ゼロ・グラビティの作品情報・感想・評価・動画配信

ゼロ・グラビティ2013年製作の映画)

Gravity

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:91分

3.6

あらすじ

「ゼロ・グラビティ」に投稿された感想・評価

無音を映画館で体感したかった。酸素量低下するにつれて自分も息が詰まった。
trajectory

trajectoryの感想・評価

4.1
宇宙の静けさとか緊張感が伝わってきた!ジョージ・クルーニーは生きて帰ってくると思ったんだけどなぁ〜ずっと宇宙にいて筋力弱ってるはずなのに地球帰ってきた瞬間立ち上がってアレレと思った。
苦しくて苦しくてもう怖すぎた。絶対宇宙行きたくない(泣) それくらい映像は綺麗だしリアリティがすごい。
良い意味でぶっ通しで観れなかったしもう観たくない🤣
Koto

Kotoの感想・評価

4.1
宇宙空間に取り残され、何度も絶望的な状況に陥るも最後まで諦めない主人公に心打たれた...。
一つだけ気になったのは、酸素不足なのにベラベラ喋ってたこと。無駄にハラハラした。
映像美が素晴らしくて、宇宙から見る星と地球がすごーーく綺麗。臨場感半端ない。映画館で観たかった...。
kana

kanaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

酸素が足りなくて息ができなくなる描写が何回かあって緊張感が高まる。
宇宙空間の美しさと暗さから伝わる、広々としたものの恐さがバランスよく映し出される。
最後地球に帰還し、よろめきながらぬかるんだ地面に立ち上がるシーンがとても力強く、博士が地球を感じていることが伝わってきてとても好きだった。
akaisora

akaisoraの感想・評価

4.0
ほぼサンドラブロックだけなのにこんなにハラハラして手に汗握って涙して感動するなんてすごい
映画の面白さを感じた
宇宙に放り出されてあらゆる取っ手に全然掴まれなくてもどかしさで一杯だったし、船内爆発するしいつの間にか1人だし次々に起こるアクシデントに釘付けになった
もうだめだ…と思う連続

重力の重さを噛み締める水際のサンドラブロック素晴らしかった
宇宙空間に投げ出されてしまう恐怖とどんな逆境にも立ち向かう屈強な精神を楽しむことが出来た。危険な目に合うリスクがかなり高い宇宙空間で活動されている方々に感謝の念を抱いた。
some

someの感想・評価

5.0
 映画館で観たかった。
・冒頭ストーン博士を映していたカメラがヘルメットの中に入って博士の主観になり、その後また外に出ていく
・地球に着陸(着水)したロケットのドアを開けたことで勢いよく水に飲み込まれた博士。音の有無によって、視覚だけでなく聴覚でも博士が浮いたり沈んだりしていることを実感。
 上記2つのシーンが印象的だった。

ストリーミング 12本
映画館      0本
計       12本
Taul

Taulの感想・評価

5.0
『ゼロ・グラビティ』IMAX3D字幕。新しい映画体験。長回しを基本とする作り込まれた映像の中で主人公と一緒に宇宙でのサバイバルを体感する90分。全般に技に溺れた感じは否めないが、アトラクションのように連続して押し寄せてくる危機と、初めて見るようなショットも多く圧倒された。

『ゼロ・グラビティ』2D字幕で再鑑賞。3Dアトラクション体感から今回は演技や台詞を味わい、明るく見やすい画面で隅々まで堪能。本当に美しくよくできてる。そして映像の醍醐味をいかすシンプルなドラマと様々なメタファーに感心。ライアン博士に感情移入し、その再生と希望のラストに涙した。
かず

かずの感想・評価

3.7
宇宙からの帰還作品

予想外の出来事で何も出来ない宇宙から一人で地球に戻る内容でした

宇宙の映像があまりにも綺麗で驚かされましたね、アカデミー賞を取るのが解ります

宇宙に一度は行ってみたいと思っていますが、この作品を観るに人間が簡単に踏み入れる場所では無い事を思い知らされます、まさに無力。

いつまでも記憶に残る作品でした

 (シャトルからISSそして天宮へと渡り飛び、最後は神舟で)
>|