アポロ13の作品情報・感想・評価・動画配信

アポロ131995年製作の映画)

Apollo 13

上映日:1995年07月22日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アポロ13」に投稿された感想・評価

kei

keiの感想・評価

4.1
宇宙系の映画のなかでは最高峰!
史実を知るという意味でもすごくすばらしい作品。
1970年、アポロ13号は月に向かって出発したが、月まであと少しのところで突如、爆発事故が発生してしまう。絶望的な状況の中、乗組員たちは地上の管制センターと協力し、地球への生還を目指す。

実話に基づく作品ではあるが、爆発事故発生から電力不足、二酸化炭素濃度の上昇などトラブルに次ぐトラブルで、宇宙船内もNASA指令室もずっと緊迫感が続いていて観ていて息苦しかった。また、地上での飛行士の家族たちの絶望感もよく描かれていた。結末も予想はついていたけど、観ていてちゃんと気持ちが盛り上がるところが良かったと思います。
なかなか面白かったと思います。
ソラノ

ソラノの感想・評価

3.8
『ゼロ・グラビティ』見た後に見ると、本当に事故ったらこんな感じか…と思った。地球に残念ながら残った人も、彼らを助けるためにいるような感じだったね。
王道中の王道。本物のドラマ。故障してからずっと画面に釘付けだった。本物の宇宙飛行士だったら絶対小競り合いなんかしないと思うけどなー、きっと映画上の演出なんだろう。
September

Septemberの感想・評価

4.0
途中の謎の喧嘩シーン以外は全部好き。
映像は今見るとさすがにCG感がある。ロケット発射シーンは、当時最先端のVFXだと、さかんにテレビで特集していたのを思い出すと感慨深い。
ケイナ

ケイナの感想・評価

5.0
これに出てくるリーダーたちがかっこいい。ジーン・クランツが「何のために作られたかはどうでもいい、何に使えるかだ」って言うシーンが好きだ〜好きだ〜
いつでも冷静でいようと思う
たぬこ

たぬこの感想・評価

4.0
宇宙が好きな小5長男と観た。面白かった、ドッキングのシーンが1番好きとのこと。
なめこ

なめこの感想・評価

4.3
ケンが好き。
検査に引っかかって、乗組員から下された彼が宇宙で窮地に陥る仲間の為、司令船のモデルにこもって、電力を節約する方法を見つけ出す彼。
 
誰よりもこの船の事を知っているというプライドと絶対に仲間を助けるという気持ちが現れたとても素晴らしいシーンだと思った。
 
映画評価基準
 
この映画が好きか 8
没入感 9
脚本 9
映像 9
キャスト 10
感情移入度 10
音楽 7
余韻 8
おすすめ度 8
何度も見たくなるか 8
 
計86点
Harigane

Hariganeの感想・評価

3.6
ゆいまるさんのレビューを見て気になっていた作品、観賞しました🚀✨

<あらすじ>
1970年4月。
ジム(トム・ハンクス)、ジャック(ケビン・ベーコン)、フレッド(ビル・パクストン)の3人の宇宙飛行士を乗せ、月に向かって打ち上げられたアポロ、13号だが、2日後に発事故が発生してしまう。
電力と水不足の危機を迎えながらも、必死に地球への生還を試みる・・・

<感想>
"栄誉ある失敗"と言われた奇跡的な生還劇。
実話ベースの作品だから結果が分かった上で観てしまっているのに、それでもハラハラしてしまいました😬
九死に一生のこの状況にもし自分が陥ったらと思うと、とてもまともではいられない😵‍💫

こういったパニックの状況では、いかに冷静でいられるかが重要ですよね。

ただ、宇宙飛行というのは、宇宙飛行士だけでなく、それを支える多くの人の力があってこそ成り立つものであるという事を改めて感じました。
皆、真剣に取り組んでいるんですよね。
直前に風疹感染者との接触があって搭乗を降りる羽目になったケンも、一生懸命3人を支える姿には感動しました🥲

最後の生還シーンには一緒になって拍手を送りたい気持ちになりました👏✨

いつどんなトラブルが起こるか分からない。
宇宙飛行士には、どんな予想外の状況にも対処できる危機管理能力が必要なんですね。

将来の実現化が噂されている宇宙旅行ですが、この映画を観てしまったらとても怖くていけないなぁ😅
何故だか、あまり切羽詰まった感じがしなかった…と当時感想に書いている。
>|

あなたにおすすめの記事