ライフの作品情報・感想・評価

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

3.4
キャストはすごい豪華なのに全く使いきれてなく残念。ライアン・レイノルズがぁぁ(*⁰▿⁰*)なんでこれに出たの⁉️
ジェイクも真田広之もでてます。
ふつうのエイリアンものとはちょっと違うのかな。まあラストが一番というか、ラストだけがおもしろい。監督はこれだけやりたかったんだろうな。
shamoji

shamojiの感想・評価

3.4
コレ系は大好物。
頭空っぽで観れる。
ラストも王道で良し。
カルビン君恐るべし。
たいし

たいしの感想・評価

3.0
これでもかってくらい理不尽すぎる意味わからなすぎる可愛そすぎる展開に冷める。
役者はすごい良かったのに。
まりも

まりもの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

星新一みがあるが、SF作品としてというよりもパニック・ホラー作品としての完成度が高かったように思う。終わり方はやっぱり…といった感じの、絶望的な後味の悪さ。救いがなくて本当に最高。ああは絶対なりたくない!
yuko

yukoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

手に汗握る系大好物&ジェイク好き&レイノルズ好きの私としてはとってもとっても楽しめたんですが!!結構酷評も多くてびっくり!!笑
まあありきたりっちゃありきたりだし目新しさがないとかはあるけど…それでも私にとっては結構気分悪くなるレベルでハラハラできて楽しめたー!!!

初の地球外生命体をゲットしテンションがあがる宇宙船の乗組員6人。生物の教科書に載ってそうな細胞だったカルビンは酸素のもとでどんどん成長。あら可愛いわねーなんて言ってるのも束の間。凶暴性と知能を兼ね揃えた物体と化す。通信手段も遮断され絶体絶命に陥ってしまう。

以下ネタバレ。
映画のジャケットはさ、ジェイクとレイノルズとレベッカさんなわけで、やっぱり知名度的にも、3人が最後まで残るとか思っちゃうじゃないですか。一番最初に死んじゃうのがレイノルズって!!!しかも死に方が結構悲惨…怖い悲しい。

ヒューだったっけ?研究担当で一番カルビンを可愛がってた彼。彼は死ぬ間際、足に巻きついてた事わかってたと思うんだけど、あえて何も言わずにそのままにしていたのはなんで・・・?彼の足が麻痺してたから気付かなかった、てのはなんとなくわかるんだけど、あの表情見たところ、あ、中に入ってきてる、みたいな気付いてたような気がするんだよな〜気のせいかなー。周りはカルビンが違う部屋にいると思って、空気を抜こうとしてたのに、結局同じ部屋に入れちゃったってことでしょ…?だとしたらなおさら何で何も言わずにそのままにしておいたのかわからなかった。何か見落としてたのかな;

やっぱりジェイクが一番すてきだった。どこか影があって、最後は自分を犠牲にして(!)、涙を拭いてあげるシーンとか、あぁ素敵ーなんて思いながら。レベッカさんは、なんだかなぁって。最初は隔離隔離言ってた彼女が最後あぁなってしまうのはもう何とも言えません。

オチについては予測できてしまうけど、ああいうオチ、とってもいいよねー。全てが無駄!ジェイクの覚悟も頑張りも全てが無駄!!素晴らしい。笑

ああなんか私この作品、結構好きかもしれない。笑
maverick

maverickの感想・評価

4.1
ラストで結構評価が分かれるかな。全体的にも予想通りと思わせて意外な展開に度々驚く。SFホラーで、『エイリアン』によく似た展開でとにかく怖い。ビビりな自分はびくびくしながら鑑賞した。でも面白いと思えたのは、人間ドラマとしてすごく丁寧でリアルに作ってあったから。変に誇張しない自然な芝居が物凄くリアルな生活感で引き込まれた。キャストは存在感ある魅力的な人材ばかり揃えているが、みんな円熟味のあるしっかりした芝居で、変に誇張しない所が落ち着いて観れる。一流役者のアンサンブルが素晴らしかった。映像も綺麗。思いきった展開は評価は人それぞれでしょう。
のあ

のあの感想・評価

3.6
好きな感じのドキドキ・ハラハラ感で、終わった後に面白かったー、と思える作品でした。特に王道B級っぽいな~という終わらせ方が良かった。エイリアン物って色々あるけど、こういう地球外の生命体はどこかに存在していそう。最初から敵意剥き出しで攻撃してきた訳ではなく、接し方次第でこの惨劇は避けられたのかもと思えたりしてゾッとする。キャストも豪華でなかなか見応えがありました。
あや

あやの感想・評価

3.5
DVDで鑑賞

SF、クリーチャー系が好きだけど基本的にはエイリアンシリーズと変わらないかなー?と思ってた。
でも観てみたらエイリアンとはまた違った怖さ、そしてクリーチャーの造形の良さ!

エイリアンシリーズは基本的にパワーがあるから一撃で人を殺せちゃうけど、本作のクリーチャーはサイズが大きいわけでもない、めちゃくちゃ素早いわけでもない、一撃で人の頭を吹き飛ばせる力があるわけでもない。だからこそ工夫して進化してじわじわと自分の敵や捕食対象である人を襲う、っていう生物ちっくなところがとっても素敵だった!

最後の展開も読めてはしまうけど、どうにもならない絶望感というか、そういう展開好きだなーと改めて思った!
AYAKA

AYAKAの感想・評価

3.3
SF嫌いの方、これを観ると変わる。

噛み砕いて言うと、宇宙でミカヅキモみたいな生命体を拾って持ち帰り、6人が乗る宇宙船で育てて「わーい未知の生命体発見だー!」って名前まで付けて可愛がっちゃってさ……
でもそれは驚異的なスピードで成長する。
賢くて、強くて、人間を食べちゃう。
未知の生命体VS6人の宇宙飛行士
の物語!
宇宙という舞台が最高のシチュエーション。無重力だから思い通りに動けないし、閉塞された空間だし、酸素は無いし…
観てる側も息が苦しくなるスリル満点の作品。
最後は皆さん大好きな!(私だけ?)
大どんでん返しが待ってるよ!
主人公に感情移入しながら素直に観ることがオススメ。
サスペンスやミステリーばかりで
ちょっとマンネリ…なんて方はたまにはSFもどうでしょう♪
真田広之が日本人宇宙飛行士として出てるのがなんだか嬉しかった。
NAO

NAOの感想・評価

3.4
2018.04.18 on dvd (吹替)
-----------------------------------
古典的SFスリラーを旬の俳優陣で
-----------------------------------
エイリアン世代じゃなくても、このカテゴリ作品観たことある人には終始既視感しかない(ただこの豪華俳優陣であの死の順番は予想外、ここだけ良かった)。初めて観るにはいいかも。
しかし毎回思うけど、せめて渡辺謙&真田広之は本人が吹替してほしい。。
>|