ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.3
カルビン強すぎ…
まるでエイリアン。でも本当にこういう可能性もゼロじゃないから恐い。
栞

栞の感想・評価

3.8
マジかぁ…

見てる最中、ずっと体に力が入っててしんどかったー!笑

最終的にそっちだったか〜マジか〜笑

ホッとする間がなくて、かなり良くできたSFホラーだと思います!

宇宙空間もリアリティあってすごかった。
国籍や性別が違うだけで争ってるレベルなのに、異星人なんかと仲良くできるわけないだろうと思う今日この頃、この手の敵対的地球外生命体を扱った映画は大歓迎である。

さて、内容と言えば閉鎖的宇宙ステーションで地球外生命体が逃げ出した、という「エイリアン」に真っ向勝負を仕掛けたようなお話なので、「エイリアン」と比較して考えてみる。

搭乗員の男女比は4:2で計6名(アンドロイド:アッシュ除く)と両作品同じであり、かなりフィーチャーしている様子。
逆に異なる点としては日本の扱い。
ウェイランドユタニという日系企業を出して公然と日本叩きをしていた「エイリアン」とは対照的に、本作の日本人であるショウ(真田広之)は頼りになるエンジニアとして登場している。
日本は許されたのか(笑)
ハリウッドSFホラーに日本人が出ているというのは何かうれしいものがある。是非生き残ってほしい(笑)

次にエイリアン:カルビンについて。
デザイン的にはヒジョーにシンプルな、悪く言えば大した特徴もない生き物だ。
これもまた「エイリアン」をフィーチャーしてか、人の体内に侵入し大きくなっていくという特性があるようだが、エイリアンと違い口から入って
口から出ていく行儀のよい生き物である。
とにかく見た目が弱く、ゼノモーフのような生理的嫌悪感を感じるまでには至らず。
これはギーガーが凄すぎるのでしょうがない。

最も異なる点は「リプリーの不在」。
ネタバレしない程度に言及すると、この映画には2名の女性がいるがリプリーに該当するようなエイリアンに立ち向かう女性キャラクターは存在しない。
さて、リプリーのいないエイリアンが面白いでしょうか。
面白くないんだ、これが。

勇敢に敵と対峙する聡明なヒロインがいない場合、どういうことになるのか自分の目で確かめてみてください。(どうしてもという場合は確かめなくてもよい)
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.7
まあ、人の趣味は人それぞれ…とやかく言うことではないけど…

おれの友人にSFダメという輩がいる。
「なんかSFという時点でもう絵空事というかまったくリアリティを感じることが出来ない!」そうです。

SFさえあればいいと思ってるおれにしてみれば
「え~!」である。
「だってSFは同時にラブロマンスだろうがホラーだろうがアクション、ミステリー、あらゆるジャンルを包括出来るじゃん!」と思ってますから…

かれは映画ファンなのに「ブレードランナー」も「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も「エイリアン」も「ターミネーター」も「第9地区」も観てない!

きっと生まれ育った環境のせいだ。
おれは子供の時、アトムや鉄人28号、仮面ライダーからウルトラマン、ガンダムに至るまで全てSFに囲まれて育った。
きっと彼は「火曜サスペンス劇場」とか観て育ったにちがいない。

SF嫌いという点を除けば映画の趣味も合ういいやつなんです。しかし彼と話をしたあとは無性にSF映画が観たくなります。そこで「ライフ」…もうこういうSF大好物です。

火星の土の中から発見された未知の生命体…最初は可愛いやつなんですが…次第に宇宙飛行士たちを脅かしていく。

豪華配役陣の中でやはり真田広之の活躍が嬉しい。
その昔…角川映画などで観たとき、なんて美しい若者だと驚嘆しましたが歳を重ねても美しいですな…無精髭に色気があってハリウッドのイケメン俳優に混じっても負けてないぜ…

この映画終わり方も大好き…子供の頃…テレビの洋画劇場なんかで観たらドキドキして夜眠れなくなるやつやん😁💦

SF嫌いのあいつと一緒に観たかったな…きっと見終わったあと激怒するんだろうな😁💦
Kent

Kentの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人のイメージを覆すとんでもないモンスター、カルビン。


地球では我が子が誕生し幸せな家庭を持ったショウとは対照的に、半身不随の生物学者、ヒューがカルビンを我が子のように溺愛していく姿。

ラストは予想通り。あぁ、コレはアレね。カルビン諸共カーズ状態になるわけねっ。て思ったらまさかのトラブルで地球に落ちるパターン。

しかもチャイニーズの爺ちゃんが脱出ポッドを開けちゃう。

やめろ!地球滅びちゃうだろ!

このレビューはネタバレを含みます

SFホラー。カルビン気持ち悪くてこわい。キャストは豪華らしい。終わり方も読める。登場人物のサイドストーリーとかは浅い。
24

24の感想・評価

3.1
カルビン、無敵過ぎ
エイリアン(リドリースコット)よりタチ悪いわー

ラストのオチは
未来を想像すると恐ろしいね
iko

ikoの感想・評価

3.6
いやー怖い。途中で止めようかと思ったけど、観てしまった。そして終わりが、、、。
ジェイクギレンホール、レベッカファーガソン、ライアンレイノルズ、真田広之といった超一級スター達を存分に使って作られたB級SFスリラー。

火星から持ち帰った地球外生命体カルビンがISS内の宇宙飛行士6人に襲いかかるという内容。

このカルビンのキモいことったらない。笑

人間いろんな方法で死ねるけど絶対こいつの手にかかって死ぬのだけはやだと思いました!笑笑

序盤の擬似的なワンカットでみせるカルビン回収シーンやライアンレイノルズの相変わらずのデッドプール感。真田広之の人間味あふれる感じの役に対し、ジェイクギレンホールの見た目や性格的にどこか常人離れしているような役とか見ていてとても面白かったです。こいつはこいつで実は地球外生命体なんじゃねーかとか深読みしちゃいました。笑笑

軽い気持ちで鑑賞したら思いの外良かったです!エイリアンシリーズ好きにはたまりませんでした!!
やまと

やまとの感想・評価

3.9
◆国際宇宙ステーションで火星人と対決というストーリーだけみたらB級感ありますが、キャストとラストがもうS級です。久しぶりに異星人もので当たった感じあります。
◆ジェイクギレンホールやっぱいいですねー。役作りがしっかりしてて観る映画一つ一つ全然違う役になっててストイックさ感じます。ナイトクローラー→サウスポーの順でジェイクギレンホール見てたので、久しぶりに今作で見たときやっぱすげぇなと。
◆ライアンレイノルズも出てるんですが、デッドプールの時同様、お喋りキャラです。クルーの中でも熱い奴、冷静な奴、仲間思いな奴、とキャラがしっかりしてて、そこも面白かったです。
◆火星から持ち帰った土に付着していた細胞体が日に日にでかくなるんですが、その過程が凄くショッキングなんです。
始めはウミガメの赤ちゃんみたいに可愛くて、段々タコみたいになって…🐙
◆駆除シーンもなんか普段家でゴキブリを殺そうとする既視感あり、実際これ見た後にゴキブリが出て超騒いでしまった。
>|