしたwww
いや~、もったいない、
室内の空間が丁度良い感じに寒くて、映画(特に終盤のシーン)と同じ状況で楽しめる絶好の環境だったのに...。

おっと、失礼いたしました。
ここから、感想です!笑

この作品、前述の通り、「エイリアン」から影響を受けていると聞いていたので、どれほどのものかと期待して観ていると、
OPは、むしろ「ゼロ・グラビティ」に近い雰囲気でした!
まるで、ワンカットの様なシーンで宇宙ステーションの中の様子を追っていくカメラ、しかし、そこに映されるのは無重力の世界で、カメラもそれに合わせて動いていくという手法が、中々斬新で印象的でした!

あ、とはいえ、もちろん「エイリアン」要素もしっかりありましたよ!
タイトル以降は、
いかにも「エイリアン」現代版という感じで、物語の展開はもちろん、タイトルの行間の取り方なんか、そのまんまでしたし。笑

前述の2作品に共通する
"閉鎖空間の中での恐怖"
を描いていたのも良かったですが、
個人的に面白いなぁ、と思ったのは、キャラクターの背景を「エイリアン」以上に深く描いていたこと。
これのおかげで、"人間の死"は、より理不尽になっていましたし、ちょこちょこ豪華な役者を使っている分、「えっ!この人殺しちゃうの?!」という予測不可能な展開も後押しして、作品がもつ絶望感は、一層高まっていたように思います。
ネタバレは避けますが、そんな中でのラストも、
王道の作品がそうするであろう展開を上手く利用して、結構リスキーな選択をしているのも好印象でした!

まぁ、真田広之さんが、
日本語でしゃべるシーンで日本語字幕が出てくるのは、いまだに納得いってないんですけどねwww

というわけで、
(「エイリアン」+「ゼロ・グラビティ」)÷2=「ライフ」
というような等式が成り立つような本作でしたが、ぜひ、これからの冬の時期、友達と一緒にひやひやしながら観るのにピッタリなSFスリラー映画でした!!
結構好き。宇宙空間での絶体絶命な感じ、最後のおち、気持ち悪くもあるけどよかった。
>|