アポロ13の作品情報・感想・評価

アポロ131995年製作の映画)

APOLLO 13

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アポロ13」に投稿された感想・評価

6回の打ち上げをしたアポロ宇宙船、唯一月に届かなかった、13号。月面着陸前に船が破損し、自力で地球に帰ってきた男たちの生き様。船内も徹底的に再現したらしいが、いまからしたらファミコンよりもレトロな構造にみえる。これで月までいったなんてまじで想像できないし恐ろしい。科学というのは死者と共に前に進んできたとよくいうけどまさにその通りなんだろうな。ゼログラビティよりも、宇宙船を地球に帰還させようと心血注ぐNASAの管制塔によりスポットライトが当てられていて興奮した。司令官のエドハリスがこれまた適役!衛生電話の向こうからハリスの声聞こえただけでもだいぶ安心する。
mana

manaの感想・評価

4.2
緊迫感のあるリアル宇宙もの大好きだからとても面白かった。次から次へと起こるトラブルを必死に解決していくのが、飛行士だけじゃなくてヒューストンの管制官たちもすごくかっこいい

ファーストマンも楽しみ!
アポロ13号の地球帰還については誰しもこの奇跡的な帰還の話を聞いたことがあると思いますがこうして見るとやっぱりいかに無謀だったかよくわかる。
彼らの立場ならヒューストンでさえ本当に俺たちのこと見捨てたんじゃないかって思うだろうしさらに逃げ場が全くないという恐怖は生存のためのエネルギーを半端なく奪うと思う。数十年前とはいえスペースシャトルクルーは精鋭なんだと改めて思った。


ほんと凄いのは38万キロも死ぬ思いしながら超色んな技術と計算を駆使してやっと地球の成層圏まで戻って来れてもそれでもまだ喜べないとこです。交信が出来て始めて生存確認出来るのでこの瞬間ようやく喜べる。このあたりのアポロ13号のクルーをみんなが固唾を飲んで見守ってる感とかスゲェ感動したわ。思い返しても、もはや操縦も出来ないのに大気圏への入射角をよく維持できたなって思う。普通に燃えるからな(笑)意外と奇跡って続くもんですね。



途中、計算があってるかヒューストンのメンバーに検算してもらうシーンで一人一人「クリア!」って言ってるカッコいいシーンがあるけど何人かはミスってる奴もいたと思う(笑)とりあえず言っとけ的な(笑)…そんな訳ないか



打ち上げ間近で風疹があるとかでスペースシャトルに乗れなかったケン・マッティングリーの地上での活躍とか泣かせる。
実際のところ未だ風疹にかかってないというのだから悔やまれる。
なると

なるとの感想・評価

3.8
アポロ13が飛び立つ過程、事故を含めた機関への過程を忠実に描いていて良かった。
緊張感も伝わってきましたし、彼らの悔しさも理解できました。
ジムラヴェルはやはり最後まで悔しいのかな?そこはわかりませんが、ジムより悔しさを持っているだろうあの人物は悔しさを補填できたのでしょう。実際には、そのあと宇宙に旅立ったそうですが、今作ではこの関係が印象的でした。

そしてロンハワード作品を初めて見たことに気づく。
つよ

つよの感想・評価

5.0
トラブルで月面着陸が出来なかったアポロ13号の実話。
名作宇宙映画。宇宙もので一番好き。

宇宙でのトラブルを地上で協力して解決するシーンがお気に入り。チーム感。
船内や管制室の雰囲気が伝わる良い作品。
ラストは自分も当時の中継を見守る1人になってた。
宇宙関連の知識に疎くて理解できない部分が多々あったから知識を得た上で見返したい。でも今までより宇宙への関心は高まった。
チームとしての動き方や監督者のあり方、1人1人の役割があってそれが1つになってプロジェクトが達成する。どの社会にも当てはまる事。非常事態に陥っても焦らず冷静に現状の目標に向かって進なければいけない。自分も冷静にもう少し卒論を進めようかなw
125

125の感想・評価

3.7
皆が検算してるシーン、
めっちゃかっこよかった、、、。
そして、ケン…感動しました。
トムハンクスもよかったぁ

宇宙って聞くといまだにワクワクする。
けど現実的な部分をこれで見れた気がする。だけど、なんだろう。
宇宙って夢があるんだよなぁ…

2018-112
Nagisa

Nagisaの感想・評価

3.5
ずっと緊張してた~~~~
オレンジジュースああいうふうに飲んでみたい
yuma

yumaの感想・評価

4.0

実話を基にした作品だけど、面白い。最近だと『オデッセイ』も似たようなストーリーだったけど、こっちは緊迫感が凄い。逆に、コミカルに描いた『オデッセイ』も凄いけど。

トム・ハンクスやエド・ハリスも好きだけど、この作品ではゲイリー・シニーズが1番かなぁ。かっこよかった。
ドキュメント的再現ムービーとしたとしても、公開当時の宇宙空間を表現した映画としては傑作。
>|