アポロ13の作品情報・感想・評価・動画配信

アポロ131995年製作の映画)

Apollo 13

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アポロ13」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

無事生還できて本当に良かった。

成功した失敗と言われるだけあって、危機管理・対応力・組織やリーダーの在り方など学びもたくさん。

情報をオープンに公開したNASAの戦略の大胆さも凄い。

今から50年前のプロジェクトだけあって、家族以外で活躍するのは白人男性のみ。

現場もそうだったのかな?

教育を受ける機会に恵まれたり、社会的に有利な属性の人にチャンスが多く開かれていたのか。

最近の映画や海外ドラマをみているからか、人種構成やジェンダーバランスの描き方が氣になる。

映画館で観たら、感動倍増だと思った。
み

みの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

備忘録
「成功した失敗」と称されるアポロ13号の事故の物語。

実話ベースということもあり、現場の状況や対処がとてもリアルに感じた。
数多くの危機的状況は、観ているこちらまで息苦しくなるほどだった。

宇宙映画は、プロフェッショナルな人々が結集して全力を尽くして、世界中が飛行士を見守り応援している描写が毎回アツイ。
トム・ハンクス
ゲイリー・シニーズ
ケヴィン・ベーコン
単純に、この3人が観たかったんです。笑
実話を元に作られた作品です。

月面着陸に向けて打ち上げられたアポロ13号。
着陸を目前にしてトラブル発生。
月面着陸は諦めるしかない。
更に、3人の乗組員が地球に戻れる確率はほとんどなくなる。
しかし管制官は断言する。
「全員生還させる」

一体どんな方法で帰還させるのか、それが最大の見所。
降り立つはずだった月面を目の前にして引き返さなければならなかった乗組員たちは、どんなに無念だったことか。
しかし命には代えられない。
トム・ハンクス演じる乗組員ジムは仲間を諭す。
「家へ帰ろう」

体調不良で、打ち上げ直前に乗組員から外されたケン役のゲイリー・シニーズが、後半、管制室で活躍する。
ひとこと言わせて下さい。
「カッコ良かったー!!」

次々発生するトラブルを解決しながら、果たして3人の乗組員は生還できるのか。

“輝かしい失敗”
と記憶に残るアポロ13号。
そう、何事も最後まで諦めてはいけない。
打ち上げ前のジムの言葉が希望を暗示する。
「何が幸運になるかわからない」
Kaho

Kahoの感想・評価

3.5
この前ヒューストンの宇宙博物館で色々見てきたこともあり、宇宙のロマンを存分に感じた
命というか人生かけてる人たちがいるとおもうとすごいなあ。
トム・ハンクスはいつも頼れるリーダーや
しまお

しまおの感想・評価

3.5
ハラハラドキドキする作品です。宇宙ものの作品は、ゼログラビティやインターステラー、オデッセイ、アルマゲドンなどフィクションの作品しか見たことがありませんでした。本作は実話というのは知ってましたが、結末や経過は詳しく知らなかったためフィクションとは違うドキドキがしました。

代用部品の検討や、作業手順の模索など、個々の話が実話なのかはわかりませんが、とてもリアリティがあって面白かったです。地球にある同一品を使って解決法を模索するのは、他の映画でも見たことありますがここから来てるのでしょうか?

管制室でメンバーが口々に報告や意見をしてわちゃわちゃする様子はリアリティがありました。

アポロ計画自体、国威発揚という目標を果たしたもう終えてはという意見が大きくなっているという背景は描かれますが、宇宙探索の科学的な意義のようなものは一度も?触れられていないのが印象的でした。

アメリカや人類の月や宇宙探索の応援も否定も強くしすぎずに、その時その場にいた人たちを主人公に淡々と事故と対処を描くというのが製作方針だったのかなと思いました。
オーバーなアクション要素も無く、淡々と宇宙を見せてくれる
忘れがちだけど宇宙って寒いんだよな
飛行機の離発着だけで毎回心臓の高鳴りを止められぬのに、宇宙だなんて。
大気圏突入後の摂氏2000度に遮熱板が耐えられなければ、そのまま焼け死ぬなんて。
パラシュートが開かなければ、そのまま約500kmの速度で海面に叩きつけられ大破だなんて。
2年前から支障をきたしていたコイルが爆発の原因だなんて、なんたる神の悪戯か。
実話ですって。
家族や管制室スタッフの眼差しが、その吐息が、宇宙規模のリアリティーや事の重大さを僕らに届けてくれた。
人生一度きり。
安全に生きたいと願うのは当然だが、
レギュラーよりも一回の伝説を選ぶ江頭2:50さんのように、
自分の生き様と死に様を、しっかり色濃くメイクしていきたい。
数分後の命の保証もなく寝る間もなく疾走し続けたアポロ13クルーの数日間は、
観客の胸中を点火して、生命力に満ち溢れた明日へと打ち上げてくれるはずだ。
piiman203

piiman203の感想・評価

4.8
野口聡一さんがお勧めしていて久々に鑑賞。
働き方改革やら残業の見直しが進む中で、くわえタバコに汗水垂らしながら働く男たちの姿に、どこか感慨深いものを感じてしまう。専門用語が並び理解できない部分を苦に感じない、映画のスピーディーさがあってどっぷり宇宙に浸かれる作品。トムハンクスとゲイリーシニーズのフォレスト・ガンプコンビの既視感と、2人だからこその味がある。好きな映画の一つ
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
栄光ある失敗

確か宇宙飛行士の野口さんが、映画アポロ13はよく出来ているって言ってたっけ…
地球から飛び出すってのも凄いけど、戻ってくることも大変。見ているだけで息苦しくなった…

ダン中佐〜(ケン) さすが!エビ釣り漁船の時よりステキ。
普通に超良い
王道だし結末わかってるけど感動する泣ける
宇宙ものなのにシンプルでダラけなくて毎秒飽きない
出てくる人皆かっこいい最高!
吹き替えの感じと、
1990年代の一昔前の映像の感じがまたよかった
>|