ゼロ・グラビティの作品情報・感想・評価

ゼロ・グラビティ2013年製作の映画)

Gravity

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:91分

3.6

「ゼロ・グラビティ」に投稿された感想・評価

OO

OOの感想・評価

4.5
最初から最後まで緊張感があるなかで抑揚のある人間の心情の動きがあるのが良かった
RAY

RAYの感想・評価

4.0
映像美。

宇宙空間の中で、生と死に向き合うが、その恐怖さえも美しいと感じてしまう。

タイトルはゼロ・グラビティという事だが、最も重要な言葉はgravityだ。
ゼロを知ったからこそ、gravityを味わう事が出来た。

そして、そのgravityを素晴らしい演技で表現したサンドラ・ブロックさんには最大級の拍手を送りたい。

良い映画でした。
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
突発的事故により無重力空間に投げ出された宇宙飛行士たちの極限状況を描いたスペースサスペンス。ライアン博士と宇宙飛行士・マットは、スペースシャトルでミッションを遂行していたが…。

内容(「Oricon」データベースより)
女性エンジニアであるストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーと共に、地球より遥か上空の無重力空間〈ゼロ・グラビティ〉で、システムの修理をしていた。だがスムーズに作業を遂行し終えようとしたその時、彼らに思わぬ危機が訪れる…。《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう、予測不能のSFサスペンス!
映画の最大の幸福は経験できない場所で働く人々の姿を可視化させてくれることだという超単純な思考を取り戻させてくれてどうもありがとう。
やっぱ宇宙はいいぜ。宇宙映画はヒーローしか出てこないから問答無用で好きかもしれない。
高校の時に見たなあ
あの時と全く感じ方が違ってて、色々考えさせれた。

相当パワーあるでこの映画
ゼログラビティに逃げようとしていた、おれの首根っこをクッと引っ張ってくれた。
自分の人生、戦おうぜ!楽しもうぜ!そんな照れ臭いセリフを、しっかり映像で見せてもらった。

このレビューはネタバレを含みます

ちょいちょいツッコミどころがある気がします。
こういう映画なのでリアルに作られてるのを期待したのですが、ツッコまざるをえなかった。

デブリの速度は32000km/hじゃないの?
目視できんのか?
消火器の噴射でそんなに向きがかえられるのか?消火器の中身が少なくないか?
落ちてからすぐに泳げるものなのか?
オッサンが手を離して何処かに行く必要はあったのか?

それとこんなパニック障害みたいなやつが宇宙飛行士になれるのか?
女が足を引っ張る映画はイライラする。
ありえない。

それなら僕も死んでもいいから宇宙飛行士になりたい。
鵺

鵺の感想・評価

4.0
かっこよくてジョークまで言っちゃうマットジ本当にかっこいいし、ライアンが諦めて死のうとしたときに出てきた彼は最後の別れなんだなって思うと最後までかっこよくて泣けるし、天国でサラに合ってママの代わりに沢山の愛してるとハグ、それと言伝をしてくれてたらいいな。宇宙の映像が美しくて無重力の空間で流す涙が雫のようになっていてとてもキレイだった。
ごん

ごんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


"ここは安全だ。
君を傷つけるものはここにない"

これを宇宙の中で言うマットのシーン
めっちゃくちゃ格好よかった、、、

一瞬でライアンを生かすために自分の
死を覚悟するって、、胸が痛くなった

いつも余裕でなんであんな格好良いかな〜〜😭

ライアンはこの事故が起きる前は娘を
亡くしたショックで活力がない気がする
けど、自分が死に面したことで人間の
生きたいって本能が蘇った気がした

あの宇宙から地球に戻ったとき感動だったなあ
陸に上がったあとどうなったかも知りたかった、、
mg

mgの感想・評価

3.4
感情移入して、息が止まることがある。
さいごは、そういうオチか〜〜!と、じぶん的にはなる。

わたしがすきな、カメラワークがあまり変わらずに進む作品。
ronron

ronronの感想・評価

2.8
ストーリーは至ってシンプルだけど自分が宇宙にいるような感覚が味わえる。
最新ののCG技術すげ〜(笑)

映像が凄く綺麗で観ていて飽きない。

宇宙飛行士は強い精神力を持っているんだな〜👨🏻‍🚀🌏
>|