インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

4.2

「インターステラー」に投稿された感想・評価

ちゃんとしたストーリー
やっぱり愛が世界を救うね
家で五次元空間ごっこが流行った
また見たい

素手の殴り合い、爆発アリ
時空次元を超えて人類を助ける

元エンジニアでパイロットのクーパーは、食糧と自然環境の危機に陥った地球から人類を救うため、新しく移住できる星を探しに行く。そして時空が歪んでいるワームホールという場所を発見し、その先に希望を求めて目指すのだが、、

久々に2回目の鑑賞です。

これほど壮大で、かつ繊細で、色んなテーマを扱っている映画は少ないと思います。

人類を救うために宇宙へ旅に出るだけでも壮大なのに、さらに時空や次元まで飛び越えるときたら、もう頭がいっぱいいっぱいでした笑。

さすがノーラン監督ですね。様々な時系列、場面が同時に進行していき、それがラストシーンで見事に回収される展開には、「メメント」や「プレステージ」など、頭を使うこれまでの彼の作品に似たところがありますね。

そこが個人的にとても好きです。

「ダンケルク」は、その点で事実を淡々と三つの場面で展開していったということで、あまり好みではありませんでした。

キャストに関しても、とてよ良かったです。

やはりケイシーは父親役が似合うんですね笑。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の時を思い出しました。

「オデッセイ」のあの人も出ていますよ笑。

ジェシカチャステインは、「ゼロダークサーティー」の印象が強いので、スマートで冷静なイメージがありました。その点でいうと、ぴったりな役でしたね。

配役のチョイスと、ノーラン監督の才能が合わさって、最高傑作といってもいいくらいの作品ができたと言ってもいいんじゃないでしょうか。

この映画、最高ですよね。
文句なし。
最高のSF作品であり、極上の映像作品。
間違いなく不朽の名作と言える。
jumo

jumoの感想・評価

3.7
SF苦手気味だけど、起こりうる近未来だし家族愛にフォーカスされてて見応えあった

ただもう難しくてワームホールが吸い込む球体の穴なんて脳みそが追っつかなくて、いちいち巻き戻して確認して、疑問とかすぐ口に出して都度理解しないと進まなくて当時映画館で見てなくてよかった!
最後なんて、待っててアンハサウェイ!今行くからねえ!って口から出てたよね

(あとはアスペクト比が変わるタイミングが掴めなくてむずむずしちゃった)
やす

やすの感想・評価

5.0
地球の寿命が迫っている。パイロットたちは新たな居住地を求めて宇宙へと旅立った。帰れるかどうかもわからずに。「ワームホール」を抜けた先に希望があると信じて。

ここ最近で最も観たかった作品の1つ。クリストファーノーランの作品の中でも一番好きかも。そことそこが繋がっていたのか。そう思わせるノーランの上手さ。よくこんな作品を作れるなぁ、というのが素直な感想。

親は子供の記憶の中に生きる。

親は子を信じ、子は親を信じる。長い月日を経てたどり着いた場所。父娘の究極の愛。
YU

YUの感想・評価

3.6
見所:相対性理論とか重量とか半分わかんなかったけど、大枠はわかった。物理、宇宙、おろしろい。宇宙きれい。
kappazusa

kappazusaの感想・評価

3.9
The key for human beings to survive is to appreciate the signal from the space. What can connect us is not science, equation, but love. One of the best 3 space movies, 2001: A Space Odyssey, Gravity and this.
つよ

つよの感想・評価

4.5
クリストファー・ノーランらしさ。
音楽もいいなと思ったら、さすがのハンス・ジマー。

「2001年宇宙の旅」のようなレトロ感も。
おもしろかった!
ちんぷんかんぷんな部分も あったけど
大好きだ~
MARU

MARUの感想・評価

4.0
こわい
とにかくこわい

時間ってなんなんでしょう?
重力って一体なんなの?
普段意識してなかったものが、すごくこわくなりました。

水の星のあたりがとにかく衝撃的。
学がないので衝撃をうけるばかりです。
子供のころ宇宙の事を考えて不安になったことを思い出しました笑
あの感じに似てる。

分からないってこわい。
でも引き込まれる。
面白かったです。
>|